転職エージェントの利用で内定率が上がる!転職エージェントを利用するメリットと内定率をアップさせる転職エージェント活用術

man

「自力での転職が不安・・・」

「初めての転職だからしっかりサポートしてもらいたい・・・」

という方にとって、求人の紹介から選考対策まで行ってもらえる転職エージェントは頼りになる存在です。

そして、転職活動の成功のためにも、志望度が高い企業に内定をもらえるかどうかも気になるところ。

転職エージェントを利用すると、内定率が高いと言われていますが、

man
本当に内定率を上げられるの?

と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職エージェントを利用するメリットと内定率をアップさせる転職エージェント活用術について解説します。

teacher
  • 内定率を上げたい方
  • 転職エージェントの利用を検討している方

は本記事で、転職エージェントの活用するコツを学んでいきましょう。

転職エージェントの利用で内定率が上がる!?

転職エージェントの内定率は平均で10%前後

求人の紹介や選考対策など転職活動のあらゆるサポートを受けられる転職エージェント。

  • 内定率80%以上!
  • 未経験者でも内定がとれる!

など内定率の高さをうたっているところもあり、転職エージェントを利用すれば内定率が上がると一般的に言われています。

でも、

man
本当に内定率が上がるの?

と疑問を持っている方も中にはいるのではないでしょうか。

転職エージェントでの内定率は大体10%前後です。

マイナビエージェントが行った調査によると、実際に転職エージェントで転職活動を行った方のデータでは、応募して書類選考を通過する確率は30%、そこから一時面接を通過する確率は30%、その後最終面接を経て内定を得る確率は50%という結果に。

出典:マイナビ転職(マイナビエージェント調査)

つまり、1つの企業に100人応募があったとすれば、書類選考、一次面接などを経て内定を得るのは4~5人であり、約5~10%の転職者が内定を得ているということになります。

利用する転職エージェントによっても内定率は異なる

転職エージェントでの内定率は約10%前後というと、意外にも低いと思う方もいます。

しかし、転職エージェントでは転職者の求人応募数が多くなる傾向にあり、また、利用する転職エージェントや担当者によっても内定率が異なるため、一概に数字だけでは内定率をはかることができないのです。

たとえば、リクルートエージェントマイナビエージェントなどの大手総合転職エージェントでは、扱っている求人数も多く、利用者も多いため、応募する企業数が多くなります。

また、大手企業や優良企業などの求人も多いため、応募が殺到することにより、内定者が限定されることから、内定率がやや下がる傾向にあります。
対して、DYM就職リクらくなど、中小の転職エージェントや特定の年代や職種などに特化した専門特化型の転職エージェントでは、想定している転職者と企業とのギャップが少ないため、内定率や就職決定率が80~90%以上と高い傾向にあります。

たとえば、リクらくでは、20代専門の転職エージェントとして、学歴や職歴などがなくても応募できる求人が集まっていることから、面接1回で内定が決まるなど、内定率がなんと94%という実績があります。

出典:リクらく

このように、転職エージェントの利用者や、担当のコンサルタント、さらにはその転職エージェントが得意とする職種や業種、年齢などによっても内定率が変動するのです。

実際に、転職エージェントを利用している企業の人事からはこんな意見も。

総合転職エージェントでは、扱っている求人が幅広い分、1つの1つの求人に対する企業情報や業界知識などが少なくなりやすいため、その企業に合った的確な転職アドバイスを受けることが難しくなります
一方、専門特化型の転職エージェントでは専門知識が豊富なため、企業が求めている人材を正しく捉えることができ、選考に関する具体的なアドバイスを転職者にすることができるため、内定率をグッと引き上げることができます。

このように、

転職エージェントを利用すれば必ず内定率がアップする

ということではなく、

自分にあった転職エージェントを利用することで、内定率アップをはかることができると言えるのです。

→転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職エージェント比較ランキングはこちらから。

転職エージェントを利用するメリット

man
転職エージェントもそんなに内定率が高くないのなら、転職サイトを利用するのと大して変わらないのでは?

と思ってしまう方もいますが、転職サイトを利用するよりも、転職エージェントを利用した方が、求人選びや選考が上手くいきやすいメリットがあります。

teacher
転職エージェントを利用するメリットを5つご紹介します。

1.自分の市場価値が分かる

転職エージェントでは専任のコンサルタントから、転職者を客観的に見てもらうことができます。

これまでのキャリアやスキルなどを踏まえた上で、その業界の年収相場などを判断してアドバイスをもらえるため、自分の適正年収や市場価値を知ることができます。

転職エージェントは転職者の市場価値を正しく理解した上で、

  • 選考に通過できそう
  • 転職者のキャリアに合いそう

と思った求人を紹介するため、内定が出る確率を引き上げることができます。

2.転職に関するアドバイスが受けられる

転職エージェントでは、転職活動を本格的に始める前であっても、転職に関する悩みやアドバイスを受けることができます。

そのため、

  • 仕事の適性が分からない
  • このまま転職活動を始めてもいいかどうか知りたい
  • 今の仕事を辞めるべきか悩んでいる

などの転職前の不安を解消することもできます。

出典:マイナビエージェント

転職活動には自信も大切。

迷いがある状態では、企業にも転職者の魅力が伝わりにくくなります。
事前に悩みなどを解消しておくことで、現時点での自分の強みや問題点などが浮き彫りになり、自分に合った転職先を見つけやすく、自信をもって転職活動を行えるというメリットがあります。

3.履歴書の添削や面接指導など選考対策を行える

転職エージェントの利用でもっともと重要な点と言えるのが、履歴書・職務経歴書の添削や面接指導といった選考対策です。

転職サイトからの応募や直接応募では、選考における準備もすべて自分で行う必要があります。

そのため、どんなに完ぺきに応募書類を準備したり、企業の分析を行って選考準備を進めても、自分の欠点などに気付けない可能性があります。
転職エージェントでは、選考を受ける前に、事前に応募書類を確認してもらったり、面接指導をしてもらったりすることができるため、転職者自身が気づけない欠点や、書類などの不備に気づけるというメリットがあります。

特に、転職エージェントは転職のプロ。

転職ノウハウがあるだけでなく、その企業が求めている人材などを把握しているため、応募する企業に合わせた選考対策を行うことが可能です。

選考で一番もったいないのは、どんなに素晴らしいスキルやキャリアを持っていても、その魅力を企業の採用担当者に伝えきれないことです。

転職者の魅力を最大限に引き出すためにも、客観的にプロの視点で見てもらえることは心強いと言えるでしょう。

4.応募企業の情報を詳しく知ることができる

転職成功に欠かせないのが、企業分析です。

志望動機や自己PRには、企業分析をした上で、

  • その企業ならではの魅力
  • 自分がその企業でどんな活躍をできるのかどうか

というポイントを盛り込む必要があります。

転職サイトや直接応募の場合、企業情報を自分で調べる必要がありますが、転職エージェントでは、コンサルタントが独自に持っている企業情報を提供してもらうことが可能。

企業が求める人材なども分かるため、企業理解を深めることができます。
また、企業理解を深めることができるということは、応募する・しないを判断する材料にもなります。

よくある転職の失敗例として、なんとなく受けた企業にそのまま転職を決めてしまうことが挙げられます。

その企業が自分に合っていれば問題はありませんが、コンサルタントのすすめるままに応募してしまい、合わない企業に転職してしまっては元も子もありません。

最悪の場合、早期離職にもつながってしまうため、転職先選びのためにも企業分析は必須と言えます。

応募前にどんな企業なのかしっかりと情報を集めておくことで、企業とのミスマッチを防ぐことができ、自分の希望する企業に内定をもらうための準備に時間を使うことができます。

5.スケジュール調整や年収交渉などを行ってもらえる

転職エージェントでは、スケジュール調整や年収交渉なども代行してもらうことができます。

企業とのトラブルは避けたいところ。

  • 面接日の調整に対する連絡を忘れていた
  • 年収交渉のタイミングに失敗した

などで企業の採用担当者からの評価を落としてしまう可能性も考えられます。

その点、転職エージェントではそういった細かい連絡なども代わりに行ってもらうことができるため、企業とのトラブルにもなりにくく、選考準備などに時間を使うことができます。

転職エージェントを上手く活用すれば内定率は上げられる!

転職エージェントでは、企業の情報提供や選考対策など、転職サイトや直接応募では得られないメリットがたくさんあります。

希望する企業に確実に内定をもらうためにも、転職エージェントを活用して事前準備をしっかりと行うことで、内定へと近づけることができます。

そのため、転職エージェントを上手く活用することが転職成功のカギを握ると言えます。
転職エージェントでは、無料で転職アドバイスや求人の紹介、履歴書の添削などを行ってもらえるため、転職サイトからの応募や直接応募を考えている方も積極的にすると良いでしょう。

内定率をアップさせる転職エージェントの活用術

転職エージェントの活用術

man
転職エージェント経由であれば確実に内定が決まる!

というものではありません。

転職エージェントの活用の仕方によって、内定率を引き上げることができます。

そのため、転職エージェントを活用するコツを知ることが大切です。

teacher
転職エージェントを活用した内定率アップのコツを5つ紹介します。

1.複数の転職サイト、転職エージェントを登録する

転職エージェントを使って転職活動をする際には、1つの転職エージェントだけでなく、複数の転職サイト、転職エージェントを登録しておくようにしましょう。

転職サイトや転職エージェント、担当するコンサルタントによって扱っている求人や得意とする職種・業種などが異なります。

相性の良いサイト、エージェントを見つけ、希望に合った求人を見つけるためにも、複数の転職サイト・転職エージェントを登録しておくことが重要です。

また、利用する転職エージェントに

woman
他の転職サイト・転職エージェントを使っています

と伝えることも重要なポイントです。

他のサイトやエージェントを使っていることは隠してしまいがちですが、転職エージェントでは転職者の採用が決まらないことには報酬を得ることができません
そのため、他の方法で転職が決まってしまうと元も子もないため、転職意欲がある転職者は優先的に求人の紹介や選考対策などのサポートを受けられる可能性も。

良い求人を紹介してもらい、適切な選考対策を行うことで、内定率も転職成功率も上げられるため、利用状況を伝えた上で、

man
こちらの転職エージェントを優先的に利用したい

と伝えておくと良いでしょう。

2.複数の転職エージェントから転職アドバイスや情報をもらう

複数の転職エージェントに登録しているからには、それぞれの転職エージェントに転職に関するアドバイスや履歴書などの添削、企業の情報をもらうことも、内定率アップには欠かせないポイントです。

各コンサルタントによって考え方や経験、転職ノウハウなどの知識量もさまざまです。

そのため、各コンサルタントから転職アドバイスをもらうことで、多角的な視点から自分を見つめなおすことができます。

特に履歴書や職務経歴書などは顔も知らない企業の採用担当者の第一印象に決めるもの。

teacher
誰から見ても魅力的な応募書類を完成させるためにも、複数のコンサルタントに意見を求めることが大切です。

3.なるべく多くの求人に応募する

本命の求人1つに応募して内定が決まればいいですが、なかなかそうはいかないもの。

特に初めての転職活動では、選考慣れしておらず、緊張のあまり自分の思っていたことや魅力を伝えきれないということも考えられます。
求人に応募すれば応募するほど、選考にも慣れ、応募する企業数も増えるため、内定をもらえる確率をあげることができます。

4.選考結果のフィードバックをもらう

転職サイト経由の応募や直接応募で選考に落ちてしまった場合、「落ちた」という事実しか分からず、なぜ落とされたのか理由を分析することができません。

そのため、履歴書や職務経歴書の書き方や転職者の受け答えなどに問題があったとしても修正ができず、なかなか内定をもらえないという可能性もあります。
転職エージェントでは、担当のコンサルタントに選考結果のフィードバックを依頼することで、「なぜ選考に落ちてしまったのか」理由を知ることができます。

理由が分かれば、その後の転職活動にも活かしやすいもの。

選考結果のフィードバックは必ずもらい、反省点を活かして次の選考に臨むようにしましょう。

5.希望条件や自分の経歴をしっかりと伝える

転職エージェントでは、転職者の採用が決まらないことには、報酬を得ることができません。

そのため、担当のコンサルタントもできる限り、内定が決まるように適切な求人の紹介や選考対策を行います。
それなのになかなか内定がもらえない、書類選考で落ちてしまう、という場合には、自分の経歴や希望条件などをコンサルタントがきちんと把握していない可能性もあります。
最初の面談で経歴や希望条件などをきちんと伝えておくことで、そういったミスマッチを減らすことができます。

転職エージェントと転職サイトの併用で転職成功に導く

転職エージェントの利用で内定率を上げることができます。

しかし、中には転職エージェントの報酬料が高いことで、転職エージェント経由での採用に消極的な企業もあります。

そういった企業には、転職サイトや直接応募の方が有利です。

そのため、転職エージェントを利用するだけでなく、転職サイトを併用して転職活動を進めることが内定率を上げ、転職成功へと導く一番の方法と言えます。
したがって、転職サイト、転職エージェントを複数登録しておき、より多くの求人や企業情報を集め、効率よく転職活動を進めることが大切です。

まとめ

転職エージェントでは、求人の紹介や選考対策、年収交渉などさまざまな転職サポートを受けられるため、内定率を上げることができ、転職成功へと導くことができます。

ただし、利用する転職エージェントや担当のコンサルタントによっても内定率は変わるため、ただ使うのではなく、自分にあった転職エージェントを選び、使いこなすということが大切と言えます。
  1. 複数の転職サイト、転職エージェントを登録する
  2. 複数の転職エージェントから転職アドバイスや情報をもらう
  3. なるべく多くの求人に応募する
  4. 選考結果のフィードバックをもらう
  5. 希望条件や自分の経歴をしっかりと伝える
転職エージェントの活用する5つのポイントをおさえておきましょう。

何よりも大切なことは、なるべく多くの企業情報を集め、選考への準備をしっかりと行うことです。

teacher
効率よく情報収集をしたり、選考対策などを行うためにも、複数の転職サイト・転職エージェントを利用し、自分にあったところを見つけることが転職成功のカギと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA