転職サイトからの転職で英語は必須!英語のスキルが求められる職種・業種の特徴と英語を活かして転職成功をさせる5つの極意

英語が世界共通言語となる今、英語のスキルの有無が転職にも大きく関係しています。

転職サイトでも英語のスキルを入力する項目があるなど、英語のスキルは必須と言えます。

そこで、今回は、英語のスキルが求められる職種や業種の特徴と、英語を活かした仕事への転職を成功へと導く5つの極意を解説します。

teacher

おすすめの転職サイトもご紹介するので、

  • 英語力に自信がある方
  • 語学力をつけ、海外で活躍したい方

など、英語力を活かして転職をしたいという方は必見です。

転職サイトからの転職で英語は活かせる

転職で「英語」は重要なスキル

職種や業種によって、求められるスキルや資格はさまざまです。

しかし、転職サイトでは英語での会話や読解、作文、TOEICやTOEEFLの点数を入力する欄が設けられており、他の語学スキルや資格などに比べて、転職における重要度が高いスキルとして位置づけられています。

出典:エン転職

実際にdodaが行ったグローバル採用の実態調査のデータでも、TOEICテストを受けた人と受けてない人の転職成功率の割合を見てみると、受けていない人を1とすると、受けている人は1.23倍という結果に。

出典:doda

もちろん、TOEICの結果だけで判断されるわけではありませんが、TOEICを受けている人の方が転職成功へとつながりやすいと言えるでしょう。

また、募集要項などに

  • TOEIC700点以上必須
  • 英語スキルに自信がある方

など、英語のスキルが募集条件に盛り込まれている求人も中にはあります。

そのため、英語のスキルは転職サイトでの転職において重要と言えます。

英語が活かせる職種や業種とは

英語が活かせる職種や業種はさまざまです。

具体的には、

  • 翻訳・通訳
  • 秘書
  • 人事などの事務
  • 貿易会社の事務
  • 飲食や販売などのサービス業
  • 観光関連会社
  • IT関連職種

などの職種や業種が挙げられます。

翻訳や通訳などは当然と言えますが、秘書や事務、さらにはサービス業など、さまざまな職種や業種で英語力を求められています

海外企業との営業や商品やサービスの取引などを行っている企業はもちろん、IT系やベンチャーなどでも、高い専門スキルを持つ外国人を積極的に採用しているため、採用や入社の手続き、入社後のフォローなどを人事や事務が行う場合があります。

また、飲食や販売などのサービス業でも、外国人旅行者が多い地域や店舗では英語力が必須となることも。英語や中国語など得意な分野を分けて、対応する人を決めている企業もあるほどです。

ユニクロなどの大手企業では英語力の強化に力を入れているところもあります。

出典:ユニクロHP

  • 入社にあたって英語力が判断基準になることはない

としていますが、英語力を1つの武器として選考でアピールすることもできるため、英語は身につけておいて損はないと言えるでしょう。

このように、英語力を求める職種や業種が多く、英語のスキルを身につけることで、転職を成功に導く可能性が高くなるのです。

外資系企業では高い英語のレベルが求められる

外資系企業では、その他の大手企業の事務や営業、サービス業などに比べ、高い英語のレベルが求められます。
  • TOEIC850点以上
  • ビジネス会話レベル以上

など、条件をつけている求人も多くあります。

外資系専門の転職サイト「キャリアクロス」では、英語レベルに合わせて求人を検索することが可能。

出典:キャリアクロス

  • ビジネス英語レベル
  • 日常会話レベル
  • 基礎会話レベル

など英語レベルを段階分けしていますが、「ビジネス会話レベル」の求人が最多。

日常会話以上のスキルを求めている企業が多いということが分かります。

また、ビジネス英語として使うからには、通常の英語力を伸ばすだけでなく、自分が希望する職種や業種にあわせた専門用語などの英語も覚えていることが重要です。

そのため、外資系企業では英語力に加え、希望する業界の知識が必須だと言えます。

英語のスキルを高めることが転職成功のカギ

外資系企業だけでなく、大手企業の事務や営業、IT関連職、サービス業などでも英語のスキルを求められる企業が増えてきています。

入社段階での英語スキルは問わないという企業も多くありますが、一緒に働く外国人の同僚や英語を話す顧客などと円滑にコミュニケーションをとれる人材が高い評価を得ることも。

応募の必須条件や、選考の判断基準に英語のスキルが入っていない場合にも、英語力を身につけることで、選考で有利に働くこともあります。

  • 英語を使う仕事につきたい
  • 英語力を活かして転職活動を有利に進めたい

という方は、転職活動を始める前に、英語のスキルを高めておくことが大切と言えるでしょう。

外資系も目指せる!転職サイトで英語を活かした職種や業種への転職を成功させる5つの極意

英語のスキルだけでは転職は成功しない

外資系企業や海外向け営業など、英語のスキルが求められる職種や業種につきたいという方の多くは、

man
英語のスキルが高ければ採用されやすいんだ!

と思ってしまいがちです。

英語のスキルが高いことに越したことはありませんが、英語のスキルだけでは転職成功へと導くことはできません。

なぜなら、英語のスキルを必須条件としている企業には、それだけ英語の実力がある転職者が集まってくるということになります。

一般職やサービス業など、特に英語力を必須としていない企業の求人では英語のスキルがアドバンテージとして働き、選考の際にアピールすることができますが、外資系企業では英語のスキルがあることは前提として選考が行われます。

そのため、英語での会話力、文章作成力などの英語のスキルはもちろん評価の対象に入りますが、英語だけを磨くのではなく、英語以外の武器を身につけることも重要なポイントです。

英語を活かした職種や業種への転職を成功に導く極意5つ

英語を活かした職種や業種への転職を成功に導く極意は5つあります。

teacher
前述したように、英語のスキルを意識した選考対策を行いつつ、英語以外での武器を見つけるようにしましょう。

1.企業が求める英語のレベルを知る

まずは、企業が求める英語のレベルを知ることが重要です。
  • TOEIC750点以上
  • ビジネス英語レベル以上

など、ある程度の基準もありますが、企業によっても求めている英語のレベルは異なります。

  • 英語での会話力
  • 英文の読解力
  • 英語での作文能力

など、職種や業種によって、何を求められるかは変わります。

たとえば、どんなに英語での履歴書が完璧にでき、英文の読み書きができていても、翻訳や海外顧客への営業、外国人の接客などでは、読み書きよりも、英語での会話力が求められることもあります。

英語に一番多く触れる場面はどんな時なのかを把握し、企業ごとの募集要項や求める人材について企業分析を行いましょう。

2.英語を使ったビジネスの経験を積む

学生英語や、TOEICなどのペーパーでの試験では、英語力として認められないこともあります。

英語を使う仕事の場合、英語を使った仕事の経験の有無によっても評価が変わるため、TOEICの点数や英語の資格も大切ではありますが、英語を使った仕事の実績を作りましょう。

特に事務職や人事職などでは、電話での応対やメールのやり取り、資料作成などがスキルをとして求められます。

そのため、

  • 前職で英語を使って接客を行っていました

などの経験をアピールすることが大切です。

アルバイトや異業種でも英語を使った経験があればOKなので、

  • 学生時代、2年間飲食店で英語での接客を行っていました
  • 現在の職場の外国人従業員と積極的に英語でコミュニケーションを行っていました

など、英語を使った実績をアピールするとよいでしょう。

ビジネスでの英語の使用が難しい場合には、プライベートのエピソードでも高く評価される場合があります。
  • 学生時代に1年間アメリカに留学し、現地の学校に通っていました
  • 大学卒業後、1年間バックパッカーとして世界中を渡り歩き、異文化を学ぶとともに、さまざまな言語の勉強を行いました

このように、具体的なエピソードで、英語のスキルや英語を学ぶ意欲を伝えましょう。

また、英語以外の言語を使えるが求められるケースもあります。これまで学んできた言語を活かし、企業にアピールを行うことが大切です。

3.英語を使った履歴書・面接の準備を行う

外資系の企業の多くは、履歴書などの提出書類や面接なども英語で行われる場合があります。

英語での選考や英語のテストがあるかどうかを調べておき、履歴書や職務経歴書の作成や面接の準備をしておきましょう。

キャリアクロスなどの転職サイトでは、英文の履歴書の書き方や面接でよく聞かれる質問など、外資系企業への転職に必要なノウハウなどの情報がまとめられています。

転職サイトで情報収集を行い、選考の準備を進めましょう。

4.外資系企業の転職に強いエージェントを併用する

総合転職サイトなどでは、外資系企業の求人や英語を活かした求人が少ないことも考えられます。

なるべく多くの求人を見たり、企業の情報を集めるためにも、転職サイトだけではなく、転職エージェントも併用しましょう。

ミドル・ハイクラス向けの転職エージェント「JACリクルートメント」では、国内9拠点、さらには海外10カ国に拠点を持っていることから、外資系企業や海外進出企業など、グローバルな転職のサポートに定評があります。

出典:JACリクルートメント

企業と転職者両方を1人のコンサルタントが担当するため、企業が求める人材や選考のポイントなど、詳しい企業情報を聞くことができます。

また、応募企業に合わせて英文レジュメの作成のアドバイスや面接対策などをしっかりサポートしてもらうことができるため、自分の希望する企業への内定率をアップさせることができます。
man
英文の履歴書作成に自信がない・・・

という方は、転職サイトだけでなく、転職エージェントの利用もおすすめです。

5.英語のスキル以外のアピールポイントを見つける

外資系企業などの英語を活かした仕事に就く際にもっとも重要なのが、英語のスキル以外のアピールポイントを見つけることです。
外資系などでの転職は英語のスキルは大前提とされることも多く、英語のスキルしかないと他の転職者に差をつけることが難しいことも。

職種や業種によっても求められるスキルはさまざまですが、

  • コミュニケーション能力
  • パソコンスキル

などは、どこの企業でも求められるスキルと言えます。

英語を使う仕事の多くは、海外顧客や外国人従業員などとのやり取りなど、人と関わる仕事が多いのが特徴です。

そのため、英語力だけでなく、意思疎通をはかろうとするコミュニケーション能力が必須となります。

また、IT関連業種や事務職などで英語を活かす仕事も多いため、パソコンスキルも必須と言えるでしょう。

オンライン会議や電話会議などを想定し、メールや電話、アプリなどを用いて意思疎通をはかることが大切です。

海外にも通用する英語力でキャリアアップを目指して

man
外資系企業の志望じゃないし、英語力は必要ないのでは・・・

と思っている方もいますが、世界の共通言語として英語がこれからも使われていくことが想定されます。

現在は日本だけでの業務でも、

  • いずれは海外進出を目指したい
  • 海外の顧客を獲得したい

など日本国内だけのサービスだけではなく、グローバルに展開していく企業も多くあります。

そのため、英語力や語学力をアピールすることで、海外のプロジェクトの進行を任されたり、海外顧客とのやり取りを任されたりと、キャリアアップをはかれる可能性もあります。
teacher
今後の仕事につながる武器を身につけるためにも、英語力を磨き、転職を成功させましょう。

英語力を活かした転職におすすめの転職サイト

1位.キャリアクロス

運営会社株式会社シー・シー・コンサルティング
応募方法自分で直接応募
専門分野外資系・グローバル企業
登録ユーザー数約25万人
求人更新頻度-
公開求人数4,863件
未公開求人数-
新着求人数2,819件
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

英語力を活かした転職でおすすめする理由

キャリアクロスは、バイリンガルな人材向けの外資系専門の転職サイトで、多くの外資系企業の求人が掲載されているのが強みと言えます。
  • 英語レベル
  • 日本語レベル
  • 国名

など、外資系企業を目指す転職者向けの転職サイトだからこそのユニークな検索条件があるところがポイント。募集要項やスキル・資格、企業情報なども英語で書かれていることも多く、自分の英語力を試すことも可能です。

年収600万円以上の高年収の求人も多く、英語を活かした仕事でキャリアアップを目指すことができます。

また、

  • カバーレター
  • 英文履歴書
  • 英語面接
  • 給与情報

など、外資系企業への転職を成功させる転職ノウハウも充実しているところも魅力です。

英文レジュメサンプルや自分を売り込むために必要な英文カバーレターなどのサンプルが載っているため、こちらを参考に履歴書の作成などを行うことができます。

デメリットとしては、

  • 求人が見づらい
  • 職種によって求人数にばらつきがある

などが挙げられます。

teacher
IT系や金融、コンサルタントなどを目指す方はおすすめの転職サイトと言えるでしょう。

2位.ビズリーチ

運営会社株式会社ビズリーチ
応募方法自分で直接応募
専門分野総合
登録ユーザー数約96万人
求人更新頻度-
公開求人数56,717件
未公開求人数0件
新着求人数-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
11人64%91%531万円600万円113%128日7.5

英語力を活かした転職でおすすめする理由

ビズリーチではハイクラス向け転職サイトで、管理職や専門職などの求人が多いのが特徴です。
人気のキーワードとして「英語」で求人を検索することができ、金融系や事務、コンサルタントなど、英語を活かした仕事の求人も多く掲載されています。
そして、ビズリーチの強みはなんといっても、企業やヘッドハンターからスカウトが受けられることです。

企業やヘッドハンターと直接コンタクトをとって選考を進めることができるため、企業とのマッチング率も高く、転職活動を成功へと導くことができます。

登録してレジュメを充実させておけば、後はスカウトを待つだけという手軽さもポイント。効率的に高年収の求人に出会いたい方におすすめの転職サイトと言えるでしょう。

ただし、

  • 無料会員登録だと求人の検索や閲覧に制限がある
  • 短期的な転職活動には向かず長期戦を覚悟する必要がある
  • 面接対策や履歴書添削などの転職サポートを受けられない

などデメリットも。

teacher
特に転職支援を受けることができず、転職ノウハウなどの情報も少ないため、自力で転職活動を進められる方にはおすすめです。

3位.indeed

[site-indeed-sum-mini]

英語力を活かした転職でおすすめする理由

indeedは求人検索エンジン型の転職サイトで、日本国内だけでなく、世界中で選ばれている求人サービスです。

インターネット上にある求人広告や求人情報を自動で集め、検索していることで、あらゆる職種や業種の求人が幅広く掲載されていることが最大のメリットと言えます。

他の転職サイトを見なくてもindeedの利用で多くの求人が見られるため、効率的に転職活動を進めたいという方におすすめです。

求人検索に特化したサービスのため、転職サポートや転職ノウハウなどのサービスがないところが難点。

indeedで求人を見つけても、結局他の転職サイトの登録が必要な場合もあるため、応募などの際には注意が必要です。

以上、3つご紹介しました。他にも転職サイトはたくさんあります。

転職のプロもおすすめする転職サイトはこちらからチェックできるので、自分に合った転職サイトを見つけましょう。

まとめ

転職サイトでの転職では「英語力」を必要とする職種や業種も多く、英語のスキルは必須と言えます。
応募の必須条件や、選考の判断基準に英語のスキルが入っていない場合にも、英語力を身につけることで選考で有利に働くこともあるため、英語のスキルを磨いておきましょう。

また、英語を活かした仕事への転職を成功させるためには、

  1. 企業が求める英語のレベルを知る
  2. 英語を使ったビジネスの経験を積む
  3. 英語を使った履歴書・面接の準備を行う
  4. 外資系企業の転職に強いエージェントを併用する
  5. 英語のスキル以外のアピールポイントを見つける

の5つのポイントをおさえておくことが重要です。

特に英語が使えることは大前提としている企業も多く、英語のスキルだけではあまり評価されないこともあります。

英語での選考準備を行いつつ、英語以外でもアピールできる能力を見つけることが重要と言えるでしょう。
teacher
外資系以外にも英語を活かせる仕事はたくさんあります。自分の希望する職種や業種を転職サイトで見つけ、転職し成功へと導きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA