【2020年】女性に「絶対」におすすめしたい転職サイトランキング決定版

結婚や出産、子育てなど、女性にはさまざまな人生の転機があり、それにあわせて仕事を変えたいと考える方も多いのではないでしょうか。

  • 結婚しても長く勤めたい
  • ライフステージに合わせて働く時間を変更したい

など、さまざまな希望条件を挙げる方もいます。

そこで、今回は女性におすすめしたい転職サイトをランキング形式でご紹介します。

teacher
選ぶ際のポイントや各転職サイトの特徴などもあわせてご紹介していくので、ぜひ転職サイト選びの参考にしてみてください。

女性が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント

ポイント1.女性向けの検索条件の多さ

転職サイトを選ぶ際に必須条件なのは、女性ならではの検索条件の多さです。

多くの転職サイトでは、男女ともに同様の検索条件を使用しており、

  • 職種・業種
  • 勤務地
  • 年収
  • 賞与

などといった検索条件があります。

しかし、女性の場合、出産や育児などの関係で、働ける時間や勤務地などが制限されてしまう場合もあります。
  • 子どもの保育園のお迎えまでには帰りたい
  • 産休や育休はしっかりとりたい

などさまざまな希望にあわせて、転職先に求める条件も細かく絞り込むことで

woman
ここなら働けそう!

と希望に合った転職先を見つけやすくなります。

また、検索条件を設けることで、女性が働きやすい環境づくりを行っている企業を絞り込むことが可能。

今子育てや結婚などの予定がなくとも、長く働ける職場を見つけることができます。

そのため、

  • 育児と両立OK
  • 産育休活用有
  • フレックス勤務可

といった検索条件が多い転職サイトを選ぶことが大切です。

ポイント2.企業情報の充実

転職先を選ぶ際、仕事内容や募集要項、福利厚生など、企業の詳しい情報が必要となります。

そのため、取材者の独自のレビューがあったり、元社員や現社員のクチコミやインタビューがあるなど、

企業情報がどれだけ充実しているか

も重要なポイントと言えます。

前述したように特に女性は出産や育児などで、産育休を利用したり、保育園へのお迎えのために時短勤務を行ったりと、ライフプランによって、働き方が変化する可能性があります。

もちろん、男性も育休などを取得している方も多くなってきているため女性だけというわけではありませんが、仕事と子育てを両立したいと考えている方にとって、その企業の福利厚生や休暇などの取組みは気になるもの。

産休・育休取得者の実績や時短制度など、仕事内容や給与面だけでなく、福利厚生や休暇などの制度が詳しく求人に書かれているところを選ぶようにしましょう。

ポイント3.利用している女性ユーザーの割合

利用している女性ユーザーが多いところを選ぶことも、転職サイト選びの1つのポイントです。
woman
ユーザーの割合は関係ないんじゃない?

と思ってしまいがちですが、利用しているユーザーの年代や性別、職種などによって、求人を掲載しようと考える企業は異なります

企業はなるべくコストをかけて求人を掲載する以上、多くの転職者から応募を集めることで、優秀な人材を獲得したいと考えています。

そのため、転職サイトのユーザー層や特徴などにあわせて、どこに掲載を行おうか決めているのです。

したがって、女性ユーザーが多い転職サイトでは、その分女性におすすめの求人や、女性に人気がある求人、女性の応募を歓迎する求人が多くなる傾向にあります。

女性の転職に限定した転職サイトや、女性の求人の特集などを組んでいる転職サイトには、それだけ女性ユーザーが多くなるため、ユーザーの割合にも着目し、多くの女性が利用している転職サイトを選ぶと良いでしょう。

ポイント4.求人のバランスや求人数

女性向けの求人に特化した転職サイトでは、求人数が少なかったり、オフィスワークや福祉・看護など、応募できる職種や業種が限定されている可能性があります。

なるべく選択肢を広げるためにも、求人のバランスや求人数も重視しましょう。
求人数が少ないと、それだけ競争率も高く、選択肢も狭くなります。
  • 求人数の多い転職サイトを選択する
  • 転職サイトを複数登録する

など、なるべく多くの求人を見て、転職先を検討すると良いでしょう。

ポイント5.雇用形態の選択肢の多さ

woman
正社員でずっと勤め続けたい

と考える方もいれば、

woman
子どもが小さいうちはパートや契約社員として働き、大きくなったら正社員に復帰したい

など、ライフプランによって、雇用形態の選択にも変化が出てきます。

そのため、

  • 正社員
  • 契約社員
  • 派遣社員
  • アルバイト・パート
  • 業務委託

など、さまざまな雇用形態の求人がある転職サイトを選ぶこともポイントと言えるでしょう。

株式会社キャリアデザインセンターが行った調査によると、「いつまで働きたい?」という質問に対し、「一生涯」が20.1%、「定年まで」が49%という結果に。

出典:女の転職type

このことから、約70%の女性が定年、あるいは一生涯働きたいと考えていることが分かります。

定年まで働くことを想定するには、キャリアプランももちろん大切ですが、結婚や出産、育児などのライフプランを想定した上で仕事を選択する必要があります。

生涯勤めるためにも、

woman
ライフステージに合わせて雇用形態を変えたい

と考える方も多くいます。

そのため、正社員にこだわらず、業務委託や派遣社員などさまざまな選択肢を検討した上で、転職先を選ぶことが大切と言えるでしょう。

女性に「絶対」におすすめしたい転職サイトランキング

1位.女の転職type(タイプ)

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
応募方法自分で直接応募
専門分野女性
登録ユーザー数約122万人
求人更新頻度週2回(火・金)
公開求人数1,777件
未公開求人数0件
新着求人数686件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
8人0%50%286万円341万円119%86日8.1

女性が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
検索条件育児と両立OK、産育休活用有、女性管理職有、時短勤務有
企業情報仕事の魅力、福利厚生、働く環境や仕事の特徴など
女性ユーザーの割合99.9%
求人のバランス/求人数営業・事務などが多い/求人数少なめ
雇用形態正社員、契約社員、紹介予定派遣など

女性に「絶対」におすすめしたい理由

女の転職type(タイプ)は女性向けサイトとしての圧倒的な支持と、企業からのスカウトが来やすいという点がおすすめするポイントです。

女の転職type(タイプ)は、「女性がおすすめしたい転職サイトNo.1」(2019年4月)という実績を持つ転職サイトで、100万人以上の方が会員登録をしており、そのうち99.9%が女性という、女性向けの求人に特化した転職サイトとして多くの女性から支持を集めています。

中小から大手企業までさまざまな企業の求人を掲載しており、正社員をはじめとして、契約社員や紹介予定派遣、アルバイトなどさまざま雇用形態を選択することができます。

その中でも特に正社員・契約社員の求人に特化しており、「正社員・正社員登用ありの求人が90%以上」と、正社員などで長く勤めたいと考えている女性の転職を応援しています。

また、スカウトでは、事前にプロフィールを登録しておくことで、企業の採用担当者から直接スカウトを受けることが可能。条件マッチオファーでは、自分が登録した情報と求人掲載企業が求める条件がマッチした際に自動的に求人のお知らせを受け取ることができます。

自分で求人を検索しなくても、企業や転職サイト側から求人のお知らせが届くため、忙しい方にもぴったりの機能と言えるでしょう。
そのほかにも、「いい仕事ミイつけよう診断」という診断ツールを利用することもできます。

簡単な設問に答えていくだけで、適職を知ることも可能。スキルやキャリアがなく、仕事選びに悩むという方にもおすすめです。

また、こだわり条件も充実しており、

  • 女性管理職有
  • 育児と両立OK
  • 産育休活用有
  • ブランクありOK

など、女性ならではのさまざまな希望条件から仕事を選ぶことができます。

  • 首都圏にお住まいの方
  • 正社員を目指したい方

におすすめの転職サイトです。

ただし、

  • 営業や事務以外の職種の求人が少ない
  • 地方の求人が少ない

などのデメリットもあり、希望に合った求人が掲載されていないこともあります。

2位.とらばーゆ

運営会社株式会社リクルートジョブズ
応募方法自分で直接応募
専門分野女性
登録ユーザー数-
求人更新頻度週2回(月・木)
公開求人数4,933件
未公開求人数0件
新着求人数1,649件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
3人0%67%227万円247万円109%33日8.3

女性が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
検索条件子育てママ在籍中、フレックスタイム制、産休・育休取得実績あり
企業情報求人のポイント、具体的な職場の雰囲気などの情報あり
女性ユーザーの割合97%
求人のバランス/求人数医療・看護などの女性向け求人多数/求人数少なめ
雇用形態正社員、契約社員、派遣・アルバイトなど

女性に「絶対」におすすめしたい理由

とらばーゆは、女性に人気の求人情報が多く地域ごとに求人を検索できる点が利用するメリットと言えます。

女性に人気の事務職にくわえ、看護師や医療事務、歯科助手など安定して働ける職種の求人が多いところが特徴。職種や業種のばらつきはあるものの、美容師やエステなど、女性ならではの求人が多いところが魅力です。

また、地域ごとにページが分かれているところもポイント。地域を限定して求人を絞ることが可能です。

こだわり条件も充実しており、

  • 子育てママ在籍中
  • 産休・育休取得実績あり

など、女性ならではの検索条件から求人を絞ることができます。

そのほかにも、

  • かわいい系
  • リフレクソロジー
  • ファッションビル

など美容やネイル、ファッション系など、女性に人気の業種ならではのユニークなキーワードもこだわり条件に含まれています。

希望にあった条件を自由に選択して絞り込むのもおすすめです。

求人情報にも、こだわり条件にあるようなキーワードが求人のポイントとして載せられているため、一目で求人を比較することも可能です。

「とらばーゆする」という言葉が社会現象となるほど、古くから女性の転職に特化した求人情報誌、メディアとしての知名度が高く、登録している会員の97%が女性という実績を持つなど、長きにわたり女性から選ばれ続けられる転職サイトなため、登録しておいて損はないと言えるでしょう。

デメリットとしては

  • 求人数が少ない
  • 求人情報などが少ない
  • 高年収の求人が少ない

などの点が挙げられます。

他の女性向けの転職サイトと比べても、特に企業情報や詳しい求人の募集内容などが少ないため、企業分析には向かないと言えるでしょう。

3位.リクナビNEXT(リクナビネクスト)

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約910万人
求人更新頻度週2回
公開求人数40,209件
未公開求人数0件
新着求人数4,713件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
42人57%69%347万円393万円113%75日8.0

女性が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
検索条件育児・介護休業取得実績あり、17時までに退社可、育児支援・託児所あり
企業情報待遇・福利厚生、社員インタビュー内容
女性ユーザーの割合40%
求人のバランス/求人数総合的にさまざまな職種・業種を掲載/求人全体数は多め
雇用形態正社員、契約社員、派遣・アルバイトなど

女性に「絶対」におすすめしたい理由

リクナビNEXT(リクナビネクスト)をおすすめする理由は、圧倒的な求人数オファーや診断などさまざまな機能を使える点にあります。

大手総合サイトのリクナビNEXTでは、総合的にあらゆる職種や業種の求人をそろえており、大手企業や中小企業までさまざまな企業が求人を掲載しています。

女性向けの転職特集をサイト内に設けているのが特徴です。
  • 子育てママ活躍中
  • 女性が活躍中
  • 離職率5%以下

など、女性ならではの条件にかぎらず、さまざまな条件を指定して検索することが可能です。

女性の転職特集の求人数はやや少なめですが、特集以外の求人も豊富にあるため、その中から気になった求人を選択して応募することができます。
また、企業からのオファーや診断などの機能が充実しているところもポイント。

2万社以上のオファー利用企業や400社以上の転職エージェントから、求人のオファーを受けられます

企業からのオファーを受けることで選考を有利に進められるだけでなく、中にはオファー限定の非公開求人もあるため、好条件の企業オファーを受け取れる可能性もあります。
そのほか、診断ツールを利用することも可能です。

グッドポイント診断は本格的な診断サービスで、約30分の項目に答えるだけで、自分の強みやアピールポイントを知ることができます。

自己分析に役立つことはもちろんのこと、応募時に転職先の企業へ診断結果を添付して送ることができるため、アピール材料の1つとしても利用することができます。
会員限定のサービスのため、ツールやスカウトを利用するために登録しておくこともおすすめです。

デメリットとしては、女性向け特集の求人が少なく、リクナビNEXT全体の膨大な求人の中から女性向けの求人を見つける必要があるという点です。

登録ユーザーは男性の割合が多く、正社員を前提とした求人も多いため、女性だけの求人に特化しているわけではないという点には注意しておきましょう。

4位.エン転職

運営会社エン・ジャパン株式会社
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約800万人
求人更新頻度週2回(月・木)
公開求人数5,562件
未公開求人数0件
新着求人数1,360件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
25人64%84%341万円353万円103%67日7.6

女性が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
検索条件女性社員50%以上、産休・育休取得実績あり、女性管理職登用実績あり
企業情報取材者のレビュー、口コミ情報、転職者インタビュー
女性ユーザーの割合60%
求人のバランス/求人数幅広い職種・業種に強み/女性向けの求人数も多め
雇用形態正社員、契約社員、派遣、紹介予定派遣など

女性に「絶対」におすすめしたい理由

エン転職は女性向けの求人ページを設けており、求人情報も充実しているという点が利用をおすすめする理由です。

エン転職WOMANでは、すぐに応募ができる「女性歓迎求人」を多数掲載。細かい職種やこだわり条件などから求人を絞り込むことができるため、自分に合った求人を見つけやすいという特徴があります。

また、求人情報が充実しているところが最大の魅力と言えます。

募集要項や企業情報といった基本情報に加え、

  • 転職者へのインタビュー
  • 社員・元社員によるリアルな口コミ・評判

など、エン転職の担当者が独自に入手した情報を掲載しており、企業理解を深めることができます。

平均年収や平均残業時間など、現社員や元社員から集めたリアルなデータも見ることができるため、応募前に入社のイメージをふくらませることができます。

情報収集のためにエン転職を登録しておくのも良いでしょう。
ただし、診断ツールなどが少なく、総求人数も少なめというデメリットもあります。

5位.マイナビ転職

運営会社株式会社マイナビ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約575万
求人更新頻度週2回(火・金)
公開求人数13,422件
未公開求人数0件
新着求人数3,140件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

女性が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
検索条件女性の管理職活躍中、産休・育休取得実績あり!長く働ける会社
企業情報取材担当者からの企業情報、企業からのメッセージあり
女性ユーザーの割合45%
求人のバランス/求人数営業・企画などの求人が多め/求人数が多い
雇用形態正社員求人が多い

女性に「絶対」におすすめしたい理由

マイナビ転職では、女性ならではの検索条件が多く診断系ツールやスカウト機能が充実しているというところがおすすめポイントです。

マイナビ転職もエン転職同様、女性専用のページを設けています。

「女性のおしごと」では、

  • オンキャリ系
  • オフキャリ系

とタイプを分け、それぞれに適したキーワードで検索を行うことができます。

女性向けの転職サイトでは、主に「オフキャリ系」の時短勤務や産休・育休などの検索条件が多いですが、バリバリと働きたいという方に向けた「オンキャリ系」の条件も充実しているため、さまざまなキャリアプランを模索することができます。
  • 女性の管理職活躍中
  • 語学力を活かす
  • 外資系企業

など、女性のキャリアアップにもおすすめの検索条件が揃っています。

また、診断系ツールやスカウト機能が充実しているところもポイントです。
ジョブリシャス診断や適性診断など、自己分析や適職診断などに役立つ診断ツールを利用することができます。

スカウト機能も利用しやすく、登録情報に興味を持った企業やエージェントからスカウトを受け取ることが可能。

  • 経験マッチ
  • 条件マッチ
  • 希望マッチ
  • 転職エージェント

とどんなスカウトがきたのかも分かりやすくなっています。

ほかにも、マイナビ転職独自の情報として、取材担当者から見た「この仕事に向いている人・向いていない人」などの情報を得ることもできます。
プロの目線から、向いている人・向いていない人を客観的に伝えてくれるため、応募の際の参考にもなります。
デメリットとしては、営業・企画などの求人が多く、職種や業種にばらつきがある点です。
希望に合った求人が見つからない可能性もあるため、女性限定求人にこだわらずに求人を探すことがポイントと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA