転職エージェントとの面談では服装も重要?転職エージェントとの面談で着るべき服装と面談で注意すべきポイント

転職エージェントでは登録後に面談を行い、経歴やスキル、希望条件などのヒアリングを行うことで、具体的な求人の紹介や選考対策などを受けることができます。

転職エージェントとの面談では服装の指定がされていないことも多く、

woman
私服で行くべき?それともスーツ?

と面談時の服装に悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は転職エージェントとの面談で着るべき服装や注意すべきポイントなど、気になる疑問を徹底解説!

teacher
実は服装だけでなく、注意すべきポイントがいくつかあります。面談が初めてという方は今回の記事で気になる疑問を解決し、転職エージェントとの面談に臨みましょう。

転職エージェントとの面談で着るべき服装とは?

転職エージェントとの面談での服装は基本的に私服でOK!

転職エージェントとの面談では基本的に服装指定がされていません。

そのため、

man
やっぱりスーツで行くべき?それとも私服?

と面談での服装に悩む方が多いのではないでしょうか。

転職エージェントとの面談では、今後の転職活動の進め方などを決める重要な場。なるべくコンサルタントからの印象を良くしておきたいものです。

転職エージェントとの面談での服装は基本的に私服でOKです。

あくまでも面接とは異なるため、かっちりした服装で臨む必要はありません。

特に転職エージェントとの面談を仕事終わりに入れているという場合、現在勤めている企業によっても服装が異なるため、いちいち着替えていたのでは大変です。

基本的には私服でOKなので、そこまで気を張りつめる必要はないと言えるでしょう。

転職エージェントとの面談でNGな服装

転職エージェントとの面談での服装は基本的には自由なため、私服で問題ありません。

だからと言って、もちろんなんでもいいというわけではありません

転職エージェントとの面談は企業との面接とは異なるため厳しくチェックはしていませんが、コンサルタントも1人の人間です。

そのため、選ぶ服装によっては、コンサルタントから

  • 常識がない
  • 社会人としてのマナーが足りない

と悪い印象を残してしまう可能性も。

コンサルタントとの面談でも第一印象は重要です。
teacher
なるべく好印象を与えるためにも、転職エージェントとの面談でNGな服装をおさえておきましょう。

1.派手すぎたり個性的すぎる

企業との面接ではないとは言え、転職エージェントとの面談ではこれから転職しようとする転職者の人柄をはかっています。

そのため、あまりにも派手すぎたり個性的すぎるような私服はNGです。

たとえば、

  • ビビッドカラーの服
  • キャラクターや人などがプリントされている
  • アニマル柄やヒョウ柄などの主張が強い服

などが挙げられます。

あまりにも個性が強すぎると、

  • 常識がなさそう
  • 職場環境などになじめなさそう

など不名誉なレッテルを貼られてしまう可能性があります。

こういった派手な服装や個性的な服装は好みが分かれやすいため、誰でも好感を持たれるよう、なるべくデザイン性や色味が強いものは避けた方が無難です。

2.ジーパンにTシャツなどラフすぎる

ジーパンにTシャツなどのラフすぎる服装も、

  • 社会人としてそぐわない
  • 働くイメージがつきづらい

として悪い印象となってしまう可能性があります。

「服装の乱れは心の乱れ」というように、服装によって人に与える印象も大きく変わります。

スーツなどの規定に合ったかっちりとした服装をしていれば、真面目な印象に。逆にラフすぎる服装をしていると、全体的に緩い印象を与えてしまいます。

実際にはそんな性格ではなくとも、最初に受けた印象に引っ張られてしまい、コンサルタントからの評価が厳しくなってしまう可能性もあるため、ラフすぎる服装は避けた方が良いでしょう。

3.シャツやスーツがヨレヨレ

かっちりとしたスーツやジャケット、シャツなどを着ていても、アイロンがかかっておらず、ヨレヨレになってしまっていると逆効果。
好印象を狙ったつもりでも、逆にだらしない印象を与えてしまいます。
man
シャツやスーツ、ジャケットを着たいけれどアイロンをかけるのは面倒くさい・・・

と中途半端にスーツを着てしまうよりは、私服の方が印象を良くできることもあります。

着る服だけでなく、しわや汚れがないかなど、細かいポイントもチェックできると良いでしょう。

オフィスカジュアルが一番おすすめ

woman
私服でも良いと言われるけど、面談に合う私服を選ぶのも大変そう・・・

という方も中にはいるでしょう。

確かに、私服と言っても人によってさまざまなため、着ていく服に逆に悩んでしまうもの。

転職エージェントとの面談での服装で一番おすすめなのは、オフィスカジュアルです。
man
オフィスカジュアルってどんな服装のこと?

と思う方も多いかもしれませんが、オフィスカジュアルとは、

ビジネススタイルを少し崩してカジュアル要素を取り入れたスタイル

のこと。

ビジネススタイルのように無地でシンプルなものに対し、柄物ジャケットや柄物シャツなど、少し遊び心を加えたようなスタイルのことを言います。

具体的には、

  • ジャケット・・・柄物などもOK
  • トップス・・・ニットやボタンの色やデザインに遊び心のあるシャツなど
  • パンツ・・・スラックスやチノパンなど

など、清潔感は保ちつつも、ある程度デザイン性や色、ワンポイントなど、遊び心がありお洒落なアイテムをチョイスすると良いでしょう。

完全にビジネススタイルに振り切ってしまうと面接のようになってしまい、希望条件や転職に関する悩みなど自分の本音を話しづらくなります
その点、オフィスカジュアルだと肩ひじを張りすぎず親しみもあり、かつ清潔感もあり好印象を与えることができるため、転職エージェントの面談にはぴったりだと言えます。

面談で気を付けるべき身だしなみ

面談ではついつい「着るもの」ばかりに目がいってしまいがちですが、服装を含めて全体的な身だしなみに気を付ける必要があります。

アクセサリー、カバンなどのアイテムに加え、メイクやひげ、頭髪など、全体を見ることが大切と言えます。

身だしなみ気を付けるべきポイント
頭髪・髪がぼさぼさ
・前髪が長すぎる
ひげ・ひげは基本的に剃る
・伸ばしている場合でも清潔感を心がける
メイク・濃い目メイクはNG
香水、整髪料・香水や整髪料などの香りはおさえる
アクセサリー・派手なものは控える
ネイル・派手なものは控え、オフィスネイルに留める
・サンダルやミュールなどは控える
・靴が汚れていないかどうかも確認
カバン・A4サイズの書類が入るものを用意
・服装にあわせてなるべくシンプルなものをチョイス
特に気を付けておきたいのが、靴とカバンです。

おしゃれは足元からともいいますが、見られていないと思っていても靴は意外と見られているもの。

どんなにジャケット+パンツスタイルでびしっと服装が決まっていても、靴がサンダルやスニーカーだとちぐはぐな印象になり台無しです。
靴はなるべく男性なら革靴、女性ならパンプスなど、清潔感がありきちんとした靴で臨むのがベストです。

そして、他でどんなに気を使っていても、靴が汚れてしまっていては全体の印象が悪くなってしまう可能性もあります。

「足元は特に見られる」ということを意識しておくと良いでしょう。

また、カバンは服装にあわせてなるべくシンプルなものをチョイスしましょう。黒やベージュ、茶色などのベーシックなカラーのカバンを1つ持っておくと、ビジネスシーンでも使いまわせるためおすすめです。

そして、A4サイズの書類が入るものを選ぶことも重要なポイント。

こちらは見栄えの問題ではなく、転職エージェントとの面談では履歴書や職務経歴書などを持参するほか、転職エージェントから転職活動の進め方や求人紹介などのさまざまな資料をもらう可能性があるからです。

女性はおしゃれとして小さめなカバンを通勤などで使う方もいますが、転職エージェントとの面談や企業との面接では、資料や提出書類などを入れることを考慮して、大きめのカバンを用意しておくと良いでしょう。
そのほかにもひげやメイク、頭髪など、気をつけるべきポイントがいくつかあるのでしっかりとおさえておきましょう。
共通して言えることは、誰からでも好印象を持たれる清潔感のある服装を心がけるということです。
  • 寝ぐせや髪の乱れはないか?
  • メイクが崩れていたり派手すぎていないか?
  • ネイルが華美すぎないか?
  • ひげのそり残しはないか?
  • 靴やカバンの汚れはないか?

など1つ1つの項目をチェックしておくようにしましょう。

転職エージェントとの面談では好印象を持たれる服装で臨むのがベスト!

転職エージェントとの面談は企業との面接とは異なりますが、今後の転職活動の進め方を決める重要な場面。

コンサルタントに

  • 社会人としてのマナーができていない
  • 転職活動を真剣に行おうとする姿勢が見られない

など、悪い評価を受けてしまうと、求人の紹介や思ったような転職支援が受けられない可能性もあります。

コンサルタントから

  • ぜひこの人の力になりたい!
  • ○○の企業の求人を安心して紹介できる!

と思われるためにも、第一印象を良く見せることが大切と言えます。

なるべく誰からでも好印象を持たれる清潔感のある服装を心がけましょう。
teacher
ジャケットやパンツなどの服装ももちろん重要ですが、全体の身だしなみを意識することがポイント。靴やカバンなど細かいところまでチェックして、転職エージェントとの面談を乗り切りましょう。

転職エージェントとの面談で服装以上に注意すべきポイント

.服装はポイントの1つにすぎない

転職エージェントとの面談での服装ももちろん重要なポイントです。

ですが、服装は転職エージェントの印象を左右するポイントの1つにすぎません。
スーツで行ったとしても、最初の面談での受け答えや態度次第では、印象が悪くなる可能性も十分あり得ます。

実は転職エージェントとの面談では、服装以上に注意すべきポイントがいくつかあります。

teacher
服装だけに気を取られてしまうのではなく、面談での注意点をしっかりと頭に入れておきましょう。

転職エージェントとの面談で注意すべきポイント

転職エージェントとの面談では注意すべきポイントは6つあります。1つずつ見ていきましょう。

1.「話だけ聞きに来ました」という態度

転職エージェントでは企業の情報や転職活動のアドバイスをもらうことができます。

そのため、転職エージェントで転職先を決める目的ではなく、情報収集や選考対策を受けるために利用するという方も中にはいるのでしょうか。

もちろん、情報収集や選考対策など、今後の自分の転職活動に有利に働くよう、転職エージェントを上手く活用すべきだと言えます。

しかし、転職エージェントは報酬の仕組み上、転職者と企業を結び、採用へとつなげることが一番の目的です。

そのため、

man
とりあえず話だけ聞きに来ました!

と転職意欲がないことを伝えてしまうと、転職エージェントの中での優先度が下がり、思ったような情報が得られなかったり、求人の紹介が受けられなくなってしまう可能性があります。

そのため、

  • 条件の良い求人があればすぐにでも転職したい

と転職意欲を伝え、コンサルタントと誠実な態度で向き合うことが大切です。

2.履歴書や職務経歴書など必要なものが用意されていない

転職エージェントとの面談で必要な持ち物は

  • 記入済の履歴書
  • 記入済の職務経歴書
  • 筆記用具
  • (業種・職種によってはポートフォリオ)

などです。

コンサルタントはこの履歴書・職務経歴書から転職者の経歴やスキル、自己PRや性格などを確認し、希望条件を聞いた上で具体的な求人の紹介や転職相談などに入ります。

履歴書や職務経歴書が面談で用意されていないと、コンサルタントが転職者自身のことを知ることが難しくなり、希望や経験などにマッチした求人の紹介を受けることができなくなってしまいます。

そればかりか、必要最低限の書類すら用意できないとみなされ、

  • 転職意欲が低い
  • やる気がない

などと不名誉なレッテルを貼られてしまい、コンサルタントに適当にあしらわれてしまう可能性も否定できません。

履歴書や職務経歴書はなるべく必要事項を埋めた上で、面談に臨むようにしましょう。

必要書類は完全な形でなくてもOK。初めての転職活動で書類の作成の仕方に自信がないという方もいます。

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの添削指導を受けることができるため、自分が書ける範囲で経歴やスキルを埋めておきましょう

3.連絡なく面談に遅刻・面談に来ない

面談に何も連絡がなく遅刻したり、面談を無駄キャンセルしてしまうのは論外です。
man
転職エージェントとの面談だしいいか・・・

と軽い気持ちでやってしまうと、コンサルタントからの印象が悪くなります。

社会人として時間を守ったり連絡したりするのは当然のマナーです。

それができていないとなると、転職先でもトラブルを起こすのではないかと懸念され、求人の紹介が受けられなくなる可能性もあるため注意しましょう。
  • 面談に遅れそう
  • 面談日に急な用事が入っていけなくなってしまった

という場合には、なるべく早く転職エージェントに連絡することが大切です。

4.転職活動に対して後ろ向き

転職エージェントでは転職者が企業へ入社することが決まらない以上は報酬を受け取ることができません。

求人をいくら紹介しても

  • 転職する気がない
  • 転職先でのやる気が見られない

という転職者では、採用につなげることが難しくなります。

そのため、採用へと1件でもつなげるためにも、転職意欲が高くやる気がある転職者に良い求人が紹介される傾向に。
woman
本当は転職したくないけれど、今の企業を早く辞めたい・・・

などの後ろ向きな理由だと、コンサルタントも求人の紹介をしづらくなってしまいます。

  • ○○をしたいので転職したい!
  • 新しい仕事に挑戦したい!

など、なるべく前向きな姿勢を見せると良いでしょう。

5.挨拶など社会人としてのマナーができていない

連絡と同じく重要なのが、挨拶などのマナーです。

面接でも、面接官のいる部屋に入る前から選考は始まっていると言いますが、転職エージェントでも同じことが言えます。

  • 担当のコンサルタントに対して挨拶ができない
  • 面談中に携帯を見たりなど落ち着きがない

など、コンサルタントに失礼にあたるような行為はNGです。

ちなみに、

man
社会人のマナーとして名刺を渡すのは当たり前!

という方もいますが、これは逆効果です。

名刺はその会社の一員としての自分を表すもの。

そのため、転職をしたいという場合に現職の名刺を使ってしまうのは不適切です。
コンサルタントから名刺を渡され、とっさに名刺を返してしまう方もいますが、ここでは名刺を受け取るだけにとどめておくようにしましょう。

6.経歴などに嘘をつく

転職エージェントとの面談でやってしまいがちなのは、経歴やスキルなどに嘘をついてしまうことです。

転職エージェントによっては年収制限が設けられていることもあるため、エージェントを利用するためにその場しのぎの嘘をついてしまう方もいます。

しかし、嘘をついてしまうことで紹介できる求人などが大きく変わってしまうため、絶対に避けるべきと言えます。

コンサルタントは転職者から得た情報をもとに、応募条件や企業の求める人材などに合わせて求人を紹介します。

そのため、嘘をついてしまっていると、応募条件を満たしていないのに企業に紹介を行ってしまい、結果採用へとつなげられないということもあり得ます。

また、嘘が途中でばれてしまうことで、企業との選考が受けられなくなったり、場合によっては転職エージェントのサービスの利用ができなくなることも。
転職エージェントとでは信頼関係が重要となるため、嘘などをついて信用を落としてしまわないよう注意しましょう。

転職エージェントとの面談では印象が最重要

転職エージェントとの面談では、服装だけでなく、コンサルタントへの態度や、転職意欲の有無、社会人としてのマナーなどさまざまなところが見られます。

その中でも何よりも一番重要なことは印象です。
  • 挨拶ができない
  • 服装がだらしない
  • 連絡もなく遅刻してくる

など最初の印象によって、転職者の人柄が判断されてしまいます。

最初に悪い印象を与えてしまうと、コンサルタントの優先度が低くなってしまい、

  • コンサルタントからの連絡がなかなか来ない
  • 条件の良い求人を紹介してもらえない

など、今後の転職活動も大きく左右してしまうため、態度やマナーなどには十分注意しましょう。

おすすめ転職エージェントは「【2020年】おすすめ転職エージェント!転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職エージェント比較ランキング」へ。

転職エージェントとの面談での服装に関するQ&A

Q1.スーツで行っても問題ない?

teacher
A.スーツで行っても問題はありません。オフィスカジュアルに自信がない場合にはスーツで行くのも1つの手です。

私服で良いと言われてはいるものの、面談時の服装によって最初の印象が左右されるため、選ぶ服装にも注意する必要があります。

オフィスカジュアルが一番おすすめではありますが、着ていく服に悩んでしまうという場合にはスーツでも問題ありません。

スーツで行くことで、面接時の服装をチェックしてもらうこともできるというメリットもあります。

ただし、スーツで行く場合には、必要以上に固くなりすぎたり、緊張しすぎてしまわないよう注意が必要です。
転職エージェントとの面談ではできるだけリラックスした状態で話すことで、転職活動の悩みや本音を打ち明けやすくなります

Q2.受ける業界によって服装も変化する?

teacher
A.受ける業界によって服装も変わります。特にアパレル業界志望の方は服装に注意しましょう。
転職エージェントとの面談ではオフィスカジュアルが基本的に望ましいとされていますが、アパレル業界など特定の業界の場合、服装も選考のポイントになります。

転職者の服のテイストからコンサルタントが求人の提案を行うため、希望するファッションジャンルや受けたい企業などが明確に決まっている場合には、そのジャンルに合わせた服装で面談に行くことが求められます。

スーツやオフィスカジュアルだとかえって個性が分かりづらいため、アパレル業界では私服が望ましいとされています。逆に銀行員や公務員の場合には、スーツでお客様と対応することも多いため、スーツで行くのがベター。
受ける業界によって求められる服装も異なるため、自分の志望する職種や業種によって判断しましょう。

Q3.どうしてもカジュアルな服装で行きたいという場合には?

teacher
A.服装が気になる場合には事前にエージェントに連絡して確認しておくと良いでしょう。

転職エージェントとの面談を仕事後に入れるという方も多くいます。

その場合、現在の職場での雰囲気とかけ離れた服装をしてしまうと、職場の方に転職活動を気づかれてしまう可能性も。

転職エージェントの面談にはスーツやオフィスカジュアルではなく、カジュアルな服装で行きたいという場合、転職エージェントに事前に確認しておくのが一番です。

「仕事の都合上、着替える時間が取れない」ということを事前に伝えておけば、服装で第一印象が左右されることも少なくなります。

どうしても服装が気になるという場合には、利用する転職エージェントに問い合わせると良いでしょう。

まとめ

転職エージェントとの面談では基本的に服装は指定されておらず、私服でOKとされています。

ですが、ジーパンにTシャツなどのカジュアルスタイルや派手な服装だとコンサルタントからの印象が悪くなってしまうこともあるため、あまりにもラフな服装は避け、オフィスカジュアルで行くと良いでしょう。

また、面談の際には全体の身だしなみも大切。

服だけでなく、カバンや靴、アクセサリーなど、全体の身だしなみを見直すようにしましょう。

そして、服装ばかりに意識がいってしまいがちですが、転職エージェントとの面談では服装以上に注意すべきポイントが6つあります。

  1. 「話だけ聞きに来ました」という態度
  2. 履歴書や職務経歴書など必要なものが用意されていない
  3. 連絡なく面談に遅刻・面談に来ない
  4. 転職活動に対して後ろ向き
  5. 挨拶など社会人としてのマナーができていない
  6. 経歴などに嘘をつく
ポイントをおさえ、コンサルタントから好印象を持たれるよう、挨拶や態度などを見直しましょう。

転職エージェントとの面談は最初の顔合わせであり、今後の転職活動を左右する重要な場面です。

teacher
身だしなみや必要なものを準備し、万全の状態で面談に臨みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA