転職サイトはとりあえず登録だけでも大丈夫?転職サイトに登録するメリットと登録しておくべき転職サイト3選

転職を始めるとなると、求人の検索や応募ができる転職サイトの登録は必須と言えます。

ですが、転職を迷っている場合やすぐの転職が難しい場合には、転職サイトに登録すべきかどうか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は転職サイトに登録するメリット事前に登録しておくべき転職サイトをご紹介します。

teacher
  • どの転職サイトを選べばいいのか迷っている
  • 会社バレが気になり転職サイトに登録できない

と転職サイトの登録でお悩みの方も、今回の記事で転職サイトの登録する時のポイントを学びましょう。

転職サイトは登録しておいた方が得?

求人の検索や応募、転職活動に役立つツールやノウハウなど、転職活動を進めるにあたり、転職サイトを利用している方も多いのではないでしょうか。

man
まだ本格的に転職を考えているわけではないし、転職サイトに登録しなくてもいいのでは?

と思い、本格的に転職活動を始めてから転職サイトを登録すればいいと思っている方もいます。

ですが、結論から言うと、転職サイトは転職活動を本格的に始める前に登録しておくべきだと言えます。
teacher
まずは転職サイトを登録するメリットを知っておきましょう。

転職サイトは登録なしでも利用できるが一部の機能が制限されている

転職サイトは登録しなければ利用することができないのかというと、そういうわけではありません。

多くの転職サイトは登録なしでも利用することができます。

転職サイトでは登録はしなくても、

  • 求人の検索
  • 簡単な適職診断やキャリア診断などの診断ツールの利用
  • 転職ノウハウの閲覧

などの機能を利用することができます。

そのため、まずは転職を本格的に始める前に情報収集のために利用することも可能です。

ただし、Greenなどの転職サイトでは、求人情報自体は閲覧ができても、応募条件など詳しい求人については登録しないと見られないように制限がかかっているところもあります。

出典:Green

これでは、せっかく求人に興味を持ったとしても、すぐに応募条件を確認したり、応募することができないため、かえって手間がかかってしまいます

他にも、転職サイトによっては登録なしでは利用できない機能がある場合があります。

登録なしで利用しても問題はありませんが、登録しておいた方がすぐに転職活動を始めることができるのです。

転職サイトに登録するメリット

では実際に転職サイトに登録するメリットについて見ていきましょう。

転職サイトに登録するメリットは3つあります。

1.スカウト機能が利用できる

まず転職サイトの機能として欠かせない「スカウト機能」です。

スカウト機能とは、転職者のプロフィールや経歴に魅力を感じた企業からアプローチを受けられる機能です。

企業側があらかじめ転職者のプロフィールや経歴を見ているため、採用担当者からの関心が高い状態から選考を進めることができ、選考が有利に働きやすいというメリットがあります。

スカウトによっては、

  • いきなり最終面接
  • 書類選考免除

など、あらかじめ選考を有利に進められる特典がついていることも。

自分で求人を検索しなくても企業側からのスカウトを待つことで、希望に合った求人を見つけられる可能性もあるため、忙しい方にもおすすめの機能です。
「すぐには転職を考えていないけれど、良い求人があれば転職をしたい」という場合には、企業からのスカウトやヘッドハンターからのオファーがくる転職サイトに登録しておくと良いでしょう。

2.転職に役立つツールが使える

転職に役立つツールが使えることも、転職サイトに登録するメリットとして挙げられます。

転職サイトでは登録をせずに転職ノウハウが閲覧できたり、簡単な診断機能が利用できるところもありますが、会員登録をすると、もっと詳しい適職診断が行えたり、履歴書や職務経歴書を作成するツールが利用できたりと、会員限定のツールも豊富です。

たとえば、マイナビ転職では会員限定サービスとして、「パーソナリティ診断」と「バリュー診断」の2つの診断から仕事の適性をはかれる「適性診断」を利用することができます。

出典:マイナビ転職「適性診断」

会員登録をしていると診断結果を保存することができ、適性をもとに求人検索を行うことも可能です。

  • 自分の適性が知りたい
  • 新しい仕事に挑戦してみたい

という方にもおすすめです。

他にも、typeでは市場価値診断テストを受けることができます。

出典:type「市場価値診断テスト」

経験やスキル情報に加え、55問の質問に回答するだけで、自分の仕事における強みや弱み、性格的な傾向、転職市場における評価などの結果を知ることができます。

市場価値や適正年収も知ることができるため、今後の転職活動の方針を定めるのにも最適と言えます。

転職前の自己分析にも使えるため、転職活動を始める前に登録して診断テストを行っておくと、その後の転職活動もスムーズに進めることができます。

このように、転職サイトによってさまざまな会員限定のツールや診断テストを利用できることも、転職サイトに登録する大きなメリットと言えるでしょう。

3.非公開求人が見られる

ほとんどの転職サイトでは、一般公開されている公開求人と、会員のみが閲覧できる非公開求人があります。

求人を非公開にしている理由は、

  • 求人に応募が殺到しないようにするため
  • 早急に人材を確保するため

など、企業によってさまざま。

他の転職サイトやハローワークなどでは見られないような好条件の求人も多いため、登録して閲覧できるようにしておくことで、選択の範囲を広げることができます。
また、前述したGreenのように、転職サイトによっては公開されている求人でも、登録しないと一部閲覧できない求人情報もあるため、会員登録をしておいた方がより詳しく求人情報を取得できるというメリットがあります。

すぐに転職をしなくても登録だけはしておくべき

転職サイトは登録をしなくても、求人の検索や転職ノウハウなどの情報を得ることができますが、機能が制限されているところも多く、転職サイトに登録しておいた方が転職に必要な情報をすぐに得ることができます。
man
すぐに転職をしないから必要ない

と思っていても、希望する職種や業種の求人がどのタイミングで掲載されるかどうかは分かりません。

求人の応募はタイミングも重要です。
応募しようと思っても応募期間が終わってしまっていたり、応募したいタイミングで希望に合った求人がなかったりするのでは意味がありません。
希望に合った求人を見逃さないためにも、すぐに転職するわけではなくても、転職サイトは事前に登録しておくと良いでしょう。

会社バレも防げる!転職サイトに登録する時のポイントと注意点

転職サイトの登録で会社にばれることもある?

転職サイトではさまざま々な機能が利用でき、転職に役立つ情報も豊富なため、登録しておくことがおすすめです。

ですが、一方で、

man
会社に転職活動がバレてしまうのでは?

と会社バレを懸念して登録ができないという方も多くいます。

転職サイトに登録しただけでは会社バレをすることはありませんが、スカウト機能を利用している場合、企業が登録しているプロフィールや経歴、スキルなどを見ることができるため、内容によって会社にバレてしまう場合もあります。

また、登録する際のメールアドレスやパソコンからの閲覧履歴などからも会社の方にバレてしまう可能性も。

登録の際には、会社バレの危険性をなくし、転職サイトの機能を最大限使えるよう、いくつかのポイントに注意して登録することが大切です。

転職サイトに登録する時のポイント

転職サイトに登録する時のポイントは全部で5つあります。

teacher
会社バレに注意しつつ、スカウト機能を上手く利用することが重要なポイントです。

1.会社のアドレスや私的なアドレスを使わない

転職サイトに登録するメールアドレスは

  • 会社のメールアドレス
  • プライベートでよく利用するメールアドレス

は使わないように注意しましょう。

man
会社のメールアドレスは分かるけど、なぜプライベートなメールアドレスを使ってはいけないの?

と思う方もいるかもしれませんが、プライベートでよく利用するメールアドレスを使ってしまうと、すぐに転職をしない場合、重要なメールが転職サイトの通知メールで埋まってしまう可能性もあるからです。

転職サイトに登録すると

  • 新着求人お知らせメール
  • 希望条件マッチメール
  • スカウトメール

など、さまざまなメールが届くようになります。

スカウトなどの数が多いとそれだけメールの量は増えるようになり、重要なメールを見落としてしまう可能性もあるのです。
そのため、プライベートなメールアドレスとは別に、転職活動に使用するメールアドレスを作っておくと良いでしょう。
会社のメールアドレスはもちろんNGです。

会社のメールアドレスを使ってしまうことで、会社で転職活動がバレてしまうだけでなく、応募先の企業からもマナーを疑われてしまう可能性もあります。

使うメールアドレスを意識したことがない方も多いと思いますが、もう1つ別のメールアドレスを持っておくと、メールも整理しやすくなりおすすめです。

2.プロフィールはできる限り最初に埋めておく

転職サイトの登録する際に、経歴やスキルなどのプロフォール情報の入力が必須となります。

ここで基本情報を省いたり、適当に埋めてしまうと、企業からのスカウトが受けにくくなる可能性もあります。
man
すぐに求人検索したいのに・・・

と面倒に思ってしまいがちですが、最初にしっかりと記入しておくと、後からの求人応募も楽になります。

転職サイトの登録の時にはなるべく時間があるときに行うようにし、時間をかけて丁寧にプロフィールを埋めていきましょう。

3.メールの通知設定を確認しておく

ついつい見落としてしまいがちなのがメールの通知設定です。

最初に設定をし忘れてしまい、不要なメールが一気にメールボックスにたまってしまった・・・という方も多いのではないでしょうか。

転職サイトの登録時には転職サイトからのメルマガやその他のメールなどの設定がオンになっている可能性もあるため、不要なメール設定がないかを最初に確認しておくようにしましょう。

4.企業のブロック設定をしておく

会社バレを防ぐために行っておきたいのが企業のブロック設定です。

スカウト機能を利用していると、転職者のプロフィールや経歴、スキルなどの情報が企業側に公開されます。

名前などは公開されませんが、自己PR文や経歴に詳しく現職での情報を書いてしまうと、現在勤めている会社の担当者にバレてしまう可能性があります。

ほとんどの転職サイトでは、企業のブロック設定を設けており、あらかじめブロックしたい企業名などを登録しておくことで、特定の企業からのプロフィールの閲覧を防ぐことができます。

自分の勤めている企業や取引先の企業など、これまで関わったことがある企業はあらかじめブロック設定をしておくと安心です。

5.複数の転職サイトに登録する

転職サイトはなるべく1つではなく、複数のサイトを登録するようにしましょう。

転職サイトごとに扱っている職種や業種、企業の規模などが異なり、求人にも差があります。

そのため、1つの転職サイトだけでは希望する求人をなかなか見つけられない可能性もあるのです。
転職サイトは3~4つほど登録しておくと、さまざまなバリエーションの求人を見ることができるためおすすめです。
そして自分に合う転職サイトを見つけるには、とにかく利用してみることが大切です。
  • なんとなく評判がいいから
  • 知り合いが利用していたから

という理由で、転職サイトを1つだけに絞ってしまうと、合わない転職サイトをずっと使い続けてしまうことも。

複数の転職サイトを利用することで、使っていくうちに

woman

「この転職サイトのツールが使いやすい」

「この転職サイトを使ったらすぐに採用が決まった」

など、自分に合った転職サイトを見つけられることもあります。

複数の転職サイトにまずは登録しておき、メインで使う転職サイトを決めるようにしましょう。

→1度は使ってほしいおすすめの転職サイト記事はこちらから。

転職を考えたら即行動が大切

man

「会社にバレてしまったらどうしよう・・・」

「転職はまだ先でいいかな・・・」

と転職活動を先延ばしにしてしまう方もいますが、転職を考えるということは、少しでも今の企業に不満があったり、自分のやりたい道を見つけたりしているということです。

転職を考えたらまず行動することが何よりも大切です。

転職サイトの利用は必ずしも、転職だけに役立つとは限りません。

転職サイトを通じて自分の市場価値を見つめなおしたり、さまざまな企業と比較したりすることで、今の自分の課題や仕事の適正を見出すこともあります。

今勤めている企業を客観的に捉えることができるようになると、

本当に今転職すべきなのか

が見えてくることも。

転職はまだ早いと思っていてもとにかく行動してみることで、思わぬチャンスが飛び込むこともあるため、まずは転職サイトでの情報収集や自己分析から始めてみましょう。

登録しておくべき転職サイト

1位.リクナビNEXT(リクナビネクスト)

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約910万人
求人更新頻度週2回
公開求人数40,209件
未公開求人数0件
新着求人数4,713件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
23人43%70%301万円338万円112%75日8.4

登録をおすすめする理由

リクナビNEXTは、業界トップクラスの知名度を武器に、圧倒的な求人数と、「限定求人が約85%」とリクナビNEXT限定の求人の多さが魅力の、業界最大級の転職サイトです。
総合的にどんな職種や業種もおさえているため、まずは登録しておくべき転職サイトと言えます。
  • AIによるレコメンド機能が利用できる
  • 利用している企業から「オファー」が届く
  • 「気になる」登録をした企業からアプローチがくる

など、企業からのスカウトやレコメンド機能で効率よく希望に合った求人を見つけられるところもポイント。

他にも、会員限定で利用できる「グッドポイント診断」で自分の強みを見つけ、自己分析に役立てることができます。

応募する際に志望企業に診断結果を添付することもできるため、自己PRの資料として活用することも可能です。

求人数が多いため、ブラックな企業の求人が混ざっている可能性もありますが、転職が初めての方や転職に不安な方も利用しやすい転職サイトです。

2位.doda(デューダ)

運営会社パーソルキャリア株式会社
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約540万人
求人更新頻度週2回(月・木)
公開求人数60,181件
未公開求人数43,255件
新着求人数7,675件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

登録をおすすめする理由

dodaでは、大手総合転職サイトの1つで、求人数の多さや利用のしやすさに定評があります。

公開求人、非公開求人をあわせ、求人数はなんと10万件以上。転職サイト、転職エージェントとしての高い実績から、優良求人が多く、利用している企業からスカウトがきやすいところも魅力です。

また、診断や書類作成ツールも充実。

年収査定やキャリアタイプ診断など、多岐にわたる診断ツールが利用できるほか、職務経歴書作成ツール「レジュメビルダー」を利用することができ、ガイドに沿って簡単に職務経歴書を作成することができます。

作った職務経歴書はWordやPDF形式でダウンロードできるため、書類の提出の際にも便利です。

中小企業や地方の求人が少ないというデメリットもありますが、大手企業や都心部での転職を目指す方なら問題なく利用できるでしょう。

3位.ビズリーチ

運営会社株式会社ビズリーチ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約96万人
求人更新頻度-
公開求人数56,717件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
6人83%100%548万円547万円100%164日8.8

登録をおすすめする理由

ビズリーチはハイクラス向け転職サイトで、総求人数の約1/3以上が年収1,000万円以上と高年収の求人が多いところが魅力。管理職などの求人も多く、キャリアアップをはかりたいという方におすすめです。

そして、ビズリーチの最大の特徴は、ヘッドハンターや優良企業からのスカウトを受けられるという点です。

自分で求人を探さなくても、ヘッドハンターや優良企業から好条件の求人のスカウトがくるため、

  • より良い求人があったら転職を考えたい
  • 高年収求人をじっくり探したい

など、いますぐの転職を考えていない方にもおすすめの転職サイトと言えます。

短期的な転職には向かないというデメリットもありますが、とりあえず登録だけしておくと、良質な求人を見つけられる可能性がアップします。

まとめ

転職サイトは登録しなくても利用することができますが、登録しておくことでスカウト機能が利用できたり、転職に役立つ診断ツールなどが使えたりとできることが増え、転職活動を効率よく進めることができます。

すぐの転職を考えていないという場合でも登録だけしておいて問題はないため、登録しておくようにしましょう。
また、転職サイトを利用するときには5つのポイントがあります。
  1. 会社のアドレスや私的なアドレスを使わない
  2. プロフィールはできる限り最初に埋めておく
  3. メールの通知設定を確認しておく
  4. 企業のブロック設定をしておく
  5. 複数の転職サイトに登録する
特に、登録する際には設定を確認することを忘れずに。メールの通知設定やブロック設定などはあらかじめしておくと安心です。
teacher
今回ご紹介したおすすめの転職サイトを参考に、転職サイトを登録し、情報収集や自己分析など転職活動に役立てましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です