転職で正社員を目指す人必見!正社員の転職方法のコツ教えます

man
「過去に正社員として企業で働いた経験のない人が、転職で正社員を目指すことはできるのでしょうか?」

転職市場は競争率が高く、正社員として魅力的なキャリアを持っている人間も沢山います。正社員経験がない、または非常に少ない人は強敵の多い市場で戦わなければなりません。

企業側としても、スキルや経験値の少ない人材を採用するよりも新卒や優秀な人材を欲しがっています。

それでも「本気で正社員を目指したい」と願うなら、経験豊富な人間よりも労力を費やす必要があるでしょう。

man
「でも、具体的にどんなことをすれば未経験から正社員になれるんだろう?」

今回は、これから正社員への転職活動を目指している人に、

  • 転職活動の現実
  • 正社員・派遣社員・契約社員の違い
  • 求人企業の見つけ方
  • 未経験者を採用する業界

など、知っておいて損のない情報を徹底解説します。

本気で正社員になりたい人は、ぜひ最後まで読んで転職活動に挑んでください。

転職活動は甘くない

転職活動は甘くない

まず初めに、転職を志望するあなたの現在の状況を把握しましょう。

今までに、正社員の経験が全くない人が転職活動を行う場合、正社員経験者よりも採用率は確実に下がります

なぜなら、転職活動は正社員経験者も同時に行っている競争市場だからです。

企業が転職を志望する中途採用を募集する大きな理由は「即戦力となる人材が欲しい」ということです。

なぜ、正社員未経験が転職活動で不利になるかと言えば、

  • スキルがない
  • ビジネスマナーを知らない
  • 年齢の問題
  • すぐに辞めてしまうかもしれない

など、ネガティブな要素が沢山あります。

正社員経験がない人は、ここで今までの自分のキャリアを振り返ってみてください。

man
「自分はアルバイトとして正社員なみに働いてきた。」

こういった感情を抱く人も少なくないでしょう。

しかし、正社員とアルバイトである非正規社員には仕事の幅や責任など、様々な違いがあります。

この点は残酷かもしれませんが、認めなければならない点でもあります。

また、正社員を経験したことがない人で年齢が30代の場合、採用率に明らかな差が出ます。企業側からするとスキルがなく、正社員の経験がない30代を雇用することに大きなリスクを抱えるでしょう。

  • ビジネスマナー
  • 仕事の知識とスキル
  • 仕事の流れ

など、企業は正社員育成のために予算を削らなければなりません。当然ながら企業は、仕事を教育する上で年齢の若い人材を選びます。

なぜなら、若い人間と年齢を重ねた人間を比較したときに、可能性を秘めているのは若い人間だからです。

  • 21歳の正社員未経験者
  • 36歳の正社員未経験者

同じ正社員未経験者ですが、10年後の未来を考えた場合、

  • 31歳の正社員
  • 46歳の正社員

ということになります。年齢が若ければ若いほど、企業は人材として育成する価値を見いだせます。

20代なら「まだ若いから」と許せる部分もあるでしょう。しかし、30代で同じことをしている人間には「あの人ちょっと・・・」という声も出てくるはずです。

非常に残酷ですが、これこそが転職活動の現実と言えます。

「正社員になって安定した生活を!」という曖昧な覚悟では、その後の転職活動で気持ちを病んでしまうかもしれません。

「転職活動は甘くない」まずは、この点をしっかり頭に入れた上で転職活動に挑みましょう。

正社員・派遣社員・契約社員の違い

正社員・派遣社員・契約社員の違い

正社員とは

正社員は、

  • 企業と直接雇用契約を結んでいる
  • 雇用期間が決まっていない

の労働者のことを言います。

正社員の特徴は、

  • 労働者として責任が課せられる
  • 福利厚生を受けることができる

というポイントがあります。

正社員は、雇用形態の中で仕事に対しての責任が、最も重い立場にあります。

そのため、残業や転勤などの対応もしていく必要があります。重要な任務を任されるのも正社員ならではです。

また、正社員は他の雇用形態と比較したときに、福利厚生や手厚い待遇が得られる違いがあります。派遣社員なども福利厚生を得られる場合もありますが、正社員の方が待遇面で優れています。

派遣社員とは

派遣社員は、

  • 企業でなく派遣会社と雇用契約を結んでいる
  • 雇用期間が決まっている

の労働者のことを言います。

派遣社員の特徴は、

  • 労働者としての責任が軽い
  • 派遣先によっては福利厚生が受けられる

というポイントがあります。

派遣社員は、正社員とは異なり責任のある業務を任されることはありません。

残業などもない、または少ないことが多く、転勤をすることもない立場になっています。正社員と比べて労働条件が軽いのが特徴です。

また、派遣社員は派遣会社によって、雇用契約期間が定まっています。

そのため、契約期間が更新されなければ、その時点で次の派遣先を見つけなければいけません。

派遣先によっては福利厚生が受けられる場合もあります。

契約社員とは

契約社員は、

  • 企業と有期労働契約を結んでいる
  • 非正規雇用に区分される

の労働者のことを言います。

契約社員の特徴は、

  • 給与形態は日給または月給
  • 専門性を持った職業に多い雇用形態

というポイントがあります。

契約社員は、明確な定義があるわけではありません。雇用形態はパートやアルバイトと同じ非正規社員に区分されますが、給与は時給ではなく日給または月給になっていることが多いです。

契約期間は、最大で3年以内となっており、更新しなければその時点で次の職を探す必要があります。

また、専門的なスキルを必要とするIT企業では、契約社員として働いている人も沢山います。期間が設けられた労働者のため、工員は期間工と呼ばれることもあります。

派遣社員や、契約社員はあくまでも正社員の仕事を補助するような働きがあります。派遣社員や契約社員の経験しかない人間が、転職活動で正社員を目指すというのは難易度が高いことが分かるでしょう。

未経験から正社員になる方法

未経験から正社員になる方法

未経験から正社員に転職することは、難しいとお伝えしました。しかし、可能性はゼロでもありません。

teacher
ただし、転職活動は正社員経験がある人よりも長期になることを念頭に置いてください。時間、労力、出費なども踏まえた上で転職活動に挑みましょう。

未経験から正社員を目指す方法は

  • 今の状況で正社員になることができないか考える
  • 転職サイトで「未経験者歓迎」の求人情報を探す
  • 転職エージェントを利用する
  • 紹介予定派遣を利用する

このような方法があります。

どの方法も簡単なことではありません。ただし、未経験の方でもしっかり戦略を立てて転職活動をすれば、少なからず正社員の道は開けます。

ぜひ参考にしてください。

今の状況で正社員になることができないか考える

過去に正社員経験がない人は、今自分が置かれている状況の中で正社員になる方法はないか考えてみましょう。

正社員という肩書きは、社会的な信用面で価値があります。

そのため、まずは自分の望んでいない職種であっても正社員になれそうな仕事を探すという方法も、選択肢の1つとして考えるべきです。

正社員としての経歴があるだけで、社会人としての価値を高めることができます。年齢の若い方なら、その後のキャリアチェンジも視野に入れて早めに正社員になる道を探してみてください。

例えば、現在アルバイトとして働いている職場で正社員になれる可能性はないか、または知人の関係に正社員を募集している企業はないかなど、今の状況からでも正社員になることができないか考えてみましょう。

転職サイトで「未経験者歓迎」の求人情報を探す

未経験から正社員になりたい人は、転職サイトで求人情報を探してみてください。

転職サイトの正社員募集で「未経験者歓迎」と書いてある求人は実に多いものです。職種の幅も広く、中にはあなたが望む職種が見つかるかもしれません。

しかし、未経験者歓迎と書いてある求人情報でも、実際は経験者を優遇します。これは拭うことのできない事実です。

そのため、転職サイトの求人情報は1つではなく、興味のあるものをいくつも選んでおきましょう。

気になった企業に対して片っ端から応募をかけていきます。この際、転職活動のスケジュールで身動きが取れなくならないように注意してください。

企業によっては即面接になることもあります。応募した企業から連絡があった場合は、責任を持って対応するようにしましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは、未経験からでも正社員として働くことができる企業も扱っています。

なかには転職サイトには掲載されていない求人企業などもあります。少しでも正社員になれる確率を高めたいなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは、あなたの今までのキャリアをヒアリングしてくれます。正社員経験がない人でも、エージェントがコンサルティングしてくれるので、キャリアプランを立てやすくなります。

コンサルティングしてもらう際は、自分のビジョンを明確に伝えるようにしてください。

例えば、将来特定のIT企業で働きたいというビジョンがある場合、エージェントが目標を叶えるまでの道のりを一緒に考えてくれます。

1人では解決できない転職活動やプランニングも立てやすくなるでしょう。

紹介予定派遣を利用する

未経験の方が、転職活動をしても狭き門なのは事実です。そのため、紹介予定派遣として企業で働くことも選択肢に入れておくと良いでしょう。

紹介予定派遣とは、通常の派遣社員として数ヶ月働いた後、企業から合意がもらえれば正社員になることができる制度のことを言います。

派遣会社に対して、事前に紹介予定派遣として働きたいことを告げておきます。これにより、紹介予定派遣として企業で働くことができます。

紹介予定派遣の場合、事前に企業と面接を行います。しかし、面接のハードルは正社員採用面接と比較して低いことが多いです。

未経験の方でも紹介予定派遣として努力すれば、企業から評価されて正社員として雇ってもらう機会を得られるのです。

未経験から正社員になることは簡単なことではありません。転職活動には正社員経験がある人以上に時間や労力がかかるでしょう。

しかし、ここで紹介した方法を段階的に実行していけば、正社員になれる確率を高めることができます。

teacher
時間に余裕のある人は、1つの方法だけでなく複数の方法を活用して転職活動を行ってみてください。諦めずに時間をかけてトライすれば道は開けてくるでしょう。

派遣社員から正社員になる方法

派遣社員から正社員になる方法

派遣社員の場合、既にいくつかの企業で働いた経験があることも多いでしょう。過去の職務経験を活かして正社員への道を切り開くにはいくつかの方法があります。

派遣社員から正社員を目指す方法は

  • 紹介予定派遣を利用する
  • 転職サイトで求人情報を探す
  • 転職マッチングサービスを利用する
  • 転職エージェントを利用する

このような方法があります。

派遣社員として企業で働いた経験のある人は、転職活動の際、未経験者よりも有利になる可能性があります。ここでは具体的な転職活動の方法を見ていきましょう。

紹介予定派遣を利用する

既に派遣社員として働いている人は、派遣会社に紹介予定派遣として企業で働きたい旨を伝えましょう。

派遣会社は次回から、あなたを紹介予定派遣として企業に派遣してくれます。この際、面接や簡単な書類選考があることも頭に入れておいてください。

紹介予定派遣として、雇用期間内に企業から評価してもらうことができれば、正社員として雇用してもらうことができます。

手続き方法や面接時の作法などは派遣会社のスタッフに教えてもらうことも可能です。

teacher
ポイントは、雇用期間内に企業が求めていることをどれだけ実行できるかです。例え簡単な事務作業であったとしても抜かりなく仕事を全うしてください。その結果が正社員への道に繋がっていきます。

転職サイトで求人情報を探す

未経験者と同じく、派遣社員であっても転職サイトを活用しない手はありません。

今までのスキルを活用してできそうな仕事や、未経験者歓迎の求人情報など自分に興味のあるものをリストアップしてみましょう。

求人情報の中には現在、派遣社員として行っている業務を正社員として募集している企業があるかもしれません。あなたが持っているスキルを必要としている求人企業がある場合、積極的に応募してみましょう。

求人企業に応募する際は早ければ早いほど良いです。なぜなら歳を重ねるごとに採用率は低くなっていくからです。

年齢が高い人はいくつもの企業に応募して、数を打っていくことも重要です。

転職マッチングサービスを利用する

転職サイトには単純に求人情報が載っているものと、マッチングサービスが利用できるものがあります。

マッチングサービスとは、コンサルタントがあなたのスキルや希望を考慮して企業を紹介してくれるサービスです。

派遣社員として職歴がある場合、マッチングサービスを活用することで正社員になれる確率を高めることができるでしょう。

マッチングサービスでは、転職活動に長けたコンサルタントから指導を受けることができます。

teacher
書類の書き方や、面接時のマナーなどは正社員を目指す上で必須のスキルになります。自分に足りない点も指摘してくれるのも特徴です。

転職エージェントを利用する

派遣社員は転職エージェントを利用して、自分のスキルが活かせる企業を紹介してもらうことも可能です。

今までに正社員経験がない派遣社員の場合、全く異なる職種に転職するのは未経験者と同じく難しいです。

しかし、派遣社員として企業で働いてきた経験を活かせる企業は少なからずあるでしょう。

転職エージェントにあなたのキャリアプランを確認してもらい、どのような形で正社員として働いていきたいのかを相談してみてください。

転職エージェントはキャリアプランをヒアリングした後、あなたが転職できそうな企業を複数紹介してくれるでしょう。本気で正社員を目指すなら、紹介された企業に続々と応募してください。

派遣社員は、全くの未経験者に比べて若干優位性があります。このポイントを活用して転職活動に挑むことで、正社員への道のりも見えてくるはずです。

派遣社員の経験が浅い人は、紹介予定派遣に切り替えるのも有効です。

マッチングサービスを利用して求人企業を紹介してもらう方法もあります。転職活動に正解はありません。そのため、今の自分にできることに注力していくことが、最適解と言えるでしょう。

契約社員から正社員になる方法

契約社員から正社員になる方法

契約社員は、他の企業でも必要とされるようなスキルを持っている人も少なくないでしょう。

専門的なスキルの場合、正社員として募集する企業も見つけやすくなるはずです。自分のスキルを見直しながら転職方法を参考にしてみてください。

派遣社員から正社員を目指す方法は、

  • 正社員登用制度を利用する
  • 転職サイトを利用する
  • 転職マッチングサービスを利用する
  • 転職エージェントを利用する

このような方法があります。

man
「契約社員から正社員になるには、どのような転職活動をすれば良いのでしょうか?」

ここでは、具体的な方法を見ていきましょう。

正社員登用制度を利用する

現在、契約社員として企業に所属している人は、正社員登用制度があるか確認してみてください。

正社員登用制度がある場合、企業が定めた期間を経た契約社員は昇格試験などを受けます。試験や企業からの評価が高い契約社員は、正社員として雇用してもらうことができます。

正社員制度には、厳密な規定があるわけではありません。そのため、企業によって内容が大きく異なります。正社員登用制度があるからと言って、志望する契約社員全員が正社員になれるわけではないのです。

正社員の座を勝ち取るには、契約社員として高い実績を残す必要があります。企業にとって価値のある人材であることを示すことができれば、正社員になれるチャンスを掴むことができるでしょう。

転職サイトを利用する

正社員登用制度がない企業で働いている場合、転職サイトを利用して新しい企業を見つけることを検討してみてください。

今あなたが持っているスキルを必要としている企業を見つけることができれば、正社員になれる確率も高くなるでしょう。

全くの異業種に転職したい人は、正社員はもちろん、正社員登用制度のある企業を検索することをおすすめします。スキルのない中途採用が、いきなり正社員になることは極めて難しいです。

正社員登用制度のある企業に契約社員として入ることができれば、スキルを身に着けながら正社員になる機会を待つことができます。

その際は、企業が必要とする人材像を明確にして実績を残すことに注力しましょう。

転職マッチングサービスを利用する

現在、契約社員の方でも転職マッチングサービスを活用できます。今まで契約社員としての経験が長い人なら、スキルを活かせる企業を複数紹介してもらうことができるでしょう。

もし現在も有効な資格を持っているなら、コンサルタントに伝えるようにしてください。

資格取得者限定の求人案件も多数あります。特に年齢が高い中途採用の場合、資格を持っているかどうかで採用率に大きな差が出てきます。

これからどんな企業に所属してどんな仕事をしていきたいのかをコンサルタントと相談してみましょう。給与面や待遇面などを明確に伝えることも大切です。

今のスキルや経験と、あなたが望む労働条件がマッチしているかどうかもコンサルタントが分析してくれます。

転職エージェントを利用する

契約社員の人で高いスキルを持っている場合、転職エージェントを活用することで最適な企業を見つけられる可能性があります。

あなたのスキルを必要としている企業があれば、高条件で正社員になることもできるでしょう。

転職エージェントに相談する際は、事前にスキルの洗い出しを行っておきましょう。エージェントに、あなたがどなスキルを持っているのか把握してもらえれば、自分では考えつかなかったような企業に出会えるかもしれません。

エージェントから紹介された企業を検討してみましょう。

teacher
書類審査や面接で、どのような点をアピールすれば正社員になれるか、事前にコンサルタントと戦略を立てておくことで転職活動をよりスムーズに行うことができます。

正社員へ転職成功した人が就いた業界

正社員へ転職成功した人が就いた業界

ここでは、業種未経験者でも正社員として求人募集している業界を紹介します。実際に転職に成功した人も沢山いる業界なので、職探しの参考にしてみてください。

いずれかの業種に対して貢献できるスキルがある人は、転職活動で有利になる場合があります。ライバルの多い転職活動だからこそ、あなたの武器を少しでも活かせる業種を見つけていきましょう。

運輸・交通・物流・倉庫

運転手や配送ドライバーなど、運輸や交通業では、業種未経験者も積極的に正社員を募集しています。

交通業では鉄道会社や航空会社などもあります。社員育成のプログラムが確立されているため、沢山の未経験者が転職に成功しています。

teacher
物流業や倉庫での管理業務なども、未経験者の募集率が高いです。給与も安定している企業が多く、勤務時間や休日なども厳密に決まっているため働きやすいとの声も多い業界です。

商社

商社はメーカーが製造した商品を卸売する役目を果たしています。

商社には、

  • 様々な商品を扱う「総合商社」
  • 特定の分野に特化した「専門商社」

の2つがあります。

日本国内のみならず、世界貿易を行っている商社も沢山あります。商社での仕事は様々ですが、基本となるのは得意先との信頼関係になります。

そのため、コミュニケーション能力の高い人は業種未経験者でも採用しています。

商社の中には、人材採用にあたって過去の経験を重視している企業もあります。

そのため、正社員経験がなくてもユニークな経歴を持っている人間を採用することもあるようです。異業種から転職した人も多い業種です。

流通・小売・フード

生産者と消費者を繋ぐ流通業も、未経験者を積極的に採用している業界です。小売業や、飲食業では人柄や真面目さを重視する側面が強いため、未経験者から正社員になった人も沢山います。

teacher
また、アルバイトやパートから正社員になった事例も多い業界になっています。正社員登用制度を採用している企業も多いので、正社員を目指したい人にもおすすめの業界と言えるでしょう。

サービス・レジャー

旅館やホテルなどのサービス業や、遊園地や映画館を運営するレジャー業も多くの業種未経験者が、正社員として採用されています。

転職を志望する人数よりも求人率の方が高いため、未経験であっても採用率が高めです。

転職志望者にとっても企業の選択肢が沢山あることは1つのメリットになるでしょう。1つの企業で正社員として数年働いた後に、同じ業種内で転職することも可能な業界とも言えます。

公的機関

公的機関は、幅広い職種や業務があるため未経験者でも採用率が高い業界になっています。

公務員や食品衛生監視員など、資格やスキルがないとできない仕事もありますが、職種の幅が広いため、随時正社員を募集している業界でもあります。

給与や待遇面でも優れていることが多く、正社員になれれば安定した収入を得られます。また、契約社員から正社員登用制度を使って、転職を成功させた事例の多い業界でもあります。

