転職サイトからの応募で内定が決まる!応募の仕方から必要書類の書き方まで転職必勝法を徹底解説

転職サイトからの応募方法について解説します。求人応募にはさまざまな方法があります。

そのため、転職サイトで応募するメリット、デメリットを知った上で、応募の仕方や必要書類の書き方のポイントをおさえることが大切です。

teacher
転職サイトでの求人応募を考えている方、必見です。

転職サイトから応募するメリット・デメリット

転職活動と一口にいっても、知人からの相談で転職先が見つかる方や、ハローワークに足を運んで求人を紹介してもらう方など、転職活動にはさまざまな方法があります。

man
できるだけ有利に選考を進めたいけれど、どこから求人応募するのが良いのか分からない。
teacher
求人応募にはいくつかの方法があります。特徴を知り、自分にとってベストの選択をすることが重要です。

求人応募をどこでどのように行うか、ということも大切です。

ですが、その先にある書類選考や面接などに確実に進むためにも、

いくつかの応募方法を検討した上で、自分に合ったやり方を見つけること

がもっとも重要なことと言えます。

teacher
そのためにも、まずは基本的な応募方法とそれぞれのメリットとデメリットを知っておきましょう。

求人応募の方法は全部で4つ

基本的な求人応募の方法は全部で4つあります。
  1. 企業HPからの直接応募
  2. ハローワーク
  3. 転職サイト
  4. 転職エージェント

1つ1つ詳しく見ていきましょう。

1.企業HPからの応募

特定の企業を受けるのに最適な一番スタンダードな方法が、企業HPからの応募です。

現在では、どこの企業でもそれぞれHPを持っており、新卒や中途採用などの採用ページが設けられ、採用フォームやメールなどから、直接求人の応募や求人詳細の問い合わせを行うことができます。

直接応募を行うメリットは、

  • 企業への志望度や関心度をダイレクトに伝えることができる
  • 転職サイトやエージェントでの採用を行っていない企業にも直接問い合わせることができる

という点です。

企業のホームページから応募するということは、その企業を何らかの方法で知り、関心を持ったという証拠です。

大企業なら知る機会も多いですが、中小企業になると、その“きっかけ”を軸に、志望理由を膨らませることができます。
その反面、実際に選考に進んだ際に企業分析があまりできていなかったり、志望理由があいまいだったりしてしまうと、大きく評価を下げてしまうというデメリットも持っています。

また、転職サイトやエージェント経由での求人募集を行わず、自社サイトで直接求人を掲載している企業も中にはあります。

転職サイトなどを経由した場合に比べて、応募する人数が少ない場合が多いため、内定率を上げられる可能性もあります。

  • 受けたい企業が決まっている
  • 競争率が低い企業を見つけて応募したい

という方は、企業に直接応募する方法をおすすめします。

メリット
  • 転職サイトやエージェントを利用していない企業への応募が可能
  • 企業への志望度や関心度をダイレクトに伝えることができる
  • 応募前に企業に問い合わせやすい
デメリット
  • 一つ一つ採用フォームを入力する必要があり、手間がかかる
  • 自分で企業を検索するため、転職サイトなどに比べて、希望に合った求人を見つけにくい

2.ハローワークから応募

ハローワークで求人の紹介を受け、応募することも可能です。

ハローワークでは地域に密着した求人が掲載されているというのも特徴の1つ。転職サイトなどでは掲載されない地域の中小企業などの求人にも応募することができます。

ただし、ハロワークでは求人数が多い分、質の低い求人も多いので注意が必要です。
  • 地元での就職を検討している方
  • 未経験からの就職を目指す方

などはハローワークを利用して、転職活動を進めると良いでしょう。

メリット
  • 求人数が多い
  • 地域に密着した求人が豊富
  • 書類作成などのサポートも受けられる
デメリット
  • 質の低い求人も多い
  • ハローワークの登録が必要

3.転職サイトからのWEB応募

転職サイトからは、Web上で自分で求人を検索し、応募するというやり方が一般的です。

こだわり条件やキーワード検索から自分の希望する求人を見つけ、Webの応募フォームに必要事項を記入して、企業に応募することができます。

転職サイトを登録する際に最初に記入した名前や生年月日、学歴などの基本情報に加え、履歴書、職務経歴書、自己PR文などもすべてWeb上のフォームで送信することができるため、忙しい方にも使いやすいのが特徴です。

一方で、書類選考がWeb上で行われるため、応募する際に入力した内容が今後の選考を大きく左右するという側面もあります。

利用者も多いため、中には競争率が高い求人もあり、応募時点の内容ですべてが決まってしまうこともあり得ます。

そのため、十分内容を吟味した上で、応募することが大切となります。

  • 自分のペースで転職活動を進めたい方
  • さまざまな求人の中から、自分で情報を整理して転職先を決めたい方

などの方は、転職サイトの利用がおすすめです。

メリット
  • 自分のペースで転職活動を進めることができる
  • 企業への応募が簡単
  • さまざまな企業の情報が1つのサイトに集約されていて便利
デメリット
  • 利用者が多く、他の転職者との差をつけるのが難しい
  • 自分でスケジュール調整などを行う必要がある

おすすめの転職サイトの記事はこちら

4.転職エージェントを利用して応募

転職エージェントは、求人を紹介をしてもらい、専任コンサルタントを通じて企業に応募することができます。

応募する求人は自分で検索できるところも中にはありますが、ほとんどの場合、コンサルタントからの紹介で応募できる企業が決まります。

応募書類などの添削や面接対策などの手厚いサポートが受けられるため、応募する際に困ることはほとんどないといえます。

その反面、コンサルタントの相性によって転職活動が左右される部分が大きく、自分の希望通りの求人を紹介されないというケースもあるので、注意が必要です。
  • 自分のスキルや経歴に自信がある方
  • エージェントと面談したり連絡したりする時間が作れる方

などの方はエージェントを活用を検討してみても良いでしょう。

メリット
  • 専任コンサルタントと二人三脚で転職活動を進められる
  • 好条件の非公開求人を紹介してもらえることがある
デメリット
  • コンサルタントとの相性によって、転職活動が左右されやすい
  • 希望する求人に応募できない可能性がある

応募方法によって転職成功率は変わる?

「転職エージェントの方が選考通過率が高い」

「直接応募の方が企業にやる気をアピールできるから有利」

などが書かれているサイトも多いですが、それぞれメリットやデメリットがあり、応募する企業によっても選考の通過率や、内定率は異なります。

転職エージェントの方が有利に進められることもあれば、直接応募の方が内定率が上がることもある、という程度なのです。

つまり、どの方法にもメリットやデメリットがあり、利用する転職者によって相性の善し悪しも違ってくるため、まずはそれぞれの応募方法や特徴を確認し、自分に合った転職スタイルを定める必要があるのです。

また、場合によって使い分けることも大切です。

転職サイトで情報収集しつつ、転職エージェントに応募書類の添削などをサポートを受けて、求人の応募をする、といった使い方もできるため、1つの応募方法にこだわらないことも転職成功への近道と言えるでしょう。

転職サイトからの応募方法

転職サイトからの基本的な応募の流れ

それではここからは、多くの方が利用している転職サイトの応募方法について詳しく見ていきましょう。

転職サイトは、基本的に

  1. 無料会員登録
  2. 自分で求人情報を検索
  3. レジュメ・職務経歴・履歴書の登録
  4. 気になった企業へ応募
  5. 応募企業から選考過程の連絡
  6. 書類選考
  7. 面接
  8. 条件提示
  9. 内定

という流れで利用することができます。

転職サイトでは、前述したとおり、転職サイトの応募ボタンから気になった企業に応募することができ、その際に送られた基本情報や履歴書、職務経歴書などから書類選考が行われます。

つまり、転職サイトからの応募は、応募した時点で選考が始まるということになります。

後から郵送で履歴書や職務経歴書の送付をお願いする企業も中にはありますが、基本的にはWebでの基本情報やスキルを見て、面接を行うかどうかを判断するところが多いのが現状です。

teacher
そのため、登録の際に記入する履歴書や職務経歴書はしっかりと記入しておくことが必須と言えます。

転職サイトや企業によって入力する項目が異なる

転職サイトから応募する際に利用するWeb履歴書は転職サイトによってさまざまで、入力項目や仕様などが異なります。

  • 個人プロフィール(氏名や電話番号など)
  • 保有資格、語学スキル
  • 職務経歴書
  • 自己PR
  • 希望条件(年収や業種など)

などの項目で構成されているのが一般的です。

これ以外にも、マイナビ転職のように自己PR・志望動機をあらかじめ記入して登録しておくことができるサイトもあります。

出典:マイナビ転職

さらに、面接日希望を応募時点で送ることができるため、企業とメッセージで何度もやり取りをしなくても、面接日を簡単に決定できるなどの機能もあります。

利用できるサービスは各転職サイトによって異なるため、利用する転職サイトの機能をチェックしておくことも大切なポイントです。

転職サイトから応募する際の注意点

man
履歴書や経歴書を登録しておけばいいなんて・・・転職サイトからの応募なんて簡単!
teacher
安易にWeb応募をしてしまうのはNGです。きちんと企業によって必要項目を見直す必要があります。
転職サイトではWeb上で簡単に応募や書類選考が完了する分、安易に企業へ応募してしまう方もいますが、これはNGです。

Web履歴書は紙の履歴書と同じく、正式な書類であり、企業への印象を左右する重要な選考材料となります。

man
最初にプロフィールや履歴書、職務経歴書を登録したから大丈夫!
簡単に応募できるからと気を抜いてしまうのではなく、企業に応募する際には一通り見直すことも大切です。

ここでは、転職サイトを応募する際の注意点を2つ紹介します。

1.経歴やスキルは嘘をつかずに正直に

  • 職務経歴にブランクがある
  • すぐに仕事を辞めてしまって書ける職務経歴がない
転職活動を行う際に、選考のマイナスポイントとなってしまいそうな要素がある場合にも、経歴やスキルなどは嘘をつかずに、正直に記入するように心がけましょう。

経歴に嘘をついてしまうと、書類選考は通過したものの、いざ面接で仕事の深い内容になった時に嘘がばれてしまう可能性もあります。

また、選考中にばれなくても、入社後に

  • 経験者だと思って任せたのに、仕事ができない
  • 思っていた人材とは違った

などのミスマッチを起こしてしまう可能性もあります。

マイナスの要素を作ってしまうと、採用した企業側が困るだけでなく、採用を取り消されたり、場合によっては賠償を求められたりなど、自分にとっても不利益な結果を生んでしまう可能性もあります。

マイナスポイントがある場合でも、経歴やスキルなどは偽らずに、正直に記載するように注意しましょう。

2.会社や資格の名称は正式に

会社名や資格名などの名称を略したりや誤った名称で書く方がいますが、こちらも企業の採用者側から見れば、マイナスポイントとなってしまうため、正式な名称で書くようにしましょう。
man
細かいところまで見てないのでは?

と思ってしまいがちですが、数多くの転職者の中から書類選考を行うため、そういった応募書類に不備がある転職者は一番初めにはじかれてしまう可能性があります。

また、職種によっては取引企業との文面でのやり取りや、重要なデータの入力を任される場合もあります。そのため、提出書類をきちんとした形で書くことも、選考において重要なポイントと言えます。

資格や会社名などは公式サイトなどを確認してから記載するようにしましょう。

周りと差がつくWeb応募フォームの書き方のコツ

Web応募フォームの書き方で選考通過率は変わる

採用担当者は数多くの転職者の中から面接や次の選考に進む転職者を選んで決めています。

実際に直接会って話をするわけではないため、

  • 基本情報
  • 職務経歴
  • 自己PR文

などの内容が選考の大きなポイントとなります。

もちろん、スキルや経歴などの観点からも見ていますが、書類選考では

いかに自分の魅力ややる気を企業に伝えることができるか

ということが重要です。

どんなにスキルや経歴を持っていて、やる気に満ちていても、採用担当者に伝わらなければ意味がないのです。

採用担当者の方に「直接会ってみたい」と思ってもらえるためにも、Webでの応募書類の書き方のコツをつかんでおきましょう。

1.結論は先に書く

志望動機や自己PR文を書く際には、結論から話すように心がけましょう。

たとえば、志望動機を問われる項目で、自分の経歴から長々と話してしまうと、何が言いたいのかが採用担当者に伝わらず、読み飛ばされてしまう可能性もあります。

そのため、結論から先に話すことで、まずは志望理由を簡潔に伝え、後は補足として自分自身の経験や考えを伝え、企業へのアピールを行うようにしましょう。

2.各項目に「見出し」をつけて見やすさを意識する

紙の履歴書や職務経歴書では項目ごとに罫線があり、フォーマット通りに書けば問題ないですが、Webの履歴書では罫線などはなく、空欄の中に自由に記入できる場合が多いです。

例えば、自己PRを書く際には、

  • 自己紹介(これまでやってきたこと)
  • スキルや能力(転職先で活かせるスキル)
  • 志望動機(意欲や将来への展望)

など、書くべきポイントが多く、文章ですべてをまとめようとすると、見にくくなってしまい、どんなに良いことを書いていても、担当者の目に留まらない可能性があります。

そのため、項目ごとに区切り、相手が読むことを意識した文章作成を心がけましょう。

3.文章は長すぎず短すぎず

Web履歴書では、記入できる最大文字数が決められていることが多くありますが、担当者に“読ませる”ためには、文章は長すぎず短すぎずを意識しましょう。

記入欄のおよそ8割以上が目安となります。

空白が目立つと、「やる気がない」「適当に応募している」と担当者に思われてしまい、マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。
man
じゃあびっしり文字数制限ギリギリまで埋めたほうが良いんじゃないの?

と思ってしまいがちですが、空白を作り、読みやすく整理されているならそれでも問題はありませんが、だらだらと書き連ねてしまうのはNGです。

担当者は毎日多くの応募者の書類を確認しています。読みやすく、負担をかけないように意識することで、担当者への配慮ができるとプラスのイメージに働くこともあります。

自分が読んでいて読みづらい、と感じたら余分な部分は削るなど、応募前にきちんと添削を行いましょう。

4.志望理由は企業分析の結果を盛り込んで

志望理由は、ただ単に自分の希望を述べるのではなく、企業の強みや弱みを理解した上で、「どうしてそこの企業に入社したいのか」を明確にする必要があります。

人事職希望の方を例に説明します。

新卒の頃、書類の書き方や仕事の進め方に悩んでいたところ、選考でもお世話になった人事の方に親身になって相談に乗ってもらった経験から、自分も誰かのサポートができる仕事がしたいと考えるようになり、御社の人事部を志望しました。
このようにただ単に人事という職種にスポットを当てて伝えてしまうと、人事職に就きたいという希望は伝えられても、ここの企業で働きたいという意欲は伝わらない場合があります。

そのため、企業分析を行い、各企業の特徴を理解することが大切です。

御社では、一か月研修やスキルアップセミナーなどにも力を入れており、社員と接する機会が多く、人事部に相談しやすい制度を設けておられます。

そのため、部署間ごとの境がなく、風通しの良い環境づくりを実現できると考え、志望しました。

このように研修制度などの企業の特徴を盛り込むことで、より明確に企業への志望度の高さを伝えることができます。

5.前職での実績は数字を入れて説得力を持たせる

実績を伝えるときには、客観的な基準が分かる数字やデータを出し、具体的に示すようにしましょう。

営業成績がよく、社内でNo.1の実力を持っていました。

というよりも、

特に営業に力を入れており、〇年の間常に売り上げ目標を達成し続けてきました。社内の営業〇〇人のうち、〇年連続で営業成績1位を獲得し、〇〇年には「社長賞」を受賞することができました。

などと数字や入れた方が自分のPRポイントを上手く伝えることができます。

営業成績の社内順位」「頻度」「売上目標額」「目標達成率」などを明確に伝えることで、より説得力があり、信頼できる情報として評価されます。

応募に関するQ&A

man
Q1.職歴のブランクはどう記載すればいい?
teacher
ブランク期間については正直に。ブランクから復帰までにやってきたことやスキルの取得など、前向きなアピールへとつなげましょう。
つい隠してしまいがちなブランク期間についてですが、だからといって経歴を詐称してしまうのはNGです。
  • 病気で離職していた
  • 親の介護が必要だった

など理由はさまざまですが、ブランク期間や前職の退職理由は正直に伝えましょう。

そのうえで、復職までにどんな努力をしてきたかをアピールすることが大切です。

たとえば、病気で離職していた場合には、

〇〇病で離職しておりましたが、通院とリハビリの成果があり、現在では完治しております。離職中、普段からの体調管理の大切さに気付き、医薬品の登録販売者の資格を取得しました。今後は、これまでの営業経験と登録販売士の資格を活かしていきたいと考えております。
このようにブランク期間を前向きにとらえ、成長していこうとする姿勢が大切となります。
man
Q2.一括応募はしてもいい?
teacher
一括応募はあまりおすすめしません。

特に転職サイトから応募する場合、その後の選考スケジュールなどを自分で調整して管理する必要があります。

そのため、志望度が低い求人を一度に応募してしまうと、選考スケジュールの調整が難しかったり、第一志望の企業の選考を受ける時間がなくなってしまったりする可能性もあります。
また、自己PR文や志望動機などは企業ごとに見直すことが転職成功のカギと言えます。なるべく一括応募はせずに、1つ1つの選考を大切にするようにしましょう。

応募する段階でも気を抜かずに

man
まだ応募段階だから選考に向けての準備はする必要がないのでは?

という声も聞きますが、転職サイトからの応募した時点で書類選考は始まったも同然です。

一度選考を受けた企業にはよっぽどの事情がない限り、受けなおすことが難しくなるため、応募の段階からしっかりと選考を意識して、入力項目を確認しましょう。

Web応募は紙の履歴書や職務経歴書と同様、企業の採用担当者に見られる正式な書類と言えます。採用担当者が目を通すことを意識して入力項目を見直すことが大切です。

まとめ

求人応募には、

  1. 企業HPからの応募
  2. ハローワークから応募
  3. 転職サイトからのWEB応募
  4. 転職エージェントを利用して応募

の4つの方法があります。

どの方法を使えばよいという正解はなく、受ける企業や希望する職種や地域に合わせて、自分に合ったやり方で転職活動を進めることが重要です。

そして、転職サイトでの応募の仕方や、応募書類の書き方のポイントなどをお伝えしましたが、簡単に求人に応募できるからこそ、応募する前に入力項目をしっかりと確認することが一番大切なことだと言えます。

  1. 結論は先に書く
  2. 各項目に「見出し」をつけて見やすさを意識する
  3. 文章量は長すぎず短すぎず
  4. 志望理由は企業分析の結果を盛り込んで
  5. 前職での実績は数字を入れて説得力を持たせる
以上の5つのポイントをおさえて、採用担当者に読み込んでもらえるような書き方を意識するようにしましょう。

転職サイトでは応募した段階ですぐに書類選考を進めてもらえるというメリットもありますが、それだけにやり直しができないというデメリットもあります。

teacher
転職サイトの特徴を十分に理解した上で、選考へと進められるよう、転職活動を進めることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA