こんな人が転職に失敗する!あなたは大丈夫?転職失敗体験談から成功するコツを徹底解説!

仕事にコツが必要なように、転職にもコツが必要です。

しかし、転職を希望する人の多くは転職に必要なコツや知識を意識することなく、転職活動を始めてしまいます。

そこで今回は、

  • 転職が必要か見極める方法
  • 転職に纏わる失敗体験談
  • 失敗例から見る転職に成功するコツ

に関して、転職に失敗して社内の雰囲気も待遇も最悪な企業に転職してしまった経験のある私が、詳しく解説していきます。

転職に成功してキャリアアップを果たすためにはどのようなことを知っておかなければならないのでしょうか。

この記事を読めばすべてが分かります。

その転職、本当に必要ですか?転職すべきか見極めるのは難しい

その転職、本当に必要ですか?転職すべきか見極めるのは難しい

「自分が転職したいと考えているかどうか」を判断基準に転職してはいけません。

転職は必要な時にするものです。

とはいえ、転職すべきか見極めるのは難しく、当時は転職すべきと考えていたけれど、振り返ってみると失敗だった、という話はよく耳にします。

転職をする必要があるのかどうか見極めるためには、

  • 逃げの転職をしていないか
  • 転職に関する知識や抑えておくべきコツを熟知しているか

以上2点を自問自答して、明確な答えが出せるかどうか確かめてみましょう。

特に逃げの転職か否かはかなり重要で、明確な指針も無く、ただ現状から逃げたいために転職をした人の大半は転職に失敗しています。

気分や漠然とした考えをもとに転職をしてはいけない

逃げの転職の中でも、

  • このままでは自分がダメになる
  • そもそも会社に将来性がない

などの理由であれば積極的に転職をするべきです。

しかし、

  • 上司とそりが合わない
  • 自分を正当に評価してくれていないと感じる
  • 周りが転職しているから自分も転職したい

このような気分や漠然とした考えをもとに転職しては、キャリアアップどころか大きくキャリアを落とすことになりかねません。

また、逃げの転職を行った人は転職をするのが癖になる傾向にあります。

少しでも不満を感じると職場を変えたいと願うようになり、渡り鳥のようにあっちこっちを彷徨うようになってしまうのです。

何度も転職を繰り返した人を企業は相手にしませんし、なにより自分自身を成長させることも難しくなります。

concierge
転職を考えた時は行動に移す前に「自分は逃げの転職をしようとしていないか?」と自分自身に問いかけるようにしましょう。

転職に必要な知識や成功するためのコツを学ぶ

転職をするにあたって、今まで培って生きた経験やスキルはもちろん必要ですが、転職の際は転職のための知識や成功するためのコツが必要です。

まったく同じ経歴の人の転職結果を比較しても、転職に関する知識やコツを身に着けた人とそうでない人とでは、転職の成功率が大きく変わります。

転職を失敗しないために必要な知識・コツは「失敗例や体験談を読むことで学ぶことが可能」です。

次は失敗例と失敗しないためのコツをお教えします。

man
「気持ちが転職に傾いている時に、転職をやめるのは難しそうです。」
concierge
「そんな時は逃げの転職をしようとしていないか、転職に関する知識や成功させるためのコツを知っているか自問自答してみましょう。そうすれば今転職をするべきか分かるはずです。」

転職活動中の失敗例

転職活動中の失敗例

仕事と転職の両立が出来ない

man
「 仕事と転職活動が両立できず、転職活動を始めてから実際に転職するまでに1年もの時間が掛かってしまいました。一番苦労したのは平日の面接です。特にお昼に面接を組まれた場合、なんとかして仕事を休まなければいけないのでスケジュールの調整に苦労しました。」

「また、転職先が決まってからもなかなか退職することが出来ず、半ば無理やり辞めるような形になってしまいました。先方の希望を鵜呑みにするのではなく、面接日程を交渉するなどしてスケジュールの調整を行うべきだったと思います。」

いつなら時間が取れるのか予め確認しておく

この体験談から分かる失敗は、

  • いつなら時間が取れるのか把握できていなかった
  • 退職をするためにどれくらいの時間が必要なのか確認していなかった

この2点です。

面接の日程が決まってから時間を調整していたのでは間に合いません。

予め「いつなら時間が取れるのか」確認した上で面接の日程を応募先の企業と調整するようにしましょう。

また、スムーズに転職をするためには退職までどの程度時間が必要なのか事前に確認しておくことも重要です。

  • 引継ぎの準備をしておく
  • 抱えている案件を完遂するまでに掛かる時間を把握する
  • 繁忙期に転職活動をしない

少なくとも転職活動を始める前にこれくらいの準備はしておきましょう。

内定を貰っても満足できない

man
「早い段階で内定を貰ったので自信がつき、内定をいくつ貰っても他にもっと良いところがあるのではと内定先を決められませんでした。下手に自信がついたのが災いし、仕事を辞めて転職に専念したのも失敗の原因だと思います。」

「結局、前職より待遇が悪くなってしまいました。」

  • 希望の条件を明確にしておく
  • 今の給与では満足できない
  • もっと高いポジションに就きたい
  • 専門的なスキルに磨きをかけたい

など、転職を決意した背景には何かしらの理由があるはずです。

そして、転職をしたいと思った理由を考えてみると、自分の希望する条件が明確になります。

内定先を決められない場合は、「なぜ自分は転職をしたいと思ったのか」振り返って、希望の条件をはっきりさせましょう。

希望の条件が明確になれば、自分が行くべき転職先がどこなのかが分かります。

焦りから転職活動が雑になってしまった

man
「退職後に転職活動を始めたので、転職活動中は常に不安がつきまとっていました。一番恐ろしかったのは貯金が底をつくことで、今の会社に決めたのもそこに行かなければお金が無くなってしまう状況にあったからです。」

「若さがあれば引く手あまただと安易に考えて退職してしまったのが間違いでした。」

基本的には在職中に転職先を決めるのがベスト

貯金が豊富にあり、ゆっくりと時間を掛けて転職活動を行える下地があるのであれば別ですが、基本的には在職中に転職先を決めるのが一番良いです。

この体験談のように、目先のお金のために希望通りでない企業に転職をしても、転職前に思い描いていたキャリアアップを果たすことは出来ません。

退職をしてから転職活動を行う際は、

  • 転職先が決まるまで生活できるだけの充分な貯蓄があるかどうか
  • 転職市場での自分の価値はどの程度か

この程度は把握しておきたいです。

自分の価値がどの程度か分からない場合は転職エージェントに相談するのが良いでしょう。

man
「なるほど、よくある失敗例を見れば、それを回避する方法を知ることが出来るのですね。」
concierge
「勢いで転職して失敗した、というケースはよくありますが、大勢の人がやってしまいがちなことであるのも事実です。同じ轍を踏まないためには、そうした失敗例を見て、転職を成功させるためのコツを知っておくことが重要となります。」

転職後の失敗例

転職後の失敗例

予想以上に厳しい環境だった

man
「異業種へ転職したのですが、予想以上に辛い環境で毎日辞めたいと思いながら仕事をしています。」

「面接官の言っていたこととは違う仕事内容だったことも不満のひとつです。企業研究や業種に対する理解は転職をする上で欠かせないと感じました。」

異業種に転職する場合は業界のことをよく調べておく

面接官は応募してきた有能な人材を口説くのが仕事です。そのため、会社の良い部分を強調し、悪い部分は質問されない限り口にしません。

異業種に転職する際、面接官から聞く業界の良い部分だけを鵜呑みにしてしまうと、この失敗例のように想定外の厳しい環境に晒されてしまうことがあります。

そうならないためには、事前に希望する業界の「常識や仕事の進め方」を調べておくことが欠かせません。

待遇が悪くなってしまった

man
「基本給は上がったのですが、残業が多い企業から少ない企業に転職してしまったために実際の手取りは悪くなってしまいました。」

「また、以前勤めていた職場よりも規模が小さい企業に転職してしまったために、この先給与が上がるのかも心配です。」

表面上の給与だけを見て転職先を決めてはいけない

en転職の調査によると、20代から50代までの転職者のうち「30%超が給与アップ」を求めて転職活動を行ったと回答しています。

しかし、給与アップを目指して転職を行った結果失敗するケースは非常に多いです。

原因は、

  • 基本給だけを見ていた
  • 残業をさせてもらえない
  • 給与が上がらない企業に転職してしまった

などで、給与の算出方法や残業の制度、会社の規模を調べることなく転職したことが失敗の要因となっていることがわかります。

特に目先の給与アップを目指した結果、給与が上がらない企業に転職してしまい、長期的に見ると収入が下がってしまったというケースは非常に多いです。

給与のアップを望むのなら、

  • 基本給+残業代+各種手当+福利厚生の総合で待遇を比較する
  • 働きによって給与が上がる企業なのか調べておく

以上のことを徹底して転職活動に臨みましょう。

会社の雰囲気に馴染めない

man
「待遇も良く、自分がこれまで培ってきたスキルを発揮できる職場に転職出来ました。」

「しかし、社員間の距離が近い職場で、必要最低限のコミュニケーションしか取りたくない私としては不満があります。面接の際にもっと会社の雰囲気を聞いておくべきでした。」

自分が馴染むことのできる職場か調べておく

いくら待遇が良くても、会社の雰囲気に馴染むことが出来なければ、転職は失敗したと見るべきでしょう。

事前に会社の雰囲気を調べることは難しいですが、

  • 面接の際に社風・雰囲気について質問する
  • 大企業なら企業の口コミサイトをチェックする

などでおおよその予測をつけることが可能です。

man
「転職活動中の失敗ならまだしも、転職後の失敗の場合は取り返しがつきませんね。」
concierge
「だからこそ、失敗しないためのコツを知っておくことが重要なんだ。転職が失敗する理由の大半は調査不足であることが多い。応募先の企業研究は入念に行っておこう。」

転職先の選択肢を絞り込み過ぎた

man
「前々から興味を持っていた会社があり、運良く転職することが出来たのですが、思っていた環境とは違い辛い思いをしています。」

「転職後に調べてみると、同じような業務内容でより良い条件の企業がたくさんあることが分かりました。勢いだけで転職しましたが、転職活動を始める前にもっと視野を広げて転職先の候補を増やしてみるべきだったと反省しています。」

転職を成功させるためには複数の企業に応募する

どうしても行きたい企業があったとしても、転職の際は「複数の企業に応募する」べきです。

複数の企業に応募しておくと、

  • 面接に慣れることが出来る
  • 複数の企業の待遇・条件を知ることでより良い転職先が見つかる場合がある
  • 条件次第では滑り止めの企業を用意しておける

などのメリットが得られます。

失敗体験談にもある通り、特定の会社に惚れ込んで転職をした結果、思っていた環境と違ったという事例は枚挙に暇がありません。

しかし、複数の企業を候補に転職活動を行えば、気になっていた企業より待遇・条件が良い企業を見つけられることがあるのです。

また、本命の企業が最も条件の良い転職先であるケースでも、複数の企業に応募しておくと、本命の企業との面接前に面接の練習をすることが出来ます。

転職を繰り返して起こった失敗例

転職を繰り返して起こった失敗例

転職してもすぐに新しい不満を感じてしまう

man
「今まで何度か転職をしてきましたが、何度転職をしてもすぐに新しい不満が出て来ます。はじめの転職は上司とそりが合わないこと、二度目は自分が正当に評価されていないと感じて転職しました。」

「そして今は収入が不満で転職したいと考えています。いつになったら理想の職場に出会えるのかと悩んでいます。」

理想の条件が高すぎないか考えなおしてみる

転職を何度か経験するうちに、転職をすることが癖になってしまう人は少なくありません。

少しでも職場に不満を感じると転職をしてしまう人は、理想の職場の条件が高すぎるケースがほとんどです。

前述のように逃げの転職は自分のキャリアを大きく落とす原因となります。

心当たりがある方は、あまりに高すぎる理想を持ってはいないか、今一度考えなおしてみましょう。

転職のし過ぎで待遇が悪い転職先しか見つからない

man
「これまで数十社を渡り歩いてきた結果、40代にして給与は新卒並みになってしまいました。異業種転職を繰り返してきたため、年齢相応のスキルも無く、転職先は待遇が悪いところしか見つかりません。」

「ちょっとした不満や気分で転職を繰り返してしまったことを後悔しています。」

複数回の転職はキャリアアップに繋がらない

日本の転職市場では、転職経験が多くなれば多くなるほど評価されにくくなります。

面接を行う側の心理としては、

  • 我慢ができない人間ではないのか
  • 逃げ癖がついているのではないか
  • コミュニケーション能力がないのではないか

と不安に思ってしまうのです。

転職をすること自体は悪いことではありませんが、目標や指針の無い転職を繰り返すと、次第に転職先の選択肢は狭まります。

だからこそ、転職活動を行う際は転職したい理由を明確にし、確実にキャリアアップに繋がる転職をしなければならないのです。

man
「転職の失敗を転職で取り返そうとすると、どんどん悪い方向へ行ってしまうのですね。」
concierge
「現状を変える努力をすることなく、ただ逃げたいがために転職を繰り返すと、何度も転職に失敗し続けることになります。逆にキャリアアップのための転職に成功し続ければ、何度転職をしても悪い方向へ行くことはありません。」

まとめ

転職活動に纏わる失敗でよくあるものは、

  • 仕事と転職活動を両立できない
  • 内定を貰っても満足できない
  • 焦って転職をした結果、希望の条件を満たすことが出来なかった
  • 想定外に厳しい環境へ行ってしまった
  • 待遇が悪くなった
  • 会社の雰囲気に馴染めない
  • 転職先の選択肢を絞り込み過ぎた
  • 何度転職をしても満足できる企業に出会えない
  • 過度に転職を繰り返したことで、待遇が悪い転職先しか見つからなくなった

などです。

これらの失敗を回避するためには、

  • 時間を空けるための徹底したスケジュール管理
  • 希望の条件を明確にする
  • 生活を維持するための貯蓄がある場合以外は在職中に転職活動を行う
  • 異業種へ転職する場合は業界についてよく調べておく
  • 基本給+残業代+各種手当+福利厚生の総合で待遇を比較する
  • 面接時に会社の雰囲気について質問する
  • 本命の企業があっても複数の企業に応募する
  • 理想の条件が高すぎないか考える
  • 過度な転職は控える

などの方法が有効です。

concierge
「どの体験談を見てみても、失敗した原因のほとんどは「逃げの転職」をしたことが原因となっているのが分かります。なぜ転職したいのかを明確にせず、なんとない不満をもとに転職をした人の多くは転職に失敗します。」

「転職を成功させるためには、転職を決意した理由をはっきりさせ、それが逃げの転職ではないか自問自答することが大事です。加えて、転職に必要な知識やコツを学ぶことも重要でしょう。」

man
「分かりました。失敗例を見て分かった成功するためのコツを意識して就職活動を進めていきます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です