40代でも転職は大丈夫?40代の転職事情と成功に必要なポイント教えます

man
「転職したい気持ちはあるのですが、40代で転職するとなるとなかなか雇って貰えなそうで怖いです。」
「40歳過ぎまで大企業でキャリアを積んできたのに内定を貰えません。何がいけないのでしょうか?」

一昔前に比べると40代のベテラン人材を欲しがる企業は増えてきています。しかし、転職者と求人数を比べるとまだまだ買い手市場と言わざるを得ません。

今回は40代で転職を考えている方向けに、

  • 40代を取り巻く転職事情
  • 40代での転職が上手く行かない理由
  • 企業が40代の転職者に求めるもの
  • 40代でも転職に成功するコツ

をご紹介します。40代でも転職することは可能なのでしょうか。

可能だとして、成功と言える転職をするためには何が必要なのでしょうか。じっくり見ていきましょう。

40代を取り巻く転職事情

40代を取り巻く転職事情

若い転職者に比べるとチャンスは少ない

いくらでも求人のある20代、働き盛りの若手・中堅社員として需要のある30代に比べて、40代の転職者を受け入れる企業はあまり多くありません。

特に、特別なスキルや実績、資格がない限り管理職ではなく実務を行うプレイヤーとしての採用は難しいでしょう。

なぜなら、企業は成熟した40代の人材よりまだ伸びしろのある若手の人材を採用し、長く自社に居て欲しいと考えているからです。

teacher
「ただ、最近は中堅の人材が不足している企業が多く、実務担当の経験豊富なミドル世代の需要が高まりつつあります。若手には無いベテランならではの持ち味をアピールすることが出来れば、プレイヤーとしての採用もあり得ない話では無いでしょう。」

経験や実績を買われて内定を貰うことがほとんど

40代の転職者は、「経験や実績を買われて内定を貰う」ことが多いです。若手の転職市場とは違い、成長を期待して採用することはほぼありません。

例えば、

  • チームを率いて大きなプロジェクトをいくつも成功させた経験がある
  • 新規事業を始めるにあたって必要な経験・実績を持っていた
  • 自社にない強みを持っていた

などのケースでは企業も積極的に40代の人材を採用しています。即戦力となりえる人材であれば採用のチャンスがあると換言することも出来るでしょう。

man
「入社してすぐに力を発揮してくれる人材でないと採用されにくいのですね。40代で転職を成功させるのは想像以上に厳しそうです。」
teacher
「40代で転職をする際は求められる資質が増えるので、どうしても選択肢が狭まってしまいます。管理職としてではなく実務を行うポジションでの異業種転職などは厳しいと言わざるを得ません。」

なぜ40代の転職は上手く行かないのか

なぜ40代の転職は上手く行かないのか

年齢にコンプレックスがある

40代の転職者にありがちなのが「年齢をコンプレックスにしている」というものです。必要以上に年齢を気にしている転職者を企業は良く思いません。

コンプレックスを感じさせるフレーズとしては、

man
「こんな年ですので・・」
「年齢ばかり重ねて来ましたが・・」
「若い人には劣るかもしれませんが・・」

などが多く、これらのフレーズを使うと面接では大きなマイナスポイントとなってしまいます。

40代という年齢は転職を行う上でネックになりやすいですが、「年齢を物ともしない魅力」があれば企業は積極的に採用を行います。

40代で転職を始める際は自分のことを「転職するには年を取り過ぎた」と考えるのではなく「経験豊富なベテラン」と考えるようにしましょう。

選択肢を狭めてしまっている

40代の転職者が転職に失敗する大きな原因のひとつとして、「選択肢を狭めてしまっている」というものがあります。

確かに若手の人材に比べて40代の転職者の選択肢が少ないのは事実ですが、自ら選択肢を狭めてしまう必要はありません。

例えば、

  • 新しいことに挑戦するのは難しい
  • 自分にできるのは〇〇だけだ
  • 異業種へ転職するのは無理だ

などと考えが凝り固まっている方は非常に多いです。

40代はまだまだ働き盛りです。その気になれば新しいことに挑戦することは可能ですし、管理職としてなら異業種へ転職をするのも難しくありません。

むしろ、違う業界から新しい風を吹き込んでくれると歓迎されることもあります。

40代の転職を成功に導くためには、若い人材に負けないくらいの柔軟性が不可欠です。思い込みで選択肢を狭めることなく、転職活動を進めていきましょう。

これまでとこれからの区別が出来ていない

企業は転職者のこれまででは無く、これから何をしてくれるのかに興味があります。そのため、これまでの経歴に固執する人材は年齢に関わらず嫌われる傾向にあります。

40代の転職者にありがちなのが、

  • 前職は花形の部署にいた
  • 高い給与を貰っていた
  • 高いポジションに就いていた

という経歴が邪魔をして転職が上手く行かないケースです。

優れた人材だとアピールするつもりが、「過去の経歴自慢」になってしまっているパターンは非常に多いので、そうならないよう注意しましょう。

40代ともなれば、自分の経歴に自信やプライドを持っていてもおかしくありません。しかし、あまりに固執すると転職先の選択肢を狭めることに繋がります。

man
「過去の栄光に縋ったり、選択肢を狭めたりしていることが原因で40代の転職は上手く行きにくいのですね。年齢をコンプレックスに感じないようにするのも心掛けておきたいです。」
teacher
「乱暴に言えば40代の転職者は卑屈に考えている傾向にあるのです。わざわざ自分を卑下するメリットはありませんし、面接を行う企業としても自分に自信がない人材が欲しいとは思いません。ただ、自信過剰になってしまっても転職は上手くいかないので、その辺りのバランスには注意しましょう。」

企業が40代の転職者に求めるもの

企業が40代の転職者に求めるもの

管理職として活躍できる資質

管理職としての経験がある、将来幹部として登用できる見込みのある人材は、40歳を過ぎていても採用されやすいです。

マネジメント経験のある人材は貴重で、チームを率いてたくさんの実績を積み上げてきた人となればどこの企業も欲しがります。

例えば、

  • 前職は同業で管理職をしていた
  • 常に管理職だったわけではないがマネジメントの経験はある
  • 物事を俯瞰的に見ることができる

などの資質がある場合、管理職もしくは幹部候補として内定を貰える可能性があります。

そのため、40代で転職をする際は実務をバリバリこなしたいなどのこだわりが無い限り、管理職としての資質があるとアピールするのが良いでしょう。

即戦力となれる実力

40代の転職者を採用する場合、どの企業の採用担当者も揃って「即戦力となれるかを重視する」と言います。

即戦力の人材とは、

  • 転職後すぐ職場に適応し結果を出してくれる
  • 前職で目を引く実績を残している
  • 専門的な知識を持ち、それを実務に活かせる
  • 対人能力に長けている

などの特長を持つ人材を指します。これらに該当するのであれば、40代でもスムーズに転職先を見つけられるでしょう。

欲を言えば付随して、「他の転職者が持っていないようなスキルや資格」をアピールしたいです。

例えば、法務に転職するのであれば司法書士などの専門性の高い資格、システムエンジニアであれば多数のプログラミング言語を操れるなどの能力があれば、面接官に対してより強く自分の有用性を示すことができます。

コミュニケーション能力

管理職や幹部候補を募集している企業では、40代の転職者に対してコミュニケーション能力を求めます。

40代に求められるコミュニケーション能力とは、

  • チームの繋がりを強められる
  • 社内外の人間と円滑な関係を築ける
  • 現場と経営陣の意見をすり合わせることができる

などです。若手に求められるコミュニケーション能力は「誰とでも上手くやっていく能力」ですが、40代に求められるのは「人と人との関係を上手く調整する能力」と言えるでしょう。

部下と自分、経営陣と現場、社外の人間との関係を上手く調整できる能力を持っている人材を企業は高く評価します。

man
「40代の転職では実務が出来るかどうか、というよりは人間としての総合力が試されるのでしょうか。」
teacher
「確かに集団をまとめる能力や人間関係を求める能力は、人間としての総合力と言い換えられるでしょう。企業は40代の転職者に対して、専門的な知識やこれまでの実績だけでなく、集団をまとめる能力を期待しています。面接でそれらの点を満たす人材だとアピール出来れば内定にグッと近付くはずです。」

40代でも転職を成功させるコツ

40代でも転職を成功させるコツ

固定観念を捨てる

40代の転職者は長い社会人経験の中で、知らないうちに考え方が凝り固まってしまいがちです。

行き過ぎた固定観念はイズムとして受け入れられるどころか、「頑固で面倒な人物だ」と考えられてしまいます。

例えば、

  • 転職するには年齢がネックになる
  • 新しいことは覚えられない
  • 大企業に勤めていたのに今更中小企業には行けない
  • 年収が低くなるのは耐えられない
  • 役職が下がるのは受け入れられない

などの固定観念は、転職活動の足を引っ張るため捨ててしまいましょう。

せっかく転職をして新しいスタートを切ろうとしているのに、固定観念に邪魔をされて転職に失敗してしまったら元も子もありません。

自分の市場価値を知る

自分の市場価値を知らずして、転職活動の戦略を立てることは出来ません。とは言え、自分自身の市場価値を客観的に見極めるのは難しいでしょう。

40代の市場価値は、

  • 社外でも通用するスキルを持っているか
  • どんな人とでも良好な関係を築くことができるか
  • 会社に利益をもたらす人脈を持っているか
  • マネジメント能力に長けているか

の4つで決まります。

転職情報を幅広く収集する

40代の人材を募集する求人は少数です。そのため、少しでも良い求人を見つけるためには、「複数の情報源」が必要となります。

情報源の候補としては、

  • 転職サイトで求人を調べる
  • 知人に求人が無いか聞く
  • 転職エージェントに相談する

などが有力です。また、手に入れた情報は必ずひとつひとつ精査するようにしましょう。

一見自分には向いていないように思える求人でも、企業の理想とする人物像が自分の経歴やスキルとマッチしている場合があります。

応募先の企業を研究する

ある程度候補の企業が決まったら、「応募先の企業について研究」をしてみましょう。企業研究をする理由は、自分と転職先の「相性を見極める」、「アピールすべきポイントを厳選する」ためです。

研究しておくべき内容は、

  • 求めている人材の特長
  • 企業理念
  • 職務内容
  • 社員の年齢層
  • 不足していると思われる人材

などです。

入念な企業研究を行っておけば、応募先の企業によって自分の売り込み方を最適化することができます。

そうすれば内定を貰える可能性が高くなり、より良い条件で転職を成功させることができるでしょう。

転職しやすい業界を目指す

可能な限り良い条件で転職をしたいのなら、転職しやすい業界へ飛び込んでみることをおすすめします。

一般的に転職しやすいとされているのは、「飲食業や物流業、小売業」などです。「介護や建設・建築業」も転職しやすい業界と言えますが、現場の人員としての採用がほとんどであるため、40代が未経験で飛び込むのは難しいでしょう。

また、業界を問わず「営業職」は転職しやすい職種として有名です。営業経験があり、40代を過ぎても現役のプレイヤーとして活躍できる自信があるのなら営業職も候補のひとつとなり得ます。

柔軟な対応力をアピールする

企業は40代の転職者に対して「考え方が凝り固まっているのでは」、「職場に馴染めないのでは」と先入観を持っていることが少なくありません。

対応力に欠けると思われないためには、

  • 時代に取り残されぬよう自分の持つスキルを常に更新してきた
  • 年齢の離れた同僚と働くことに慣れている
  • 求められるスキルはどんなものでも習得してきた

などとアピールするのが有効です。

面接官によっては先入観があっても口にせず、質問に対する回答内容で判断することもありますから、先回りをして柔軟な対応力があるとアピールしておきましょう。

内定を貰っても油断しない

ようやく掴んだ内定を喜ぶ気持ちは分かるのですが、油断は禁物です。例え内定を貰ったとしても、内定先の企業と自分との相性が良いとは限りません。

内定を貰った後は、会社訪問をするなどして「職場の雰囲気」を確かめましょう。その上で「自分と相性が良い」と判断した場合のみ、内定を承諾して下さい。

また、転職先を決定する前に、面接では分からなかった「労働条件や待遇」をしっかり確認しておくことも重要です。

内定を貰ったからと言ってすぐに受諾する必要はありませんから、充分に自分と転職先の企業との相性や諸条件を確認した上で最終決定を行いましょう。

退職時期を調整する

現職の勤続年数が長い場合、突然退職の意思を伝えると、社内が混乱してしまう可能性があります。退職時にトラブルが起きると、自分が苦労するだけでなく内定先に迷惑を掛けてしまいかねません。

スムーズな退職をするためには、

  • 引継ぎの準備をしておく
  • 繁忙期の退職は避ける
  • 退職交渉をはやめに行う

などが必要となります。重要なプロジェクトのリーダーとなっている場合や、実質的な実務のトップとして活躍しているケースでは特にトラブルが起きやすいです。

そのため、退職の際は辞める時期を調整したり、はやめに退職交渉を行ったりするなどして、出来るだけ問題が起きないように立ち回りましょう。
man
「これらすべてを徹底するのは難しそうです。やはり40代で転職をするのは難しいことなのですね。」
teacher
「一度にすべてのコツを把握しきるのは難しいですが、ひとつひとつクリアしていくのは簡単です。転職は自分から動かない限り始まりません。ちょっとずつでも転職活動に取り組んでいく姿勢が大事です。」

まとめ

40代を取り巻く転職事情は、

  • 若手に比べるとチャンスが少ない
  • 実績や経験を買われて転職することが多い

という状況です。

40代の転職が難しいとされるのは、

  • 年齢にコンプレックスがある
  • 選択肢を狭めてしまっている
  • これまでとこれからの区別がついていない

などの理由があります。

ただし、40代でも、

  • 管理職としての資質
  • 即戦力となれる実力
  • コミュニケーション能力

などの特長がある場合は企業の印象も良くなり、積極的に採用を行います。

40代で転職を成功させるコツは、

  • 固定観念を捨てる
  • 自分の市場価値を知る
  • 転職情報を幅広く収集する
  • 転職しやすい業界を目指す
  • 柔軟な対応力をアピールする
  • 内定を貰っても油断しない
  • 退職時期を調整する

などです。40代の転職では求められることが多く、「内定を貰うまでは困難な道のり」となります。しかし、40代で転職を成功させるのは決して不可能ではありません。

teacher
「実際に40歳を過ぎてから転職をして、キャリアアップを果たしている方は大勢います。粘り強く転職活動を続けていれば、必ず転職を成功させることが可能です。自分のペースで良いので、困難があっても挫けることなく転職活動を続けていきましょう。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です