【2020年】30代に「絶対」におすすめしたい転職サイトランキング決定版

30代になり、

  • 今よりも条件の良い企業に転職したい
  • キャリアアップをはかりたい

と転職を考える方も多いのではないでしょうか。

30代の転職では20代の転職とは異なり、これまでの経歴やスキルがより求められます。そのため、20代の時と利用する転職サイトを変えた方が転職が上手くいく傾向があります。

今回は、30代に「絶対」におすすめしたい転職サイトをランキング形式でご紹介します。

30代の転職は今後のキャリアを位置付ける重要なターニングポイントです。

teacher
  • 30代での転職は絶対に成功させたい!
  • 新しい企業で自分の力を試してみたい!

という30代の方は、ぜひ今回の記事を参考に、自分に合った転職サイトを選びましょう。

30代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント

ポイント1.求人数の多さ

30代での転職では、応募できる求人数が少なくなる可能性があります。

若手育成のため、

  • 29歳まで
  • 34歳まで

と年齢を制限して募集をかけている求人も多く、30代以上となると管理職など企業の中核としての役割を求める求人が増えてきます。

まずは応募できる求人をより多く見つけるためにも、全体の求人数が多い転職サイトを選ぶことがポイントとなります。
また、なるべく多くの求人を見ることで、求人を見極める力が身につけることも転職サイトを使って転職を行う上で重要です。
大手総合転職サイトでは求人数の多さが魅力ではありますが、求人数が多くなるとそれだけブラックな求人に応募してしまうリスクもあります。

転職エージェントに比べ、転職サイトでは比較的企業の求人掲載費が安く、大手企業だけでなく中小企業やベンチャー企業も多くなるため、必ずしも条件が良い求人ばかりを見つけられるわけではありません。

30代での転職は特に今後のキャリアを左右する重要な局面でもあるため、なるべく多くの求人を見ることで、年収や待遇面など、さまざまな条件での違いを比較することが大切だと言えるでしょう。

ポイント2.利用している30代ユーザーの割合

大手総合転職サイトでは、20代の利用を想定している場合も多く、利用しているユーザーも20代が多いサイトがほとんどです。

利用している年齢層に応じて、企業側も求人を掲載するかどうかを決めているため、20代の利用者が多いところにはそれだけ20代向けの求人が集まり、30代のユーザーが多い転職サイトには、30代向けの求人が多く集まる傾向にあります。

そのため、利用している30代のユーザーの割合などを事前に確認しておくこともポイントと言えます。

ポイント3.スカウトサービスの質

30代の転職で欠かせないのが、スカウトサービスです。

30代からの転職はスキルや経歴が求められることが多く、企業側も少しでも優秀な人材を獲得するためにも、スカウトサービスやヘッドハンティングなどの機能を利用して、転職者にアプローチを行います。

そのため、スカウトの届きやすさやサービスの利用のしやすさなども転職サイトを選ぶ上で大きなポイントと言えます。

スカウトには大きく分けて3つの種類があります。

  1. 企業からのスカウト
  2. 自動送信スカウト
  3. 転職エージェントからのスカウト
企業からのスカウトとは、採用担当者が転職者プロフィールなどを見て、スキルや経歴などに魅力を感じた方に直接メッセージを送るスカウトのことを指します。
担当者自らが選んでいるため、実際に応募した際の選考通過率も高く、お互いに興味を持った状態から有利に転職を進めることができます。
自動送信スカウトとは、企業の採用担当者の意思とは別に、転職サイト側が企業が求めている条件などに合った転職者を自動的にマッチングし、メッセージが送られることを指します。
スカウトが自動的に届く分には便利ですが、スキルや経歴から自動的に企業とのマッチングをはかるため、時には転職者の希望条件と合わないスカウトが届くこともあるなど、質の悪いスカウトが届く場合もあります。
転職エージェントからのスカウトとは、提携している転職エージェントの担当者から送られてくるスカウトのことを言います。
実際にどんな求人の紹介を受けられるかはエージェントとの連絡を行う必要があるため、自分に合った求人を紹介されるとは限りません。

それどころか、エージェントがどうしても応募者を確保したい求人をプッシュされる可能性もあります。

担当者によっても求人の紹介や転職サポートの質が異なるため、注意しておきましょう。

このように、転職サイトのスカウトには3つの種類があり、どのスカウトが届いたかによっても、スカウトの質が異なります。

出典:エン転職

teacher
転職サイトの設定機能で、スカウトの種類によってメッセージを受け取るかどうかの有無も設定しておくことが可能なため、利用したい転職サイトの種類と設定をよく理解しておきましょう。

ポイント4.高年収・ハイキャリア求人の多さ

高年収求人やハイキャリア求人が多いかどうかも、30代の転職サイト選びの重要なポイントです。

中には利用しているユーザーの年齢層を公表していないところもありますが、転職サイトの特徴によってもある程度利用しているユーザーの層や、30代向けの求人が多いかどうか分かります。

たとえば、20代向けの転職サイトとして知られるキャリトレやRe就活などは、未経験者歓迎の求人が多い傾向にあります。

サイトの特色上、既卒や第二新卒などキャリアがない方や、業種・職種未経験からジョブチェンジをはかる方も多いため、未経験歓迎の求人が多いのです。

逆に、30代からの転職では未経験者ではなく経験者を求める企業も多く、経歴やスキルを重視して選考を行うことが多いため、キャリアアップを想定した求人が多く掲載されているところを選ぶ必要があります。

そのため、未経験歓迎などのキーワードではなく、「ハイクラス」「高年収」などのキーワードが多い転職サイトを選ぶことで、30代向けの転職サイトを見つけることができます。
30代で転職するからには、なるべく今よりも条件が良いところに転職したいもの。ハイクラス求人や高年収求人など好条件の求人の応募を狙いましょう。
また、ハイクラス・高年収専門の転職サイトを選ぶことも1つの手です。

高年収の求人に特化している分、利用する転職者の現年収やスキルや経歴によって、登録しても応募できる求人がない場合もありますが、

man

「キャリアアップをはかりたい!」

「年収1,000万円の求人に応募したい!」

という方はハイクラス専門の転職サイトを利用してみると良いでしょう。

ポイント5.企業情報の多さ

そして、最後に企業情報の多さもポイントです。

20代の転職でも同様ですが、転職成功をさせるためには企業分析が欠かせません。

特に30代では求められるスキルや条件なども多く、

  • 企業が何を求めているか
  • 転職先でどんな活躍ができるのか

というように、企業が求める人材を正しく理解し、それにあわせて自分の強みや経歴などをアピールすることが大切です。

そのためにも、転職サイトで情報収集を行うことが必須となるため、転職サイトに掲載されている企業情報の多さにも着目するようにしましょう。

転職サイトによっては、募集要項や仕事内容、給与や待遇などの基本的な求人情報に加え、転職サイトの取材担当者から見た独自の情報を掲載しているところも。

teacher
転職のプロから見た企業情報は貴重なので、企業を比較する参考として見ておきましょう。

30代に「絶対」におすすめしたい転職サイトランキング

1位.ビズリーチ

30代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

運営会社株式会社ビズリーチ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約96万人
求人更新頻度-
公開求人数56,717件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
6人83%100%548万円547万円100%164日8.8

30代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数○約4万件
30代ユーザーの割合
スカウトサービスの質◎スカウト、プラチナスカウト
高年収求人
企業情報△情報少なめ

30代に「絶対」におすすめしたい理由

ビズリーチは「年収600万円以上に支持される転職No.1」(2019年)という実績を持つ、ハイクラス向けの転職サイトです。
ビズリーチを利用する最大のメリットは優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトが届き、スカウトの質が高いという点です。
直接担当者やヘッドハンターとコンタクトをとることができるため、8割以上の方がスカウトからの転職成功者という実績があるなど、高い成功率を誇っています。
また、無料でビズリーチを利用することもできますが、有料会員になるとすべての求人の検索やスカウトの閲覧などが可能に。
経営幹部などハイクラス向けの求人も多く、総求人数の約1/3以上が年収1,000万円以上と求人の質も高いため、30代以上のキャリアアップをはかりたい方におすすめの転職サイトと言えます。
ただし、企業情報が少なく、転職ツールや転職ノウハウなどがないところがデメリットと言えます。

また年収制限はありませんが、年収600万円以上のハイキャリアな転職者を想定しているため、利用する転職者によっては、応募できる求人がない可能性もあるため、注意しましょう。

情報収集は他のサイトを併用して行いつつ、ビズリーチでスカウトを待ったり求人の応募をしたりすると良いでしょう。

2位.doda

運営会社パーソルキャリア株式会社
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約540万人
求人更新頻度週2回(月・木)
公開求人数60,181件
未公開求人数43,255件
新着求人数7,675件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

30代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数◎約10万件(非公開求人含む)
30代ユーザーの割合〇約30%
スカウトサービスの質
高年収求人
企業情報

30代に「絶対」におすすめしたい理由

dodaのメリットは、求人数が多いことスカウトやエージェントサービスなどを利用できるという点です。

dodaはパーソルキャリア株式会社が運営しており、1989年に求人情報誌として創刊して以来、圧倒的な求人数と情報量を武器に知名度を上げ、長きにわたり転職を支える情報源として求人サービスを展開。

現在では、公開求人が約6万件、非公開求人が約4万件と、あわせて10万件以上の求人を保持しています(2020年6月26日現在)。

その知名度の高さと求人の質の高さから、20代、30代、40代とさまざまな年代の方が平均的に利用しているため、未経験歓迎の求人から経験者向け求人まで幅広い求人があることも特徴となっています。
また、dodaではスカウトやエージェントサービスにも定評があります。
スカウトサービスでは、スキル・経験に合った求人が見つけやすく、選考につながりやすい点が強みと言えます。

スカウト限定の特別オファーもあり、

  • 面接確約オファー
  • プレミアムオファー
  • 非公開求人のオファー

など、選考を有利に進めることができるオファーも充実しています。

エージェントサービスでは、10万件以上の求人の中から自分に合った求人を紹介してもらうことができます。
応募書類の添削や面接サポートなども受けられるため、確実に選考を通過したいという方はこちらを利用するのもおすすめです。
転職サイトだけでも十分転職活動ができますが、いざというときにエージェントサービスも簡単に利用できるところは安心材料と言えるでしょう。

デメリットとしては、求人数が多いため、中には条件の悪いブラックな求人が掲載されている可能性もあるという点です。

求人の見極めが必要になるため、企業分析をしっかりと行いましょう。

3位.type

運営会社株式会社キャリアデザインセンター
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約300万人
求人更新頻度-
公開求人数2,323件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

30代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数△求人数少なめ
30代ユーザーの割合◎約40%
スカウトサービスの質〇スカウト、応募歓迎
高年収求人
企業情報◎独自情報が多い

30代に「絶対」におすすめしたい理由

typeを30代の方におすすめする理由は、30代向けの求人が多い点と、独自取材で得た企業情報が充実している点です。

typeでは「ひとつ上を目指す人のキャリア転職サイト」というキャッチコピーの通り、他の総合転職サイトに比べ、30代向けのキャリアアップ求人が多いところが強みと言えます。

自分で求人を検索するだけでなく、スカウト機能を利用することもでき、自分に合った求人を見つけやすく、選考の通過率を上げることもできます。

スカウトの中には、一般公開されない「シークレット求人」もあり、

  • 応募が殺到してしまう人気求人
  • 極秘プロジェクトに関わる求人
  • 専門性の高い職種や管理職の求人

など、好条件の求人を見つけることができます。

また、AIによる求人提案を受けることも可能。登録情報や行動履歴などをAIが学習することで、最適な求人を見つけることができて便利です。

そして、企業情報は取材によって得た独自情報が満載。

仕事の魅力だけでなく、仕事の向き・不向きなど、担当者から見たポイントを詳しく知ることができるため、企業理解を深めることができます。情報収集のためにtypeを利用することもおすすめです。
デメリットは全体的に求人数が少なく、首都圏の求人が多いという点です。業種や職種に偏りもあるため、自分の希望に合った求人が見つからないこともあります。

4位.マイナビ転職

運営会社株式会社マイナビ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約575万
求人更新頻度週2回(火・金)
公開求人数13,422件
未公開求人数0件
新着求人数3,140件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

30代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数〇約1万件
30代ユーザーの割合〇約33%
スカウトサービスの質〇スカウト、マッチング
高年収求人△少なめ
企業情報○独自取材の情報が多い

30代に「絶対」におすすめしたい理由

マイナビ転職では、総合的にどんな業種や職種の求人も扱っており、マイナビ転職ならではの企業情報が充実しているという点が強みと言えます。

30代の利用者が多いことから、経験者向けの求人も多く、さまざまな職種や業種の求人を見ることができるため、選択の幅を広げることができます。

企業情報では、基本的な求人情報に加え、

  • 取材担当者から見た「この仕事に向いている人・この人に向いていない人」
  • 先輩社員へのインタビュー
  • 会社・仕事の魅力

など、マイナビ独自の情報が充実しています。

仕事の魅力だけでなく、職場の雰囲気や実際の社員が感じていることなど、生の情報を得ることができるため、実際に働くイメージがわきやすくなります。
また、スカウトサービスやWEB履歴書添削サポート、診断ツールなどの機能も充実しているため、初めての転職の方や、提出書類に自信がない方などにもおすすめです。

デメリットは、高年収の求人が少ないという点です。

未経験歓迎の求人も多いため、ハイクラス転職を目指す方にとっては物足りないと感じられそうです。

5位.CAREER CARVER(キャリアカーバー)

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法自分で直接応募
専門分野ハイクラス転職
登録ユーザー数-
求人更新頻度-
公開求人数66,399件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

30代が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人数◎約6万件
30代ユーザーの割合
スカウトサービスの質〇スカウト
高年収求人
企業情報

30代に「絶対」におすすめしたい理由

CAREER CARVER(キャリアカーバー)はビズリーチ同様、ハイクラス向けの転職サイトのため、

  • キャリアアップをはかりたい
  • 年収をアップさせたい

という30代の方におすすめです。

ヘッドハンターからスカウトを受けられるという点が魅力。

レジュメを見て興味を持ったヘッドハンターから好条件の求人を紹介してもらうことができます。

求人の質も高く、年収800万円から2,000万円の高年収求人ばかりのため、確実に年収アップをはかることができるでしょう。
デメリットは、企業情報や転職ノウハウ、ツールなどが少ないという点です。登録自体に年収制限はありませんが、年収600万円以上のハイクラスな人材向けサービスのため、転職者によってはスカウトが受けられないこともあります。
自分の経歴やスキル、年収に自信がある方は利用がおすすめできる転職サイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です