有利な転職時期は転職者の状況によって異なる!自分に合った転職のベストタイミングとは?

man

「転職する時期っていつが良いんだろう」

そんなふうに悩んでいませんか?

転職をするタイミングによって求人企業の多さや転職者の数も大きく異なるものなのです。少しでも自分に有利になるタイミングで転職活動を行いたいと思うのは転職者なら誰にでも共通していることでしょう。

人材としての価値が高く評価されるような時期に転職をすれば、給料や待遇面でも恩恵を受けられます。反対に企業から見て人材としての価値が低ければ、待遇も悪くなってしまいます。

転職をする理由の多くが「今よりも条件の良いところ」に移ることではないでしょうか?

そこで今回は「転職のタイミング」について紹介します。人によって異なるタイミングを状況別で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

転職するベストタイミングは人によって大きく異なる

teacher

まず「転職するベストタイミング」は、転職に求める目的や、転職後のビジョンによって大きく異なります。そのため「転職するなら〇〇がベスト」という明確な答えはありません。企業の色や転職者の特徴が違うように、転職のタイミングも異なるのです。

キャリアアップできる企業へ転職したい

例えば、転職の目的が「キャリアアップ」という人もいるでしょう。

  • 今の企業で覚えたことを他の企業で昇華させたい
  • より大きな企業で上を目指したい
  • 新しいスキルを身につけていきたい

このような理由で転職を考えている人は少なくありません。

新卒で入社した企業では、社会人としての基本的なマナーと職種に対するスキルを学んだ。自分の身につけてきたスキルを、より活用できる企業で働いてみたいというような思いを抱くのは、上を目指す社会人なら誰しもが考えることのはずです。

現職では重役を任されたものの、これ以上キャリアアップが望めないといった悩みを持つ人もいます。会社の方針が変わったことにより、自分のキャリアプランを叶えるために転職を決意する人もいるでしょう。

私生活を充実できる企業に転職したい

仕事に対して「プライベートの充実」を優先したいと考える人もいます。

  • 結婚
  • 出産
  • 趣味

仕事と同じように私生活の充実も、人生の幸福において非常に重要な要素です。

残業ばかりの企業で長年働いた人なら、プライベートな時間を優先できる企業へ転職したくなることもあるでしょう。ライフワークバランスを考えた上で、ハードワークから卒業したいと思う人は珍しくありません。

女性ならではの問題としては出産を期に会社から解雇されてしまう「マタハラ問題」について、不安を感じている人は実に多いものです。しっかり産休の取れる優良企業に転職したいと思うのは、将来を真剣に考える社会人女性の自然な発想と言えます。

会社が倒産・買収されてしまうかも

転職理由の1つとして「現職への不安感」がある人もいます。

  • 会社の業績不振
  • 買収される
  • 倒産する

自分ではコントロールできない企業側の問題が原因で転職を余儀なくされる人もいるはずです。

不安定な企業で給料が度々遅れることがであるなら、誰でも「転職しなきゃ自分の将来が危ない」と考えるでしょう。会社が買収されて方針が大きく変わってしまえば、自分のスキルを活かせる場がなくなってしまうかもしれません。

最も厄介なのは倒産と言えます。特に入社して数年にも関わらず会社の倒産を期に転職しなければならない状況では、次の転職先を見つける労力も余計にかかってしまうでしょう。

teacher

このように転職をする状況は、人によって様々です。ポジティブな転職がしたい人もいれば、ネガティブな理由で転職を考える人もいるでしょう。あなたはどんな目的で転職をしようと思ったのでしょうか?まずはこのポイントを考えることで、転職のタイミングを見つけるキッカケを掴んでみましょう。

【時期】から分析する転職のタイミング

【時期】から分析する転職のタイミング

ここでは転職する時期によって、転職者にどのような影響があるのか解説します。各時期で転職を果たした社会人のインタビューもお届けするので、転職活動の1つの参考にしてください。

2月〜3月・8月〜9月は求人数が多い

転職者にとって数多くの求人を見つけることができるのが2月〜3月です。なぜなら企業の事業年度が変わるタイミングであるからです。多くの企業が採用活動を活発に行うため、転職者にとっては理想的な企業を見つけやすい時期とも言えるでしょう。

また下半期がスタートする8月〜9月にかけても同様で、10月からのスタートに向けて採用活動を行う企業が増加します。この時期にしか求人情報を出さない企業もあるため、レア度の高い企業を見つけることも可能です。

ただし「求人数が増える」ということは転職者にとってメリットだけではありません。

求人が増える時期は転職者自体の数も急増します。つまり多くのライバルがいる中で転職活動を行わなければならないということです。

teacher

「とにかく転職したい」というような感情的な理由による転職活動では、なかなか上手くいかないことが多いのもこの時期になっています。

求人数が多く、ライバルが多い時期では早めに転職活動の予定を立てて計画的に行動することが大切です。4月の入社を目指すなら1月くらいから転職活動を始めると良いでしょう。

多くの企業が「ほしい!」と思うようなスキルや価値の高い人間であれば、求人数の最も多い2月〜3月・8月〜9月がベストと言えるでしょう。企業も新たな人材を積極的に求めている時期なので、双方にマッチした転職がしやすいはずです。

12月から転職活動を始めて3月に入社した転職者(32歳男性Aさん)

私が転職活動を12月から始めた理由は、年末年始の休暇を使って自己分析や職務経歴書をしっかり作成したかったからです。

前職ではまとまった休みを取ることができず、転職活動をする時間を確保することは難しい状況でした。仕事が始まったら転職活動をする時間が少なくなることは分かっていたため、時間がない中でも転職活動を進められるように計画を立てました。

案の定、転職先を見つけるまでに時間がかかり、最初は疲れてしまいましたが2月以降になると求人も増えてきました。

求人が増えるにつれ、自分にとって理想的な企業も見つけることができました。その結果7社受けたうち2社からの内定を獲得することができました。

私はキャリアアップが理由で転職をしたいと思っていたので、スキルを正当に評価してくれる企業に出会えたことを嬉しく感じています。

求人数が多いというメリットを活かして、自分のスキルに見合った転職を成功させたAさんは「キャリアアップ」というポジティブな理由が原動力になっています。

teacher

また事前に転職活動に必要な書類や計画を立てていたのは素晴らしいポイントですね。ライバルが多く競争率が高い時期ですが、事前にしっかり対策を講じておくことで、目的に合った企業を見つけることに成功しています。

4月〜5月は企業の採用意識が高くなる

2月〜3月・8月〜9月ほど求人数は多くないものの、ライバルである転職者の数も少なくなるのが4月〜5月です。この時期は4月入社の社員を採用したものの、人手不足を感じて緊急募集している案件が多いのです。

新体制のために大量に人材を採用する時期とは異なるため、企業が人材を募集する緊急度や真剣度など採用意識は高くなる傾向にあります。

  • 採用した人材がすぐに退職してしまった
  • より優秀な人材が必要になった
  • 作業する人数が足りないためすぐに人を採用したい

このように社員をすぐにでも採用したいという理由がある企業が多く、採用率も高くなるのが4月〜5月です。

この時期の傾向として「企業に適した人材よりもタイミングが合う人材」を採用しやすくなっています。最低限のスキルを持っていて、すぐにでも仕事を始められる人材が必要とされているのです。

求人数は減るため、多くの企業に出会えるわけではありません。ライバルとなる転職者も現職が忙しくてなかなか手が出せないものです。社会人としての価値に自信のない人は、スケジュールを割いて、この時期に転職活動を行うのもおすすめです。

4月に転職活動を始めて6月に入社した転職者(27歳女性Dさん)

私は中小企業の事務職として働いていました。給料面で不満があったため、同じ事務職ですが、異業種へ転職を決意しました。

残業も少なく休暇もしっかり取れていた私は4月に転職活動をすることにしました。友人は「遅くない?」と心配してくれましたが、特別なスキルのない私からするとライバルの多い時期に転職活動を行うことに不安がありました。

都心部から少し離れたエリアで転職先を探していたこともあり、求人企業は少なかったです。ただこれについては今考えてみると「応募する企業を絞れて良かった」と思っています。

幸いにも前職よりも給料の高い企業を3社見つけることができ、全てに応募しました。そのうち1つの企業は自分からすると高望みすぎると感じましたが、募集企業が少なかったため応募しました。

すると予想外にことが運び、面接選考で基本的な事務スキルについて質問されました。この際、前職で行っていた業務内容を伝えたところ即採用が決まったんです。

自分でも「私で良いの?」と疑問に思いましたが、今でも職場で浮くことなく働けています。給料は前職の1.3倍ほど高くなり、充実したビジネスライフが送れています。

Dさんは4月〜5月という穴場の時期に転職活動を行うことで、通常なら採用されないであろう企業への転職を成功させています。

teacher

Dさん、企業ともに転職後、不満なく働けているのは企業が求める人材像と実際の業務内容に若干ギャップがあったからだと言えるでしょう。「自信のない転職者」と「緊急募集している企業」が良い形で出会えた好例と言えるでしょう。

時期による転職活動の苦労

転職活動には時期によって異なる特徴があることをお伝えしました。企業の求める人材への緊急性なども異なるため、目的に応じて時期をずらすのも有効と言えるでしょう。

しかし、転職活動では時期によって苦労することもあります。

例えば「夏」に転職活動を行う場合、猛暑の中で企業の面接に出向く必要があります。この際、汗だくで企業に訪れるのは失礼と考える人もいるでしょう。現地に到着したら近くの喫茶店で汗が引くのを待つというような時間も意識的に作らなければいけません。

転職活動を「冬」に行うのであれば、厳しい寒さの中で面接に行くことになります。冬場は乾燥していることもあり体調管理に気を配ってないと、風邪を引いてしまうこともあるでしょう。厚手のダウンコートを着たくても面接で浮いてしまうため、寒さに耐えながら転職活動を行った経験のある人も少なくありません。

気温や湿度の変化は転職活動にもダイレクトに影響してきます。転職活動は長い時間と労力がかかることがほとんどです。時期による環境の変化も考慮した上で、自分に合ったタイミングを見つけるようにしてください。

4月〜5月は転職活動がしやすい

転職を考えている多くの人にとっておすすめの時期と言えるのは4月〜5月です。暑くもなく寒くもない時期であれば、体にかかるストレスも最小限にすることができるでしょう。また、自分に自信のない人でも採用意識の高い企業に応募できる時期でもあります。

5月に転職活動を始めればGWを利用して履歴書の作成や職務経歴書の作成もじっくり行えるはずです。人によっては内定確定後、前職で夏のボーナスを受け取った後に転職という流れにすることもできるでしょう。

転職活動に漠然とした不安がある人は、ライバルが少なく、企業の本気度が違う4月〜5月に転職活動をスタートさせることを考えてみてください。

1人の人材として自己分析を行った時に確固たるスキルや経験のある人は、求人数の多い2月〜3月、8月〜9月に転職活動をスタートするのがおすすめです。反対に転職回数が気になる人や、自分のスキルにそこまで自信のない人は4月〜5月が狙い目です。

全ての転職者に当てはまることではありませんが、転職活動を行う際の目安にしてみると良いでしょう。

【キャリア】から分析する転職のタイミング

次は「キャリア」に繋がるような転職がしたい人に最適なタイミングについて考えていきます。「この人は魅力的だな」と企業に思ってもらい転職を成功させるためには、どのようなタイミングで転職活動を行えば良いのでしょうか?

転職を繰り返している場合

前述したように、人によっては倒産や買収によって早期転職を余儀なくされることもあります。「やっと良い会社に出会えた」と思っても、経営不振によって会社が倒産することもあるでしょう。単純に現状に対する不満が募り、転職を繰り返している人もいるはずです。

このように不本意な出来事が原因で転職をしてきた人の本心としては「これ以上、転職を繰り返したくない」と思うのではないでしょうか?

staff

「次こそはしっかりした企業へ転職したい」

そう感じるのは自然な感情です。ただし、ここでは一旦呼吸をおいてじっくり自分と向き合うことが重要です。転職のタイミングを考えるよりも、まず転職そのものを深堀して考えていかないと同じ結果を招くリスクがあるからです。

まずは自分の中にある不満をノートなどに書き出してみてください。

  • 給料が安い
  • 上司がうざい
  • オフィスが嫌い

など、人によって様々な不満があるはずです。

次にリストアップした不満を目的に変換していきます。

  • 給料が安い:給料を上げたい
  • 上司がうざい:上司と円満になりたい
  • オフィスが嫌い:環境に依存しない人間になりたい

このような視点で自分を分析していくと、弱点や改善点が見えてくるはずです。

人によっては転職をする必要がないかもしれません。また余儀なく転職しなければならない人でも、次の課題や企業選びのキッカケができるでしょう。

転職を繰り返す人には、それなりの原因があるものです。まずは原因を解明または解決してから転職活動を行っても良いでしょう。

資格取得前後による転職の有利度

man

「転職するなら資格を取ってからの方が有利になるかな?」

このような疑問を持っている人も少なくないでしょう。職種の中には資格保有者のみ応募できる求人情報も沢山あるものです。

転職活動での資格の優位性に関して注意しておかなければいけないのは「価値のある資格ほど難易度が高い」ということです。

IT、経理、建築士など、どの資格でもそうですが評価に値する資格を取得することは難しく、時間もかかります。誰でも取得できるような資格は、転職活動時にそこまで評価されません。

teacher

「資格を取得した方が転職に有利か?」という質問に対しては「難易度の高い資格ならYes」と言えます。

資格取得までに時間がかかることも考慮した上で転職活動を行うなら、長期で計画を立てることが重要です。現職を続けながらコツコツと勉強をして資格を取得した後に転職活動をスタートすると良いでしょう。

人によっては現職を辞めて資格取得に集中しようと考えることもあるでしょう。しかし、転職活動を行う上で、仕事をしていなかった期間が長くなると不利な要素も出てきます。ブランクがあるせいで不採用に傾くリスクもあるため、やはり仕事を続けながら資格を取得することをおすすめします。

昇進の前と後による違い

キャリアアップを目的とした転職活動を行う場合「今の職場で昇進してから転職した方が良いのかな?」という疑問が出てきます。企業は実績のある人間を求めているため、昇進したことのある人材をより高く評価するからです。

もしも転職の目的がキャリアアップなら「昇進した後に転職活動を行う」のがベストなタイミングと言えるでしょう。実績のある人材の場合、転職後すぐに重要なポジションを任せてもらえることも多いです。

ただ昇進してすぐに転職するのは社会人マナーに反しています。あなたに期待して重要なポジションを与えたにも関わらず、転職を目的に昇進したと分かれば信頼を失い、円満退社はできなくなるでしょう。

転職のタイミングとしては任された職務を全うしたタイミングがベストと言えます。現職でも転職先の企業でも「やるべきことをしっかり成し遂げる人」という信頼感が生まれるはずです。

もしもキャリアアップを目的とせずに、現場で働き続ける人間でありたいと思うなら、昇進前でも転職することは可能です。

キャリアアップや昇進を目的として転職活動を行うなら、転職前に実績を積んでおく方が有利になります。資格を取得した後、重役を任されて仕事を全うした後、プロジェクトを完遂した後など、評価される人材になってから転職を行うと良いでしょう。

【私生活】から分析する転職のタイミング

man

「現職では忙しすぎて私生活では何もできてない」

「女性だから将来のことを真剣に考えて転職したい」

プライベートを充実させるということは、人生において非常に重要と言えるでしょう。特に女性は結婚や出産などのライフイベントもあり、バリバリ働くキャリアウーマンから転職を考える人もいるはずです。

私生活の充実を目的に転職を行う際のベストタイミングとはどんな時なのでしょうか?

出産の前と後による転職の有利度

働く女性の問題となるのが「出産」です。

man

「出産や子育てをしっかりしたい」

このような思いを抱くのは女性なら当然のことでしょう。

転職をするタイミングとして子供を産む前と後では、どのような違いがあるのでしょうか?

出産を考えている人が転職で注意しなければならないことは「転職してから1年以内は育休が取れないこともある」ということです。育児休暇が適用される条件として「1年以上雇用されている」というものがあります。

そのため転職先の企業で労使協定が締結されていれば、育休は取れないと考える必要があります。「育児に専念したい」と考えるなら、早めに転職するのが懸命な判断と言えます。

また、子供が生まれた後に転職活動をすると難色を示す企業も多いです。出産を目的に転職を考えるなら「出産や子育てをストレスなく行える企業に事前に転職しておく」というのが最適なタイミングと言えるでしょう。

家を買うなら転職の前と後のどちらが有利か

「そろそろマイホームを買いたい」と思ってより高い給料が期待できる企業への転職を考えている人もいるでしょう。この場合「給料の高い企業へ転職した後に家を買う」と考える人は少なくありません。

しかし、家を購入するほとんどの人が銀行で住宅ローンを組むはずです。銀行では事前に「返済能力がある人間か」を審査します。この際、転職後から1年〜2年の人は審査を通過するのが難しいという問題があります。

家を購入するならば、転職前にローンを組むのがベストです。そのため転職をするタイミングは「家を購入した後」ということになります。

注意点としては、前職の持ち家制度などを利用して会社側に借金をした場合、転職と同時に精算する義務が発生することです。「転職したい。でも家は欲しい」という人は会社の制度を利用しないでローンを組んだ後、転職活動を始めるようにしましょう。

私生活と転職には密接な関係があります。適当な判断や感情的な判断で転職をしてしまうと、その後により苦しい思いをしてしまう可能性もあります。出産、マイホームの購入などはここで紹介したタイミングを参考にして転職活動を行うようにしてください。

メンタルの違いによって転職の有利性も変わる

メンタルの違いによって転職の有利性も変わる

転職のタイミングは時期や目的だけで決めるものではありません。

転職するタイミングを判断する上で重要な要素になるのが「転職者のメンタル状況」です。転職者の精神状態がポジティブで活き活きしている時期であれば、転職活動も上手くいきやすいです。

反対に「今の会社じゃ結果も出せないし転職したいな…」というようなネガティブな精神状態の時は、転職の面接でも上手く答えることができず、不採用になってしまうこともあります。

同じ人間でも「良い時」と「悪い時」では人が受ける印象はまるで違います。

teacher

良い印象の時とは

  • 仕事で良い結果を残せている
  • 新しいことに挑戦している

など「前に進んでいる時」と言えるでしょう。

teacher

反対に悪い印象の時とは

  • 仕事で成果が出せていない
  • 人間関係で悩んでいる

など「停滞または衰退している時」と言えます。

転職に失敗する人の特徴として人や環境のせいにして転職活動をしていることがあります。採用側からすると人材としての価値や魅力を見出すことができないため採用を見合わせることが多いでしょう。

反対に「どこからどう見ても順風満帆」に見える人間がキャリアアップなどを目的に転職活動をすると成功する確率が高いです。メンタルが安定している時は、自分の行ってきたことに自信が持てるものです。

メンタル面から転職のタイミングを判断するなら、精神状態の良い時と言えます。

「転職したい!」と思った時は、一度立ち止まって自分の精神状態を冷静に分析してみましょう。

  • 感情的になっていないか
  • 負の側面が強くないか

このような理由がメインになっているなら、転職活動は難航することを覚悟する必要があります。

man

「今は転職しなくてもいいかな!」

そんなふうに思える時こそ、次の新天地を見つける最適なタイミングとも言えるでしょう。

まとめ

まとめ

teacher

転職をするタイミングは

  • 目的
  • 精神状態

によって大きく異なることをお伝えしました。

2つの要素が明確になれば転職をする時期やタイミングも把握できるようになってくるでしょう。

  • キャリアアップ:実績を積んだ後
  • 出産:早めに転職

など、状況に応じて転職する時期を変えていくことをおすすめします。

時期によって求人数やライバルとなる転職者の数も変わってきます。自分を1人の人材として冷静に分析した時に、あなたはどんなポジションにいるでしょうか?

ここを明確化することができれば、転職活動の戦略を立てる際も有利になってきます。企業が求める人材像と自分自身のスキルやビジョンを照らし合わせて、最適な転職のタイミングを見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です