30代の転職で大事なことは?知らないと損する転職前に考えておくべき、転職活動必勝法

世間では「30歳以降は一気に転職が難しくなる」と言われていますが、なぜ30歳を過ぎるとそのようなことが言われるようになるのでしょうか。

それは即戦力の人材として期待されることが増えるからでしょう。企業の見方が変わる以上、転職者もアピールの仕方を変えていかなければいけません。

この記事では、

  • 30代の転職事情
  • 30代で転職するなら知っておきたい転職活動必勝法
  • 30代で転職に成功した/失敗した人の体験談

をご紹介します。

求人の取り合いとなる30代での転職も、先輩の体験談や転職活動の必勝法を知っていれば怖くありません。転職を考えている30代の方は是非この記事の内容を参考にしてください。

30代の転職事情

30代の転職事情

20代に比べて求められるものが増える

20代で転職をする際は、まだまだ新米として扱われ、企業もやる気や伸びしろを重視して採用を行います。同年代と比べて、実績をあまり積んでいない人でも、転職に成功できるケースは少なくないでしょう。

30歳を過ぎると企業は転職者に対して、

  • 即戦力となりえるか
  • 基本的なビジネスマナーを身に着けているか
  • 管理職としての適性があるか

など、より実践的な資質を求めます。

この傾向は、年齢を重ねるごとに強くなり、30代後半になればこれらに加えて、企業に利益をもたらす人脈を持っているか、管理職としてチームを率いることが出来るかなどの資質まで見られるようになるでしょう。

異業種への転職が難しくなる

入社してすぐに活躍することが求められる30代の転職者が、異業種へ転職するのは困難です。

例外として、

  • 販売職から営業職へ
  • プログラマーからシステムエンジニアへ
  • 公務員から団体職員へ

のように、「現職の業務内容と似た職種・業界へ転職」する場合は、そこまで難しくありません。

逆に言えばアパレルから証券、建設業から商社のように「現職とまったく関係性のない」企業への転職はかなり困難となるでしょう。

man
「まとめると、30代以降は一人前の社会人として扱われ、異業種への転職が難しくなるということでしょうか。」
teacher
「それで間違いありません。余談ですが20代で転職をした経験のある人が30代で転職を考える際、以前と同じようにスムーズな転職が出来ると考えて失敗する例が非常に多いです。30代での転職は20代の転職とは別物、と考えておきましょう。」

30代で転職するなら知っておきたい転職活動必勝法

30代で転職するなら知っておきたい転職活動必勝法

なぜ転職したいのか考える

不満が原因で転職をする、というのは悪いことではありません。しかし、「自分次第で解決可能な不満を理由に転職」をするのは控えた方が良いでしょう。

というのも、なんとなくや解決が難しくない不満、問題を理由に転職をすると、辛いことが起きる度に転職を繰り返す「転職癖」がついてしまうのです。

いくつか例を挙げると、

  • 上司や同僚と上手くいかない
  • 疲れたので休みたい
  • 現職の業務内容に飽きた

などの理由を元にした転職は逃げの転職となり、転職癖がつく原因となりかねません。

必要のない転職は、確実に自信のキャリアを汚す結果に繋がります。そうならないためには、「なぜ転職したいのか」を良く考え、時には転職をしないという決断が必要になるのです。

自分の持ち味を活かす

転職面接では、「自分を売り込むための武器」が必要となります。「培ってきたスキル、保有する資格」など、自分の有用性をアピールできるものなら何でも使いましょう。

何が武器となるのか分からないのであれば、自分の持ち味はなにか自問自答してみることをおすすめします。

30代以上となれば、高度に専門的なスキルや自分なりの仕事に対する姿勢が身についているはずです。

持ち味としてアピールするべきなのは、

  • 粘り強さ
  • 持っているスキルや資格
  • 企業理念と自分が大切にしている仕事に対する姿勢との関連性

などです。

企業が30代の転職者に対して最も期待する「即戦力となりえるかどうか」という採用基準を満たせるよう、自分の持ち味を売り込んでいきましょう。

希望の条件を明確にする

なかなか転職が上手くいかない人は、転職先の条件が明確になっていないことが多いです。高給で休みの多い職場など自分に都合の良いことばかりな転職先はそう見つかるものではありません。

30代で転職をする際は、

  • 今より良くしたい条件はなにか
  • 今より悪くなってもいい条件はなにか

の2つを考え、優先すべき条件を明確にしましょう。何を優先するべきなのか分からない場合は、転職しようと考えた理由を思い出してみて下さい。

例えば、休む暇もなく働くのに疲れた、というのが転職理由なら年間休日数や平均残業時間を、もっと給料を良くしたいと思って転職を始めたのなら、基本給や各種手当を重視しましょう。

転職活動は在職中に開始する

退職後に転職活動をするメリットは、「転職活動にすべての時間を使える」ことです。しかし、たっぷり時間を使っても良い転職先が見つからず、内定が出なかった場合、貯蓄が尽きてしまうリスクを負うことになります。

刻々と迫る貯蓄の限界を物ともせず、転職活動を続けられる人は稀です。ほとんどの人は転職先に求める条件を下げ、「どこでも良いから入りたい」と切羽詰まった転職活動をしてしまいます。

在職中に転職活動を行うのは、

  • 転職活動のための時間が取れない
  • 肉体的・精神的な疲労が溜まる

など大変ですが、少なくとも生活費が底をついたり、空白期間が出来たりすることはありません。更に言えば、良い転職先が見つかるまで転職活動を続けることも出来ます。

生活の維持や焦り、不安を元に悪い条件で転職をしてしまったら、転職をした意味が無くなってしまいます。そうならないためにも転職活動は在籍中に行いましょう。

事前準備を入念に行う

30代以降の転職では「如何に事前準備を入念に行ったか」が重要となります。

特に事前準備が必要なのは、

  • 職務経歴書の書き方
  • 面接での受け答え

の2つです。面接の受け答えをまったく考えず転職活動をする人はほとんどいませんが、職務経歴書をなんとなくで書いてしまっている人は少なくありません。

いくつか例を挙げると、

  • 経歴に関する説明が短すぎる/長すぎる
  • アピールポイントが定まっていない
  • 職歴を列挙しているだけ

というような、「面接官の興味を引くことが出来ない職務経歴書」を書いてしまっているケースは非常に多いです。

特に何が出来る人なのか伝わってこない職務経歴書では「即戦力となる人ではない」と考えられてしまい、いつまで経っても書類選考をパスすることが出来ません。

職務経歴書は名前の通り「これまでの職務経歴を伝えるもの」ですが、単に経歴を列挙するだけで完成するものではないのです。

書類選考に受かるためには、アピールポイントを明確にし、前職で何を学んだのか、どのようなスキルがついたのかを具体的に表す必要があります。

man
「振り返ってみると、自分の持ち味や希望の条件についてじっくり考えたことはなかったように思います。事前準備も面接のことばかりで、職務経歴書にはあまり力を入れていませんでした。」
teacher
「一度にご紹介したので、こんなにやらなければいけないことがあるのか、とうんざりしてしまうかもしれませんね。しかし、これらの必勝法は30代で転職を成功させるために必ず把握しておかなければならないことばかりです。少しずつでも転職を進めていくために、まずは転職を思い立った理由から考え始めてみましょう。」

30代で転職に成功した人の経験談

30代で転職に成功した人の経験談

希望の条件を元に理想の企業を探す

man

新卒で選んだ職種は証券営業。志望理由はお金でした。はじめのうちは怒鳴られたり、厳しいノルマを課されたりしても平気で、貯金がどんどん増えていくのが嬉しかったです。

しかし、結婚をして30歳を超えてからは激務に耐えられなくなってきました。

それでも家族のために頑張っていたのですが、妻に言われた「お金をたくさん稼ぐより、家族と一緒に居て欲しい」の一言で転職を決意。

転職をしようと考えてから最初に行ったのは、自分の理想とする職場とはどんなところだろう、と考えることです。

その結果、自分が理想とする転職先は、

  • 残業が2時間以内
  • 休日出勤が少ない
  • 経営基盤がしっかりしている

この3点を満たす企業だと分かりました。「転職先の条件を絞って考えた」ため候補となる企業はすぐに見つかり、建築資材の営業会社に内定を貰うことが出来ました。

今では平日一緒に子供とお風呂に入ったり、妻と一緒に料理を作ったりと、証券営業をしていた頃では考えられないほど充実した日々を送っています。

転職前に理想の条件を決めることはとても重要です。

このケースは「転職の動機がはっきりしており、転職先に求める条件が明確」でした。だからこそ、スムーズに転職先の候補を絞り込み、内定を掴むことが出来たのです。

なかなか転職活動が進まない、企業の提示する労働条件を見てもいまいちピンと来ないと悩んでいる方はまず、なぜ転職をしようと思ったのか思い出してみましょう。

転職の動機が分かれば、転職先に求める労働条件はどんなものなのか分かるはずです。

不満を改善するためにベンチャー企業へ転職

man

新卒から同じ会社に在籍し、システムエンジニアをやっていました。

やりがいもあり、評価もされていたので毎日活き活きと仕事が出来ていたと思います。

特に34歳の時、管理職に抜擢されてからはチーム一丸となって難題に取り組むことが何よりの楽しみでした。

しかし、不満が無かったと言うと嘘になります。

当時私が感じていた不満は、

  • これ以上昇進が見込めない
  • やれることをやりきってしまい発展性がない
  • システムエンジニアやプログラマーを下に見る風潮があった

などです。特に技術職が下に見られる風潮は耐えられず、日に日に不満が増していました。

転職のきっかけとなったのは、テレビでベンチャー企業の働き方を見たことです。番組内では経営陣と若手が一緒になって議論をしており、私の求めていた発展性を感じさせました。

それからはまだまだ成長していきそうなベンチャー企業に絞って転職先を探し、最終的には創業3年、社員数14名の小さな企業へ転職しました。

決め手となったのは、転職先の社長が「まさに思い描いていた人材だ」と言ってくれたことです。

中堅クラスの企業からの転職だったため不安もありましたが、今の職場は自分のやった仕事のフィードバッグがすぐに得られ、会社の成長を担っている実感を得られるので転職して良かったと思います。

この方が転職に成功できた要因は「自分の持ち味を活かして相性の良い転職先を見つけられた」ことにあります。

ただ、この成功例はまぐれだと言わざるを得ません。なぜなら、本人が自分の持ち味を積極的にアピールして転職に成功したのではなく、たまたま応募先の企業から評価されたに過ぎないからです。

即戦力としての資質が求められる30代の転職市場において、自分の持ち味をアピールすることなく面接に臨むのは無謀と言えます。

運に頼ることなく自分の力で理想の転職先から内定を貰うためには、これまで培ってきた経験やスキルをアピールすることが必要不可欠です。

man
「転職に成功した人の体験談を読んで見て、転職活動必勝法の重要性がよく分かりました。」
teacher
「理想の転職が出来た人は転職の動機や転職先に求める条件がはっきりしており、自分の市場価値を的確に認識しています。更に言えば、事前準備をした上で余裕を持って転職活動を進めています。」

30代で転職に失敗した人の経験談

30代で転職に失敗した人の経験談

準備不足が失敗の原因だった

man

20代の頃大手企業への転職に成功していたので、「転職活動に苦労することはないだろう」と楽観的に考えていました。

今思えばそれが間違いの始まりで、過去の成功経験に固執せず自分の年齢を考えて転職の準備をするべきだったと思います。

失敗をしたと初めに感じたのは、「書類審査が一切通らなかった」時です。

20代で転職した時はほとんどの企業から「面接に来てくれ」と言われたのに、今回の転職ではどこからも声が掛かりませんでした。

その後、職務経歴書の書き方を覚え、書類審査には通るようになりましたが、今度は面接でつまづいてしまいました。

「前職ではどのような取り組みに力を入れて来ましたか」

「これまで仕事をしてきた中であなたが最も重要だと考えることはなんですか」

などの問いに答えられないのです。

転職時、私は自分のことを優秀な人材だと考えていたのですが、よくよく考えてみれば大手企業にいるだけで、実践的なスキルを身に着けようとしたこともなく、同期に負けないよう努力をした経験もありませんでした。

それでは答えられるはずもありません。

結局、どこの企業からも即戦力の人材だとは思って貰えず、内定が出たのは、「前職より待遇が大幅に悪いところ」だけ。

退職してから転職活動を始めたのが仇となり、後戻りすることすら出来ませんでした。

このケースは30代で転職をする上でもっとも避けなければいけないパターンと言えるでしょう。

失敗した原因は、

  • 自分の市場価値を過信し過ぎた
  • 入念な事前準備をせずに転職活動を始めた
  • 自分には何が求められているのか把握できていなかった

の3点です。30代の転職市場では経歴や今後の伸びしろではなく、「何が出来るのか」、「自社に利益をもたらしてくれるか」が重視されます。企業にとって応募してきた人材がどのような企業にいたかなどどうでも良いのです。

また、「自分の市場価値を過信」して退職した後に転職活動を始めたのも転職に失敗した大きな理由のひとつでしょう。

少なくとも事前準備をしっかり行い、自分の市場価値を確かめるまでは職を辞するべきではありませんでした。

man
「より良い条件を求めて転職活動を始めたにも関わらず、今より悪い条件で転職をするケースもあるのですね。自分もそうなってしまわないか心配です。」
teacher
「難しく考え過ぎるのもいけませんが、転職を甘く見てはいけません。過信や慢心は必ず自分の首を絞めることに繋がります。そうならないためにも、30代で転職をする際はじっくりと準備をして万全の状態で転職活動に臨みましょう。」

まとめ

30代で転職活動をする際に心掛けておかなければならないのは、

  • なぜ転職したいのか考える
  • 自分の持ち味を活かす
  • 希望の条件を明確にする
  • 在職中に転職活動を始める
  • 事前準備を入念に行う

の5つです。これらのうちどれかひとつでも疎かにしてしまうと、失敗した人の体験談のようなパターンに陥ってしまいます。

逆に、5つの必勝法を踏まえた上で転職活動を行えば、理想の転職先から内定を貰うことが出来るでしょう。この記事を読んだ方の転職活動が上手く行くことを願っています。

teacher
「30代からの転職が難しいのは本当のことです。実際に20代で転職する場合と比べると、求人も大幅に少なくなります。しかし、やりようによっては今より良い条件の企業へ転職することも充分に可能です。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です