【2020年】ハイクラス層に「絶対」におすすめしたい転職サイトランキング決定版

  • もっと年収をあげたい!
  • 管理職としてキャリアアップをはかりたい!

など、高年収を狙う方や特定の専門職や管理職などでの転職を目指すハイクラス層にとって、転職サイトはどこを選ぶのかも転職成功に関わる重要な要素の1つです。

重要なポジションを任されることが多いハイクラスな人材向けの求人は一般的な職種や業種に比べると求人数が少なく、希望に合った求人がどこの転職サイトにも載っているとは限らないからです。

そこで今回は、ハイクラス層に「絶対」におすすめしたい転職サイトの上位5社をランキング形式でご紹介します。

teacher
ハイクラス層が転職サイトを選ぶ際に見るべきポイントもあわせて紹介するので、確実に転職成功に導くためにも、まずは転職サイトを選ぶところから始めましょう。

ハイクラス層が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント

ポイント1.求人の質

ハイクラス層の転職サイト選ぶときのポイントとして絶対に外せないのが、求人の質です。

man
そもそもハイクラス層ってどんな方たちを指すの?

とハイクラス層という言葉自体になじみがないという方も多いと思います。

ハイクラス層の明確的な定義があるわけではありませんが、ハイクラスとは

  • 管理職や経営層などの企業の中核となるポジションを目指せる人
  • 専門的で高度なスキルを持っている人
  • 年収800万円以上のレベルの人

などの高いキャリアを持っている方を指している場合が多いです。

企業の中核を担うような管理職などの立場の方や年収800万円以上の方の求人となると、求人数が圧倒的に少なくなる傾向にあります。

そのため、転職サイトに「ハイクラス向けの求人があるか」など、求人の質が高いかどうかを確認しておくことが大切です。

大手総合転職サイトでは求人数が多いため、さまざまな年代の方が利用していますが、20代・30代の若手向けの求人も多く、それほど年収が高くない求人が掲載されていることもあります。

応募できる求人数がいくら多くても、希望に合った求人がないのでは意味がないのです。

したがって、

  • 高年収求人の割合
  • 優良企業や大手企業の求人の割合

など、求人の質が高い転職サイトを選ぶことが大前提と言えます。

ポイント2.年収や条件などの検索条件の充実

ハイクラス層の転職は特に妥協をしたくないもの。

woman

「転職したのに年収が下がった・・・」

「思っていた業務内容とは違った・・・」

など、転職後に希望条件と合わないことが分かっても、すぐにまた条件に合った求人が見つかるとは限りません

年収や待遇などの希望条件をきちんと決めた上で求人を絞り込むことが大切なため、

  • 希望年収を選んで求人を検索できるか
  • こだわり条件などで求人を絞り込めるかどうか

など、検索機能の使いやすさで転職サイトを選ぶことがポイントとなります。

また、検索条件の「年収」を見ることで、その転職サイトにハイクラス向けの求人が多いかどうかを知ることもできます。

出典:doda

大手総合転職サイトでは、幅広く求人を掲載しているため、

  • 200~1,000万円

と年収を選択できる幅が広い傾向にあります。

そのため、どんな転職者でも応募できる求人があるというメリットももちろんありますが、年収1,000万円以上のハイクラス層の求人を見つけるとなると、かなり求人が限定されてしまうというデメリットも同時にあるのです。

その点、ハイクラス向けの転職サイトだと、そもそも年収600万円以上の転職者をターゲットとしているということもあり、掲載されている企業もハイレベルなため、年収600万円からしか年収が選べないというところも。

出典:CAREER CARVER

年収検索からその転職サイトの求人の質の高さや、希望に合った条件があるかどうかが一目でわかるため、希望条件に合わせて検索を行えるかどうかもポイントと言えます。
teacher
確実に高年収を狙いたいのであれば、こういったハイクラス向けの転職サイトを選択することをおすすめします。

ポイント3.スカウトの質の高さ

ハイクラス層の採用は、企業の中でも重要なポジションを決めることになるため、企業側もその分慎重に選考を行います。

そのため、企業側もより良い人材を獲得しようと、転職者からの応募を待つだけでなく、転職者のレジュメを見て経験やスキルなどを考慮して企業側から直接スカウトがくる場合も多く、普通に応募しただけでは書類選考や面接などの選考に通過できないことも。
そのため、スカウトの利用は必須と言えます。
また、スカウトの質も転職サイトを選ぶ上で重要なポイントです。

転職者のレジュメや希望条件などから自動的に送られるスカウトだと、希望条件や経験と合っていない可能性もあり、応募したとしても選考に通らない可能性も十分あります。

企業の採用担当者やヘッドハンターなどから届いたスカウトだと、担当者と直接やりとりができたり、ヘッドハンターから希望条件などに合った求人の提案が受けられるため、通常よりもスカウトの質が高く、採用が決まりやすいという特徴があります。

また、スカウトの中には

  • 面接確約
  • 経営者と直接面談

など、特別な特典がついたスカウトや、転職サイトの求人検索では見つけられない非公開求人の情報が届くこともあり、より応募のチャンスを広げ、転職活動を有利に進めることが可能です。