環境・エネルギー

ガソリンや電気などのエネルギー産業や、プラント・エンジニアリングをはじめとする環境業も、未経験からでも正社員になれた事例の多い業界です。

入社後に社員として必要な資格の取得支援をしてくれる企業もあります。

教育体制が整っている業界でもあり、未経験からでもキャリアアップを狙える業界とも言えます。作業員は、人材不足の傾向が強いので年齢が高めでも正社員になれる可能性があります。

金融・保険

銀行やクレジットカード会社などの金融業、各種保険を取り扱う保険業も、業種未経験者の転職率が高い業界になっています。

保険の営業などは、未経験者でも随時募集してます。契約社員としての募集も多数あるので、実績を示して正社員になることも可能です。

大手銀行に正社員として採用されるには、学歴や年齢によるハードルが高いですが、地方銀行の営業などは求人情報も豊富にあります。

実力主義の職種も多いので、正社員採用後にどれだけ実績を作れるかが重要な業界です。

メーカー

自社で製品を企画して製造、販売まで手がけるメーカーも求人率の高い業界です。

商品の営業はもちろん、生産管理、企画部、製造部など様々な職種があるのが特徴です。未経験から正社員として製造部に入り、後に製品管理部に移行するような事例も多いです。

中途採用の場合、希望する職種につけるとは限りません。しかし長期的な視点でキャリアプランを考える場合、様々な職種があるメーカーは魅力的と言えるでしょう。

マスコミ・広告・デザイン

芸能メディアやグラフィックデザイナーなどのクリエイティブな業界も随時、業界未経験者を正社員として募集しています。

マスコミ業界は、下積み期間が長めという点があり、途中で挫折してしまう社員が多い傾向にあります。

そのため、やる気重視で人材を選ぶ企業も多いです。デザイン業界ではスキルを重視した実力主義で採用を判断する企業が多数あります。

正社員としての経験がなくても、スキル次第で採用される業界と言えるでしょう。

不動産・建設・設備

不動産の営業、建築業などは未経験でも、正社員として採用される確立が高いです。

人手不足の業界でもあり、スキルよりも積極性を重視して人材を採用する傾向にあります。また職種の種類も、非常に豊富です。

不動産業では中古物件の仕入れ、新築マンションの営業など複数の分野に分かれています。建設業や設備の仕事も事務作業から現場作業員まであります。

将来的なキャリアアップも可能な業界になっています。

IT・通信・インターネット

テクノロジーの進化によって、売上を伸ばしているのがIT業界やインターネットなどの通信業界です。プログラマーやシステムエンジニアなどは、年齢が高くてもスキル次第で採用率が高まります。

またITスキルのない人でも、営業やイベント企画部などの職種もあるため、正社員になりやすい業界と言えます。

勢いのあるベンチャー企業から安定した老舗企業まであり、求人企業の多さが特徴です。

まとめ

今までに正社員としての経験がない人や少ない人は、転職活動で不利な立場になることは間違いありません。転職活動における労力は、正社員経験が豊富な人と比較すると大きく異なるでしょう。
  • スキルがない
  • ビジネスマナーを知らない
  • 年齢の問題
  • すぐに辞めてしまうかもしれない

このようなネガティブな側面を今すぐに補うことはできません。そのため、転職活動では、いくつもの企業に応募して正社員になる道を切り開く必要があります。

求人企業を探すには、

  • 今の状況で正社員になることができないか考える
  • 転職サイトで「未経験者歓迎」の求人情報を探す
  • 転職エージェントを利用する
  • 紹介予定派遣を利用する
  • 転職マッチングサービスを利用する
  • 正社員登用制度を利用する

などの方法を活用しましょう。

キャリアのない人間を必要とする企業と出会うには、あなた自身の視野を広げることも重要です。40代にも関わらず「この業界以外は嫌だ」と決めつけてしまえば、正社員になることは非常に難しいでしょう。

teacher
業界未経験であっても正社員を募集している企業も沢山あります。まだ知らない業界で正社員としてのキャリアをスタートすることも1つの得策と言えます。

少しでも転職成功の確率を上げたい人は、今回紹介した情報を元に早め早めの行動をとってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です