転職サイトは特徴から選ぶのが正解!基本的な転職サイトの特徴と種類別に転職サイトの特徴を徹底比較

転職活動を始める前に欠かせないのが転職サイトの登録。

大手人材紹介会社が運営する転職サイトから、専門分野に特化した小規模な転職サイトまでさまざまな転職サイトがあるため、どの転職サイトを利用しようか迷う方も多いのではないでしょうか。

転職サイトを選ぶためには、転職サイトが持つ特徴を知ることが重要です。

そこで今回は、転職サイトの特徴について徹底解説します。

teacher

基本的な転職サイトの特徴から、転職サイトの種類別の特徴まで、各転職サイトを徹底比較していくので、

  • これから転職活動を始める方
  • 転職サイト選びに迷っている方

など転職サイトをこれから登録するという方は、本記事で転職サイトの特徴について学び、自分に合った転職サイト選びの参考にしてみてください。

基本的な転職サイトの特徴

転職サイトとは

転職サイトとは、求人情報の検索や応募、面接などの選考のやり取りを行えるWEB上の求人情報サービスのことを指しています。

転職エージェントでは求人の紹介や選考対策など転職支援を受けられるなど専任のコンサルタントと一緒に転職活動を進めていきますが、転職サイトでは自由に求人情報を閲覧でき、転職者自身で転職活動を進めることを前提としています。

基本的に会員登録をしなくても求人情報を閲覧できるサイトも多いですが、会員登録をすることで、非公開求人をチェックしたり、求人に応募したり、企業とのやり取りなどを行うことができます。

転職サイトにできることは求人の検索や応募だけではありません。それ以外にも、各転職サイトごとにさまざまなツールやサービスを展開しています。

しかし、転職者の中には、求人の検索や応募だけのために利用し、転職サイトを上手く使いこなせていない方もいます。
転職サイトを最大限活用するためには、転職サイトならではの特徴をつかみ、転職サイトについて理解を深めることが大切だと言えます。
teacher
自分に合った転職サイトを選ぶ前に、まずは転職サイトならではの特徴やメリット、デメリットを理解しておきましょう。

転職サイトを利用するメリット

転職サイトを利用するメリットは5つあります。

1.求人数が多い

転職サイトを利用するメリットの1つ目は、求人数が多いというところです。

多くの転職サイトでは、幅広い職種や業種の求人を掲載しています。

企業の求人掲載費も転職エージェントに比べると比較的安く済むため、転職サイトに求人を掲載をしている企業が多いのです。

そのため、転職サイトを利用することで、多くの求人を見ることができ、選択肢を広げることができるというメリットがあります。
また、ほとんどの転職サイトでは利用料金がかからず、無料ですべてのサービスが使えることが多く、登録するだけで自由に求人を見られるというところも大きなポイントと言えるでしょう。

2.自分のペースで転職活動を進められる

転職エージェントが専任のコンサルタントと一緒に転職活動を進めていくのに対し、転職サイトでは自分のペースで転職活動を進めることができます。

在職中でも気軽に空き時間や通勤時間を利用して求人を見たり、企業とのやりとりが進められるため、忙しい方でも利用しやすいサービスと言えるでしょう。

求人の検索や転職ノウハウの閲覧、診断ツールの利用など、自由に利用することができるため、すぐに転職活動を進めたいという方はもちろんのこと、情報収集のためにひとまず利用したいという方にもおすすめです。
「気になる」や「いいね」など、気になった求人を保存しておくこともできるため、応募の意思が固まっていないという場合には、後から検討を行うことも可能です。

3.転職ノウハウやツールが充実している

転職ノウハウや独自の診断ツールなどが充実しているところも、転職サイトを利用するメリットと言えます。

転職サイトでは、これまでに運営を行うことで培ってきた転職知識やノウハウなどを活かし、転職に役立つノウハウをまとめて公開しています。

たとえば、総合転職サイトのdodaでは、転職の準備から提出書類の作成、応募・面接などの選考、内定・入社などの転職ステップごとに分け、転職に役立つ情報を提供しています。

出典:doda

特に履歴書や職務経歴書の作成のポイントや面接対策といった情報は、転職サイトで自力で転職活動を進める転職者にとって心強い情報と言えるでしょう。
転職に役立つツールも各転職サイトごとに充実しています。

たとえば、マイナビ転職ではジョブリシャス診断という適職診断を行うことができます。

出典:マイナビ転職

簡単な質問に答えるだけで、仕事での強みや弱み、本領発揮できる職種など、自分に合った仕事を探ることができるため、

  • どんな職種や業種が合っているのか分からない
  • 自分の可能性を探りたい

など、自分の目指す方向に迷っている方は利用することをおすすめします。

他にも、各転職サイトごとにさまざまなツールが利用できます。

転職ノウハウや転職ツールは転職エージェントやハローワークではない場合も多いため、転職に役立つ情報を収集するために転職サイトを利用するのも1つの手と言えるでしょう。

4.スカウト機能が利用できる

転職サイトを利用する一番のメリットと言えるのが、スカウト機能が利用できることです。

ほとんどの転職サイトではスカウト機能があり、転職サイトに登録したプロフィールや職務経歴などの情報を見て興味を持った企業から直接アプローチを受けることができます。

出典:マイナビ転職

転職サイトでは求人の検索や応募、スケジュール管理など、転職活動を自分一人の力で進めることが前提となりますが、スカウト機能を上手く利用することで、自分で求人を検索しなくても、希望に合った求人を見つけることができるのです。

効率よく求人を探すためにも、スカウト機能は利用するべきと言えるでしょう。

5.応募が簡単にできる

転職サイトではあらかじめプロフィールや自己PR、職務経歴などWEB履歴書を登録しておくと、ほとんどの求人にそのまま応募することが可能です。
転職サイトによっては、複数の求人に一括応募ができるところもあるなど、応募手続きが簡単に完了するというところもメリットと言えるでしょう。

簡単に応募ができるため、在職中でもスキマ時間を利用して簡単に転職活動を進めることが可能。企業とのやりとりも転職サイト上のメッセージで連絡がとれるため、携帯からでもスムーズに面接日の調整などが行えます。

ただし、簡単に応募ができるからと言って、プロフィールなどの情報を確認せずに応募してしまうのはNGです。

転職サイトでは基本的にWEB履歴書で書類選考が行われます。

事前に登録したWEB履歴書の自己PRや志望動機によって、書類選考の結果も変わるため、応募先の企業ごとにしっかりと確認しておくことが大切と言えるでしょう。

転職サイトを利用するデメリット

転職サイトを利用するメリットももちろんありますが、その反面デメリットもあります。

teacher
デメリットについてもおさえておき、転職サイトの利用の際には注意しましょう。

1.利用者が多く競争率が高い

転職サイトでは、誰でも簡単に登録ができることから、全体的に利用者数が多い傾向があります。

利用者が多いということは、その分求人への応募も多いため、好条件の求人は競争率が高くなってしまうことも。
スキルや経歴によっては転職が難しくなる可能性もあるため、選考対策を万全に行う必要があると言えます。

2.転職サポートを受けられない

転職サイトでは、転職ノウハウや診断ツールなどは充実していますが、履歴書の添削や面接対策などの転職サポートを受けることができません。

そのため、基本的には自分自身の力で転職活動を進めることになります。

3.求人の質に偏りがある

転職サイトでは、求人掲載費が比較的安めのところが多く、大手企業から中小企業などさまざまな企業の求人を見ることができます。

そのため、求人数は多くなりますが、中には求人の質が悪いものもあり、求人の質に偏りがあるところが欠点と言えるでしょう。

良い求人を見極めるためには、企業分析や求人情報のチェックが欠かせません。

求人を見る目を養い、条件の良い求人を見つけることが大切です。

4.希望に合った求人が見つけにくい

転職サイトでは求人数が多いため、検索をかけても希望の職種や業種を絞り込みづらいというデメリットがあります。

希望条件を登録しておいたとしても、希望条件とは合わない企業からスカウトがくる可能性もあるため注意が必要です。

5.企業情報が少ない

転職サイトによっては、社員へのインタビューや独自取材の情報など、企業情報が充実しているところもありますが、多くの転職サイトでは、企業から聞いた内容をそのまま求人として掲載するため、求人情報が間違っていたり、都合の悪い企業情報がふせられていることもあります。

1つの転職サイトだけでは十分に企業情報を得られない可能性もあります。

いくつかの転職サイトで企業情報を収集したり、口コミサイトや転職エージェントを利用するなど、しっかりと情報収集と企業分析を行う必要があると言えるでしょう。

転職サイトの特徴を理解して使いこなすことが重要

転職サイトでは、自分のペースで転職活動を進めることができ、転職ノウハウやツール、スカウトなどの機能が充実しているというメリットがあります。

しかし、その反面、転職支援が受けられなかったり、企業情報が少なかったりとデメリットもあります。
teacher
転職サイトのメリット・デメリットを踏まえた上で、転職サイトの特徴を活かして転職活動を進めることが一番重要なポイントと言えます。

転職サイトの特徴を比較

転職サイトは4つの種類にわかれる

man
転職サイトはどこを選んでも同じなの?
teacher
転職サイトは大きく分けて4つの種類に分かれます。それぞれの特徴を踏まえ、自分に合った転職サイトを見つけることが大切です。

転職サイトの基本的な特徴やメリットとデメリットについて解説してきましたが、転職サイトならどれも同じというわけではありません。

転職サイトは大きく分けて4つの種類があります。

  1. 総合転職サイト
  2. ハイクラス向け転職サイト
  3. 専門・地域型転職サイト
  4. エージェント型・スカウト型転職サイト
種類によって、扱っている求人や対象となる転職者が異なるため、4種類の特徴をおさえることが重要です。

1.総合転職サイト

総合転職サイトは、リクナビNEXT、マイナビ転職、dodaなど、総合的にさまざまな職種や業種をそろえており、どんな転職者でも利用しやすい転職サイトです。

大手の転職サイトに多い傾向があり、知名度が高く、求人数も多いという特徴があります。

また、転職ノウハウやツールといったサービスの充実や、転職フェアなどのイベントが開催されている転職サイトもあるなど、サービスの質が高いところもポイントです。

  • さまざまな求人を見て選択肢を増やしたい方
  • 情報収集に利用したい方
  • はじめて転職活動を行う方

など、転職活動を始めたらまず1つはおさえてほしい転職サイトと言えます。

また、各転職サイトごとにも細かい特徴があります。

検索機能ツールスカウト機能更新頻度特徴
リクナビNEXTグッドポイント診断オファー、応募歓迎週2回(水・金)圧倒的な求人数とサービスの質が高い
type◎仕事探しコンシェル転職力診断テストスカウト、応募歓迎週2回(火・金)独自の検索機能で仕事が見つけやすい
doda年収査定、転職タイプ診断、キャリアタイプ診断、レジュメビルダースカウト週2回(月・木)ツールが豊富で、エージェントの利用も可能
エン転職スカウト、オファー、応募歓迎週2回(月・木)独自取材の情報を提供
マイナビ転職パーソナリティ診断、バリュー診断スカウト、マッチング週2回(火・金)転職フェアなどのイベントも開催

主要5社を

  • 検索機能
  • ツール
  • 更新頻度
  • 特徴

の項目に分けています。

特に注目したいのが「特徴」の項目です。
リクナビNEXTは、圧倒的な求人数とサービスの質が高いところが特徴と言えます。

グッドポイント診断では、質問に答えていくだけで自分の強みを客観的に把握でき、自己分析に使えます。また、応募時に診断結果を企業に添付して送ることができるため、自分の強みを簡単にアピールすることができます。

出典:リクナビNEXT

typeは、独自の検索機能があるところが大きな特徴と言えるでしょう。

出典:type

AI機能搭載の仕事探しコンシェルジュ「キャリボ」を利用することで、毎日求人の提案を受け取ることができます。

使い続けることで行動履歴をAIが学習するため、求人の提案の精度がアップしていくことも嬉しいポイント。自分で検索しなくても、キャリボで自分に合った求人を見つけることが可能となります。

dodaでは転職ツールの多さと転職エージェントの利用が可能な点が特徴。

年収査定や転職タイプ診断、キャリアタイプ診断など診断ツールが充実しています。

また、職務経歴書作成ツール「レジュメビルダー」で簡単に職務経歴書を作成することも可能。

出典:doda

作った職務経歴書はWordやPDF形式でダウンロードできるため、面接時にも持参することができて便利です。

エン転職では、独自取材の情報の多さが最大の利点と言えます。

実際に取材を行った担当者から見た企業の特徴や雰囲気、そして社員・元社員のクチコミ情報などを見ることができるため、企業分析にも最適です。

出典:エン転職

元社員や現社員のクチコミで得た情報を集計し、平均年収や平均残業なども割り出しているため、実際に働く際のイメージがしやすく、求人情報だけにとらわれずに、実際の福利厚生や待遇などの情報を得ることができます。

マイナビ転職は、転職フェアなどの大規模イベントを開催しているところが魅力です。

出典:マイナビ転職

日本最大級の転職フェアである「マイナビ転職フェア」に参加することができ、多くの企業の採用担当者と直接話す機会を持つことができます。

このように、同じ総合転職サイトでも、それぞれ特徴が異なります。

  • 検索機能が使いやすい方がいい
  • イベントに参加したい
  • 診断ツールをたくさん利用したい

など、転職サイトに求める条件と照らし合わせ、利用する転職サイトを決めるとよいでしょう。

2.ハイクラス向け転職サイト

ハイクラス向け転職サイトとは、ビズリーチや転機のように、高年収・高待遇の転職を目指す方向けの転職サイトです。

600万円以上の高年収の求人ばかりを集めていることから、利用する転職者にも年収やキャリアなどが求められます。

求人の質がよく、他の転職サイトにはない求人も多いため、

  • 確実にキャリアアップをはかりたい方
  • 自分の能力に自信がある方

はハイクラス向け転職サイトの利用をおすすめします。

また、各転職サイトの特徴を挙げると、

  • ビズリーチ・・・ヘッドハンティング型の転職サイト。ヘッドハンターや優良企業からのスカウトが受けられる。
  • 転機・・・ハイクラス・エグゼクティブに特化した転職サイト。経営者と直接面談することができる。

と、同じハイクラス向け転職サイトでも特徴が異なります。

キャリアアップを目指したい方はどちらの転職サイトもおさえておきましょう。

3.専門・地域型転職サイト

専門・地域型転職サイトは、介護や看護、薬剤師などの専門職や、関東圏ではなく地方に特化した地域型の転職サイトなど、転職者を限定した小規模な転職サイトのことを指します。

専門型転職サイトとしては、

などが挙げられます。

総合転職サイトよりもターゲットが絞られているため、採用につながりやすく、専門特化型にしか求人を掲載していない企業もあります。

目指す業界が決まっているという方は専門型転職サイトを選ぶと良いでしょう。
地域型転職サイトは、はたらいくが有名です。

エリアから求人を探したり、沿線から細かく検索することができます。地域ごとに求人数のばらつきはあるものの、各都道府県別に求人を検索できるところが強みと言えるでしょう。

他にも、女の転職typeとらばーゆのような女性向けの転職サイトや、Re就活のような20代・第二新卒向けの転職サイトなど、転職者を絞った転職サイトがあります。

  • 資格を持っている
  • 地域や業界をしぼって転職活動をしたい

などの場合には、専門・地域型転職サイトを利用するとよいでしょう。

4.エージェント型・スカウト型転職サイト

エージェント型・スカウト型転職サイトは、コンサルタントからの求人の紹介を受けたり、ヘッドハンターなどからのスカウトが受けられる転職サイトのことを言います。

が主な転職サイトです。

エージェント型・スカウト型転職サイトの強みは、登録しておけば自分で検索しなくても、ヘッドハンターなどから求人の紹介を受けることができるという点です。

GeekOutでは「フィード」と呼ばれるシステムで、プロフィールや転職志向、スキルなどを機会が自動的にマッチングし、求人を見つけられるところも大きなメリット。自分で検索するという転職サイトとは一風変わったサービスが魅力となっています。

自分に合った転職サイトを選んで

転職サイトは、大きく分けて4つの種類がありますが、1つ1つの転職サイトにもそれぞれの特徴があります。

  • 求人の検索方法
  • 得意分野
  • ツール
  • ターゲットとする転職者の層

など各転職サイトごとのさまざまな特徴と自分の希望やキャリアを照らしあわせ、利用する転職サイトを選ぶことが大切です。

また、転職サイトは必ず1つを選ばなければいけないというわけではありません。

複数のサイトを同時に利用することで、より多くの求人情報を得ることができるためおすすめです。自分に合った転職サイトを選び、転職活動を効率よく進めるようにしましょう。

→転職のプロも「絶対」におすすめ!転職サイトランキング記事はこちらへ。

まとめ

転職活動を始める際に何となくで転職サイトを登録している方も多いと思いますが、転職サイトはそれぞれ特徴が異なります

まずは転職サイトを利用するメリットやデメリットをおさえ、転職サイトの特性をつかんでおきましょう。

そして、転職サイトは大きく分けて4つの種類があります。

  1. 総合転職サイト
  2. ハイクラス向け転職サイト
  3. 専門・地域型転職サイト
  4. エージェント型・スカウト型転職サイト
種類によって、扱っている求人やターゲットとしている転職者、求人の検索方法などが異なるため、自分が希望する職種や業種にあわせて転職サイトを選択するようにしましょう。

転職サイトはどれを使えばいいという正解はなく、転職者によって合う転職サイトと合わない転職サイトは異なります。

teacher
それぞれの特徴をつかんだ上で、転職サイトを複数登録してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です