自分で検索しなくても希望に合った求人を見つけられるため、スカウトの質が高い転職サイトに登録しておくと便利です。

ポイント4.サポート体制の有無

特定の専門職や経営・管理職などの採用は、企業にとってリスクが大きく、慎重に採用が行われる傾向にあります。

これまでの経験はもちろん、マネジメント能力などの有無や、仕事での考え方、経営ノウハウなど、さまざまな能力が判断の対象となるため、自力での転職が難しい場合も考えられます。

そのため、いざというときにエージェントに相談したり、担当者と直接やりとりができたりなど、サポート体制の有無も重要なポイント。

ヘッドハンターへの相談ができたり、エージェントサービスが併用できたりする転職サイトも中にはあるため、サポート体制がなるべく整っているところを選ぶと安心です。

ポイント5.非公開求人や限定求人の多さ

ハイクラス層の求人は、一般公開されていないことも多く、非公開として扱われていることもあります。

企業側が非公開として求人を掲載する理由は、

  • 応募者の殺到を防ぐため
  • まだ公表されていない新規プロジェクトの立ち上げのため

などさまざま。

慎重に選考を行うためにも、好条件の求人であればあるほど非公開求人となっている可能性が高いのです。

そのため、求人検索をして、

man
応募できる求人がないや・・・

と思っていても、非公開求人の中から希望に合った求人が見つかることもあります。

非公開求人や限定求人が多いところを選ぶことでハイクラス層の求人が見つけやすくなるため、非公開求人や限定求人の多さにも着目しましょう。

中にはエージェントやヘッドハンター、企業からの直接のスカウトでしか見ることができない特別な求人もあります。

そういったスカウトが届いた場合には、他の応募者が少ない可能性もあるため、採用につなげるチャンスです。
採用のチャンスを逃さないためにも、非公開求人や限定求人などのスカウトがあった場合には、なるべく早く応募するようにしましょう。

ハイクラス層に「絶対」におすすめしたい転職サイトランキング

1位.ビズリーチ

運営会社株式会社ビズリーチ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約96万人
求人更新頻度-
公開求人数56,717件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
11人64%91%531万円600万円113%128日7.5

ハイクラス層が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人の質◎年収1,000万円以上の求人も多数
年収や条件などの検索条件の充実△検索条件が少なく検索しづらい
スカウトの質の高さ◎企業やヘッドハンターからのスカウト
サポート体制の有無△有料会員のみヘッドハンターへの相談可(7月21日まで)
非公開求人や限定求人の多さ

ハイクラス層に「絶対」におすすめしたい理由

ビズリーチはハイクラス層向けの転職サイトで、高年収求人が多く、スカウト機能の質が高いところが魅力です。

ビズリーチでは経営幹部やプロフェッショナル人材などの求人を多く扱っており、年収1,000万円以上の求人が1/3以上あるなど、高年収求人が豊富にあります。

検索条件も職種、業種、勤務地に加え、人気キーワードとして「役員」、「年収1,000万円」、「管理職」などから検索することが可能。

1,000万円以上の年収を希望する方は求人も絞りやすいため、ビズリーチの利用がおすすめです。
また、スカウト機能では、優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトを受けることが可能です。

自動マッチングなどがないためスカウトの質が高く、8割以上の転職者がスカウトから転職を成功しているという実績を持っています。

デメリットとしては

  • 有料会員にならないとすべてのスカウトを見ることができない
  • 年収の細かい条件検索ができない

などの点が挙げられます。

ビズリーチは無料でも利用することができますが、自分で求人を検索したり、すべての企業のスカウトメッセージを閲覧したりするなど、すべての機能を利用するためには有料会員になる必要があるため注意しましょう。

2位.CAREER CARVER(キャリアカーバー)

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法自分で直接応募
専門分野ハイクラス転職
登録ユーザー数-
求人更新頻度-
公開求人数66,399件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

ハイクラス層が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人の質◎年収800万〜2000万円の求人多数
年収や条件などの検索条件の充実○年収での検索可能
スカウトの質の高さ◎ヘッドハンターからのスカウト
サポート体制の有無△ヘッドハンターからの求人紹介
非公開求人や限定求人の多さ

ハイクラス層に「絶対」におすすめしたい理由

CAREER CARVER(キャリアカーバー)はハイクラス向けの転職サイトで、高年収求人が多く、ヘッドハンターから求人紹介を受けられるという点が利用するメリットと言えます。

CAREER CARVERでは、年収800万円から2,000万円の求人が多数掲載されています。

検索できる年収条件も600万円から5,000万円と高水準の求人しか掲載されていないため、確実に年収をアップさせたいという方におすすめです。

転職決定の平均年収も900万円という実績があり、利用する多くの転職者がキャリアアップに成功しています。

そして、スカウトの質にも定評があり、厳選された2,200名以上(2020年5月時点)のヘッドハンターから最適な求人の提案を受けることもできます。

自分で検索しなくても、優秀なヘッドハンターが自分に合った求人を見つけてくれるため、効率よく転職活動を進められます。

デメリットとしては、サポート体制や転職ノウハウなどが少ないという点です。
teacher
自力で転職活動を進めなければいけないため、他の転職サイトのサービスと併用して利用しても良いでしょう。

3位.転機

運営会社レイサス株式会社
応募方法自分で直接応募、エージェントから紹介
専門分野総合
登録ユーザー数-
求人更新頻度-
公開求人数1,284件
未公開求人数-
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

ハイクラス層が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人の質◎社長の右腕などの求人あり
年収や条件などの検索条件の充実△検索条件が少ない
スカウトの質の高さ◎特別オファー
サポート体制の有無○エージェントサービス
非公開求人や限定求人の多さ

ハイクラス層に「絶対」におすすめしたい理由

転機はハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サイトで、特別オファーの質が高く、経営者との面談の機会が得られるというところが強みです。

特別オファーでは、実績やスキルにあわせて、転職者一人ひとりにあった求人を提案してもらうことができます。

自動的なマッチングを行わず、条件などを考慮した上でオファーが届くため、マッチング率が高いというところが魅力と言えるでしょう。

そして、多くの求人が企業の成長の中核を担う重要なポジションであるため、経営者との面談の機会が得られるというところもポイントです。経営者と直接話をすることで、企業の方針や考え方の理解を深めることができ、ミスマッチを減らすことができます。

また、社長の右腕立候補というユニークな求人応募があるところも転機を利用するメリットと言えるでしょう。

社長のインタビュー動画から、「一緒に働きたい」と思った企業にアプローチを行うことができます。

デメリットとしては、求人数が少なく、検索条件があまりないという点です。職種や年収などでしか求人の検索ができないため、希望の条件に合った求人を見つけにくいところが難点です。

4位.doda(デューダ)

運営会社パーソルキャリア株式会社
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約540万人
求人更新頻度週2回(月・木)
公開求人数60,181件
未公開求人数43,255件
新着求人数7,675件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

ハイクラス層が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人の質△求人にとってばらつきあり
年収や条件などの検索条件の充実◎こだわり条件充実
スカウトの質の高さ
サポート体制の有無◎エージェントサービス
非公開求人や限定求人の多さ

ハイクラス層に「絶対」におすすめしたい理由

dodaでは求人の検索がしやす、エージェントサービスなどのサポートが充実しているところが魅力と言えます。

dodaでは求人数が多く、20代から50代などさまざまな年代の方が利用しています。そのため、未経験求人から高年収求人までバリエーション豊かな求人が掲載されています。

そして、求人検索では職種や業種、雇用形態に加え、年収やこだわり条件などさまざまなキーワードから求人を絞り込むことができます。

膨大な求人の中から希望に合った求人を絞り込んで見つけられるため、転職に求める条件が多いという方にもおすすめです。
また、エージェントサービスなどのサポートも充実しています。
非公開求人を含む約10万件以上の求人の中から希望や経験を総合的に判断した上で適切に提案してもらえるため、自分では探せなかった求人が見つかります。

また、エージェントサービスを利用すると、エグゼクティブ専門のコンサルタントから連絡がくることも。

社長候補や役員などエグゼクティブ・ハイクラスに特化した求人の提案を受けられるため、気になる方はこちらも登録しておくと良いでしょう。

デメリットとしては、高年収求人が少ないという点です。

求人数が多いため、求人の質にばらつきがあるため、ブラックな求人や悪条件でのスカウトを受けることもあるため、求人の見極めをしっかりと行いましょう。

5位.リクナビNEXT(リクナビネクスト)

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約910万人
求人更新頻度週2回
公開求人数40,209件
未公開求人数0件
新着求人数4,713件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
42人57%69%347万円393万円113%75日8.0

ハイクラス層が転職サイトを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
求人の質△求人によってばらつきあり
年収や条件などの検索条件の充実◎こだわり条件充実
スカウトの質の高さ〇オファー、応募歓迎
サポート体制の有無○エージェントサービス
非公開求人や限定求人の多さ

ハイクラス層に「絶対」におすすめしたい理由

リクナビNEXTをおすすめする理由は、スカウト機能やオファー機能の質が高いという点です。
レコメンド機能では、高精度のAIが経歴や希望条件、閲覧履歴などから転職者を総合的に判断し、最適な求人を厳選してくれます。
適性などによっては、自分が経験したことのない異業種の求人が紹介されることもあるため、選択肢を広げることができます。
オファー機能では、企業から直接スカウトが届き、選考を進められるため、選考通過率が高いというところが強みです。
中には非公開求人のオファーなどもあるため、オファーの機能を利用することで好条件の求人に応募できるチャンスをつかむことができます。
デメリットとしては、求人数が多く年代や経験問わず幅広い年代が利用しているため高年収求人が少なく、ブラックな求人が混ざっている可能性もあるという点です。
teacher
希望条件に合った求人がなかなか見つからない可能性もあるため、根気強く求人を探すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA