転職サイトとハローワークはどっちが転職に有利?それぞれの特徴と転職成功に導く使い分けテクニックを徹底解説!

転職サイトやハローワークなど、転職に使う手段は多くあります。

転職サイトやハローワークによって、扱っている求人が違ったり、転職サポート体制が異なったりするため、どちらを選択すべきか悩んだことがある方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職サイトとハローワークのどっちが転職に有利なのか、2つの違いや特徴など徹底解説します。

teacher
2つの違いや特徴を解説した上で、使い分けるテクニックもあわせて紹介するので、転職活動をどう進めるべきか悩んでいるという方は、今回の記事を読み、転職サイトとハローワークを上手く利用するコツを学びましょう。

転職サイトとハローワークはどっちを使うべき?

man
転職サイトとハローワーク、どっちを使うべきなの?
teacher
それぞれメリット、デメリットがあるため、自分の転職活動のスタイルや希望に合った方を選択すべきです。まずはそれぞれの特徴をおさえておきましょう。

転職サイトとハローワークはそれぞれ特徴が異なる

転職活動をしている方の多くは、転職サイトやハローワークなどを利用していると思いますが、転職サイトやハローワークをなんとなくで選んでいませんか?

man
転職サイトもハローワークもどちらを使っても一緒でしょ?

と思ってしまう方も多くいます。

実際に転職者の中でも、「転職サイトを使った方が良い」という意見と「ハローワークを使った方が良い」という意見があります。

転職サイトやハローワークで扱っている求人の種類や質が異なるため、自分の希望に合った求人を探すためには、両者の違いをきちんと理解した上で選ぶ必要があります。

そのため、まずはそれぞれのメリット・デメリットを知ることが大切です。

転職サイトのメリットとデメリット

メリットデメリット
・自分のペースで転職活動を進められる
・求人の質が高い
・スキマ時間でも求人に応募できる
・スカウト機能がある
・転職ツールや転職ノウハウなどが豊富
・応募者が多く競争率が高い
・自分で求人検索やスケジュール管理などを行う必要がある
・求人を出している地域や業種・職種にばらつきがある
・希望に合った求人が見つけづらい
転職サイトとは、企業が掲載した求人情報を閲覧し、気になった求人を選んで応募できるサービスのことを指します。

求人情報の検索や応募、面接日の調整、選考準備など、基本的には検索から内定獲得まで転職活動を自分で進めることが前提となっています。

そのため、自分のペースで転職活動を進められるという点が転職サイトのメリットとして挙げられます。

パソコンやスマートフォンから手軽に求人を検索できるため、在職中でも通勤時間や休憩時間を利用して、転職活動を進めることも可能です。

また、企業側が求人を掲載し、転職者を獲得するためには、転職サイト側に報酬を支払う必要があります。

そのため、企業側は報酬を支払ってまで採用を行う分、優秀な人材を獲得しようと採用条件を良くしようとする企業も多く、質の高い求人が集まりやすいというのが大きな特徴と言えるでしょう。

転職サイトのデメリットとしては、自分自身の力で求人を検索したり、応募の管理を行う必要があり、労力がかかるということが挙げられます。

特に在職中の場合、自分で面接日の調整を行う際、なかなか時間が合わず、選考が先送りになってしまうというケースも考えられます。

さらには、求人を出している業種や職種、地域などに偏りがあることも懸念点の1つです。

転職サイトによっては、

  • 地方の求人が少ない
  • 事務職や営業職が多く専門職が少ない

など、希望する職種や業種、地域によっては、利用している転職サイトの見直しが必要となります。

転職サイトには

  • 総合転職サイト
  • 専門型転職サイト
  • ハイクラス専門転職サイト

など、さまざまな種類があります。

自分が利用しているサイトの特徴や機能を知ることも重要です。

ハローワークのメリットとデメリット

ハローワークは、正式には公共職業安定所と呼ばれています。

国によって運営されていることが特徴の1つ。ハローワークでは求人を無料で掲載することができるため、大手企業だけでなく、中小企業なども利用しやすいという特徴があります。

そのため、求人数が多く、地域ごとに求人を豊富に取り揃えているところがメリットと言えます。
しかし、多くのハローワークは、平日の午前8時30分から17時15分の間にしか利用ができず、在職中の転職者にとっては利用しづらいというデメリットも。

場所によっては平日の夜間や土曜日も開いているところもありますが、利用できる時間が限られているため、転職活動をするために、時間を作る必要があります。

また、無料で求人を掲載できるところから、求人の質にばらつきがあるというところも欠点の1つと言えます。

実は、ハローワークではブラック企業が多いと言われています。

その理由として、企業側が無料で求人を掲載できることが挙げられます。

転職サイトでは通常掲載しても応募がこないような評判の悪い企業や、人材が集まらないような中小企業なども利用できるため、内定が決まり、実際に就職してみたらブラックだった・・・ということもないとは言えません。

さらには、企業によっては自分のところの求人を良く見せようと、実際の業務内容や残業時間などと異なる求人を出しているところも。

ブラック企業を見つけるためには、企業分析を行うことが重要です。

ハローワークでは、転職サイトほど企業情報が提供されておらず、ハローワークだけの情報では不十分であることも多いのです。

そのため、企業のHPを確認したり、口コミ情報サイトなどを確認することが必要となります。

ハローワークで求人を探す際には、求人をしっかりと確認し、ブラック企業を見極める目を養うことも大切と言えます。

自分の希望に合わせて転職サイトとハローワークを選択することが大切

転職サイトとハローワークには、それぞれのメリットとデメリットがあります。

どっちを使った方が有利というわけではなく、それぞれ特徴が異なるため、

  • 転職活動のスタイル
  • 希望する職種や業種
  • 希望する地域

など、自分の希望に合わせて、転職サイトやハローワークを選択することが大切です。

求人検索方法総求人数地方の求人の多さ求人の質情報量転職支援利用がおすすめの転職者
ハローワーク訪問
インターネット
・地元で働きたい方
・職歴なしや未経験から転職を目指す方
・転職サポートを受けたい方
転職サイトインターネット
転職フェアなどのイベント

転職サイトによる
・自分のペースで転職活動を進めたい方
・大手企業や中小企業で働きたい方
・高年収や好条件の求人を目指す方
転職サイトとハローワークの比較表をもとに、転職サイトやハローワークの利用を検討しましょう。

転職成功に導く転職サイトとハローワークの使い分けテクニック

ここからは、転職成功に導くための転職サイトとハローワークの使い分け方をご紹介します。

teacher
1つに絞らず、両者を上手に使い分けることで、内定が決まる確率をグッと上げることができます。

転職サイトとハローワークのどちらか1つに絞る必要はない

転職サイトとハローワークにはそれぞれの特徴があり、自分の希望に合わせて選ぶことが大切とお伝えしましたが、転職活動の軸さえ決めておけば、1つに絞る必要はありません。

転職サイトとハローワークにはメリットもありますが、それぞれデメリットもあります。

そのデメリットを補うためにも、両者を使うことが重要なポイントと言えます。

転職サイトとハローワークを上手に使い分けるテクニック

それでは、実際に転職サイトとハローワークを使い分けるテクニックを見ていきましょう。

1.同じ求人を検索して求人の内容を確認する

転職サイトとハローワークの求人を見ていると、同じ企業の求人が見つかることがあります。

この時、企業情報や採用条件、給与などの待遇をしっかりと確認することが大切です。

転職サイトとハローワークでは、利用している転職者の層が異なるため、利用者にあわせて応募内容や給与などの待遇を変えている場合があります。

転職サイトの掲載にはお金がかかりますが、ハローワークでは無料で応募者を募ることができます。そのため、転職サイトで出している給与よりも低い給与を提示することで、安い給与で採用をはかることも。

企業側からすれば、安いコストで採用ができるならその方が都合が良いのです。

そのため、同じ求人でも待遇が異なることもあるため、ハローワークで求人を見つけたら、転職サイトで同じ求人を検索してみて比較することも1つの手と言えます。
また、転職サイトの方が求人情報が多く、企業分析がしやすいというメリットもあります。
良い求人を見つけたからといってすぐに応募するのではなく、ハローワークと転職サイトの求人情報を両方確認することで、より良い条件で転職できる可能性が高まります。

2.転職サイトのスカウト機能を利用する

ハローワークをメインに利用する場合、転職サイトのスカウト機能だけを利用することも、転職活動を効率よく進めるためのポイントです。

多くの転職サイトでは、転職者の方から企業に応募できるだけでなく、転職サイトに登録しているプロフィールを公開することで、企業側からスカウトを受けることもできます。

スカウト機能を使うことで、企業側から声がかかるため、自分で求人を検索しなくても、効率よく求人を見つけられるというメリットがあります。

時には、自分が思ってもいなかった職種や業種の求人のスカウトをもらうこともあるなど、自分では見つけられないような求人が見つかるため、自分の転職の幅を広げることができます。

また、企業側は先にプロフィールやスキルなどを見て興味を持ち、スカウトを送っているため、書類選考や面接などの選考に通りやすいというメリットも。

スカウトの種類によっては、「面接確約」や「書類選考なし」などの特典がついていることもあるため、他の転職者よりも有利に選考を進めることも可能です。

スカウトを多くもらうためのポイントは、

  • 自己PRや資格などのプロフィール欄をしっかりと埋めること
  • 登録情報をこまめに更新すること

の2点です。

特に、登録情報の更新日が古いと、

  • 転職活動を行っていない
  • やる気がない

とみなされ、スカウトが来なくなってしまう可能性があります。

転職サイトの登録情報は適宜見直し、更新しておくようにしましょう。

→「【2020年】おすすめ転職サイト!転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職サイト比較ランキング」でおすすめの転職サイトをチェック!

3.なるべく多くの求人に応募する

転職サイト、ハローワークの2つを利用して、なるべく多くの求人に応募することも転職成功のためのポイントです。

転職サイトとハローワークの両方に同じ企業の求人が掲載されていることもあれば、どちらか一方にしか掲載されていない求人も多くあります。

そのため、転職サイトとハローワーク両方を利用して、積極的に求人に応募することで、採用のチャンスを広げることができます。
man
面接が苦手だからあまり多くの求人に応募したくない
こういった方もいますが、苦手だからと選考の回数を制限してしまうのは逆効果です。

スポーツにしろ、芸術にしろ、練習をしなくては上達はしません。それは、転職活動にも同じことが言えます。なるべく多くの選考を受け、面接に慣れていくことで、本来持っている魅力を引き出すこともできます。

面接などの選考に慣れるためにも、気になった求人には積極的に応募することをおすすめします。

また、実際に企業に足を運ぶことで、求人情報だけではわからなかった企業の魅力や、適職に気付くこともあります。

特に職歴がない方や未経験から転職を目指す方は、転職サイトとハローワークを上手く利用して、多くの企業を見ることが大切です。

4.ハローワークで転職サポートや職業訓練を受ける

転職サイトでは中には履歴書の添削などを行ってくれるところもありますが、通常、転職サポートを受けることはできません。
ハローワークで面接練習や提出書類の添削などを無料で受けることができるため、転職活動を始める前に受けておくと、転職サイトからの応募で選考が進んだ際にも役立ちます。

さらに、ハローワークでは、職業訓練を受けることもできます。

就職に必要なパソコンのスキルの取得や、資格取得の補助などを無料でサポートしてもらうことができるため、転職に必要なスキルを身につけた上で、転職活動に臨むことができます。
転職サイトの求人の中には実務経験がある方や経歴を重視した求人も多くあるため、自分のキャリアに自信がないという方は、事前にハローワークに登録して、担当者に相談しておくと安心です。

転職エージェントの利用も有利

転職サイトやハローワークを利用して転職活動を行うことも大切ですが、

  • 転職のサポートをしっかりと受けたい
  • 自分に合った求人を見つけたい
  • 条件の良い求人を探したい

という方は、転職エージェントの利用もおすすめです。

転職エージェントでは、求人紹介や、履歴書や職務経歴書の添削、面接日の調整、給与交渉など様々な転職支援を受けることができます。

非公開の求人も多く、豊富な経験と知識を持つ専任のコンサルタントから、応募する企業にあわせて提出書類の添削や面接対策を行ってもらえるため、より好条件の求人が見つかりやすく、内定が決まりやすいというメリットがあります。

また、企業の内部情報を教えてくれるところもあるため、応募前に自分に合った企業かどうかを見極めることも可能です。

teacher
自分で転職活動を進められないというデメリットももちろんありますが、なかなか転職活動が上手く進まないという方は一度転職エージェントに登録してみるのも良いでしょう。

まとめ

転職サイトとハローワークのどっちを利用するべきか悩む転職者も多いですが、転職サイトもハローワークも求人を見つけられるという点では同じですが、それぞれ特徴が異なります。
両者ともメリットもデメリットがあるため、どちらを利用すれば転職成功できるという正解はありません。
man
ハローワークの方が地方の求人が多く、希望している地域での転職が成功した!

という方もいれば、

man
転職サイトで転職して、現職よりも給与が上がった!

という方もいます。

そのため、メリットとデメリットを理解した上で、

  • 転職活動のスタイル
  • 希望する職種や業種
  • 希望する地域

など、自分の希望に合わせて、転職サイトやハローワークを選ぶことが大切です。

また、どちらか1つに絞らなければいけないというわけではなく、転職サイト、ハローワーク、さらには転職エージェントを上手く使い分けることも重要なポイントです。
teacher
それぞれのメリットを活かし、効率よく転職活動を進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です