【2020年】第二新卒に「絶対」におすすめしたい転職エージェントランキング決定版

第二新卒ではキャリアがなく実績も少ない状態での転職活動になるため、経験者が前提となる中途採用では条件が不利になることも。

そんな第二新卒の方は転職エージェントの利用がおすすめです。

そこで今回は、第二新卒の方に「絶対」におすすめしたい転職エージェントランキングをご紹介します。

確実に転職活動を成功に導くためには、自分に合った転職エージェントを選ぶことが何よりも大切です。

teacher
  • 転職エージェントはいっぱいありすぎて違いがよく分からない
  • 転職が初めてでどんな転職エージェントが合っているのか分からない

という方のために、転職エージェントの選び方のポイントもあわせて紹介するので、自分に合った転職エージェントを選択しましょう。

第二新卒が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント

ポイント1.「未経験歓迎」「第二新卒OK」などの求人の多さ

man
そもそも第二新卒ってなに?

と思う方も多いのではないでしょうか。

第二新卒は新卒のように明確な基準があるわけではありませんが、一般的には大学や高校などを卒業後、入社3年以内に仕事を辞め、転職活動をする方のことを指しています。

キャリアが浅く、仕事における実績も少ない状態で転職活動をすることになるため、経験者が優遇される求人では内定をとることが難しくなります

そのため、経験者優遇の求人ではなく、「未経験者」や「第二新卒」「既卒」などの方でも応募が可能な求人が多いところを選ぶことが重要です。

即戦力を期待する企業の求人ではどうしても経験者が優遇されてしまいがちですが、20代向けの転職サイトや転職エージェントでは、経験を問わずポテンシャルを重視して選考が行われることも。

経験やスキルは今から補えるものではないため、それ以外の人柄ややる気などを買ってくれる求人が多いところを選ぶと内定が決まりやすくなります。

ポイント2.総求人数と質の良さ

転職を成功に導くためには、いかに多くの求人を見つけて選択肢を増やし、求人を比較して自分に合った求人を見つけることが重要です。

特に第二新卒の場合、経験者としての採用は難しく、経験者が優遇されてしまう場合があるというデメリットもありますが、これまでのキャリアと関係なく転職活動ができるため、未経験からさまざまな職種・業種に転職できるというメリットもあります。

そのため、なるべく多くの職種・業種の求人を見て比較するためにも、総求人数の多いところを選択することで、自分に合った転職先を見つけやすくなります。
また、求人の質も重要なポイントです。
第二新卒向けの求人の中には、経験やスキルなどの条件がなく誰でも応募できる反面、年収や待遇などの条件が悪い求人も多いこともあります。

経験者を採用してしまうと前年収などを考慮するため年収を高く提示する必要がありますが、第二新卒の転職の場合、未経験者枠として安いコストで若い人材を育てることができるからです。

  • とにかく仕事に就きたい!
  • 今の職場を辞めたい!

と転職エージェントから勧められた求人に飛びついてしまわないよう、求人の質を見極めることも重要なポイントと言えます。

転職エージェントによっては、非公開求人や独占求人も多く、他では見られない好条件の求人があることも。

teacher
求人数だけでなく、どんな企業の求人があるかどうかをあらかじめ確かめておくと良いでしょう。

ポイント3.転職サポートの手厚さ

第二新卒では転職活動をしたことがないという方がほとんどです。

経験者向けの求人であれば、経験やスキルなどがすぐれていれば、たとえ提出書類や面接などの選考で失敗してしまっても採用されるチャンスはあります。

しかし、第二新卒の場合には、履歴書・職務経歴書の書き方や面接での態度などで合否が決まることも。

いかに企業の採用担当者の印象に残り、

staff
一緒に働きたい!

と思ってもらえたかどうかが、選考を通過するポイントとなります。

そのため、履歴書・職務経歴書の添削や面接指導などの転職サポートが手厚く、実績があるところを選ぶことが大切と言えます。

カウンセリング実績や内定などの転職成功率の高いところを選ぶと安心です。

たとえば、マイナビジョブ20’sでは、利用者数が16万人、入社した方の3か月の定着率は96.8%と確かな実績をもっています。

出典:マイナビジョブ20’s

利用している人が多いだけでなく、入社後の定着率が高いということは、転職エージェントから紹介された求人のマッチ率が高いと言えるため、転職エージェントのサポート力が高いと言えます。
  • 履歴書の書き方が分からない
  • 面接で緊張してなかなかうまくいかない

などの悩みも転職エージェントの担当者に相談することで解消できるため、第二新卒の方は特に最初は転職サポートを受けると良いでしょう。

ポイント4.利用しているユーザー層

第二新卒が転職エージェントを選ぶ際には、利用しているユーザー層も重要なポイントです。
man
ユーザーの割合なんて関係ないのでは?

と思ってしまいがちですが、企業はどこの転職エージェントにも同様の求人を出しているわけではありません。より企業が求めている人材が多く登録しているところを選び、優秀な人材を獲得しようとします。

そのため、企業側は利用しているユーザーの年齢や性別、スキルや経験などに応じて、転職エージェントに掲載するかどうかを判断しています。

つまり、第二新卒の方が多く登録している転職エージェントにはそれだけ第二新卒向けの求人を出している企業が多いということになります。
  • 未経験者
  • 20代
  • 第二新卒

などの転職者が多いところを選ぶようにしましょう。

たとえば、ハタラクティブでは、登録者の90%以上が20代であり、高卒や専門卒もあわせて約46%と第二新卒や20代の登録者が多く、学歴も大卒から高卒までさまざまな方が利用しているということが分かります。

出典:ハタラクティブ

teacher
利用しているユーザー層に応じて求人を出している企業も20代の転職を支援しているところが多いため、第二新卒の方でも活躍できる企業が多いのです。

ポイント5.転職ノウハウなどのコンテンツの充実

第二新卒などの転職経験がない方にとって担当のキャリアアドバイザーの転職サポート力も重要ですが、転職の基礎知識や選考対策などさまざまな情報を知ることができる転職エージェントを選択することも1つのポイントです。

転職エージェントでは、複数の転職者を担当しているため、相談できる時間が限られていたり、履歴書の添削などが何度も受けられないところもあります。

そのため、自分で情報収集をし、転職活動の流れなどをつかむことも必要となるため、利用している転職エージェントのサイトにどれだけ情報が充実しているかどうかも重要なポイントと言えます。

特に転職エージェントの運営だけでなく、転職サイト・転職エージェントどちらのサービスも併せ持つサイトであれば、転職ノウハウや便利なツールが使える可能性もあります。

出典:パソナキャリア

メインで利用している転職サイトにエージェントサービスがあれば、あわせて利用しておくこともおすすめです。

第二新卒に「絶対」におすすめしたい転職エージェントランキング

1位.マイナビエージェント

運営会社株式会社マイナビ
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
社員数9,800名
実績データ20代に信頼されている転職エージェントNo.1(楽天リサーチ2019年1月調べ)
非公開求人約80%
取引社数15,000社以上
公開求人数20,609件
非公開求人数-
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

第二新卒が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
「未経験歓迎」求人の多さ〇こだわり検索も可能
総求人数と質の良さ
転職サポートの手厚さ
利用しているユーザー層◎20代・30代が主に利用
転職ノウハウなどのコンテンツの充実〇年代別・転職回数別の転職ノウハウあり

第二新卒に「絶対」におすすめしたい理由

マイナビエージェントは、業界トップクラスの知名度を持つ転職サイト「マイナビ転職」が運営しているため、取引企業からの信頼も厚く、求人数や転職サポート力にも定評があります。

「未経験」や「第二新卒」の求人特集があるなど若い世代の転職を支持する企業の求人が多く、「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」という実績を持っています。

応募書類の添削サポートを受けられるだけでなく、応募書類とともに提出する「推薦状」で企業に転職者の魅力を客観的に伝えてもらえたり、模擬面接で面接の雰囲気に慣れることができたりと、手厚いサポートを受けられることが魅力と言えるでしょう。
また、転職回数や年齢別の転職のポイントがまとめてあり、初めての転職の方でも安心して転職活動ができるところも高評価。基本的な転職活動の流れや転職回数・年齢別のお悩みなどコンテンツが充実しているため、情報収集にも利用できます。

しかし、デメリットとして

  • ハイキャリア求人が少ない
  • 企業数が多いため、中にはブラックな企業なども含まれる

の2つの点があり、求人数は多いものの、求人の質が期待できない可能性も。

teacher
転職エージェントに求人を紹介された場合には、それをそのまま受けるのではなく、自分でしっかりと求人について検討することも大切と言えるでしょう。

2位.doda

運営会社パーソルキャリア株式会社
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
IT系エンジニア
モノづくり計設計・開発職
メディカル業界
グローバル人材
エグゼクティブ
社員数5,285名
実績データ業界最大規模会員数534万人(2020年1月末時点)
転職者満足度No.1サービス(電通バズサーチ調べ)
公開求人数80,295件
非公開求人数55,019件
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
23人52%91%411万円406万円99%80日7.7

第二新卒が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
「未経験歓迎」求人の多さ◎求人多数
総求人数と質の良さ◎求人数約10万件
転職サポートの手厚さ〇エリア別・業種別の担当者あり
利用しているユーザー層〇過半数が20代後半から30代前半
転職ノウハウなどのコンテンツの充実◎ツール、ノウハウなど充実

第二新卒に「絶対」におすすめしたい理由

dodaは約540万人もの転職者が利用する業界最大級の転職エージェントで、求人数も10万件とトップクラス。総合的にあらゆる職種・業種の求人が揃っているため、選択肢を広げることができます。

エージェントサービスの質も高く、キャリアカウンセリングの相談拠点も東京、大阪はもちろんのこと、北海道や岡山、広島など多いため、地方の方でも利用しやすいというメリットがあります。

また、dodaは転職エージェントでだけでなく、転職サイトとしても評価が高く、転職コンテンツや転職ツールが多いところも魅力と言えるでしょう。

転職エージェントに求人の紹介やサポートを受けられるだけでなく、自分自身のペースで情報収集や自己分析、求人の応募などを進めることも可能です。

大手総合転職サイトとして転職者、企業それぞれからの信頼感もあり、転職に必要な情報やサポートはほとんど揃っているため、転職を考える第二新卒の方はまず登録しておいて問題はないでしょう。
ただし、求人数が多く、扱っている職種・業種も幅広いため、ブラック企業の求人を紹介されたり、専門知識などが必要な特定の職種・業種の企業情報が不足している可能性もあることがデメリットと言えます。
teacher
求人の見極めを行い、自分で情報収集を行うことが大切と言えます。

3位.リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
ITエンジニア
ものづくりエンジニア
ハイクラス・高年収
社員数4,600名
実績データ転職支援実績No.1。累計49万名以上
(2019年3月期)
親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス
(NPSベンチマーク調査2018年)
取引社数 :約1万9000社
(2019年3月末時点)
登録者数 :約87万9000名
(2018年度実績)
転職決定者数 :約4万7000名
(2018年度実績)
公開求人数172,316件
非公開求人数164,129件
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
22人59%91%379万円405万円107%89日7.4

第二新卒が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
「未経験歓迎」求人の多さ
総求人数と質の良さ◎総求人数20万件以上
転職サポートの手厚さ
利用しているユーザー層〇過半数が20代・30代
転職ノウハウなどのコンテンツの充実◎第二新卒向けの転職ノウハウあり

第二新卒に「絶対」におすすめしたい理由

リクルートエージェントは、業界最大級の転職エージェントで、これまでに累計49万名以上の方に紹介を紹介し、転職支援を行ってきたという圧倒的な実績を持っています。

リクルートエージェントの魅力はなんといっても、求人数の多さ。

非公開求人も業界最多の20万件と多く、他の転職サイトでは見られない独占求人や好条件の求人が揃っています。

20代・30代の利用者も多いということがあり、未経験者歓迎の求人も豊富で、公開されている求人を自分で検索することもできるため、自分の希望に合った求人を見つけやすいというメリットがあります。

また、転職支援実績No.1だからこそ知っている転職成功のための情報も充実しており、面接向上セミナーなどもあります。

求人数、転職サポート力、企業情報など申し分ないため、転職エージェントの利用をまだ迷っている方も事前に登録することをおすすめします。
ただし、企業が支払う成功報酬が高く企業側の採用コストもかかるため、秀でないとなかなか採用が決まりにくいというデメリットがあることを頭に入れておきましょう。

4位.ハタラクティブ

運営会社レバレジーズ株式会社
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
第二新卒・既卒・フリーター
社員数1,076名
実績データカウンセリング実績60,000件
内定率80.4%
未経験OK求人を常時2,300件保有
公開求人数-
非公開求人数-
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

第二新卒が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
「未経験歓迎」求人の多さ
総求人数と質の良さ△やや少なめ
転職サポートの手厚さ
利用しているユーザー層◎20代が9割以上
転職ノウハウなどのコンテンツの充実

第二新卒に「絶対」におすすめしたい理由

ハタラクティブは20代のフリーター、既卒、第二新卒向けの転職エージェントということもあり、

  • 20代の若手を採用して育てたい
  • 幅広い人材を育てたい

人柄を重視する企業が多いところが特徴と言えます。

そのため、ハタラクティブの利用者の3人に2人が正社員経験がなく、未経験者として転職に成功しています。
カウンセリング実績も累計で60,000人、内定率も80.4%と高い実績を持つなど、第二新卒でも転職成功しやすいというところが利用をおすすめする一番の理由です。

就活関連コラムの情報も多く、既卒の就職を成功させるためのポイントなども書かれているため、初めての転職活動の方や第二新卒の方の転職活動のヒントにもなります。

また、LINEのビデオ面談で相談することも可能なので、忙しい方や遠方の方にもおすすめです。

しかし、未経験者向けの求人を中心としていることもあり、

  • 高年収の求人が少なく、キャリアアップには向かない
  • 職種や業種によっては求人数に偏りがある
  • 他の転職エージェントに比べて求人数が少なめ

などのデメリットもあります。

5位.就職shop

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
第二新卒・既卒・アルバイト・フリーター
若者向け
社員数4,600名
実績データ累計利用者数:約11万人(2020年1月末時点自社調べ)
登録企業数:1万社以上(2020年1月末時点自社調べ)
利用者の9割が20代
公開求人数-
非公開求人数-
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

第二新卒が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
「未経験歓迎」求人の多さ◎未経験者が対象の求人がほとんど
総求人数と質の良さ△求人の質にばらつきあり
転職サポートの手厚さ〇面接練習や提出書類作成指導など
利用しているユーザー層◎20代が9割以上
転職ノウハウなどのコンテンツの充実

第二新卒に「絶対」におすすめしたい理由

就職Shopはリクルートグループの転職エージェントです。

リクルートエージェントが20代~40代などの転職者向けの幅広い職種や業種の求人があるのに対し、就職Shopでは第二新卒や既卒、アルバイト・パートなど未経験から正社員を目指す方向けの求人が揃っているところが特徴と言えます。
就職Shopを利用する一番のメリットは、書類選考がなく企業の選考を受けることができるという点です。

一般的な転職サイトや転職エージェントでは、書類選考での審査もあり、経歴やスキルがない方にとって不利になりやすいのに対し、書類選考がないことで人柄を重視した選考を実現しています。

また、掲載されている求人は100%直接取材を行った企業の求人のため、取材で得た就職Shopならではの企業情報を知ることもできます。

実際の職場の雰囲気や企業が求める人材などが分かるため、ミスマッチが少なく、転職に成功しやすいというメリットがあります。
デメリットとしては、求人の質にばらつきがあり、ハイクラス向けの求人が少ないということです。
teacher
キャリアアップには向かないため、経験やスキルなどがある程度ある方は他の転職エージェントを利用した方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA