利用する転職エージェントによって書類選考通過率は変わる?書類選考の通過率を上げる5つのポイントを解説!

転職エージェントでは専任のコンサルタント(キャリアアドバイザー)から自分に合った求人の紹介や履歴書・職務経歴書の添削、面接指導など、転職活動を成功に導くさまざまな転職サポートを受けることができます。

そのため、直接応募や転職サイトからの応募に比べ、書類選考率の通過率を上げることができるとされています。

しかし、実は利用する転職エージェントや担当者によって、書類選考の通過率が異なるため、利用すれば必ず書類選考を通過できるというわけではないのです。

そこで今回は、利用する転職エージェントによって書類選考の通過率が変わる理由と、通過率を上げるための5つのポイントをご紹介します。

teacher
  • 書類選考になかなか通らない
  • 少しでも書類選考率を上げたい

という方は本記事を参考に、転職エージェントを活用しましょう。

利用する転職エージェントによって書類選考の通過率は異なる?

転職エージェントでの書類選考の通過率は30%前後

そもそも転職エージェントの利用した場合、書類選考率はどのくらいかと言うと、およそ30%前後とされています。

マイナビ転職によると、マイナビエージェントで転職活動を行い内定を得た人たちのデータでは、応募して書類選考を通過する確率は30%という結果に。

出典:マイナビ転職

その後、一次面接の通過は30%、最終面接から内定が出る確率は50%というデータが出ています。

この結果から、たとえば1つの企業に100人の応募者がいれば、書類選考を通過する人数はわずか30人、そこから内定を得る人は4~5人ということになるため、転職エージェント経由であっても書類選考を通過するハードルが意外と高いということが分かります。
まだ書類選考の段階だからと軽い気持ちで応募する転職者も中にはいますが、書類選考を確実に通過するためには、他の転職者との差別化をはかり、採用担当者の目に留まる必要があるため、書類選考対策をしっかりと行う必要があるのです。

書類選考通過率は転職エージェントや担当者によって異なる

転職エージェント経由で応募した場合の平均的な書類選考通過率は30%とお伝えしましたが、転職者の経歴やスキルなどはもちろんのこと、利用する転職エージェントや担当者によっても異なります

転職サイト経由での応募や直接応募の場合には、直接採用担当者が応募者全員の書類選考を行い面接へ進めるかどうかの判断を行います。

しかし、転職エージェントの場合転職者と企業の間にコンサルタントが入ることになるため、書類選考通過の仕組みが異なるのです。

転職エージェントによって書類選考の通過率が変わる理由

転職エージェントや担当者によって書類選考の通過率が変わる理由は大きく分けて5つあります。

1.経験や知識の差で転職アドバイスの質

転職エージェントでは、新人であっても10年以上のベテランであっても、同じコンサルタントとして扱われます。

もちろん経験の差などによってコンサルタントを分けている場合もありますが、転職者からしてみればどんなに経験が浅いコンサルタントであったとしても、転職のプロであることには変わりありません。

そのため、経験の浅いコンサルタントが担当となった場合、転職ノウハウに差があったり、履歴書・職務経歴書の添削指導が十分でなかったりと、書類選考通過のための転職アドバイスの質が低くなってしまう可能性があるのです。

書類選考を通過させるためには、特に履歴書や職務経歴書などの応募書類の内容によって評価が決まるため、コンサルタントからの添削指導は欠かせません。

したがって、コンサルタントの経験や知識の差によって書類選考の通過率が変わってしまう恐れがある、ということを理解しておくことが大切です。

2.転職エージェントやコンサルタントへの企業からの信頼度

転職エージェント経由での応募の場合、転職者が作成する履歴書や職務経歴書だけでなく、担当者が伝える口頭での転職者の情報や推薦文によっても評価が左右されます。

そのため、転職エージェントやコンサルタントへの企業からの信頼度も重要なポイント。

これまでにもその転職エージェントやコンサルタント経由で採用を行った実績があれば、企業からの信頼もあるため、口頭での情報や推薦文で「ぜひこの転職者と会ってもらいたい」とおすすめされた場合、

staff
〇〇さんの紹介なら信頼できるし会ってみよう

と企業の採用担当者に高い評価を得られることもあるのです。

企業側が転職エージェントを利用するメリットも実はこれに関係しています。

通常の採用活動では、採用担当者が1人1人の転職者の情報に目を通し、選考を行う必要があります。

たとえば100人の応募があった場合には、100人分の応募書類に目を通さなければいけません。そこで、転職エージェントを利用しコンサルタントに基準に合う優秀な人材だけを30人ピックアップして紹介してもらえば、30人分だけの選考で済むことになります。

70人分の選考を行わない分、他の業務を進めたり1人1人を慎重に検討できるため、採用担当者の負担を減らすことができるのです。

そのため、転職エージェントやコンサルタントへの信頼度が高ければ高いほど、企業側の書類選考では落ちない可能性が高いと言えるのです。
また、応募条件を満たしていなかったり、一見能力が低そうな転職者の場合、通常の書類選考で即落とされてしまいますが、口頭情報や推薦文で履歴書や職務経歴書では表現できなかった転職者の魅力を伝えてもらうこともできます。

3.求人を出している企業への理解度

転職エージェントでは、企業が求める人材を把握しており、転職者とのマッチングをはかることができるということが強みです。

企業と転職者のマッチングをはかるためには、企業への理解度も非常に重要です。
しかし、利用する転職エージェントの特徴やコンサルタントによっては、多くの案件を幅広く扱うため、業界知識が足りなかったり、企業が本当に求める人材を把握しきれていなかったりと、企業への理解度が高くないケースもあります。

書類選考を通過するためには、企業が求める人材を的確に把握し、転職者が優秀な人材であるということをアピールすることが大切です。

情報が不十分だと企業が求める人材とは異なってしまい、転職者の魅力を十分伝えられない可能性もあります。

そのため、求人を出している企業児への理解度によって、企業が求める人材を把握した履歴書や職務経歴書を作成できるかどうかが変わるため、いかに有益な情報提供を受けられるかどうかがポイントと言えます。

また、大手転職エージェントでは総合的にあらゆる業種・職種の求人を扱い、利用者数も多いため、担当のコンサルタントが企業の情報を十分に把握していない場合も。

特定の業種・職種などに特化した中小の特化型転職エージェントの方が扱っている案件が限定され、企業とのつながりも強い傾向にあります。

このように、転職エージェントによっても、強みとする分野や扱っている求人数も変わるということを覚えておきましょう。

4.社内選考の基準

転職エージェントでは一般的に、企業に応募書類を送る前にエージェント社内での選考が行われます。

これは、応募者が殺到しすぎてしまうと、採用担当者の負担が増えるため、あらかじめ応募の前に人数を絞るという狙いがあります。

この社内選考での基準によっても、企業での書類選考の通過率が変わります。
基準をクリアした優秀な人材のみを厳選する

というスタンスの転職エージェント、コンサルタントであれば、企業側が実際に選考を行う人数があらかじめ少なくなり、レベルの高い人材だけが残るため、書類選考の時点で落とされる可能性が低くなります。

しかし、

応募基準だけをクリアしていればOK

というスタンスであれば、レベルの低い転職者からの応募がある可能性もあるため、書類選考も厳しく行われる場合もあります。

5.転職者との相性

コンサルタントから質の高い転職支援を受けるためには、転職者との相性も非常に重要な要素です。
コンサルタントとの相性が良くないと、転職者の経歴やスキルなどから魅力を上手く引き出せなかったり、適切な求人が紹介されない場合があります。

書類選考の通過率を上げるためには、転職者の経歴やスキル、希望条件、そして企業側の求める人材を把握した上で、条件に合った求人をマッチング、企業側に転職者の魅力が正しく伝わるように履歴書や職務経歴書などを作成することです。

転職者とコンサルタントのコミュニケーションが重要となるため、コンサルタントとの相性の善し悪しによっても、選考通過率が変わってしまうのです。

コンサルタントの経験や知識の差で書類選考通過率は変化しやすくなる

転職サイト経由での応募や直接応募で書類選考に落ちてしまった場合、転職者自身の経歴やスキル、さらには履歴書などの書き方に原因があることも多いです。

しかし、転職エージェント経由での応募の場合、転職者本人だけの力ではなく、コンサルタントの知識や経験の差にも大きく影響を受けます。

転職エージェントは転職者を採用させることで、企業から報酬をもらいます。

そのため、どう考えても採用されないような求人はよっぽどのことがない限り紹介されないはずなので、それにも関わらず書類選考の段階で落ちたということは、コンサルタント側にも問題がある可能性が高いのです。

利用する転職エージェントやコンサルタントによって書類選考の通過率も大きく変わるため、

man
転職エージェントを利用しているからもう大丈夫!

と思わずに、転職エージェントを見極めることが大切と言えます。

転職エージェントを利用して書類選考の通過率を上げるポイント

書類選考の通過率を上げるためのポイントは5つ

man
転職エージェントを利用しても書類選考を通過できない可能性もあるんだ・・・
teacher
転職エージェントの転職支援をしっかりと受けられれば、書類選考を通過できる確率をもっと上げることができます。ここからは書類選考の通過率を上げるためのポイントを5つ紹介します。

1.複数の転職エージェントからアドバイスをもらう

コンサルタントの善し悪しは利用してみないとなかなか分からないもの。

経験だけでなく、コンサルタント自身の考え方もそれぞれなため、必ずこの転職エージェントを利用すれば転職成功できるというものではありません。
そのため、1つの転職エージェント、1人のコンサルタントにこだわらず、複数の転職エージェントを利用しt転職のアドバイスをもらい、転職者自身を客観的に見つめなおすことが大切です。
転職エージェントランキングはこちら→https://xn--eck7a6c9546bjcp.xyz/agent_ranking/agent-osusume-ranking/

2.履歴書・職務経歴書の添削を受ける

履歴書・職務経歴書の添削は必ず受けるようにしましょう。

よく

man
コンサルタントとの面談する時間もないし、求人の紹介だけしてもらえばいいや!

と履歴書・職務経歴書の添削を受けない方もいます。

しかし、会ったことがない採用担当者に応募書類だけで魅力を伝えるためには、客観的な視点で見てもらうことが大切です。

ポイントは、

  • 誰から見ても分かりやすく魅力が伝わること
  • 応募企業に特化した志望動機や自己PRであること
  • ありきたりな文章ではなく採用担当者に「会ってみたい」と思ってもらえるような文章になっていること

です。

企業側が求める人材や企業情報を上手く引き出しながら、履歴書・職務経歴書を完成させましょう。
応募書類については、企業の採用担当者に「会ってみたい」と思わせるような内容になっているかどうかを見てもらうことが重要なポイント。

多くの転職者の履歴書・職務経歴書を行ってきたコンサルタントだからこそ分かる細かいポイントもあります。

他の転職者からの応募が多い場合、ありきたりな志望動機では周りの転職者との差別化が難しく、採用担当者の目に留まらない可能性もあります。

採用担当者に興味を持ってもらうためにも、

  • 結論から書く
  • 見出しをつけたり括弧を使ったりと見やすさを意識する
  • 具体的に転職先の企業でどんな活躍ができるかを明確に書く

などのポイントを意識して、履歴書・職務経歴書を工夫して作成しましょう。

3.相性の良いコンサルタントを見極める

利用する転職エージェントがどこかということも大切ですが、相性の良いコンサルタントを見極めることも大切です。
どんなに業界知識に長けており、経験豊富なコンサルタントであっても、意思疎通が難しかったり、転職者の希望を正しく理解してくれるコンサルタントに出会わなければ、転職活動が上手く進められないこともあります。
  • コンサルタントになかなか希望を伝えられない
  • 思ったような求人に出会えない
  • コンサルタントのペースで転職活動が進んでしまっている

などの場合には、担当のコンサルタントの変更や利用する転職エージェントを見直すようにしましょう。

また、より相性の良いコンサルタントを見つけるためには、1つの転職エージェントだけでなく、複数の転職エージェントを利用することも重要なポイントです。

コンサルタントとの相性が良くないと感じるたびに担当者を変更していたのでは、コンサルタントとまた一から面談を行わなければいけないため、想定よりも転職活動が長引いてしまう可能性も考えられます。

コンサルタントを効率よく見極めるためにもなるべく同時に2社から3社の転職エージェントを利用し、相性のよいコンサルタントを選んだ上で転職活動に臨むのも1つの手段と言えます。

また、面談に行く時間がないという場合には電話面談で相性を見極めることもできます。

teacher
相性の良いコンサルタントを見極め、最善の状態で転職活動を進めましょう。

4.なるべく多くの求人に応募する

コンサルタントから、

staff
内定率をアップさせるためにもなるべく多くの求人に応募しましょう

と言われたことがある方も多いのではないでしょうか。

企業によって採用基準や考え方もさまざまです。

条件としては申し分なく、採用される確率が高いと思っていても、なかなか内定をもらえないこともあります。
逆に複数の企業から内定をもらえたとしても、自分の条件に合う企業がないという場合も。

結局のところ、実際にその企業に応募してみないことには、採用が決まるかどうかは分からないのです。

そのため、なるべく多くの求人に応募し、書類選考や面接などの通過率を上げることがまず重要と言えます。
さらに、多くの企業に応募することで、書類選考や面接などの選考に慣れることができ、自分の長所や短所が見えやすくなるというところもメリットと言えます。

面接や書類選考に最初から慣れている人はほとんどいないでしょう。

そのため、本命の企業1社にしぼって応募するよりも、本命以外の企業との選考を行うことで、反省点などを活かし、リラックスして選考に臨めるようになります。

ただし、だからと言って

man
どこでも良いからとにかく求人に応募しまくろう!

という姿勢はNGです。

途中で選考を辞退したり、内定辞退する回数が増えてしまうと、コンサルタントから

staff
転職する気がないのでは?

と思われてしまい、今後の転職支援が受けられなくなる可能性もあります。

求人に応募する前にしっかりと検討し、応募書類を作成するのが選考通過率を上げる一番の近道です。
自分の希望に合うかどうかを判断した上で、なるべく多くの求人に応募し、チャンスをつかむことが大切と言えるでしょう。

5.業界に特化した転職エージェントを選ぶ

リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの大手総合転職エージェントは実績もあり、求人数も多いですが、幅広くさまざまな求人を扱っている分、1つ1つの企業に対する情報が少なかったり、業界知識があまりないコンサルタントにあたる場合もあります。

特に公認会計士やIT系など知識や資格が必要な業種の場合、業界知識に詳しいコンサルタントでなければ、企業が求める転職者の条件を正しく理解できない可能性も。

そのため、特別な資格や専門知識が必要な場合には、

など、業界に特化した転職エージェントを選ぶことが大切です。

自分が転職したい職種・業種が決まっている場合には、大手ではなくとも、専門に特化した転職エージェントの方が選考通過率を上げることができます

書類選考の通過率を上げるためには信頼できる転職エージェント選びが重要

利用する転職エージェントや担当コンサルタントによって、書類選考の通過率が変わります。

より自分の希望に合った求人を見つけ、確実に書類選考に通るためにも、信頼できるコンサルタントを選ぶことがもっとも重要なことと言えるでしょう。

そのためにも複数の転職エージェントを利用が必須と言えます。

転職活動を行う際には、転職エージェントを少なくとも2~3社は登録しておくと良いでしょう。

まとめ

man
転職エージェントなんてどこも同じでしょ?

と思ってしまいがちですが、転職エージェントと企業の信頼度や、コンサルタントの知識や経験の差によって書類選考が上手くいくかどうかも変わります。

そのため、書類選考の通過率を上げるためにも

  1. 複数の転職エージェントからアドバイスをもらう
  2. 履歴書・職務経歴書の添削を受ける
  3. 相性の良いコンサルタントを見極める
  4. なるべく多くの求人に応募する
  5. 5業界に特化した転職エージェントを選ぶ
この5つのポイントをおさえ、信頼できる転職エージェントを選ぶことが大切と言えます。
teacher
他の転職者と差をつけるためにも、相性がよく経験豊富なコンサルタントに履歴書・職務経歴書の添削指導などの転職支援を受け、採用のチャンスをつかんでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA