【2020年】40代に「絶対」におすすめしたい転職サイトランキング決定版

40代になると、20代や30代の時の転職とは異なり、経験やスキルだけでなく、リーダーとしての資質や管理能力など、任されるポジションによって、求められる能力が多くなるのが一般的です。

求人数も20代・30代に比べてグッと少なくなるため、40代での転職は転職サイトの利用が欠かせません

そこで今回は、40代に絶対におすすめしたい転職サイトを選ぶ際のポイントと共に解説します。

  • なかなか思ったような求人に出会えない
  • 応募できる求人がない

など、転職に悩みを抱えている40代の方は、もしかしたら利用する転職サイト選びが間違っている可能性があります。

teacher
40代からの転職サイト選びのポイントをしっかりおさえ、転職成功へと導きましょう。

40代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント

ポイント1.求人数の多さ

40代になると、20代や30代の時に比べ、応募できる求人数がグッと減ります

20代・30代では若年キャリア育成のために、未経験者・経験者問わず転職者を募集している企業も多くなりますが、40代以上での転職となると管理職などのポジションの募集が多くなります。

管理職となると、一般社員に比べ人数も限定されているため、必然的に求人が減ってしまうのです。
40代での転職を成功させるためには求人数が多いところを選び、応募できる求人を見つけることが大切です。
そのため、求人数が多く、職種や業種、年代問わず幅広く求人を扱っている転職サイトを選ぶべきだと言えるでしょう。
また、1つの転職サイトでは扱っている求人が限定されてしまうことも多いため、複数の転職サイトに登録しておくこともポイントと言えます。

各転職サイトはそれぞれ利用しているユーザーや得意とする職種や業種などが異なります。

そのため、1つの転職サイトの利用だけではあらゆる求人を見ることができず、応募できるチャンスを逃してしまう可能性もあります。
そこで、複数の転職サイトを登録して非公開求人や限定求人などを見れるようにしておくと、応募できる求人を増やすことができます。
teacher
  • なかなか求人が見つからない・・・
  • 選考になかなか通らない・・・

という場合には、自分のスキルや経験の問題ではない可能性もあるため、複数の転職サイトでバランスよく多くの求人を見るということがポイントと言えます。

ポイント2.利用している40代ユーザーの割合

利用している40代のユーザーの割合を知ることも転職サイト選びのポイントの1つです。
man
利用しているユーザーが多いとその分競争率が上がってしまうのでは?

と思ってしまいがちですが、

実は40代ユーザーが多い転職サイトを選んだ方が、40代向けの求人が多く、転職先を見つけられるチャンスが広がるのです。

企業側が転職サイトに求人を載せるためには、転職サイトに報酬を払う必要があります。

成果報酬型で採用が決まってから報酬を払うようになっている転職サイトもありますが、高い報酬を払うからには、企業側はより多くの人に応募してもらい、その中から優秀な人材を獲得したいと考えるものです。

応募者が少ないとそれだけ選択肢が少なくなってしまい、経験やスキルを比較した上で採用を行うことができないからです。

複数の転職サイトに求人を掲載できるような大手企業の場合は別ですが、求人を掲載する転職サイトを絞り、少しでもコストを下げようと考えている中小企業にとっては、できる限り企業が求める人材がいる転職サイトを選びたいもの。

利用しているユーザーの層によって、どの転職サイトに求人を掲載しようか決めている企業も多いのです。
そのため、40代のユーザーが多い転職サイトにはそれだけ40代向けの求人が集まりやすくなるという傾向があるため、利用する転職サイトの年齢別ユーザー数の割合を調べておくことも転職サイト選びには不可欠だと言えるでしょう。

ポイント3.管理職やハイクラス求人の多さ

転職では、前職の給与やその人のスキルや経験と、社内での給与水準を照らし合わせ、給与を確定します。

40代の転職となると給与を高く設定され、管理職などのポジションを任される場合が多くなります。
そのため、一般社員向けの求人を探すのではなく、ハイクラス向け求人や管理職の求人が多い転職サイトを選ぶことが重要と言えるでしょう。

ポイント4.スカウト機能の有無

40代での転職に欠かせないサービスが、スカウト機能です。

40代向けの求人となると、管理職などの重要なポジションでの求人が多くなる傾向にあります。。

管理職などの高いポジションでの募集となると、それだけ企業が求めるスキルや経験なども高くなり、その職種や業種のスキルや知識だけでなく、マネジメント能力やリーダー性などを総合的に判断して採用を行うことがほとんどです。

そうなると、企業側も少しでも採用リスクを減らそうと慎重に採用を行うようになるため、転職者からの応募を待つだけでなく、スカウトを行うことでより良い人材を獲得しようとする企業も多くなります。
そのため、スカウト機能の利用は必須と言えます。

また、ハイクラス向けの転職サイトでは、企業やヘッドハンターからのスカウトを強みとしているところも多く、経営者や管理職などと直接話す機会が得られるところもあります。

直接採用権限がある採用担当者などからスカウトを受けたり、直接話す機会を得ることで、転職先の企業と自分の考えのすり合わせをしやすく、転職成功も高くなります

転職サイトの求人検索では見つけられない非公開求人がある場合も多いため、こういったスカウトの質も転職サイト選びの1つのポイントとして見ておくと良いでしょう。

そして、スカウトによっては、

  • 前給保証
  • 一次面接免除

など選考を有利に進められる特典がついている場合もあります。

出典:エン転職

teacher
少しでも多くのチャンスをつかむためにも、こういったスカウトの特典を利用することも大切です。

ポイント5.サポート体制の有無

40代からの転職では、20代や30代に比べると求人数も少なく、企業側も転職者のスキルを慎重に見極めるために選考内容が厳しくなることから、転職サイトでの自力の転職だと内定獲得が難しい可能性もあります。
そのため、自分の利用している転職サイトにどういったサポート体制があるのかも重要なポイントと言えるでしょう。

たとえば、dodaでは求人の検索や応募、スカウト機能の利用など、転職サイトとして利用できるだけでなく、エージェントサービスを利用することもできます。

出典:doda

転職エージェントではサイトに掲載されていない非公開求人などの紹介を受けられるだけでなく、応募書類の添削や面接サポートなど、専任のコンサルタントから転職支援を受けることができます。

エージェントサービスには別途登録や面談が必要となりますが、いざというときに転職のプロに相談できるという点は強みと言えるでしょう。

こういったエージェントサービスや履歴書添削サービスなどがある転職サイトを選ぶことで、

  • 応募先が見つからない
  • 転職がなかなかうまくいかない

などの悩みを解消することができます。

40代に「絶対」におすすめしたい転職サイトランキング

1位.ビズリーチ

運営会社株式会社ビズリーチ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約96万人
求人更新頻度-
公開求人数56,717件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
6人83%100%548万円547万円100%164日8.8

40代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数○約4万件
40代ユーザーの割合〇多い
管理職やハイクラス求人
スカウト○スカウト、プラチナスカウト
サポート体制△有料会員のみヘッドハンターへの相談可

40代に「絶対」におすすめしたい理由

40代の方にビズリーチをおすすめする理由は、高年収求人が多く優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが受けられるという点です。

ビズリーチはハイクラス向け転職サイトで、年収1,000万円以上の求人が1/3以上と高年収求人が多いところが魅力の1つ。

経営幹部などのハイキャリア向けの求人を多数保持しているため、

  • 前職の年収を超えたい方
  • 管理職などの経験を持つ方

にもおすすめで、40代のユーザーも多くいます。

そして、ビズリーチを利用する最大のメリットと言えるのが、スカウトの質が高いという点です。
外資・日系大手などの優良企業の担当者や厳正な審査を通過した2,900名以上の一流ヘッドハンターからスカウトが届き、直接やりとりを行えるため、交渉や考え方のすり合わせもしやすく、8割以上がスカウトからの転職成功者と、高い転職成功率を誇っています

また、無料登録ではプラチナスカウトの閲覧・返信のみに限られますが、有料プランを利用することですべてのスカウトの閲覧や返信ができるだけでなく、ヘッドハンターへの相談も可能です(7月21日で終了)。

ビズリーチのすべての求人を見るためにはコストがかかりますが、その分求人の質も高く、転職成功へと導きやすくなるため、40代以上の方にもおすすめの転職サイトと言えるでしょう。
ただし、現在の年収やスキルなどによっては、スカウトがあまり届かない場合もあるため注意が必要です。高年収の求人が多い分、能力もシビアに判断されるというところがビズリーチのデメリットと言えます。

2位.CAREER CARVER(キャリアカーバー)

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法自分で直接応募
専門分野ハイクラス転職
登録ユーザー数-
求人更新頻度-
公開求人数66,399件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

40代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数◎約6万件
40代ユーザーの割合〇多い
管理職やハイクラス求人
スカウト〇スカウト
サポート体制

40代に「絶対」におすすめしたい理由

CAREER CARVER(キャリアカーバー)を40代の方におすすめする理由は、ハイクラス求人に特化しており、優秀なヘッドハンターから求人の紹介が受けられるという点です。
CAREER CARVERは、エグゼクティブ向けの転職サービスで、年収800万~2,000万円の高年収の求人を多数保持しています。

管理職だけでなく、営業やマーケティングなどさまざまな職種を選択することができるため、自分の経験職種などに合わせて求人を検索することができます。

また、ヘッドハンターからのスカウト機能にも定評があります。

匿名レジュメを見たヘッドハンターからスカウトを受け取ることが可能です。

レジュメを登録しておくだけで、約259社、約1,834名(2019年7月時点)のヘッドハンターからさまざまな求人を提案してもらうことができるため、自分では探せなかったレア求人を見つけることもできます。
他にも、履歴書の添削や面談日の調整など細やかな転職サポートを受けられるため、忙しい方でも安心して転職活動を進めることができます。
非公開求人も多く、他にはないハイクラス求人も多いため、30代・40代の方なら登録しておいて損はない転職サイトだと言えるでしょう。

ただし、登録に年収制限はありませんが、年収600万円以上のエグゼクティブ層を想定しているため、年収やスキルによっては応募できる求人がないことも。

年収が高い分、ある程度スキルや経歴が求められるということを覚えておきましょう。

3位.doda(デューダ)

運営会社パーソルキャリア株式会社
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約540万人
求人更新頻度週2回(月・木)
公開求人数60,181件
未公開求人数43,255件
新着求人数7,675件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

40代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数◎約6万件
40代ユーザーの割合△約20%
管理職やハイクラス求人△管理職求人少なめ
スカウト
サポート体制〇エージェントサービス

40代に「絶対」におすすめしたい理由

doda(デューダ)をおすすめする理由は、求人数が他の転職サイトに比べ圧倒的に多いところと、エージェントサービスやスカウトサービスなどのサービスが充実している点です。

dodaでは公開求人・非公開求人をあわせて10万件の求人を掲載しているなど、圧倒的な求人数を誇っています。

こだわり条件なども充実しているため、条件を選択して絞り込めば、自分にあった求人を見つけやすいというところもメリットと言えるでしょう。
また、スカウトやエージェントのサービスも充実しています。

スカウトサービスでは、

  • 面接確約オファー
  • プレミアムオファー
  • 非公開求人のオファー

など、レア求人や選考を有利に進められる特典つきのオファーなど、さまざまなオファーを受け取ることが可能です。

特にdodaのサイトでは公開されない非公開求人は

  • 応募が殺到しそうな人気求人
  • まだ情報が公開されていない新規プロジェクトに関わる求人

など、さまざまな求人があるため、応募の機会を得るためにもdodaのスカウトサービスを利用するべきと言えるでしょう。

man
また、自力での転職が不安・・・

という方はエージェントサービスを利用することもできます。

非公開求人を含む10万件以上の求人から、適性やスキル、経験などに応じて求人の紹介を受けたり、選考のサポートを受けることが可能。

専任のコンサルタントとマンツーマンで転職活動を進めることができるため、

  • スキルや経験に自信がない
  • ビズリーチなどのハイクラス向け転職サイトの利用が難しい

といった方におすすめです。

ただし、20代・30代の利用者も多いため40代向けの求人は限定されてしまう場合も。
teacher
求人数も多く自分に合った求人を見つけられない場合もあるため、スカウトやエージェントサービスを上手く活用して、効率よく求人を探すことがポイントと言えるでしょう。

4位.転機

運営会社レイサス株式会社
応募方法自分で直接応募、エージェントから紹介
専門分野総合
登録ユーザー数-
求人更新頻度-
公開求人数1,284件
未公開求人数-
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

40代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数△約1千件
40代ユーザーの割合
管理職やハイクラス求人
スカウト・レコメンド機能〇特別オファー
サポート体制〇エージェントサービス

40代に「絶対」におすすめしたい理由

転機を利用するメリットは、ほぼすべての求人で経営者との面談の機会があるという点と、エージェントやオファーなどサービスの質が高いという点にあります。

転機はハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サイトで、管理職や役員など、企業の中核を担う重要なポジションの求人が多いことから、経営者自らが採用の可否を判断するため、面談も経営者と直接行われる場合が多いという特徴があります。

経営者と直接話ができるため、企業の方向性の確認をしたり、募集されるポジションの詳しい説明を受けることができるため、働く前に職場の雰囲気や経営者の考えを知ることができます。
特に40代以上での転職となると、企業の中で重要なポジションを任されることも多く、経営者と直接かかわることも多くなるため、事前にお互いの相性や仕事の進め方など、細かいところまで確認することが大切と言えます。
そして、エージェントやオファーなどのサービスの質にも定評があります。

エージェントサービスでは、専任のエージェントから、経歴やスキル、希望条件などにあわせ、企業やポジションの紹介を受けることができます。

オファーでは、機械的なマッチングや求人案件の大量メール送付などは行われず、登録情報をもとにして希望に合った求人が転機の担当者から送られてくるため、マッチング率が高いという点が魅力です。

デメリットとしては、全体的な求人数が少なく、人によっては紹介できる求人がない可能性があるという点です。
他の転職サイトと併用し、転機はスカウトやエージェントを中心に利用するのが良いでしょう。

5位.マイナビ転職

運営会社株式会社マイナビ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約575万
求人更新頻度週2回(火・金)
公開求人数13,422件
未公開求人数0件
新着求人数3,140件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

40代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数〇約1万件
40代ユーザーの割合△約19%
管理職やハイクラス求人△少なめ
スカウト〇スカウト、マッチング
サポート体制○WEB履歴書添削

40代に「絶対」におすすめしたい理由

マイナビ転職では、求人数が多い点と、WEB履歴書の添削サービスがあるという点が魅力です。

マイナビ転職では、40代のユーザー数は全体の約19%とやや少なめではあるものの、幅広い年代や職種・業種の求人がバランスよく掲載されており、求人数も多いという特徴があります。

検索機能も使いやすく、スカウトも届きやすいため、希望に合った求人を見つけやすいという点がメリットと言えます。
そして、注目したいのがWEB履歴書添削サービスがあるという点です。

エージェントサービスを利用しなくても、採用担当者の視点からWEB履歴書の具体的なアドバイスを1回受けることができるため、自己PRや職務経歴の書き方に自信がないという方にもおすすめです。

デメリットとしては、高年収求人が少なく、前職の年収などによっては年収アップが難しいという点です。
ただ、転職ノウハウやツールなどが充実しており使いやすいため、情報収集用のサイトとして利用しても良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です