転職サイトを使わないで転職はできる?転職サイトを使わないで転職するメリット・デメリットと転職活動を効率よく進める方法

転職サイトでは、求人の検索や応募が簡単にできるというメリットもありますが、メールの量が多い、求人数が多いことで求人を絞りにくいなどといったデメリットもあります。

そのため、転職サイトを使わないで転職活動を進めたいと考える方も中にはいるのではないでしょうか。

そこで今回は、転職サイトを使わないで転職活動をするメリット・デメリットと、転職活動を効率よく進める方法を解説します。

転職サイトを使わないで転職をすることにはデメリットもあります。そのため、転職サイトを上手く活用しつつ、転職サイトを使わない方法を模索することが重要なポイントです。

teacher
  • 転職サイトでなかなか転職が決まらない方
  • 自分のペースで転職活動を進めたい方

は今回の記事で転職サイトを使わないで転職するメリット・デメリットを知り、転職サイトを使わない方法と転職サイトを併用するコツを学びましょう。

転職サイトを使わないで転職はできる?

転職サイトを使わないで転職はできるが基本的には使った方がよい

転職活動を始める際に、まず転職サイトから登録して転職活動を進める方が多くいます。

転職サイトを登録することで求人の検索や応募が簡単にできるため、転職サイトを使うことで効率よく転職活動を進めることができます。

しかし、転職者によっては、応募したい求人を上手く探せなかったり、転職サイトのメールが多いことで重要なメールを見逃してしまったりと転職サイトを使うことでかえって転職活動の効率が下がってしまう方もいます。

そのため、

man
転職サイトを使わずに転職活動を進めたい

と考える転職者も中にはいます。

しかし、転職サイトを使った転職活動が主流のため、

man
転職サイトを使わないで転職なんてできるの?

と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、転職サイトを使わないで転職することは可能です。

転職サイトを使わなくても、転職活動を行う方法はいくつかあります。そのため、無理に転職サイトを登録しなければいけないというわけではなく、転職活動の仕方は自由と言えます。

ただし、転職サイトを使わないことでメリットももちろんありますが、デメリットもあります。

人によっては転職サイトを使わずに自分で転職活動を進めてしまうことで、転職活動が上手くいかない方もいます。

転職サイトは使わなくても問題はありませんが、転職サイトを使わない方法やメリット・デメリットを踏まえた上で、転職サイトと転職サイトを使わない方法を上手く使い分けることが大切だと言えるでしょう。

転職サイトを使わないで転職する方法

man
転職サイトを使わないで転職活動を進める方法なんてあるの?
teacher
転職サイトを使わないで転職を行う方法は大きく分けて4つあります。自分にあった転職スタイルを見つけましょう。

1.企業のHPから直接応募する

企業のHPから直接応募を行うことができます。

ほとんどの企業では、企業のHPから新卒や中途採用などの採用情報を見ることができ、お問い合わせや応募フォームなどから、直接質問したり応募したりすることが可能です。

転職サイトを利用することにも採用報酬や求人掲載費などの利用料がかかります。なるべく少ないコストで採用活動を行うために、転職サイトや転職エージェントに求人をあえて出さない中小企業も多くあります。

そういった中小企業でもHPから応募することができるため、転職サイトには掲載されていない求人に応募できるチャンスを広げることができます。

2.ハローワークを利用する

転職サイトではなく、ハローワークでも求人を検索したり紹介を受けたりすることが可能です。

ハローワークでは、地域に特化した求人を多く扱っており、無料で求人を掲載できることから

  • 地域に密着した企業の求人
  • 中小企業の求人

などを見れるというところがメリットと言えます。

ただし、ハローワークは求職申込手続きをハローワークに出向いて行う必要があるため、利用手続きが面倒というデメリットもあります。

出典:ハローワーク インターネットサービス

求職情報の仮登録や求人検索はハローワークのインターネットサービスから行うこともできるため、登録を終えたらこちらを活用しましょう。

3.SNSなどを通じて企業にコンタクトをとる

これまでは転職サイトや求人誌などを使ったやり方が主流でしたが、企業の採用活動のやり方も変化してきており、TwitterやFacebookなどのSNSを利用して採用活動を行う企業も増えてきています。
特にITやベンチャーなどの企業がSNSを活用しているケースは多く、採用担当者のSNSから気軽にコンタクトがとれるというメリットがあります。

ただし、SNSを利用する場合、採用担当者からも転職者の日常的な投稿などが見られる可能性があるということに注意が必要です。

プライベートのアカウントで転職活動を行ってしまうことで、履歴書や職務経歴書などに書かれていない人柄やプライベートなことを探られる可能性があるということを知っておきましょう。

4.知人などから紹介を受ける

転職活動の中でも、一番企業とのつながりを持ちやすく、選考を有利に進められるのが知人などからの紹介です。

企業にとっては

  • 人間性がつかみやすい
  • 能力などをはかりやすい

などのメリットがあります。

転職者にとっても、

  • 職場環境を把握しやすい
  • 仕事内容などを詳しく質問することができる

などのメリットがあるなど、知人からの紹介は転職活動につながりやすいため、おすすめの方法と言えます。

ただし、知人からの紹介された手前、

  • 辞退がしづらい
  • 給与や待遇などの交渉がしづらい

などのデメリットがあることも。

知人との関係性にもよりますが、転職者のプレッシャーとなってしまう場合もあるため、よく考えた上で紹介してもらうのが良いでしょう。

転職サイトを使わないメリット

転職サイトを使わない方法を4つ紹介しましたが、転職サイトを使わずに転職活動を行うことにはメリットもデメリットも当然あります。

teacher
まずはメリットから見ていきましょう。

1.ピンポイントで企業を受けられる

転職サイトにはさまざまな企業の求人が掲載されています。

そのため、転職サイトを使うことで、情報量が多くなり、希望する職種や業種の求人を絞り込みづらくなることもあります。
応募したい企業が決まっているという場合には、企業のHPやSNSから直接応募することで、転職活動の時間が短縮でき、効率よく転職活動を進めることができます。

2.応募条件に合わなくても応募できるチャンスがある

転職サイトでは企業の求人情報に必須資格や年齢など、応募条件がある場合、応募条件に合っていない転職者は自動的にはじかれてしまうことがあります。

いくらやる気があっても、応募条件に合っていなければ、採用担当者の目に留まることがないのです。

企業に直接応募する方法であれば、企業への質問や応募を自由に行うことができるため、

man
条件には合っていないけれど、どうしても応募したい!

という思いを伝えることができます。

応募条件に合わないけれど、特定の企業に応募したいという場合には、転職サイトを使わずに直接応募してみると良いでしょう。

3.企業に直接質問したりPRできる

企業のHPやSNSなどから応募を行う場合、転職サイト経由で行うのとは異なり、自分で直接企業とやり取りを行うことになります。

そのため、応募する前に企業に質問を行ったり、転職サイトの形式にとらわれずにアピールを行うことができます。

また、転職サイト経由ではなく、企業に直接応募するにいたった理由を伝えることで、企業への高い関心を伝えることも可能です。

転職サイトよりも直接応募の方が内定率が高いというわけではありませんが、

  • 直接応募で採用担当者の印象に残りたい
  • 他の転職者とは違ったアプローチをしたい

という場合には、転職サイトを使わずに直接企業に問い合わせることをおすすめします。

転職サイトを使わないデメリット

転職サイトを使わない転職方法には、メリットだけではなくデメリットも当然あります。デメリットを3つ解説します。

1.企業検索から応募、選考のやり取りを自分で行う必要がある

転職サイトでは求人の検索画面から求人を検索を行い、応募に使うフォーマットもある程度決まっているため、企業とのやり取りもしやすく、転職活動を進めやすいというメリットがあります。

しかし、転職サイトを使わないで転職活動を進める場合、企業の検索からHP上の応募フォームの入力、その後のメールでのやりとりなど、1つ1つの企業とのやり取りを自分で行う必要があります。
転職サイトではWEB履歴書などをあらかじめ登録しておけば複数の企業に一括で応募することができますが、1つ1つの企業の入力を行う分手間がかかるというデメリットがあるのです。

2.転職での選択の幅を広げることができない

転職サイトでは求人を検索したり、希望に合った求人の通知がきたりと、さまざまな求人を見ることができるところが強みと言えます。

求人数も多く、総合的にあらゆる職種や業種の求人が揃っているため、当初の希望とは合わなくても、興味のある職種や業種の求人に応募することができるなど、自分の転職での選択の幅を広げることもできます。

その点、転職サイトを使わないで転職活動を行うとなると、自分の興味のある職種や知っている企業へのアプローチが中心となります。

そのため、転職の選択の幅を広げることができないというデメリットがあります。

3.スカウトを利用できない

転職サイトを利用する一番の強みと言えるのが、スカウト機能の利用です。

スカウト機能を利用することで、WEB履歴書やスキルなどを見て興味を持った企業からアプローチを受けることができます。

企業は事前にWEB履歴書を見た上でスカウトを送っているため、実際に応募した際にも書類選考を通る確率が高く、他の転職者よりも有利に転職活動を進めることができます。
転職サイトを使わずに直接応募やハローワークなどを利用して転職活動を行っている場合、企業からのスカウトを受けることができないため、自分からアプローチをする必要があります。

転職サイトと併用して転職活動を進めることが重要

転職サイトを使わずに転職活動を行うことは可能であり、転職サイトを使わないことで得られるメリットもあります。

しかし、転職サイトでは、多くの求人を閲覧したり、企業からのスカウトを受けたりすることで、多くの企業を比較したうえで、転職先を決めることができます。

転職サイトを利用してなるべく多くの求人を見て比較を行うことで、本命企業での選考が上手くいくことも。
応募したい企業が決まっている場合にも、企業情報をより多く得るためにも、転職サイトを併用することが転職成功のカギと言えるでしょう。

転職サイトを使わない方法と転職サイトを併用する方法

転職活動を効率よく進める方法

ここからは、転職サイトを上手く活用しつつ、転職活動を自分で効率よく進める方法を解説します。

teacher
転職サイトには転職サイトの良さがあります。転職サイトの機能やツールを上手く活用して求人を多く見たり、情報収集を行うことが転職成功のポイントです。

1.転職サイトで企業情報を集める

転職サイトでは、担当者が独自に得た企業の情報を得ることができます。また、1つの企業ではなく同職種・業種の多くの求人が掲載されているため、年収や業務内容、待遇などを比較することも可能です。

転職サイトを利用して、こうした企業情報を集め、企業分析に役立てましょう。

エン転職では、募集要項などの基本情報に加え、「取材から受けた会社の印象」や「この仕事のやりがい&厳しさ」など、実際に企業の取材を行った転職サイトの担当者のレビューをチェックすることができます。

また、現社員や元社員から得た企業のクチコミや評判を見ることも可能。

出典:エン転職

平均年収データなどを見ることもできるため、実際に転職した際にどのくらい年収をアップできるかなど、具体的なキャリアアップを想定することができます。
こういった転職サイトの情報と企業のHPをあわせて企業分析を進めることで、企業への理解が深まるだけでなく、実際に働くビジョンを明確に描くことができるため、企業の情報を有効活用しましょう。

2.転職サイトのスカウト機能を利用する

転職サイトのスカウト機能を利用することで、自分で直接企業を探さなくても、企業の方からアプローチを受けることができます。

選択の幅を広げるためにも、スカウト機能を利用するようにしましょう。

通常のスカウトだけでなく、書類選考がなく面接確約などの特典がついた特別なスカウトや、サイト上では公開されない非公開求人のスカウトが受けられることも。

出典:リクナビNEXT

スカウト機能を設定し、WEB履歴書や希望条件などを項目を埋めておくだけで、企業からのスカウトが届くようになるため、忙しい方にもおすすめです。
また、スカウトは自分の市場価値を知るためにも使えます。
スカウトがくる求人の質や待遇などの提案によって、自分では気づいていないポテンシャルに気づくことも。
man
自分に合う職種や業種が分からない・・・

という場合には、経験のある職種や業種にとらわれずに転職活動を行うことが大切と言えます。

3.転職サイトのツールを利用する

転職サイトではさまざまなツールを利用することができます。

特に診断ツールを利用することで、自分の適性や強みなどを知ることができ、自己分析に役立てることができます。

転職サイトによってツールが異なるため、自分の利用している転職サイトのツールをチェックしてみましょう。

たとえば、dodaでは、キャリアタイプ診断、「自己PR」発掘診断など、診断系のツールが充実しています。

出典:doda「キャリアタイプ診断」

キャリアタイプ診断では、簡単な設問に答えていくことで、強み・弱みや能力、自分に適した働き方などを知ることが可能です。

仕事の適性や強み・弱みを知ることで、志望動機や自己PRに役立てることができるだけでなく、診断結果をdodaのエージェントサービスで活用することも可能。コンサルタントが診断結果にあわせて、転職のアドバイスや求人の紹介を行ってくれます。
エージェントサービスを使うことを検討している方にもおすすめの診断ツールです。

また、「自己PR」発掘診断では、たった16問の設問に答えるだけで、自分のアピールポイントを知ることができます。

出典:doda「自己PR」発掘診断

特に直接応募などの場合、転職サポートを受けることができないため、自己PRや志望動機などを自分で作成することになります。

今後の選考に役立てるためにも、転職サイトのツールを利用する目的で、dodaやリクナビNEXTなどツールが充実している転職サイトを登録しておくのも良いと言えるでしょう。

おすすめ転職サイト→https://xn--eck7a6c9546bjcp.xyz/tensyoku_ranking/site-osusume-ranking/

4.気になった企業には直接アプローチをかける

自己分析や企業分析が終え、応募したい企業を見つけたら企業のHPなどから直接企業にアプローチをしてみましょう。

転職サイトを経由した方が選考がスムーズに進む場合もありますが、

  • 応募条件を満たしていない
  • 転職サイトに求人情報が載っていない

などの場合には、直接応募をすることをおすすめします。

また、担当者によっては、転職サイト経由での応募ではないことに興味を持ってもらえる場合もあります。

teacher
大切なのは自分のアピールの仕方なので、応募したい企業に合わせて応募方法やアピール方法を見直しましょう。

転職サイトに頼りすぎず自分の転職活動のスタイルにあわせて

転職サイトを使って求人の検索や応募することは便利ではあります。

しかし、転職サイトを頼りすぎてしまうことで、他の転職者と差別化をはかることが難しかったり、情報を上手く整理できなかったりしてしまい、かえって転職活動が上手くいかないこともあります。

転職サイトを情報収集や自己分析などのために活用し、実際の転職活動は転職サイトを使わずに行うことも可能です。

自分の転職スタイルにあわせて、転職サイトを上手く使いつつ、効率的に転職活動を進めましょう。

まとめ

転職サイトを使わないで転職活動を進めることはできますが、それぞれメリットとデメリットがあります。まずはメリットとデメリットを理解して、転職スタイルを定めることが大切です。

そして、転職サイトを全く使わないよりも、転職サイトの機能やツールを利用した方が転職活動を効率よく進めることができるため、転職サイトを併用することがおすすめです。
  1. 転職サイトで企業情報を集める
  2. 転職サイトのスカウト機能を利用する
  3. 転職サイトのツールを利用する
  4. 気になった企業には直接アプローチをかける
4つのポイントをおさえ、転職サイトで情報収集や自己分析を行いつつ、気になった企業には直接アプローチをするようにしましょう。
teacher
転職サイトは人によってはかえって利用しづらいこともあります。まずは利用してみて、自分なりの転職スタイルを確立していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA