転職サイトにもブラックリストはある?転職サイトに登録できない原因や対処法など気になる疑問をを徹底解説!

「転職サイトに登録できない」「スカウトメールなどのメールが一切こない」など、転職サイト上のトラブルから、転職サイトのブラックリストに載ってしまったのでは?と不安になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職サイトに登録できない原因や対処法など、転職サイト上の気になる疑問を徹底解説します。

teacher
  • 転職サイトにブラックリストに載ってしまっていないか不安・・・
  • 転職サイトに登録できない原因が分からない・・・

など、転職サイトの利用で不安や悩みを抱えているという方は今回の記事を読み、原因を探ってみましょう。

転職サイトにブラックリストはある?ない?

転職サイトに「ブラックリスト」として登録されることはほぼない

「ブラックリスト」というと、クレジットカードやカードローンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

クレジットカードやカードローンの支払いが滞ってしまったり、破産したりなど、支払い上の問題が何度も続くような場合、信用情報機関の事故情報や延滞情報に登録されます。

事故情報や延滞情報などが登録されることをいわゆる「ブラックリスト」と呼んでおり、ブラックリストに載ってしまうことでクレジットカードを新しく作ることができなくなったり、新たにお金を借りるなどができなくなど、様々なペナルティが課されます。

最近ではお店のネット予約などでも、無断キャンセルが多かった場合、ブラックリストに載り、そのネット予約サイトを利用できなくなることもあります。

そのため、転職サイトでも同様に、面接のキャンセルや、内定辞退など、企業側とのトラブルがあった場合、転職サイト上でブラックリストとして登録され、サイトの利用ができなくなったり、選考が受けられなくなるのでは?と不安に思っている方も意外に多くいます。

しかし、転職サイトで面接を辞退したり内定を辞退したりすることで、転職サイトを利用できなくなるなど、ブラックリストに載ることはほぼないと言えます。

そもそも、転職サイトは求人を検索から選考まで転職者と企業の間でやり取りされます。

転職サイトは転職者と企業とを結ぶツールとしての役割があるだけで、逐一選考の結果を転職サイト側が追うということはありません。

そのため、転職サイト側が面接の無断キャンセルや内定辞退を理由に、ブラックリストとして企業側に情報を流したり、別の転職サイトや転職エージェントに情報を共有するということはないのです。
また、個人情報保護の観点からも、転職サイト側が企業側に無断で情報を共有することはないと言えるでしょう。

転職サイト上や企業の選考の際にあずかっている情報は個人情報です。

転職者の承諾なしに他社に名前や住所、メールアドレスなど、転職者の個人情報に関わる情報を提供してしまうことは個人情報保護の観点からも違反であり、企業側の信用問題にも関わるのです。
そのため、仮にブラックリストが作成されていたとしてもよっぽどのことがない限り、転職サイトの利用や選考で不利になることはないと言えるでしょう。

転職サイト側が悪質だと判断した場合や、登録情報の虚偽などがあった場合には、アカウントの凍結などが行われる可能性もないとはいえませんが、その場合にも企業側にその旨が通知されるということはありません。

転職サイトはあくまでも転職者と企業をつなぐツールでしかなく、採用や選考に関しては転職者と企業側に任されていると思っていいでしょう。

転職エージェントにはブラックリストがある場合も

転職サイトにはブラックリストはほぼないと言いましたが、転職エージェントの場合、ブラックリストが作成される可能性があります。

転職エージェントは転職サイトとは異なり、専任のコンサルタントが人材の紹介や選考対策など転職のサポートを行います。

中には、転職サイトには一般公開せず、転職エージェントを介して採用を行う企業もあります。

転職エージェントは転職者と企業の仲介役であるため、たとえば、

  • 求人を紹介した転職者が企業との面接を無断でキャンセルした
  • 内定承諾後に転職者が辞退した
  • 虚偽のプロフィールや経歴を登録していたのが発覚した

などが起こった場合、企業側に迷惑をかけるだけでなく、その転職者に求人を紹介した転職エージェントの信用にも傷がつきます。

そのため、もし転職者に何かしらの問題が発生した場合、今後の求人紹介などの転職サポートだけでなく、求人の応募もできなくなる可能性もあります。

ただ、こういった転職者に関わる情報を共有するためのブラックリストは、その転職エージェント内で共有されるだけで、他の転職サイトや転職エージェントに情報が流されるということは基本的にはありません。

転職者の情報を勝手に外部に共有することは個人情報保護法で禁止されているからです。

そのため、他の転職サイトや転職エージェント経由での転職が不利になることはまずないと言えるでしょう。
ただし、一度ブラックリストに登録されてしまうと、その転職エージェントへの再登録はできなくなるという点は注意が必要です。
man
他社に共有されないから大丈夫!

と思い、いい加減な気持ちで転職エージェントを使っていると、どんどん利用できる転職エージェントが限定されていく可能性もあります。

連絡が面倒でつい無断キャンセルなどをしてしまいたくなりますが、自分の今後の転職活動を円滑に進めるためにも、企業側や転職エージェントに連絡を入れることを忘れずに行いましょう。

企業側でブラックリストを作成している可能性がある

man
なぜか企業からの選考結果や応募に対する返信がない・・・

という場合、転職サイトではなく、企業側のブラックリストが関係していることも。

同じ会社の求人に何度も受けたり、一度応募したことがある会社のグループ会社に応募したりしてしまうと、企業内で共有されている登録情報から、選考を拒否される可能性があります。

特に、

  • 面接の無断キャンセル
  • 内定承諾後の辞退

などは悪質とみなされるため、注意しておきましょう。

ただし、一度応募したことがある会社に再度応募してくる転職者は少ないため、ブラックリストを作成していない企業も多くあります。そのため、採用担当者が変わっている場合には再び選考ができるケースも。

また、企業側も社内やグループ会社間で情報を共有することはありますが、外部の会社に情報を漏らすということはまずあり得ないため、受けたことがない企業であれば選考で不利になるということはほとんどないと言っていいでしょう。

転職に不利になる情報が流されることはほぼない

転職エージェントでは、ブラックリストが作成される可能性があり、一度問題を起こしてしまうと、その転職エージェントが使えない場合があります。

ただ、転職サイトでは選考や応募時のやり取りは企業側と転職者に任せているため、たとえ面接の無断キャンセルや連絡を無視するなどの問題行動があったとしても、転職に不利になるような個人情報が流されてしまうことはないと言っていいでしょう。

そのため、普通に転職サイトを利用している限りは、ブラックリストとして登録される可能性は極めて低いため、必要以上に気を遣いすぎる必要はないのです。

転職サイトに登録できない原因と対処法

転職サイトでブラックリストとして登録されることはまずないと言うと、

man
じゃあブラックリストに載っていないのになぜ転職サイトに登録できないの?

と疑問に思う方もいるはず。

確かに普通に利用できるはずなのに転職サイトに登録できないとなると、まずブラックリストを想像してしまいそうになります。

ですが、実はブラックリスト以外でも、転職サイトを登録できない場合もあります。

teacher
まずは原因を探り、適切に対処することが大切です。

転職サイトに登録できない原因とは?

転職サイトに利用できないという場合、一番多いのがエージェントと間違えて登録しているというケースです。

ほとんどの転職サイトでは、年齢や性別などでの制限を行わず、誰でも登録することができます。

ハイクラス向けや第二新卒向けなど、転職サイトによって求人の質や利用者層などは異なりますが、ターゲットとして想定する層を定めているからといって、登録ができないというわけではないのです。

たとえば、ハイクラス向け転職サイトとして知られるCAREER CARVER(キャリアカーバー)では、600万円以上の質の高い求人を扱っているため、登録に年収制限があると思われがちです。

出典:CAREER CARVER

ですが、CAREER CARVER側の利用制限などに関する回答を見てみると、登録に関する制限は設けていないという記載があります。

出典:CAREER CARVER

よく、登録できることと実際に応募できる求人があることを混同して考えてしまう方もいますが、ほとんどの転職サイトでは登録自体はできるということを理解しておきましょう。
逆に、転職エージェントでは、登録に審査を設けている場合があります。

そのため、転職エージェントに登録できない原因としては、

  • 年齢制限がある
  • 転職回数が多い
  • 想定年収に達していない
  • 第二新卒や既卒など社会人としてのキャリアがない

などが考えられます。

転職エージェントによっては、企業側と転職者の相互の利益のために、年齢制限や現在の年収など、利用できる転職者を制限しているところもあります。

そのため、年収が基準よりも下回ってしまうと登録ができなかったり、たとえ登録ができたとてもスカウトされる可能性が低いため、登録しても意味がない場合があります。

また、年齢やキャリアによっては、紹介できる求人がないことから登録できない可能性も。

転職サイトと転職エージェントの違いを理解し、登録しようとしているサイトの条件を見直すことが大切です。

また、転職サイトに登録できないケースとして、

  • 一定期間ログインがない
  • 連絡を全然返さない
  • スカウトメールを無視し続ける

などの理由から、転職サイトのアカウントが一時的に使えなくなることがあります。

転職サイトに登録できないと思ったら、まずは思い当たる原因を探ることが大切です。

転職サイトに登録できない場合の対処法

原因が分かったら、早めに対処して転職サイトを利用できるようにしておきましょう。

ここでは、転職サイトに登録できない場合の対処法を2つご紹介します。

1.審査基準や利用上の注意点を確認する

まず知っておきたいのが審査基準です。

転職サイトではほとんど審査基準はありませんが、特に転職エージェントでは、ターゲットとする年齢や業種や職種はさまざまで、審査基準を設けているところも少なくありません。

そのため、転職者によって適した転職サイトを選ぶことが大切と言えます。
man
転職サイトに登録できない・・・

となった場合には、まずは

  • 年収
  • 年齢
  • 必要な資格・スキル

などを確かめ、どういった転職者をターゲットとしている転職サイトなのかを確認しましょう。

また、紹介できる求人がないと言われた場合には、転職エージェントに登録できないということなので、別の転職サイトや転職エージェントの利用を検討しましょう。
そして、転職サイトの利用上の注意点を確認することも大切です。

転職サイトや転職エージェントには通常、利用規約が公開されています。

その利用規約の中に、アカウント削除や利用制限などを行う場合について詳しく記述されていることもあるため、利用規約違反をしてしまっていないか確認しておきましょう。

よくあるケースが

  • 登録情報の虚偽が発覚した

というケースです。

誰かの個人情報を勝手に利用して使っていたり、虚偽の経歴などを申告することで、特定の個人や企業側に不利益が生じるという場合にはアカウントの削除の対象となり、再登録できなくなる可能性もあるため、注意しましょう。

2.サイト側に問い合わせる

審査基準などもクリアしており、それでも登録できないという場合には、転職サイト側に問い合わせるのも1つの手です。
  • メールアドレスを間違えて入力している
  • 登録情報に不備がある

などの理由で登録完了ができないということも考えられます。

何も心当たりがなく、初めて利用する転職サイトに登録できないという場合には、登録情報について問い合わせてみるようにしましょう。

転職サイトや企業側に誠実な対応を心がけよう

man
ブラックリストに載ってしまったのでは・・・

と考えてしまう方の中には、面接をキャンセルしたり、連絡を返さなかったりするなど、何かしら心当たりがあるという方も多いのではないでしょうか。

考え始めると、

  • もしかしてこの時選考辞退したから?
  • 以前の選考の時に書類の不備があったから?

など、さまざまな出来事と結びつけてしまいがちですが、実はブラックリストのせいではないということがほとんどです。

このように不安に陥ってしまう前に原因と対処法をまずは考えてみましょう。

また、転職サイトや転職エージェント経由で応募し、選考を行う以上、企業側だけでなく、転職サイトや転職エージェントにも迷惑をかけてしまう可能性もあります。

転職サイトの利用者の質が悪いと、企業側が転職サイトや転職エージェントへの求人掲載をやめてしまうこともないとは言えません。
転職サイトの担当者や企業の採用担当者には誠実な態度で接し、ブラックリストに載るような行動は控えるようにしましょう。

転職サイトに関わるよくある疑問

Q1.内定辞退や面接辞退をするとブラックリストに載る?

teacher
内定辞退や面接辞退をしてブラックリストに載ることは基本的にはないと言えるでしょう。

無断キャンセルや内定承諾後の辞退をしてしまうと、企業側のブラックリストに載ってしまう可能性はあります。

ですが、きちんと連絡を入れた上での内定辞退や面接辞退であれば、転職サイトや企業側のブラックリストに載ることはほぼないと言えるでしょう。

ただし、内定や選考を辞退しておいて、

man
やっぱり入りたい!

と思っても、ほとんどの企業では受け入れてもらえないことが多いため、よく考えてから辞退するようにしましょう。

日程の都合が合わずに面接辞退する場合、面接日の調整を行ってくれるところもあるため、企業側に問い合わせることも大切です。

ただ、面接日を変更するということは、採用担当者のスケジュールを崩してしまうことであることを忘れずに。

軽い気持ちで面接日を変更したり、辞退するのはなるべく避けましょう。

Q2.転職サイトに再登録は可能?

teacher
転職サイトは一度退会して再登録することはできますが、一から情報を登録する必要があります。
転職サイトに再登録することは可能です。

ただし、転職サイトでは退会の手続きをとると、ほとんどの場合、登録情報のデータはすぐに消去されます。

そのため、過去のデータを呼び起こすことができなくなるため、プロフィールや職務経歴といった情報を最初から入力する手間があります。
転職が決まるとすぐに退会したくなりますが、すぐに退会するべきかをよく考えましょう。

おすすめの転職サイトは「【2020年】おすすめ転職サイト!転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職サイト比較ランキング」をチェック!

まとめ

転職サイトを登録できなかったり、企業からの返信がなかったりすると、転職サイトのブラックリストに入ったのでは?と不安になってしまうものです。

しかし、転職サイト側がブラックリストを作成し、利用できなくなるといったことはほとんどありません。
転職サイトは企業側と転職者を結ぶツールです。そのため、転職サイトに登録できないという場合には違う原因が考えられるため、なるべく早めに原因を知り、対処することが大切です。
しかし、転職サイトでブラックリストに載ることはないと言っても、面接を無断キャンセルしたり、連絡を怠ったりしても良いということではありません。
teacher
ブラックリストに入るような行動は避け、社会人のマナーを守り、誠実な態度で選考に臨むことが何よりも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA