経理の転職に役立つ!おすすめの転職サイトと経理の転職に役立つ6つのポイントを徹底解説。

会社の中でもお金に関わる重要なポジションである経理職。求人数も多く、給与も高めであるため、未経験から経理職への転職を考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、経理職の専門性の高く、スキルや資格が必要となるため、なかなか転職のハードルが高いと感じてしまう方も。

そこで今回は、経理の転職に役立つポイントと、おすすめの転職サイトをご紹介します。

teacher
経理の基礎知識から、転職成功術まで徹底解説するので、未経験から経理への転職を考えている方は、今回の記事を読んで経理への転職を成功へと導きましょう。

経理の転職をする前に知っておきたい基礎知識

「経理」と一口に言っても、経理の仕事は多岐にわたります。

そのため、経理の仕事がしたいと思っても、ある程度の知識がないと、経理への転職は難しくなります。

まず経理はどんな仕事をしていて、どんなスキルを求められているのか、経理の基礎知識を知っておく必要があります。

teacher
転職活動を始める前に、経理の仕事内容について詳しく知っておきましょう。

経理の仕事内容は?

経理の仕事は、一言でいうと、「会社のお金を管理すること」です。

会社では、取引先から入ってくるお金や備品や出張費といった経費など、その額の大小の差はあれ、お金の動きが頻繁にあります。

そのため、経理が会社全体のお金の動きをまとめることで、経営者がお金の動きを正確に把握することができ、経営判断へとつなげることができるのです。
お金の管理ができていないと、知らず知らずのうちに赤字状態が続き、経営が立ち行かなくなってしまうということも考えられます。

経理の主な仕事は、

  • 日々の売上管理
  • 経費精算
  • 給与の計算や勤怠管理
  • 税金の計算
  • 決算書の作成
  • 保険の管理

などが挙げられます。

出典:type

毎日行う1日単位の実務から、年単位の実務まで、幅広く会社のお金に関わる計算や管理に携わるため、会社の中でも縁の下の力持ちのような重要なポジションです。

お金の計算が1円でもくるってしまうと、会社の損失につながってしまうことも。

目立った業績への貢献やなどがないため、あまり目立たない存在にも思えますが、他部署との交流も多く、なくては従業員の給与にも関わるため、会社の中でもなくてはならない重要な役割を担っています。

経理の転職で求められるスキル

経理は会社全体のお金に関わる業務をこなしていく必要があることから、様々なスキルが求められます。

経理の転職で求められるスキルとして、

  • PCスキル(ExcelやAccessなど)
  • 情報処理スキル
  • コミュニケーション能力

が挙げられます。

1つずつ見ていきましょう。

まずはPCスキルです。

経理の仕事は給与計算や経費精算など、お金の細かい計算を行い、記録しておく必要があります。

Excelで数字を入力したり、給与管理ソフトなどを扱ったりすることも多いため、基本的なPCスキルは必須と言えます。
また、データの管理にMicrosoftのデータベース管理ソフト「Access」を使うこともあります。未経験者にとってはなじみのないソフトですが、経理を目指すのであれば、一般的なPCスキルに加えてExcelやAccessを使えるようにしておくと、経理の転職で有利に働くでしょう。
次に情報処理スキルです。

経理は会社のあらゆる仕事に関わります。そのため、伝票や税の申告方法など、さまざまな情報を収集し、処理を行う能力が大切となります。

最後にコミュニケーション能力です。

経理の仕事は、従業員の勤怠管理や給与計算、伝票の整理や経費精算などを行うため、会社の中でもほとんどの部署との交流があります。そのため、コミュニケーション能力が選考で重視されることもあります。

さらに、経理の転職に必須の資格があります。

それは、簿記の資格です。

簿記を学ぶことで記帳の知識が身につくため、ほとんどの企業が経理の職種につく必須条件としています。

他にも、

  • 忍耐力がある方
  • 責任感がある方

など、会社のお金を扱う関係上、性格的にも向き・不向きが分かれます。

  • 同じことを繰り返しやっていると飽きてしまう
  • 数字を追うのが苦手

といった方は、経理の仕事と合っていない可能性があるため、適性を見極めることが大切です。

未経験から経理の転職は難しい?

経理の転職は未経験からでは難しいと言われています。

その理由として、専門性の高い知識やスキルが求められるため、実務経験や資格などを必須として考えている企業が多く、未経験からでも応募できる求人が少ない、ということが挙げられます。

出典:マイナビ転職

実際に、大手総合転職サイトのマイナビ転職で経理の求人を調べてみると、職種・業種未経験でも応募できる求人が136件という結果に。

求人が少ないことから、経理への転職を断念したという方も少なくありません。

経理の転職にはスキルや資格が必須な場合が多い

経理の転職は他の事務職に比べ、専門性が高く、スキルや資格などが求められる傾向にあります。

特に30代、40代と年齢が上がるごとに、求められる能力もその分高くなり、経理職としての能力だけでなく、管理職としての資質を問われる可能性も。
しかし、未経験でもポテンシャルや人柄などを重視して採用を行う企業もあります。

また、前職の経験が経理の転職で活かせることも。

未経験だからと諦めてしまうのではなく、キャリアやスキルを棚卸ししたり、資格を取得したりするなど、しっかりと準備を行うことが大切だと言えるでしょう。

未経験からでも転職を実現!経理の転職を成功に導くポイント

man
こんなに求められるスキルが多いなら、経理の転職は難しいかも・・・
teacher
未経験からでも、経理の転職を成功に導くポイントさえおさえておけば、転職を成功できる可能性が十分あります。しっかりと準備を行いましょう。

転職成功に役立つポイントは全部で6つ

経理の転職はスキルや資格が必須な場合が多いですが、だからと言って未経験から経理を目指すチャンスがないわけではありません。

経理の転職を成功に導くためには、事前準備を行い、できるだけ多くの情報を得ることが何よりも重要です。
teacher
ここからは、転職成功に役立つポイントを6つご紹介します。

1.どの分野で活躍したいのか決めておく

経理の仕事はどの業界でも必要とされます。

そのため、会社の規模や業界などによって業務内容が異なる場合があります。

たとえば、一般的な商品を扱う仕事であれば、毎日、毎月その都度経費の計算などを行いますが、不動産業など長期にわたる商品がある場合には、年をまたいで計算をする必要があります。

扱う商品や分野によって精算の頻度や額も異なるため、異業種での経理業務を行う場合、経験者であってもやり方やお金の管理が難しいケースも。

業界の知識もある程度必要となるため、単に経理の仕事を知るだけでなく、業界なども含めて将来のキャリアプランを決める必要があります。

また、大手企業は経理の仕事を分担して行う一方で、中小企業では幅広く経理の仕事を担う必要があるなど、会社の規模によっても業務範囲が変わります。

そのため、どの分野で活躍したいのかをきちんと考えた上で、転職先の会社の規模や業務範囲まで調べておくことがまずは大切と言えます。

2.経理の仕事に役立つスキルや経験を棚卸しする

経理の仕事に役立つスキルや経験の棚卸しは必須と言えます。

特に未経験の場合、実務経験がない分、経験者よりも転職が不利となります。

そのため、前職のスキルや経験で活かせるものがないかを整理しておくことで、面接や書類選考などで企業にアピールがしやすくなります。

特にパソコンのスキルはどの業種や職種であっても使用している場合が多いため、Excelがどの程度扱えるのか、入力業務経験の有無などを整理しておきましょう。

また、営業事務や金融事務など、日常的に数字を扱う業務に携わった経験がある方は、経理の業務経験がなくても、売上計算などの数字の計算業務で活かせる場合があります。

そして、一番経験としてアピールしやすいのが、コミュニケーション能力や忍耐力などといった性格や人柄に関わるスキルです。
  • 事務職としてコツコツ書類の整理や入力業務を行っていた
  • 営業職として多くの顧客と会い、売上をどれくらいあげた

などの具体例を示して、実績やスキルをアピールすることで、未経験であっても採用担当者からの評価を上げることができます。

経理とは関係ないと思っていたキャリアやスキルが役立つ可能性もあるため、自分のキャリアやスキルについてはできるだけ細かく棚卸ししておくと良いでしょう。

3.資格やスキルはあらかじめ取っておく

簿記やパソコンスキルなどは、経理職として必須となることが多いため、経理への転職活動を始める前にとっておくようにしましょう。

また、簿記は大学時代に取っている方も多く、周りの転職者との差をつける資格としては不十分と言えます。

そのため、他の転職者との差をつけるためにも、簿記以外にもアピールできる資格やスキルをとっておくこともおすすめです。
  • 経理・財務スキル検定(FASS)
  • 電子会計実務検定
  • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

など、経理の資格やパソコンスキルをとっておくと良いでしょう。

特にパソコンスキルは、

man
Excelが使えます!

と言っても実際にどの程度使えるのかを示すことが難しく、面接などでの受け答えでは能力をはかれないものです。

パソコンスキルが使えると本人が言っていても、実際に使えるかどうかは業務をしてみなければ分からない、というのが採用担当者の本音です。

そこで、パソコン系の資格をあらかじめとっておくことで、採用担当者にもパソコンスキルのレベルが伝わりやすいというメリットがあります。

働きながらでも通えるパソコンスクールなども多いため、経理の転職を始める前にあらかじめとれる資格はとっておくと、経理の転職や実際の仕事でも活かすことができます。

4.経理の転職に強い転職エージェントを利用する

経理の仕事は専門性が高く、即戦力としての採用を求める企業が多いため、一般公開ではなく、非公開求人である場合が多いのが特徴です。

そのため、大手総合転職サイトであっても求人数が少なく、

man
希望条件に合った経理の仕事がなかなか見つからない・・・

なんてことも。

そのため、経理の転職に強みを持つ転職エージェントを利用することもおすすめです。

経理の転職に強い転職エージェントとしては、MS-Japan(エムエス ジャパン)が有名です。

出典:MS-Japan(エムエス ジャパン)

MS-Japanでは、経理や財務、経営企画などの求人が豊富で、求人検索ができるほか、専門性の高い転職エージェントから転職支援が受けられるため、転職成功率が高いと定評があります。

一般的な転職エージェントよりも専門に特化した転職エージェントの方が、業界動向にも詳しく知識も豊富であるため、応募する企業ごとに情報提供や選考対策など、きめ細かいサポートを行ってもらえることが強みと言えます。

転職サイトだけでなく、転職エージェントを利用することで、好条件の求人や、他の転職サイトには載っていない求人の紹介を受けることができるため、利用しておくと良いと言えるでしょう。

5.志望動機は明確に

経理の転職に限らず、選考の中でも「志望動機」は重要なポイントです。

特に未経験からの転職の場合、

  • なぜ経理職を目指すのか
  • なぜこの企業を受けたのか
  • 経理職としてどんなことをしたいのか

などを明確にし、熱意ややる気を伝えることが大切です。

前職では広告制作を行っていました。広告の作成担当として業務を行う中で、経理担当と関わる機会があり、売上の管理や経費管理が会社全体の経営を担う重要な役割を担っており、経理がなければ広告などの業務を円滑を行うことができないと実感しました。その経験から、経理の仕事に強い興味を持ち、志望しました。

広告制作費などの計算や、予算にあわせた提案なども行った経験があり、前職でも数字や売り上げに関わる仕事をしており、細かい数字の計算には自信があります。

このように、経理の仕事に興味を持った経緯を伝え、志望動機を明確にすることを心がけましょう。

6.面接ではコミュニケーション能力と清潔感を意識して

面接では、志望動機や経験などのアピールももちろん大切ですが、面接は対面で話す絶好の機会であり、コミュニケーション能力を発揮するチャンスでもあります。

経理は多くの部署と関わりがあるため、コミュニケーション能力が欠かせません。

また、お金の扱う大切な仕事であるので、

  • 信頼して経理の仕事を任せられるか

も重要なポイントです。

面接は緊張して上手く話せなくなるものですが、落ち着いてしっかりと受け答えができるよう、面接の準備をしておくことが大切です。
また、身だしなみも第一印象を左右する重要な要素の1つです。

視覚から得られる情報によって、採用担当者からの印象が大きく変わることもあります。

シャツがよれていたり、髪がまとめられていなかったりとだらしない格好で面接に臨んでしまうと、いい加減でだらしない人と思われてしまう可能性があります。
  • シャツにアイロンをかける
  • 靴やバッグはキレイにしておく

など、面接前日には準備を整えておくようにしましょう。

転職サイト・転職エージェントで情報収集を

経理の転職は非公開求人も多く、なかなか希望に合った求人を見つけられない可能性もあります。

そのため、転職サイトや転職エージェントを上手く活用して情報収集を行い、自分に合った求人をいかに効率よく見つけられるかが転職成功のポイントとなります。

働きながらの転職は大変なものですが、経理の転職は長期戦になることも多く、準備期間がたっぷりあるという見方をすることもできます。

必要なスキルや資格は先にとっておくなど事前準備をしっかりと行った上で、転職活動を進めましょう。

経理への転職でおすすめの転職サイト

1位.ジャスネットキャリア

運営会社ジャスネットコミュニケーションズ株式会社
応募方法自分で直接応募、転職コンサルタントが支援
専門分野会計、税務、経理、財務、公認会計士、税理士
登録ユーザー数約5万人
求人更新頻度-
公開求人数2,717件
未公開求人数-
新着求人数38件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

経理への転職でおすすめする理由

ジャスネットキャリアは、会計、税務、経理・財務分野の人材に特化した転職サイトです。

専門性に特化した転職サイトとしてサービスを確立することで、他の転職サイトにはない非公開求人や好条件の求人を多数保有しています。

転職サイトとして経理の求人を検索できるだけでなく、専門知識を持った転職エージェントから人材紹介や選考対策など、さまざまな転職支援を受けられる点も強みと言えます。
また、ジャスネットキャリアに登録することで、動画配信サイト「アカウンタンツライブラリー」の無料動画講座を受講できる点も最大のメリット。

経理や財務などに役立つ簿記や経理実務などのコンテンツを動画で見られるため、動画で専門スキルを磨くことができます。

未経験の求人が少ないというデメリットもありますが、資格を活かしたい方や経理としてキャリアアップをはかりたい方におすすめの転職サイトと言えるでしょう。

2位.ビズリーチ

運営会社株式会社ビズリーチ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約96万人
求人更新頻度-
公開求人数56,717件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
6人83%100%548万円547万円100%164日8.8

経理への転職でおすすめする理由

ビズリーチはハイクラス向けの転職サイトとして、総合的にあらゆる職種や業種の求人を取り揃えているところが強みです。

経理の求人も多く、ヘッドハンターや優良企業からのスカウトを受けることができるため、効率よく求人を探すことができます。

  • 高年収の求人が多い
  • 非公開の求人が多く、大手企業・優良企業が多い

というメリットもあり、経理職としてキャリアアップしたい方にもおすすめです。

ただし、未経験歓迎の求人が少なく、短期的な転職活動には向かないというデメリットも。長期的な目で見て、早めに登録しておくことをおすすめします。

3位.リクナビNEXT(リクナビネクスト)

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約910万人
求人更新頻度週2回
公開求人数40,209件
未公開求人数0件
新着求人数4,713件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
23人43%70%301万円338万円112%75日8.4

経理への転職でおすすめする理由

リクナビNEXTは、圧倒的な求人数を誇る、業界最大級の転職サイトです。
求人数が多いため他の転職サイトにはない求人も多く、大手企業や優良企業が多いというのが特徴。専門サイトには劣りますが、経理職の求人も多く、未経験歓迎の企業も見つけられます。

他にも、

  • AIによるレコメンド機能があり、自分では探せない企業が見つかる
  • 「気になる」登録でお互いに興味がある状態から転職活動につなげられる
  • 利用している企業から「オファー」が来やすい

など、企業からのオファーやレコメンド機能などが利用でき、自分では探せなかった求人を簡単に見つけることもできます。

経理職の求人は少なめではありますが、転職ノウハウや転職診断など転職に役立つツールも豊富なため、利用しておいて損はない転職サイトと言えるでしょう。

経理におすすめの転職サイトはまだまだあります。おすすめの転職サイトをチェックしたい方はこちらの記事もあわせてチェックして、転職サイトを上手く利用しましょう。

まとめ

経理の転職はお金を扱う業務を行っているため、その分専門性が高く、求められるスキルも高いという特徴があります。

特に未経験からの転職では応募できる求人も限られているため、経験者よりも転職が不利になり、なかなか希望する求人が見つけられないという場合も。
少しでも転職に有利に働くよう、経理に必要な資格やスキルなどをあらかじめとっておいたり、これまでのキャリアを棚卸ししたりと、事前準備を行うことが何よりも大切です。
  1. どの分野で働きたいのかを決めておく
  2. 経理の仕事に役立つスキルや経験を棚卸する
  3. 資格やスキルはあらかじめ取っておく
  4. 経理の転職に強い転職エージェントを利用する
  5. 志望動機は明確に
  6. 面接ではコミュニケーション能力を意識して
teacher
今回ご紹介した6つのポイントを参考に、転職準備を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です