転職サイトのスカウトは内定率が高い!?転職サイトのスカウトの種類とより良い条件で内定をもらうためのスカウト活用術を徹底伝授!

転職サイトのスカウトサービスを一度は利用したことがあるという転職者も多いのではないでしょうか。

企業側からスカウトを受けることで選考を有利に進められたり、自分では探せなかった企業からスカウトを受けたりと、スカウトサービスを利用することでさまざまなメリットがあります。

ですが、実はスカウトサービスを十分に使いこなせてない方も多くいるのです。

そこで、今回は転職サイトのスカウトの種類や活用テクニックを徹底解説します。

teacher
  • 転職サイトのスカウトの仕組みについて知りたい
  • 企業からのスカウトがなかなか来ない

という方は今回の記事で、転職サイトのスカウト機能について詳しく学びましょう。

転職サイトのスカウトは内定率が高い?

man
転職サイトのスカウト経由だと内定率が高いの?
teacher
結論から言えば、場合によって内定率は異なります。まずはスカウト機能の種類について学びましょう。

スカウトの種類によって選考通過率や内定率は異なる

多くの転職サイトでは、企業からのスカウトを受けられる「スカウト機能」があります。

基本的に転職サイトでは求人の検索から応募、選考に至るまで自分で行う必要があります。

しかし、スカウト機能を利用することで、自分のプロフィールやスキルに興味を持った企業から

staff

「ぜひ自分の企業の求人を見てほしい」

「ぜひ一緒に働きたい」

というアプローチを受けることができるため、自分で検索しなくても、希望やスキルに合った企業を見つけることができるのです。

企業側からアプローチを受けているため、当然、

man
スカウト経由の方が内定率が高い!

と言いたくなりますが、スカウトの種類によっては、企業側の意思とは関係なく送られてくることがあります。

そのため、スカウトをもらったからと言って、内定率が高くなるとは限らないのです。

スカウトには大きく分けて3つの種類があります。

  1. 企業から直接送られるスカウトメール
  2. 自動送信で送られるスカウトメール
  3. 転職エージェントの担当者から送られるスカウトメール

1つずつ特徴を見ていきましょう。

1.企業から直接送られるスカウトメール

企業から直接送られるスカウトメールは、企業の採用担当者が実際に転職者のプロフィールやスキルを見て送ってくる、一番シンプルなスカウトメールです。

大手企業となると別ですが、中小企業やベンチャー企業だと応募を待つだけでは、より優秀な人材を確保することができません。

そのため、企業によっては、直接応募を待つだけではなく、企業の採用担当者が、求人の募集要項や求めるスキルに合った転職者を転職サイト上で探し、「ぜひ会ってみたい」と思った人にスカウトを送ります。

採用担当者は事前にプロフィールやスキル、経歴などを確認し、検討してからスカウトメールを送るため、書類選考をする必要がなく、内定確率が高いスカウトと言えます。

2.自動送信で送られるスカウトメール

次に、転職サイト側から自動で送られるスカウトメールです。

これは、転職者が事前に転職サイト上に登録しておいた希望職種、希望勤務地、プロフィール、スキルなどと、企業側が求める要件を機械的にマッチングし、自動で送られるスカウトのことを指しています。

言い換えれば、単なる機械的な「マッチングメール」であるため、スカウトをもらったとしても、実際の選考で有利に働くとは限りません。

また、機械的に行っている以上、多少のずれが生じるため、スキルや希望条件と合わないスカウトメールが来てしまうこともあります。

woman
スカウトメールの通知量が多くてうんざり・・・

という場合には、この自動送信スカウトメールが原因となっている可能性が高いです。

3.転職エージェントの担当者から送られるスカウトメール

「〇〇エージェントの担当者です。あなたに合う求人を多数ご用意しています」

などのメール文面を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントからのスカウトメールは、転職エージェントの担当者が自分の持っている求人を転職者に紹介しようとする、いわば、転職エージェントの宣伝メールです。

転職サイトでは、複数の転職エージェントと提携して、求人の紹介を行っています。転職エージェントは1つの企業ではなく、多くの企業の求人を保有している可能性が高く、さまざまな求人を紹介してもらえるというメリットがあります。

そして、求人の紹介だけでなく、転職支援も同時に受けることができるため、選考でのポイントや企業情報など、選考に役立つアドバイスを受けることもできます。

ただし、転職エージェントによっては求人の質にも違いがあり、転職エージェントに連絡しても実際に自分の希望に合った求人を紹介してもらえるとは限らないというデメリットもあります。

3つのスカウトのタイプの比較

このように、転職サイトのスカウトには3つの種類があります。

スカウトの種類内定確率
企業からのスカウトメール
転職エージェントからのスカウトメール
自動送信メール

3種類のスカウトを見てみると、企業からのスカウトメールが一番内定につながりやすく、転職エージェントからのスカウトメール、自動送信スカウトメールの順に採用確率は下がります。

そのため、どのスカウトが送られてきたのかをきちんと見極めることが重要です。

転職サイトによってスカウトサービスにも違いがある

転職サイトを利用していると、「スカウト」と同じくらい「オファー」という言葉を耳にするという方も多いのではないでしょうか。

man
スカウトとオファーはどう違うの?

と疑問に思う方もいますが、スカウトとオファーは明確な違いがなく、転職サイトによっても呼び方が異なっています

そのため、スカウトやオファーという言葉に惑わされるのではなく、各転職サイトにどんなスカウト(もしくはオファー)があるのかを確認するようにしましょう。
転職サイトスカウト種類
リクナビNEXTプライベートオファー、オープンオファー、興味通知オファー
typeスカウト
ビズリーチスカウト、プラチナスカウト
エン転職企業からのスカウト、転職エージェントからのスカウト
マイナビ転職プレミアムスカウト、スカウト、スカウト限定求人

スカウト機能がある転職サイトの中には、ビズリーチやマイナビ転職のように「プラチナスカウト」「プレミアムスカウト」など、通常のスカウトよりも特別なスカウトを設けているところも。

一定の条件を満たす転職者のみが利用できる特別なスカウトなので、周りの転職者と差をつけたいという場合にもおすすめです。

他にも転職サイトごとにさまざまなスカウト機能やツールがあります。

スカウト機能や求人検索の使い勝手などに合わせて転職サイトを選ぶのも転職成功へと導くポイントの1つと言えるでしょう。

→転職サイトのおすすめランキング記事『【2020年】おすすめ転職サイト!転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職サイト比較ランキング』はこちらから。

スカウトの中にも怪しい求人は混ざっていることも

企業からのスカウトメールがくると、つい飛びついてしまいがちですが、スカウトの中には怪しい求人が含まれていることも。
企業からの特別なスカウトと見せかけて、無作為にメールを送っているものもあるのです。

特に、

  • 誰にでも当てはまりそうな表現をしている
  • 「スキルや経験を拝見しました」など、具体的なポイントが書かれていない
  • 面接や書類選考など今後の選考について言及していない

などのメールには要注意です。

企業から「本当に求人を見てほしい」というアプローチをしてくる場合、選考の流れや、どういう経歴に惹かれたなどのポイントが具体的に書かれています。

そのため、誰にでも当てはまりそうな表現をしているメールは特別なスカウトメールとは異なるため、求人内容をきちんと確かめましょう。

無作為にメールが送られてくる理由として、

  • 派遣社員など大量募集をしている
  • 離職率が高く人を多く集めたい

などといった事情が考えられます。

  • 未経験でもできる!
  • 書類選考免除!

など甘い言葉が書かれていると、ついスカウトを受けたくなりますが、入ってみたらブラックな企業だった・・・という可能性も考えらえます。

teacher
スカウトは見極めが大切です。きちんと事前に内容を確認しましょう。

「スカウト=内定」というわけではない

スカウトというと、「即内定」と思ってしまいがちですが、スカウトされたからと言って必ず採用されるとは限りません。
スカウトの種類によっても、企業からの関心の度合いが異なるため、スカウトを受ける前に、内容をきちんと確認したり、企業の分析を行ったりするなど、応募前に検討を行うようにしましょう。

スカウトはあくまできっかけに過ぎないものです。

いくらプロフィールやスキルが良くても、面接などの印象が悪いと、内定が決まらない可能性も十分あり得ます。

そのため、スカウトを上手く利用するためにも、企業分析や自己分析などを行い、事前準備をしっかりと行っておきましょう。

より良い条件で内定をもらうための転職サイトのスカウト活用テクニック

転職サイトでスカウトをもらうメリット

スカウト=内定というわけではない、とお伝えしてきましたが、もちろんスカウトをもらうメリットは存在します。

スカウトをもらうメリットとして、ここでは3つ紹介します。

1.選考を有利に進めることができる

企業からのスカウトの中には、

  • 面接確約
  • 書類選考免除
  • いきなり最終面接

など、他の転職者よりも有利に選考を進められる特典がついている場合があります。

こうしたスカウトをもらうことで高い確率で転職成功へと導くことが可能です。

また、こういった特典がついていなかったとしても、通常応募よりも、企業の採用担当者が興味を持った状態から書類選考などの選考がスタートするため、多くの場合、そのまま面接につながるケースがほとんどです。

teacher
スカウトをもらえたということは少しでも興味を持ってもらえたということなので、自信を持って選考に臨みましょう。

2.市場価値をはかることができる

  • 転職活動をすることで自信をなくした
  • 前職での給与が低く、自分の市場価値が分からない

と転職活動を進める中でこういった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。

自分のスキルや経歴に自信がないという方でも、スカウトサービスを利用することによって、多くの企業からポテンシャルや魅力を引き出してもらえる可能性があります。

自動送信などのスカウトメールは経歴やスキルなどは関係がありませんが、企業からのスカウトがたくさん来るということは、それだけプロフィールや経歴などに魅力を持った企業が多いということです。

時には自分では思ってもみなかった業界から声がかかったり、前職よりも高い水準の給与でスカウトがきたりと、スカウト機能を利用することで、自分の市場価値を正しくはかることができるのです。

3.効率よく求人を見つけられる

転職サイトでは通常自分から求人を検索し、応募を行うため、自分の希望に合った求人を見つけられないことも。

スカウト機能を利用することで、自分で求人を検索した時には見つけられなかった企業の求人を見つけることができ、転職の選択の幅を広げることができます。
転職サイトによっては、スカウトでしか見られない求人などもあるため、より多くの求人を効率よく探すためにも、スカウト機能を利用した方が良いと言えるでしょう。

転職サイトのスカウト活用テクニック

転職サイトのスカウトのメリットを十分活かすためにも、スカウトを最大限活用することが大切です。

ただスカウト機能をオンにするだけだと、思っていたような質の良いスカウトが得られない可能性もあります。

  1. 複数の転職サイトのスカウトサービスを利用する
  2. 登録情報をこまめに更新する
  3. 気になった求人は検討中リストに入れておく
  4. スキルや自己PR欄などしっかりと埋めておく
teacher
今回紹介する4つのテクニックを用いて、転職サイトのスカウト機能を使いこなしましょう。

1.複数の転職サイトのスカウトサービスを利用する

転職サイトのスカウトサービスは1つのサイトだけでなく、複数のサイトで利用するようにしましょう。

転職サイトによって、得意とする職種や業種が異なり、扱っている求人が異なります。

そのため、1つの転職サイトだけでは、多くの求人が見られないこともあります。
希望に合った求人をなるべく多く見るためにも、複数の転職サイトのスカウトサービスを利用しましょう。

2.登録情報をこまめに更新する

スカウトを利用する場合には、登録情報の更新日にも注意する必要があります。
あまりにも登録情報を更新していないという場合、採用担当者から「転職意欲がない」と判断され、スカウトを見送られてしまう可能性もあります。
man
更新日なんてあまり見られていないのでは?

と思ってしまいがちですが、企業側は更新日を意外と見ているものです。

履歴書写真と同じく3カ月に1回は登録情報を更新しておき、常に新しい情報を公開しておくようにしましょう。

3.気になった求人は検討リストに入れておく

スカウトをただ待つだけではなく、スカウトをもらうために「気になる」「興味あり」など、検討リストを上手く活用することも大切です。

検討リストに求人が入ると、企業側にも通知がいきます。場合によっては、企業側から特別なスカウトが届いたり、「応募歓迎」と企業側から反応があることもあります。

通常の応募よりも、お互いが興味を持った状態で選考が進められるため、応募するか迷う求人があれば、積極的に検討リストに入れておくと良いでしょう。

4.スキルや自己PR欄などしっかりと埋めておく

man
スカウトがなぜか来ない・・・

という場合には、プロフィールやスキルなどの情報が不足していることも考えられます。

あまりにも自己PR欄や職務経歴などの情報が少ないと、企業側から

  • 転職意欲が低い
  • やる気がない

などと思われてしまう可能性があるのです。

スキルや自己PR欄をしっかりと埋めておくことで、採用担当者の目に留まりやすくなるため、必要事項はあらかじめ記入しておくようにしましょう。

スカウトを利用することで選択の幅が広がる

転職サイトのスカウトを利用することで、自分では探せなかった求人が見つかり、転職の選択の幅を広げることができます。

ただスカウトを待つのではなく、基本情報を埋めたり、登録情報を更新したりするなど、できることはしっかりとやっておき、多くの求人を見る機会を得ることが重要です。

スカウトを多くもらうことで自信につなげられるケースもあります。

転職活動中は、上手くいかないことも多く、採用がなかなか決まらないことで気持ちが沈んでしまうという方も多くいます。

自分の市場価値を見直し、自信をつけるためにも、スカウトサービスを利用し、自分の希望する職種や業種だけにとらわれずに転職活動の幅を広げていくことも良いでしょう。

転職サイトのスカウトに関する気になる疑問

Q1.スカウト機能で転職活動はバレる?

teacher
スカウト機能では名前などは公表されませんが、現在の勤め先や経歴などからバレてしまう可能性もあります。

転職活動中に何よりも避けたいのが、現在の勤め先に転職活動がバレてしまうことではないでしょうか。

スカウト機能では原則、個人を特定するような情報は開示されませんが、経歴やスキルなどによっては勤め先の企業にバレてしまう可能性もあります。
そのため、スカウトを利用する際には、企業のブロック機能を設定しておくことが大切です。

多くの転職サイトでは、企業のブロック機能があり、特定の企業から情報を閲覧されないよう設定しておくことができます。

この機能を利用することで、身バレを防ぐことができるため、スカウト機能の設定と同時にブロック機能についての設定も確認しておきましょう。

Q2.スカウトで内定が決まった場合には内定辞退はできない?

teacher
スカウトで決まった場合にも内定辞退は可能です。

スカウト機能はあくまで、登録情報をもとに判断するものであり、スカウト機能で選考に関する特典をもらったからと言って、必ずその企業に勤めなければならないというものではありません。

選考辞退や内定辞退も可能なため、気になる企業があれば気軽に応募してみると良いでしょう。
ただし、エージェントなどを利用した場合には、内定辞退をしてしまうことで、エージェントのサービスが利用できなくなったり、担当者からの印象が悪くなってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

まとめ

転職サイトのスカウトは必ず採用されるわけではなく、スカウトの種類によっても内定率がそれぞれ異なります
時には無作為に送られた怪しい求人が混ざっていることもあるため、送られてきたスカウトの種類を見極めることが大切と言えます。
また、スカウトを上手く活用することも大切です。

スカウトをただ待つだけでは、なかなかスカウトが来ないこともあります。

質の良いスカウトメールをなるべく多くもらうためにも、

  1. 複数の転職サイトのスカウトサービスを利用する
  2. 登録情報をこまめに更新する
  3. 気になった求人は検討中リストに入れておく
  4. スキルや自己PR欄などしっかりと埋めておく
この4つのポイントをおさえ、スカウトを受ける体制を整えることが重要だと言えます。
teacher
スカウトを機能を上手く利用し、他の転職者よりも有利に選考を進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA