転職をするときに相談すべき人と相談してはいけない人

人生の転機とも言える転職では、どうするべきか分からないと思ってしまう人も少なくないでしょう。

man

「転職することが正解なのか」

「どんな企業が最適なのか」

転職を考えているものの、自分1人では解決できないこともあるはずです。特に初めて転職する人にとっては「誰かに相談したい」と思うでしょう。

そんな時、あなたは誰に相談しようと思いますか?

意外に感じるかもしれませんが、転職の相談は「するべき人」と「してはいけない人」がいるのです。相談する人を間違えてしまうと、会社に悪い印象を持たれたり、信用のない人間と思われたりすることもあります。

社会人としてだけでなく、1人の人間として重要なイベントである転職の相談は誰にするべきなのでしょうか?

今回は転職に関する相談をするべき人としてはいけない人について紹介します。相談方法についての解説や、事前に知っておくべきこともまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

転職の悩みを相談する3つの方法

転職の悩みを相談する3つの方法

誰かに悩みを相談する際は「対面」「電話」「メール」という3つの方法を使うことになるでしょう。ここでは、それぞれの相談方法に関する特徴を解説します。

対面

対面で転職の相談をするメリットは、相手と直接顔を合わせることができることです。

表情、振る舞い、声など相談相手にとってあなたから得られる情報が多いため、伝わりやすいのが特徴です。信頼できる相手なら、より明確な回答を得ることもできるでしょう。

デメリットとしては、会う時間を作らなければならないことです。忙しいからと言って、会社の近くで転職の相談をしてしまうと職場の人間に聞かれてしまう可能性もあります。

転職の相談をする際、人に会うことは非常に有効です。時間を作って人に会うからこそ、得られる貴重な意見もあります。親身に話を聞いてくれる人に相談すれば進むべき道も見えてくるでしょう。

電話

電話で転職の相談をするメリットは、場所を選ばずに会話できるところです。人に会うには時間を作らなければいけませんが、電話なら予定を合わせるのも簡単になるでしょう。

実際に声を聞いて相談できるため、相手がどんなふうに話を受け止めているのかも分かりやすいです。回答もすぐに得られるのが特徴と言えます。

デメリットとしては、相手の顔を見ることができないところです。対面なら五感を使ってコミュニケーションを取ることができますが、電話では相手の声からしか判断することができません。

社会人として信頼できる人間や転職経験のある人が忙しい場合、電話で相談することは効率的と言えるでしょう。自宅の落ち着いた空間でリラックスしながら話をすることができるのは電話ならではです。

メール

メールで転職の相談をするメリットは、いつでも気軽に相談できるところです。時間を気にせずにメッセージを送ることができるので、思い立った時にすぐに相談することができます。

対面や電話とは異なり文章で相談できるため、悩んでいる問題を忘れることもありません。また、相談相手からしても問題についてじっくり考えることができるでしょう。

デメリットは相談内容の回答に時間がかかることです。相手がメールを読んで返信をくれるタイミングが読めないため、話をスムーズに進めていくことは難しいでしょう。

メールでは、悩みを文章にして視覚化することができます。自分の悩みを文章にすることで、客観視しやすくなり問題解決に一歩近づくことも可能です。頭の中で絡み合った問題点を整理するためにも有効と言えるでしょう。

対面、電話、メールという異なる3つの相談方法には、それぞれにメリット・デメリットとなる特徴がありました。申告に悩んでいる人は対面、軽い相談ならメールなど、相談する内容によってコミュニケーション方法を選択すると良いでしょう。

転職するときに相談すべき人・いけない人

転職するときに相談すべき人・いけない人

転職の相談をしていい相手としてはいけない相手は、どんな違いがあるのでしょうか?ここでは、転職の相談をすべき人といけない人の特徴を紹介します。

会社の同僚や先輩に相談するやめるべき

「同じ会社の人なら転職したい気持ちが分かってもらえるはず」

こんなふうに思って、会社の同僚や先輩に転職の相談をするのは危険です。なぜなら同じ会社の人間に転職の相談をした場合、社内に情報が漏れてしまう可能性があります。円満退社をしようと思っていたのに、退社前に悪い印象を与えてしまうのは避けたいものです。

「会社の愚痴を言い合った中だから信頼できる」と思っても、その人には異なる繋がりがあるものです。ふとしたキッカケから、あなたの話題になり「そう言えば転職するって言ってましたよ」と情報が漏れてしまうこともあるでしょう。

転職の相談は、現職に関係している人間にはしないことをオススメします。どんなに信頼できる人間であっても、社内の人間には転職の話題を出さないようにしましょう。

親しい友人なら親身に相談に乗ってくれる

何でも話すことができる親しい友人がいるなら転職の相談にも乗ってもらうと良いでしょう。

あなたの性格やライフスタイルを知っている人であれば、的確なアドバイスをしてくれるはずです。転職しようか悩んでいる時は、自分を見失ってしまいがちです。また会社の同僚とは違い、あなたの情報が漏れる心配もありません。

注意点としては、的確なアドバイスがもらいたい場合、建設的な会話を意識するべきということです。仲の良い友人との会話は、ついつい愚痴話で盛り上がってしまいます。転職のどんなことに関して悩んでいるのかを、しっかり伝えるようにしましょう。

家族の意見は時に注意が必要

転職の相談を家族にする際は、少々注意が必要です。両親や兄妹からの意見は時に間違ったアドバイスになってしまいます。あなたを思うがために「やめておいた方がいい」「お前には向いてない」などのネガティブな意見になってしまうこともあるのです。

家族に転職経験者がいなければ、転職に対して消極的な意見になってしまうこともあるでしょう。ついつい感情的な会話になりがちです。両親に相談する際は、親しい友人と話をする時と同じように建設的な会話を意識しましょう。

また、家族だからと言って意見を鵜呑みにしてしまうのは良くありません。人によっては転職に対して偏見を持っている場合もあります。予め自分の意見を明確にした上で相談することをオススメします。

年配者だからと言って知恵があるわけではない

「年配者は経験豊富だから的確なアドバイスを与えてくれるだろう」

確かに若年層よりも年配者の方が経験は豊富です。しかし、現代社会の転職に関して詳しい人は多くありません。年配者だからと言って意見を信頼しきってしまうのは危険と言えるでしょう。

年功序列の風潮が強かった企業で働いていた人や、公務員経験のある人は転職に関する知識も少ないため、求めている回答が得られるとは限りません。的確なアドバイスを受けたい場合、転職経験が豊富な人や仕事上で沢山の実績を残している人に限定しましょう。

柔軟な思考を持っていない人間からのアドバイスは、時代の流れに合っていないことも少なくありません。人事を担当していた人や、会社の重役を担っている人などに相談するようにしましょう。

このように転職の悩みや不安は、相談する人によって返ってくるアドバイスの内容も変わってきます。

親しい友人、家族、同僚など、あなたの周りには、転職の相談に乗ってくれる人が複数いるでしょう。ただし、全ての人が的確なアドバイスを行えるわけではありません。また感情的な会話をすると、進むべき道を見失ってしまう可能性もあるので、十分注意してください。

転職の悩みは「転職エージェント」に相談するのが一番

転職の悩みは「転職エージェント」に相談するのが一番

転職の悩みに関する的確なアドバイスが欲しい人は、転職エージェントに相談することをオススメします。経験豊富な転職エージェントであれば、より明確な回答を得ることができるはずです。転職エージェントの特徴は以下の通りです。

あなたの転職状況に合わせたアドバイスが得られる

転職エージェントは無料でカウンセリングを行ってくれます。

  • 過去の経歴
  • スキルや実績の棚卸し
  • 人材としての評価

などを、詳細に分析してもらうことが可能です。

転職活動の状況は人によって大きく異なります。年齢が高くスキルがある人もいれば、新卒から入社して2年目で転職したいと考える人もいるでしょう。

転職エージェントを利用することによって、経験豊富なプロのカウンセリングを受けることができます。あなたの転職状況を分析してもらうことで、より明確な転職プランを立てることも可能です。

転職者によっては、そもそも転職を見合わせた方が良い可能性もあるでしょう。転職を考えている人の状況に合わせて、最適なプランニングをしてくれるのは転職エージェントならではです。

社会人としての価値を客観的に分析してくれる

転職エージェントはカウンセリングした結果から、あなたの社会人としての市場価値を分析してくれます。

転職したい人にとって、自分の市場価値を知ることは非常に重要です。自分の立ち位置を知らなければ、応募企業が身の丈に合っているか判断することができません。客観的に社会人としてのスペックが分かれば、企業選びもスムーズになるでしょう。

転職を成功させるには

  • 自分の市場価値を知る
  • 企業が求めている人材像を知る

ということが不可欠になります。

転職エージェントを利用すれば、1人では分析が難しい2つの要素を明確にできるはずです。友達や家族では、あなたの人材価値を過大評価したり、逆に過小評価してしまうことも少なくありません。

様々な転職者を見てきた転職エージェントなら、スキル、経験、社会人マナーなど細かい点まで分析して評価してもらうことができます。転職市場での自分の立ち位置が分かれば、企業とのミスマッチも最小限に抑えることができるでしょう。

あなたに合った企業を紹介してくれる

転職エージェントは相談に乗ってくれるだけでなく、企業の紹介もしてくれます。

転職者から

  • 仕事に対する悩み
  • 社会人としてのビジョン
  • 理想の働き方

をヒアリングした上で企業の紹介をしてくれるので、転職で失敗するリスクを最小限にすることができるでしょう。

求人情報を見ながら、理想的な企業を見つけ出すのは時間と労力がかかります。現職に就きながら転職先を見つけるのは簡単なことではありません。

転職エージェントなら、忙しい社会人の代わりになって企業を見つけてくれます。また求人情報誌に載っていない企業の紹介も可能なので、より幅広い企業の中から理想に近い企業に出会うことができるのです。

履歴書の書き方や面接の応対方法が分かる

履歴書の上手な書き方や、面接での応対方法で悩んでいる人もいるでしょう。この際、転職エージェントなら書類作成方法から、面接での立ち振る舞いまでアドバイスをもらうことができます。

  • 履歴書の書き方
  • 職務経歴書の書き方
  • 履歴書写真の撮影方法
  • 面接時の服装の注意点
  • 質問への回答方法

など、転職活動で躓きがちな問題も分かりやすくアドバイスしてくれます。

履歴書や職務経歴書の内容は、応募企業によって変わってくるものです。志望動機や転職理由について書く際も、転職エージェントと相談して応募企業に良い印象を与える文章を作ることができるでしょう。

入社日・退社日の交渉方法についても教えてくれる

転職時の1つの問題として入社日と退社日の調整があります。いつまでに退職して、いつから転職先に入社するのかを決めるのは意外に面倒なものです。

転職エージェントでは、スムーズに転職を果たすための日時調整のアドバイスも得られます。内定確定後、どのように退職手続きを進めるのか教えてもらえるので安心して手続きが行えるでしょう。

転職先の企業が希望する勤務開始日と現職の退職日が異なることも珍しくありません。転職先に明確な返事ができずに内定を取り消されてしまった人もいます。

内定獲得後はできるだけ円滑に手続きを進めるのが好ましいです。この点も転職エージェントを利用することで、現職、転職先の双方に迷惑をかけない流れを作ることができます。

押しが強いエージェントは注意するべき

魅力の多い転職エージェントですが、全てのエージェントが親身に相談に乗ってくれるわけではありません。中には自分の利益しか考えずに、理想とは全く異なる企業を推してくるエージェントもいます。

転職エージェントにはノルマがあるため、強引に企業を紹介してくる人がいるのも事実です。そのため、転職エージェントを利用する際はエージェント自身の質が重要になってきます。

  • 理想と違う企業を紹介してくる
  • 自分で企業を探した方が速い
  • 毎日、営業の電話がかかってくる

このようにネガティブな印象が強い転職エージェントに出会ってしまった場合は、無理をせずに次のエージェントを探すようにしましょう。

転職エージェントは沢山あります。大手企業が運営するものから、特定の業界に特化したものまで様々な転職エージェントがあるので、自分に合ったエージェントが見つかるまで粘り強く探してみてください。

1人では解決できないような問題も、転職エージェントを利用することでスムーズに解決することができます。経験豊富なエージェントに出会えれば、あなたの転職活動を効率化させることができるでしょう。現状に悩んでいる人は、ぜひ活用してみてください。

転職の相談をする前に知っておくべきこと

転職の相談をする前に知っておくべきこと

最後に転職の相談をする前に、あなた自身がやっておくべきことを紹介します。友人、家族、転職エージェントなど、どんな相手に相談する場合でも役に立つので活用してみてください。

自己分析

転職を考える全ての人が行うべきなのが自己分析です。

  • 自分の強み
  • 好きなこと
  • 理想とする働き方
  • 今までの経験
  • 実績やスキル

などを自己分析によってハッキリさせておけば、相談相手に質問された時もスムーズに回答することができます。

自己分析をしていないと、悩みや疑問の抽象度が高く何に悩んでいるのか分からなくなってしまうこともあるのです。まずは自己分析を徹底して、転職に対するモヤモヤを少しでも解消しておきましょう。

悩みや問題を具体化する

自己分析を行った後は、転職に対して見えてきた悩みや問題点を具体的していきましょう。

  • 給料アップか働き心地の良い企業かで迷っている
  • キャリアアップするための企業選びでアドバイスが欲しい
  • 待遇面で心配がある

など、具体的な問題として相談できるようにしておくことで、相手も回答しやすくなります。

漠然と「転職考えてるんだよね」と言っても、相手は「それで?」と質問を返さなくてはいけません。それよりも「今、企業選びで待遇面に関して悩んでて意見を聞かせてほしいんだ」と言った方が、相手もイメージがしやすくなるはずです。

転職エージェントに相談する際も、具体性のある質問の方が的確な回答を得られます。自分が具体的にどんなことで悩んでいるのかを明らかにすることも重要なのです。

相談する相手は1人だけにしない

転職の相談をする際は、できるだけ多くの人に相談することをオススメします。誰か1人に質問をした場合、その人が気を使って話を合わせるタイプの人間なら、明確な回答は残念ながら期待できません。

複数の人間に同じ質問内容をすることで新しい価値観に触れることができるでしょう。自分にはなかった考え方に沢山触れることで、自然と思考も柔軟になっていきます。

1人で考えていると日に日に思考の幅も狭まっていくものです。沢山の意見を参考にして、自分にとって最適と思える答えを導き出すようにしましょう。

転職の相談をする際は

  • 明確な質問内容
  • 複数の意見を参考にする

など、行っておくべきことや、知っておくべきポイントがあります。

全ての人から最良なアドバイスがもらえるわけではないからこそ、事前に自分で準備しておくべきことがあるのです。明確な質問内容は、相談相手の負担を軽くすることもできます。早急に悩みを解決するためにも、誰かに相談する前にここで紹介した方法を実行してみてください。

まとめ

転職の悩みは1人ではなかなか解決できないものです。

そんな時に相談するべき人は、過去に自分と同じような経験をしたことのある人と言えるでしょう。社会人経験が豊富な人なら、あなたが転職に対して悩んでいることも共感できるはずです。

転職に詳しい人が周りにいないなら、迷わず転職エージェントに相談することをオススメします。転職エージェントなら、カウンセリングから企業の紹介まで行ってくれるので、転職活動の負担を最小限にできるでしょう。

注意点は誰に相談するにしても悩みを丸投げしないことです。転職者が問題から逃げてしまえば、相手がどんなに親身な回答をしても問題解決にはなりません。

自分と向き合って、疑問点をなるべく明確にしてみてください。複数の人間からもらったアドバイスをもとに、より良い転職を実現させていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です