【面接マル秘テク】自己紹介を工夫すれば採用率はグンと上がる!転職の面接時に見られる重要ポイントを徹底解剖!

man
「転職を考えているのだけど、面接ではどんなところを見られるのかな?」
「転職に成功した人は面接の際にどのような自己紹介を行ったのだろう?」

転職をする際の不安として、面接に関するものは少なくありません。

特に「どのように自己紹介すれば良いのか分からない」、「良い印象を持ってもらうために具体的に何をすれば良いのか分からない」、という声は多いです。

ここでは、

  • 自己紹介で踏まえておくべき4つのポイント
  • 転職に成功した/失敗した人が行った自己紹介
  • 面接官は、どんなところを見ているのか
  • 印象が良くなるアピールの方法
  • 面接で話すべき自己紹介の内容

以上5点について徹底解剖し、詳しくまとめています。

難しく考えがちな自己紹介ですが、要点をしっかり押さえておけば難しいものではありません。

採用率の上がる自己紹介をするためにはどのようなポイントを踏まえておくべきなのでしょうか。じっくり見ていきましょう。

面接における自己紹介とは

面接における自己紹介とは

そもそも転職時の面接において、なぜ自己紹介を求める企業が多いのでしょうか。

それは自社と面接に来た転職希望者との相性を確かめるためです。

これまで何をしてきたか、どんなことが出来るのかなどは、履歴書やポートフォリオを見れば分かります。

しかし、人柄までは伝わってこないので、自己紹介を設けて人柄を見るのです。

つまり、自己紹介では自身の持つスキルや経歴だけでなく、自分はどのような人間なのか、面接官に伝えることが重要になります。

man
「あれこれと詰め込みがちでしたが、大切なのは自分の人柄を伝えることなんですね。」
concierge
「面接では自己紹介の後にスキルや経歴の話をすることが多いです。なので、自己紹介ではそれらの話は触り程度に留めて、仕事に対する熱意や考え方について話した方が良いでしょう。」

自己紹介で踏まえておくべき4つのポイント

自己紹介で踏まえておくべき4つのポイント
man
「自己紹介で絶対に踏まえておくべきポイントってなんですか?どんな内容を話せば良いのか分かりません。」
concierge
「内容も重要ですが、自己紹介にはそれ以前に踏まえておくべきポイントがいくつかあります。同じ内容を話すとしても、声のトーンや姿勢などで印象を大きく変わるでしょう。自己紹介に取り入れるべき内容を紹介する前に、踏まえておくべきポイントを紹介します。」

その1 緊張し過ぎない

自己紹介は面接の冒頭で求められることが多いため緊張してしまいがちです。

しかし、ガチガチに緊張して自己紹介をしてしまっては自分の魅力を面接官に伝えきることが出来ません。

ましてや、新卒採用ではなく社会経験のある中途採用の面接を受けるのですから、場慣れしているところを見せておきたいです。

具体的には「表情と姿勢、話し方」に気をつけましょう。

concierge
「明るい表情で姿勢良くハキハキと話すのと、固い表情で姿勢悪くボソボソと話すのでは、面接官の印象が大きく変わります。」

その2 事前準備を行う

ぶっつけ本番で完璧な自己紹介を行える人はほとんどいません。

だからこそ、転職での自己紹介を失敗しないためには入念な事前準備が必要になります。

最低でも、「自己紹介文の作成」、「声に出して自己紹介文を読む」くらいはしておきたいです。

可能ならば友人や家族に頼んで自己紹介を聞いてもらうと良いでしょう。

その3 自己紹介はなるべく簡潔にまとめる

転職時の面接でありがちなミスとして「自分のことを知ってもらおうとした結果、自己紹介が長くなってしまう」というものがあります。

熱意をアピールしたい!と考えるのは良いことですが、あまりに冗長になってしまっては面接官が飽きてしまい、良い印象を持たれません。

自己紹介は面接の中で唯一、「自分主導で話すことのできる時間」です。

  • 長くなれば面接官の聞きたいことを聞く時間が無くなる
  • スマートに話をまとめられない人と認識される

などのデメリットがあることを覚えておきましょう。

その4 どんな業界・職種でも話すべき内容は同じ

転職先が同業種、異業種のどちらでも話すべき内容は変わりません。

知識があることをアピールしようと専門用語を自己紹介に散りばめたり、専門的で分かりにくいエピソードを話したりする必要は無いのです。

業界・職種に関する専門知識を披露するのは聞かれた時のみにして、自己紹介は「誰が聞いてもわかりやすい内容」となるよう心掛けましょう。

concierge
「緊張しないためには入念な事前準備が必要です。その上で簡潔にまとまった自己紹介を行うよう心掛けましょう。」
man
「どんな業界・職種でも話すべき内容が同じだとは思っていませんでした。専門知識を総動員させた自己紹介をするより、わかりやすい内容の自己紹介をすることが重要なんですね。」

自己紹介で話すべき内容

自己紹介で話すべき内容

これまでどんなことをやってきたのか

面接官は転職希望者がどんなことをやってきた人なのか知りたがっています。

経歴やスキルは履歴書を見ればある程度わかるものの、詳しい内容までは分かりません。

だからこそ、自己紹介で自身のやってきたことを詳細に伝えるべきなのです。

例えば、営業をしていた人が同じく営業職として転職を望む場合はどうでしょうか。

面接官は履歴書を見て、営業経験がある人だ、という情報を知ってはいますが、実際にどのような営業をしていたのかまでは分かりません。

そこで、自己紹介の中に電話営業をしていた、法人営業を担当していたなどの情報をちりばめておくと、後の面接がスムーズに運びます。

前述の通り、長い時間自分について語る必要はありません。

自分の経歴やスキルの中で「履歴書を見るだけでは分からない部分」を補完するように心掛けましょう。

自分の持つ強み

企業にとって中途採用を行う最大のメリットは、教育コストを掛けずに即戦力の人材を手に入れられることです。

裏を返せば「強みを持たない人材は必要ない」ということでもあります。

自己紹介ではいくつか自分の強みをアピールし、なぜ強みだと言えるのか明確に話せるよう準備しておきましょう。

インパクトのある強みであればあるほど、面接官の興味を引くことが出来ます。

何を目指して応募してきたのか

入社してからどのような人材になりたいのか、採用したらどんな活躍をしてくれるのか、など面接官は志望動機を知りたがっています。

ただ、志望動機は自己紹介とは別に聞かれることも多く、自己紹介に盛り込むと長くなりすぎる場合があります。

強みのアピールや実績の紹介に時間を使いたいのなら、あえて自己紹介に含めなくとも良いでしょう。

concierge
「極論を言えば、この3点さえ押さえておけば自己紹介は成功したも同然です。あとは簡潔にまとまっているかどうか、強みの根拠となる説明がなされているかどうか、などの細かい部分を詰めていきましょう。」
man
「なるほど、転職の面接ではなるべく短めに、経歴、強み、志望動機を含んだ自己紹介を行えば良いのですね。」

印象が良くなるアピールの仕方

印象が良くなるアピールの仕方

アピールポイントを絞る

アピールポイントは複数になると、ひとつひとつの印象が薄れてしまいます。

そのため、強みをアピールする際はひとつかふたつに絞って、面接官の印象に残るよう工夫してアピールしましょう。

具体的には、「明確な数字、客観的な評価」を交えてアピールをすると良いです。

逆に主観的な評価を根拠に強みをアピールしてしまうと「自分がそう思っているだけでは?」と面接官から疑惑の目を向けられてしまうため注意してください。

どんな人材を必要としているのか理解する

企業によって採用の条件が異なるように、必要としている人材もまた様々です。

面接官の印象を良くしたいのなら、転職を希望する企業がどんな人材を求めているのか理解した上で、自分こそが適材だとアピールしましょう。

  • 効果的なのは企業の理念や実際の業務内容を調べる
  • 間接的に自分との繋がりをアピールする
  • 保有する資格が転職先の企業にもたらすメリットをアピールする

などです。おすすめなのは気になっている企業の募集要項を参考にすることです。

募集要項を見れば、その企業が欲しがっている人材のキャラクター、働き方などの情報が見えてきます。

そうすると、企業の必要としている人材像が透けて見え、アピールしたり自分との繋がりを強調したりすべきポイントが見つかるでしょう。

「御社が求めている~という人材に私は合致していると考えます」というような、あからさまなアピールはかえって面接官の印象を悪くする可能性があります。

事実に基づいたエピソードを披露する

「チームを率いて案件を成功に導いた」、「~という仕組みを考案・導入し、○○な結果が得られた」などの事実に基づいたエピソードは、転職者の仕事ぶりがイメージしやすく、良い印象を持ってもらえます。

とはいえ、嘘のエピソードをでっちあげてしまうと、突っ込んだ質問に答えられない、具体的な数字を出せないなどのぼろが出てしまうため要注意。

面接官の印象が良くなるどころか、失望させてしまう結果に繋がりかねないため、エピソードを話す際は必ず「事実に基づいた内容」を話すようにしましょう。

man
「つまり、印象を良くするためには転職先の企業が欲しがっている人物像を考えた上で、アピールポイントを考えるのが重要なんですね。」
concierge
「それに加えて、わかりやすいエピソードも交えると効果的です。」

転職に成功した人が行った自己紹介のポイント

転職に成功した人が行った自己紹介のポイント

成功例1

man

〇〇と申します。

本日はお忙しい中お時間をいただき誠にありがとうございます。

私は○○大学を卒業して以降、○○株式会社に新卒で入社し、〇年間法人営業を行ってきました。

得意としているのは新規開拓営業で、入社以降○○社以上の企業を開拓、前年比○○%の売り上げ増を達成したこともあります。

現在は営業チームをまとめ上げるリーダーとして、部下の育成も行っています。

営業で大切なのは一方的な売り込みではなく、顧客との対話だという信念の元、後進の指導に当たった結果、昨年はチーム全体の売り上げが社内でナンバーワンとなりました。

新規開拓営業や営業チームのまとめ役なら私にお任せください。

本日はどうぞよろしくお願い致します。

学歴・職歴が簡潔になっている

出身大学や在職中の企業に関する情報を極力簡潔にし、余計な情報を含めないよう配慮しています。

一方で強みのアピールや、実績に関するエピソードは必要最低限ながらも詳細な説明がなされています。

面接官が欲しい内容を先回りして紹介した模範的な自己紹介と言えるでしょう。

強みと強みを裏付ける分かりやすいエピソードがある

この自己紹介では自身の持つ強みを「営業能力の高さ」、「統率力の高さ」の2点に絞って紹介しています。

最もアピールしたい強みだけを簡潔にまとめているので、非常に分かりやすいです。

それに加えて、強みを裏付けるエピソードが盛り込まれているので、説得力のある内容となっています。

成功例2

man

本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます。

私は○○と言います。

○○大学で○○について学んだ後、その知識を活かし、株式会社○○に施工管理技士として入社しました。

入社以降は円滑な業務の遂行を心掛け、○○件の施工に関わりました。

最も得意なのは小規模マンション、アパートなどの施工管理で、現職では施工管理部門の最優秀賞を獲得したこともあります。

貴社の施工事例を拝見しまして、このような後世に残る素晴らしい建築物の施工に関わりたいと思い志望をさせて頂きました。

本日はどうぞよろしくお願いいたします。

具体的な数字を明示して経験をアピールしている

これまで担当した施工件数を明示するなど、具体的な数字を表して経験をアピールしています。

ここで「たくさんの」、「多くの」といった表現を使ってしまうとインパクトが薄れてしまいますが、「明確な数字」を出すようにすると説得力が高まります。

また、在籍中の会社でどのような評価を受けていたのかアピールするのも重要です。

この例の場合は最優秀賞を獲得したとアピールしていますが、同期○○人の中でトップの成績、対前年比○○%を達成などの実績をアピールするのも良いでしょう。

入社後の展望が明確

入社後の展望が明確であるため、熱意が伝わってきます。

また、あえて詳しく語り過ぎないことで面接官の質問を誘うように自己紹介を締めているのも高評価です。

いくらアピールポイントを用意しても、面接官に質問をしてもらえなければ自分の有用性をアピールすることは出来ません。

転職の際の自己紹介では、面接官が突っ込んで聞きたくなるような要素を散りばめておきましょう。

man
「アピールすべきポイントを抑えつつ、なるべくコンパクトにまとめる。口で言うのは簡単ですが、なかなか難しそうです。どうすれば成功例のように良い自己紹介が出来るのでしょうか。」
concierge
「自身の経験や仕事をやっていく上で得た気付きをベースに、成功例のポイントを意識しながら自己紹介を考えてみましょう。また、知人に自己紹介を聞いてもらい意見を貰うのもおすすめです。」

転職に失敗した人が行った自己紹介のポイント

転職に失敗した人が行った自己紹介のポイント

失敗例

man

今日は貴重なお時間を私のために割いていただきありがとうございます。

頂いたお時間を無駄にしないよう有意義な面接となるよう努力する所存です。

早速自己紹介に入らせていただきたいと思います。

私は○○と申します。

前職は営業職をしていました。営業で最も大事なのは努力と根性、顧客に伝わる熱意だと考えております。

そう考える所以は私が以前野球をしていたからで、野球からはたくさんのことを学びました。

現在も趣味として野球をしており、草野球ではありますが現在はチームを率いる存在として活躍しています。

チームで培った統率力は御社でも役に立つと考えております。

あらゆる営業手法に通じており、個人・法人向け問わずどんな相手にも営業を行える自身があります。

これで自己紹介を終わります。

無駄な話が多すぎる

面接の場を設けてもらったことに関してお礼を言うのは間違っていませんが、この自己紹介のように長々とお礼を言うのは面接官の心証が良くありません。

余計な話は極力入れないようにして、「自分の強みや実績」などに関することを詳しく話すようにしましょう。

仕事に対する考え方が漠然とし過ぎている

努力や根性といった言葉では、これまでどのような考えで仕事を行ってきたのか分かりません。

熱意を伝えたいのは分かりますが、これでは面接官に中身のない人物だと思われてしまいます。

仕事に対する考えを自己紹介の中に入れる場合は、「~のような考えで業務を進め、~という結果が得られた」のように自分の考えの正しさを裏付けるエピソードを盛り込みましょう。

自分の強みを上手くアピールできていない

強みはひとつ、もしくはふたつ」程度に留めるべきで、「あらゆる営業手法に通じて~」のように有用性をアピールしようと幅広い範囲をカバーしようとすると、かえって現実味が無くなります。

この場合、野球の話を絡めるのならば実際に根拠を明示している統率力を強みとしてアピールするべきです。

man
「失敗例と比べると、成功した例では話すべきことをなるべくコンパクトに話しているのが分かります。ただ、失敗例でも話すべき内容自体は間違っていないのではないでしょうか。」
concierge
「新卒採用では有効なエピソードとなりえる趣味・部活の話も、中途採用だとあまり良い印象を与えません。社会人経験があるにも関わらず、趣味の話を自己紹介に交えているのは仕事に自身が無いからでは?と考えられてしまうことがあるのです。」

まとめ

転職面接の際の自己紹介では、

  • 緊張し過ぎない
  • 事前準備を行う
  • 自己紹介はなるべく簡潔にまとめる
  • どんな業種・職種でも話すべき内容は同じ

以上4点を踏まえておきましょう。

また、面接官は自己紹介の中で、

  • 自分のやりたいこと
  • 自身の持つ強み
  • 志望動機

この3点について聞きたがっています。すべてを絶対に盛り込まなければいけないわけではありませんが、面接官が重視するポイントとしてこれらは筆頭となるため、なるべく自己紹介の中に含めておきましょう。

concierge
「面接官の印象は自己紹介が終わった時点でほとんど決まっていると言っても過言ではありません。表情や姿勢を良くするのはもちろん、面接官が聞きたがっていることを先回りして紹介するようにしましょう。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です