転職を成功させるスーツの選び方。どんなスーツが面接官に好まれるのか?

書類審査を突破して、いよいよ面接選考という場では「どんなスーツを選ぶべきなんだろう」と迷ってしまいますよね?

転職面接は、企業と初めて顔を合わせる大事なシーンです。面接に適したスーツを着ていないと採用担当に悪い印象を与えてしまう原因になります。間違ったスーツで面接に挑んだがために、採用を見合わせられるのは誰も望んでいないでしょう。

man

「無難に黒を選べば良いのかな」「それともカジュアルな印象のスーツにするべきか」

考えれば考えるほど、明確な答えが出せなくて悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、転職の面接にふさわしいスーツの選び方を紹介します。男性・女性ともに注意するべきポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

転職面接に不向きなリクルートスーツ

転職面接に不向きなリクルートスーツ

転職の面接選考には「スーツで行く」というのは誰しも理解しているはずです。

ただ、面接選考で着用するスーツには

  • リクルートスーツ
  • ビジネススーツ

の2種類があります。

転職活動の経験が少ない人からすると「面接はリクルートスーツがベスト」と考えるでしょう。しかし、転職面接ではリクルートスーツは好ましくありません。

リクルートスーツとは

リクルートスーツとは、学生が就職活動で着用するスーツです。無地の黒色が主流でシャツは白色という組み合わせが一般的になっています。主張を最小限に控えたデザインで言葉を選ばずに言えば「無難」なデザインが特徴です。

ビジネススーツとは

ビジネススーツとは、黒色の他にも紺色、灰色、茶色などカラーバリエーションがあり、ストライプやチェック柄など豊富なデザインになっています。リクルートスーツと比較して個人の主張や好みに応じて選択できるのが特徴です。

転職面接でリクルートスーツが好ましくない理由は

  • 社会人として未熟な印象になる
  • 転職の場で初々しい印象を与えてしまう

などがあります。

社会人経験のある転職者にとって、応募企業の採用担当に初々しい印象を与えるメリットはありません。企業は「できる人材」を求めています。

例えば30代の転職者がリクルートスーツを着て面接に訪れれば「この人は社会人経験が少ないのかな?」と不信感を抱かれてしまうことも・・・

男性・女性問わず、転職者がサイズの合っていないリクルートスーツを着て面接に挑むのは社会人マナーとして良いものではないのです。少しでも「できる人間」という印象を与えるにはビジネススーツを選択するのが最適解と言えるでしょう。

男性編:転職成功率をアップさせるスーツの選び方

男性編:転職成功率をアップさせるスーツの選び方

ここでは男性の社会人が転職活動を有利に進めるために、最低限抑えておくべきスーツの選び方を紹介します。

転職面接で着用するべきスーツの色・柄・型

まずは最も重要なスーツについて解説します。

スーツの色について

男性のスーツの色は

  • 紺色
  • 濃い灰色
  • 黒色

がオススメです。

紺色や濃い灰色はリクルートスーツとは違い、社会人であることを自然にアピールできます。リクルートスーツと同じ黒色を選択する場合は、さりげない柄が入ったデザインにすることで大人なイメージにすることが可能です。

スーツの柄について

紺色や濃い灰色など、色で主張しているスーツの場合は無地でバランスを取りましょう。黒色の場合は、目立ちにくいストライプ柄がオススメです。転職面接ではカジュアルな印象になりすぎないようにするのがポイントです。

スーツの型について

転職活動のビジネススーツは、ボタンの並びが1列になっているシングルスーツを選択しましょう。シングルスーツにはボタンが2つのタイプと3つのタイプがあります。

  • 2ボタン:広めのVゾーンでスッキリした印象になる
  • 3ボタン:真面目で古典的な印象になる

髪の毛が長めの人は2ボタンで清潔感をアピール、優しい顔立ちの人は3ボタンでカチッとした印象にするなど、トータルのバランスを考えて選択するのがオススメです。

シャツは清潔感のある白色がベスト

スーツの下に着用するシャツは白色が最適です。カジュアルでおしゃれなボタンダウンシャツは、ネクタイを着用するためのシャツではないので避けましょう。

ネクタイは派手すぎない色で主張する

転職面接に最適なネクタイは主張しすぎないデザインが好ましいです。

ネクタイの色はスーツに合わせて選択してください。

  • 青系:真面目・知的・清潔な印象
  • 赤系:明るい・元気・親しみやすい印象
  • 紺系:引き締まった印象
  • 黄系:社交的・ユニークな印象
  • 緑系:安心感・穏やかな印象

色によって人に与える印象が異なります。

また、ネクタイの柄には

  • 無地
  • ドット柄:上品さを演出
  • ストライプ柄:ネクタイの印象を際立たせる
  • チェック柄:親しみやすい印象

などの柄から選択するのがオススメです。

どの柄を選択する場合でも、柄が大きすぎないネクタイを選ぶのがポイントになります。柄が大きいとカジュアルな印象になるので注意してください。

ネクタイの色と柄は組み合わせが豊富なので、演出したい印象に合わせて選択してみてください。

小物にも注意を払うべき

スーツと合わせて気を使うべき小物には

  • ベルト
  • 靴下
  • カバン

などがあります。

ベルトは靴の色に合わせるのが一般的です。デザイン性の高いバックルはカジュアルな印象になるので、転職面接では着用しないようにしましょう。

靴下は黒色、紺色、茶色などがオススメです。スーツの色に合わせることで違和感をなくすことができます。

カバンは黒色または焦げ茶色などスタンダードなものを選びましょう。派手なカバンは転職面接では好ましくないので避けてください。また、床においても倒れないマチのあるタイプで、A4サイズの書類が収まるカバンが最適です。

男性の転職者にオススメのビジネススーツには色、柄、型など様々な組み合わせがあります。まずは自分がどんな印象を持たれたいのかを考えてみてください。明るい印象、清潔感、真面目など目的に合わせてコーディネートすると良いでしょう。

女性編:転職成功率をアップさせるスーツの選び方

女性編:転職成功率をアップさせるスーツの選び方

次に女性の転職者にオススメのスーツを紹介します。

転職面接で着用するべきスーツの色・柄・パンツ・スカート

女性が転職面接で選ぶべきスーツには以下のような特徴があります。

スーツの色について

男性と同じく紺色、灰色、黒色から選択するのがオススメです。黒色をチョイスするなら、リクルートスーツと差別化するためにさりげない柄を選ぶことも忘れないようにしましょう。

スーツの柄について

無地または幅の太すぎないストライプ柄が好ましいです。カジュアルな印象になりすぎないのがポイントになります。

スーツのパンツについて

女性の転職者で活発な印象を与えたい人はパンツスーツを選ぶと良いでしょう。パンツスタイルは営業職やブライダル系など、動くことの多い職業の転職面接で好印象を与えます。

スーツのスカートについて

女性らしい印象を与えたい人は、スカートを選択するのがオススメです。スカートの丈は膝上くらいが目安になります。短いジャケットにはハイウエストのスカートを選ぶと良いでしょう。

女性のシャツも白色がベスト

スーツに合わせるシャツは白色がベストです。

  • シャツ:カッチリしたシャープな印象
  • カットソー:女性らしい印象

このようにデザインで印象が変わるので、トータルバランスや応募職種に応じて選択するようにしてください。

ストッキング・カバン・靴の選び方

女性の転職者に必須の小物としては

  • ストッキング
  • カバン

などが挙げられます。

ストッキングはワントーン暗めの色を選ぶと、足が引き締まって美脚効果が得られます。

カバンはどんなスーツにも合わせやすい黒色がオススメです。男性と同じくA4サイズの書類が入るもので、マチがあり自立するものを選んでください。

靴はカバンと同じく黒色でシンプルなパンプスが良いでしょう。高さ5cmほどの太めのヒールがある靴は適度な美脚効果が得られます。ただし高すぎるヒールはNGなので注意してください。

女性の転職者も与えたい印象や職業などの目的に合わせて選ぶのがポイントです。デザインや色で主張すると、カジュアルな印象になってしまうので十分注意してください。

転職面接で女性がやりがちなNG

転職面接で女性がやりがちなNG

ここでは女性の転職者がやってしまいがちなNGパターンを紹介します。応募企業の採用担当に悪い印象を与えないためにも、以下の項目に目を通しておいてください。

ツイード素材やワンピース

主婦の転職者がやりがちなミスとしてツイード素材やワンピースにジャケットを合わせるなどのNGがあります。子供の行事には適切ですが、転職面接には向いていません。面接に挑む際は前述したスーツを選ぶようにしましょう。

派手なネイルアート

転職面接にネイルアートは不適切です。採用担当によっては不潔感を抱く人もいるため、爪は短く整えておきましょう。爪の見た目が気になる人はトップコートを軽く塗って清潔感を演出するのがオススメです。

黒ストッキングやタイツ

「真面目な自分をアピールしたい」と考えて、黒のストッキングを選ぶ人もいますが面接ではナチュラルな肌色が好ましいです。また、タイツはカジュアルになってしまうため面接では履かないようにしてください。

ピアスや指輪などのアクセサリー

転職面接にアクセサリーは必要ありません。結婚指輪を除いてピアスやネックレスなどを付けるのは避けましょう。「シンプルだから大丈夫でしょ」と思って、ピアスを着けたまま面接を受けて採用担当に悪い印象を持たれた人もいるので注意してください。

ピンヒールやウェッジソール

細いピンヒールやウェッジソールなどはビジネススーツにマッチしません。お気に入りの靴があっても、転職面接では避けるのが無難です。また学生向けのローファーもNGなので、転職面接では履かないようにしてください。

おしゃれ好きな女性からすると、ビジネススーツは主張が少なく物足りないと感じることもあるでしょう。しかし、採用担当に良い印象を与えるためには主張は最小限にとどめておくのがオススメです。

面接で「この人おしゃれだなぁ」と関心する採用担当は滅多にいません。女性らしさと清潔感のバランスを保つためには、前述したコーディネートが最適解と言えます。くれぐれもここで紹介したNGパターンにならないようにしてください。

夏場の転職活動で注意するべき服装のポイント

夏場の転職活動で注意するべき服装のポイント

夏場の転職活動で注意しなければいけないポイントを見ていきましょう。

シャツの下に白無地のアンダーシャツを着用

夏場は面接でジャケットを脱ぐこともあります。この際、汗でシャツが肌に張り付かないように白無地のアンダーシャツを着用しておくようにしましょう。

半袖シャツは着用NG

猛暑の中、スーツを着用するのは苦に感じるはずです。そのため少しでも暑さを凌ごうと半袖シャツを選択したくなりますが、転職面接ではNGになります。シャツは長袖でジャケットから1〜2cmほど見えるようにするのが社会人マナーです。

夏場は暑いため、どうしても涼しい服装をしたくなります。しかし、転職面接には適さない姿になってしまうので、社会人らしいスーツの着こなしを意識してください。多汗症の人は、面接開始前に時間を作ってカフェなどで、汗が引くのを待つと良いでしょう。

冬場の転職活動で注意するべき服装のポイント

冬場の転職活動で注意するべき服装のポイント

寒さの厳しい冬場も注意するべきポイントがあります。

ジャケットの下にセーターを着るのはNG

冬場は寒さを凌ぐためにジャケットの下にセーターを着用する人もいるでしょう。しかし、スーツの下にセーターを着るとカジュアルな印象になるだけでなく、着太りしてしまいます。スッキリした印象にするためにもヒートテックなどのインナーでカバーするようにしましょう。

コートはステンカラーまたはトレンチがベター

冬場の転職面接ではコートを着ていくシーンもあるはずです。この際、ダッフルコートやファー付きのコートは面接向きとは言えません。黒色、紺色、ベージュなどのステンカラーまたはトレンチコートを着用するようにしてください。

冬場は着太りしてしまったり、防寒対策のために厚手のコートを選びがちです。しかし、面接の際にこのような服装で行くと、カジュアルな印象を与えてしまう原因になります。寒さが厳しい季節ですが、転職を成功させるためにもスッキリした印象をキープするようにしてください。

転職面接の前にチェックするべきスーツ着用時のマナー

転職面接の前にチェックするべきスーツ着用時のマナー

最後に転職面接でスーツを着用する際にチェックするべき項目を紹介します。

シャツには必ずアイロンをかけておく

シワシワのシャツはだらしなく不潔な印象を与えます。シャツは事前にアイロンをかけてシワのないようにしておいてください。

シャツの袖口が汚れていないかチェック

シャツの袖口が汚れているのは社会人マナーに反します。面接日の前日はシャツに汚れがないか今一度確認してください。面接当日に飲食店へ行く場合は、白シャツが汚れてしまわないように細心の注意を払いましょう。

ジャケットの1番下のボタンは止めない

2つボタン、3つボタンともに1番下のボタンは止めないのが常識です。

  • 2つボタン:上のボタンのみ止める
  • 3つボタン:真ん中のボタンのみ止める

1番下のボタンは飾りボタンになるので、面接の際に焦って止めてしまわないように気をつけてください。

ポケットのフラップはしまっておく

スーツのポケットにフラップがある場合、面接の場ではしまっておくようにしましょう。フラップの意味は、外出時にポケットの中に雨やホコリが入らないためのものです。室内ではフラップをしまうのが社会人マナーなので、忘れないようにしましょう。

綺麗なベルトを使う

革にヒビが入っているものや、ボロボロに剥がれたベルトは見た目の印象が悪いので避けてください。採用担当によっては細部まで見ている人もいるので、綺麗なベルトを優先して着用するようにしましょう。

カバンは綺麗に整頓しておく

面接の際にカバンから書類を出し入れすることはよくあります。この際、カバンの中が散らかっていると必要な物が分かりにくくなり焦ってしまう原因になるでしょう。採用担当に目をつけられないためにも、カバンは事前に整理しておくようにしてください。

転職の面接では社会人としての最低限のマナーを厳守することが大切です。採用担当に「この人は一般常識がない人なんだな」と思われると不採用に傾く要因になってしまいます。面接日の直前になったら、ここで紹介したチェック事項を見直して確認することをオススメします。

まとめ

転職活動では面接時に着ていくスーツで、採用担当に与える印象が大きく変わります。カジュアルすぎるスーツを着ていけば、高い確率で悪い印象を持たれてしまうでしょう。

転職者の性格や外見はひとりひとり違うはずです。だからこそ、自分の弱点をカバーするようなコーディネートをさりげなく行うのがポイントになります。

  • 控えめな人:ちょっとした柄とカラーで活発な印象にする
  • 目力の強い人:柔らかい色使いで馴染みやすい印象にする

など、バランスの取れた服装にすることで採用担当も自然と好印象を抱いてくれるばずです。

転職面接にふさわしくないスーツはもちろん、季節によって注意するべきポイントもありました。

  • 夏場は汗や半袖シャツを選ばないようにする
  • 冬場はコートの種類やインナーに気をつかう

など、無意識にNGパターンの着こなしにならないようにしてください。

社会人として「できる人間」であることをアピールするためにも、控えめながらビジネススーツで個性を演出してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です