【2020年】Webデザイナーを目指す方に「絶対」におすすめしたい転職エージェントランキング決定版

Webデザイナーは、営業や事務など他の職種に比べ、スキルやセンス、実績など、さまざまな選考基準があり、なかなか内定を勝ち取るためには一筋縄ではいかないもの。

特に、履歴書・職務経歴書の提出を求められるだけでなく、Webデザイナーとしての実績やスキルを問うポートフォリオの作成が必須となっているところも多いため、しっかりと選考準備を行っておく必要があります。

そのため、

  • 未経験からWebデザイナーを目指したい
  • ポートフォリオの作成が初めて

という場合には、自分一人の力で作成を行うよりも、転職エージェントの力を借りることで、転職成功率をグッと引き上げることができます。

そこで今回は、Webデザイナーを目指す方に「絶対」におすすめしたい転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

teacher

転職エージェントを選ぶ際のポイント5つと共に、おすすめの転職エージェントを紹介するため、

  • これからWebデザイナーとして活躍したい方
  • Webデザイナーとしてキャリアアップをしたい方

などの方は必見です。

Webデザイナーを目指す方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント

ポイント1.Webデザイナーの求人の多さ

希望条件に合った求人を見つけ、確実に転職成功へとつなげるためには、なるべく多くの求人に応募することが必要となります。

1回で希望に合った求人が見つかり、運よく転職が決まればそれに越したことはありませんが、

  • 実際に選考を受けてみたら思っていた企業と違っていた
  • 企業の採用担当者との相性が悪かった

など、実際に選考を行ってみないとわからないこともあり、求人情報だけを見て最適な求人を選ぶことはなかなか難しいものです。

選択肢を少しでも多くするためにも、Webデザイナーの求人が多い転職エージェントを選ぶようにしましょう。
そして、ただ手当たり次第に紹介された求人に応募するのではなく、しっかりと求人を自分で見極め、応募するかどうかを決めることも重要なポイントです。

とにかく転職エージェントのコンサルタントに言われるがままに求人に応募するという方もいますが、内定しても絶対に行かないと分かっている求人に応募する必要はありません。

中には、ブラック企業の求人や、業界の年収水準から大きく外れた求人を紹介されることもあります。内定をもらって断れるのであれば問題ありませんが、転職活動中は自分の軸がついついぶれてしまうもの。

man

「せっかく内定とれたんだし断ったら悪いな・・・」

「希望条件とは違うけれどほかに内定とれないかもしれないし妥協しよう・・・」

と思い、希望条件とは異なる企業に転職を決めてしまう可能性もあります。

しかし、転職前よりも待遇が悪くなったり、職場環境が合わなかったりしてしまうと、早期離職につながってしまうこともあります。
本命企業に力を入れて選考に臨むためにも、ある程度求人を絞ることも大切です。

ポイント2.求人の質の高さ

転職エージェントを利用するメリットと言えるのが、転職サイトなどには掲載されていない非公開求人を見ることができるという点です。

転職サイトに比べ、転職エージェントでは採用報酬が高く、採用コストが高くなる傾向にあります。

しかし、その分転職エージェントのコンサルタントに間に入ってもらい、優秀な人材を獲得できるというメリットが企業側にあるため、転職サイトでは掲載されないような重要ポジションの採用に関わる求人や好条件の求人が多いという特長があります。

そのため、こういった非公開求人や独占求人が多い転職エージェントを選ぶことで、高待遇・高年収の求人が見つかりやすく、転職成功につなげやすいというメリットがあります。

  • 非公開求人や独占求人の割合はどれくらいか
  • 大手企業や優良企業などの求人を保有しているか

など、求人の質も転職エージェントを選ぶ際の基準の1つとしましょう。

ポイント3.転職支援の手厚さ

Webデザイナーの転職の場合、履歴書・職務経歴書などの提出書類ももちろん重要ですが、ポートフォリオの作成や実技選考など、他の職種に比べて、選考の仕方や基準が異なる場合があります。

そのため、履歴書・職務経歴書などの添削や面接指導、さらにはポートフォリオの添削指導などの転職サポートが手厚く受けられるところを選ぶことも転職成功のためのポイントです。

転職エージェントのコンサルタントから第三者の視点で見てもらうことで自分では気づかなかった弱みに気付くこともあります。

自分の作った履歴書やポートフォリオを見てもらえる機会は貴重なので、転職エージェントを利用するからには、コンサルタントから転職支援サービスをフル活用しましょう。

また、転職支援を受けられる時間帯や曜日、面談時の体制などもそれぞれ異なります。

一般的に転職エージェントは平日の日中に対面での面談で行う場合が多いですが、転職エージェントによっては土・日、平日の夜などの面談を可能としたり、電話での面談を積極的に導入しているところもあります。

たとえば、大手総合転職エージェントとして知られるマイナビエージェントでは、土曜日の面談が可能となっており、土日休みの方にも利用しやすい体制を整えています。

出典:マイナビエージェント

また、電話での面談も可能。

出典:マイナビエージェント

面談だけでなく、転職活動におけるちょっとした疑問や不安な点なども電話相談で気軽に行うことができます。

teacher
こういった転職のサポート体制も含め、転職支援の手厚いところを選択しておくと、転職活動が初めての方や、自分の経歴やスキルに自信がない方でも安心して利用することができます。

ポイント4.コンサルタントの質

転職エージェントを選ぶ際に、Webデザイナーの求人の多さと同じくらい重要なポイントとなるのが、コンサルタントの質です。

転職エージェント経由での転職活動に失敗したという方の中には、

  • コンサルタントとの相性が悪い
  • コンサルタントの専門知識や転職ノウハウなどが少なく、適切なサービスを受けられなかった

など、コンサルタントの質や相性が問題で、上手く転職活動を進められなかったという方も多くいます。

特にWebデザイナーの転職は求められるスキルも高く、ポートフォリオの作成など、他の職種では問われないようなセンスや専門知識、実績が求められます。

ポートフォリオの出来によって選考結果も左右されることもあるため、なるべく業界に特化した専門のコンサルタントが在籍しているところを選ぶようにしましょう。

一般的に

  • 総合転職エージェント・・・求人数は多いが、業界に特化したコンサルタントは少ない
  • 専門特化型転職エージェント・・・求人数は少なめだが、業界に特化したコンサルタントがほとんど

という特徴があり、いい面も悪い面もあります。

求人数の多さとコンサルタントの質、どちらも優れているところはなかなかないため、総合転職エージェントと専門特化型の転職エージェントを併用することもおすすめです。

ポイント5.コンテンツやサービスの充実

IT業界は特に技術やトレンドが移り変わりやすいもの。

利用するソフトがアップデートされたり、技術が進化したりと、目まぐるしく情報が更新されていくため、業界情報や転職ノウハウなどを日々収集しておくことが必要となります。

そのため、転職エージェントのサイト内のコラムや転職ノウハウなどのコンテンツが充実しているところを選ぶことも大切です。
man
コンサルタントにアドバイスや情報提供を受けられるから必要ないや

と思ってしまいがちですが、転職エージェントを利用できる時間も限られており、履歴書やポートフォリオの作成はある程度自分の力で進めることになるため、転職エージェント内のコンテンツも上手く活用しましょう。

また、転職エージェントによっては独自のサービスを設けているところもあります。

たとえば、マイナビクリエイターでは、Webデザイナーの転職には欠かせないポートフォリオ作成サービス「MATCHBOX」を提供しています。

出典:マイナビクリエイター

PC、スマートフォンを使って簡単にポートフォリオを作成することができるため、忙しい方やポートフォリオを初めて作成する方にも便利です。

このように転職エージェントごとに使えるサービスやコンテンツが異なるため、転職エージェントを選ぶ際のポイントの1つとしておさえておきましょう。

Webデザイナーを目指す方に「絶対」におすすめしたい転職エージェントランキング

1位.レバテックキャリア

運営会社レバテック株式会社
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野IT・WEBのエンジニア、デザイナー
社員数500名
実績データ年収アップ率60%
平均年収アップ額50万円
5,000件以上の求人
(2019年2月時点)
登録者数14万人(2020年1月時点)
取引企業数4,000社以上(2020年1月実績)
公開求人数7,250件
非公開求人数-
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
1人100%100%350万円450万円129%75日8.0

Webデザイナーを目指す方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
Webデザイナーの求人数の多さ◎公開求人数1,000件以上
求人の質の高さ〇非公開求人も豊富
転職支援の手厚さ〇ポートフォリオの添削指導
コンサルタントの質〇業界動向を熟知したコンサルタント多数
コンテンツやサービスの充実〇転職ノウハウ充実

Webデザイナーを目指す方に「絶対」におすすめしたい理由

レバテックキャリアは、IT・Webデザイナーの転職に特化した転職エージェントで、Webデザイナー向けの求人数も多く、非公開求人や重要ポジションなど好条件の求人が多いところが魅力と言えます。

自分で求人を探すこともでき、単にデザイナーという括りではなく、

  • Webデザイナー
  • キャラクターデザイナー
  • UI・UXデザイナー

などデザイナーの種類にあわせて細分化していて、自分の希望する条件に合った求人が見つけやすいというメリットがあります。

また、エンジニアやデザイナーを専門の転職エージェントということもあり、コンサルタントの専門知識や業界知識も深く、転職者のスキルや得意分野を正しく把握した上で適切な求人を紹介してくれるため、転職成功率が高く、年収アップ率も60%とキャリアアップも実現できます。
転職ノウハウも充実しており、デザイナーを目指す方に向けた記事特集が組まれていたりと、Webデザイナーを目指す方に役立つ情報を効率よく得ることができます。
ただしデメリットもあり、求人を厳選しているということもあり、総求人数がやや少なく、スキルや経歴、希望条件によっては応募できる求人がない場合もあります。

2位.マイナビクリエイター

運営会社株式会社マイナビワークス
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野Web・ゲーム・IT業界専門
社員数346名
実績データポートフォリオを作成できる無料サービス「MATCHBOX(マッチボックス)」の提供
公開求人数1,559件
非公開求人数-
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
1人0%100%220万円300万円136%25日8.0

Webデザイナーを目指す方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
Webデザイナーの求人数の多さ△やや少なめ
求人の質の高さ◎求人を厳選
転職支援の手厚さ◎ポートフォリオのブラッシュアップ
コンサルタントの質〇Web・ゲーム関連の転職を専門
コンテンツやサービスの充実◎ポートフォリオ作成サービス

Webデザイナーを目指す方に「絶対」におすすめしたい理由

マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界の求人に特化した転職エージェントで、人材紹介会社大手のマイナビグループが運営しているという安心感があり、転職サポートの質の高さに定評があります。

厳選された質の高い求人を多数掲載しており、専門性の高い専任のコンサルタントからきめ細かいサポートを受けることができます。

一般的な転職エージェントでは、コンサルタント1人あたり毎月40~50名のサポートを行う場合が多いですが、マイナビクリエイターでは1人1人の転職者に対して手厚いサポートを実現するために、1人あたり毎月20名までをベースとしているところも魅力。

1人1人に対して十分な時間をさけるため、応募企業に合わせた選考対策や、詳しい求人情報を提供してもらうことができます。

また、転職ノウハウも充実しており、履歴書の書き方やポートフォリオの作成のポイントなど、転職に役立つ情報を得ることができます。

そして、マイナビクリエイターの一番のポイントは、ポートフォリオ作成サービスである「MATCHBOX(マッチボックス)」を利用できるという点です。

パソコンやスマートフォンなどのデバイスと実績の素材さえあれば、だれでも簡単にポートフォリオを作成できるため、忙しい方にもおすすめです。さらに、ポートフォリオだけでなく、履歴書を簡単に作成することも可能です。

作成したポートフォリオはWeb上で共有できるだけでなく、PDFとして展開できるため、紙でもWebにも対応している点も嬉しいポイントと言えます。

デメリットとしては、

  • 求人を厳選している分、求人数が少なめ
  • 首都圏に求人が多く、地方の転職者には不向き

という点があり、転職者によっては求人がなかなか見つけられない場合もあります。

teacher

ただ、ポートフォリオ作成サービスだけでも利用する価値があるため、Webデザイナーを目指す方であれば転職活動を始める際にまず登録しておいても良いでしょう。

3位.GEEKLY(ギークリー)

運営会社株式会社GEEKLY
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野IT・Web・ゲーム業界専門
社員数-
実績データエンジニアが利用したいと思う転職エージェントNo.1
IT業界で年収UPの可能性が高いと思うエージェントNo.1
IT/WEB/ゲーム業界の転職確率が高いと思うエージェントNo.1
(日本マーケティンリサーチ機構調べ2019年9月期)
GOOD AGENT RANKING~2019年度上半期~「総合部門」No.1(リクナビNEXT調べ)
非公開求人10,000件以上
公開求人数8,032件
非公開求人数-
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

Webデザイナーを目指す方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
Webデザイナーの求人数の多さ
求人の質の高さ◎独占求人も豊富
転職支援の手厚さ
コンサルタントの質◎高いマッチングを実現
コンテンツやサービスの充実〇レジュメテンプレートあり

Webデザイナーを目指す方に「絶対」におすすめしたい理由

GEEKLY(ギークリー)はIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントで、Webデザイナーを目指す方にもおすすめです。

IT業界に特化している転職エージェントということもあり、業界の主要な企業とネットワークを持っており、非公開求人も10,000件以上扱い、GEEKLYでしか見られない独占求人も多数保有しています。
コンサルタントからのサポート力にも定評があり、機械的なマッチングではなく、これまでの転職支援実績をもとにした独自の転職ノウハウを活かして、転職者のスキル、経歴、希望条件などをトータルで分析した上で求人を紹介されるため、企業も転職者も納得がいく高いマッチング力を実現しています。

Geekly Mediaでは、転職準備や職種・ポジションに関わる情報など、転職活動に役立つ情報を得ることも可能。

IT業界を目指す方なら知っておいて損はない情報ばかりなので、見ておいて損はないでしょう。

しかし、エンジニアやWebディレクターなどに比べると、Webデザイナー向けの求人がやや少なく、首都圏の企業が中心なため、地方の求人があまりないという点がデメリットと言えます。

4位.ワークポート

運営会社株式会社ワークポート
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
ITエンジニア・プログラマー専門サイトあり
調剤薬局専門サイトあり
モノづくり技術者専門サイトあり
経理・財務専門サイトあり
社員数540名
実績データ転職サポート実績:50万人
取り扱い社数:8,000社超
GOOD AGENT RANKING~2018年度上半期~「転職決定人数部門」No.1(リクナビNEXT調べ)
転職決定人数部門No.1(DODA Valueable Award2017)
約70~95%が非公開求人情報
公開求人数29,818件
非公開求人数-
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
4人75%75%320万円388万円121%60日8.3

Webデザイナーを目指す方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
Webデザイナーの求人数の多さ
求人の質の高さ
転職支援の手厚さ◎専任の転職コンシェルジュによるマンツーマンサポート
コンサルタントの質〇専門性の高いコンサルタント
コンテンツやサービスの充実〇転職ノウハウ、ツールが充実

Webデザイナーを目指す方に「絶対」におすすめしたい理由

未経験からWebデザイナーを目指すのであれば、ワークポートの利用がおすすめです。

ワークポートでは経験者向けの高いスキルを必要とする求人ももちろんありますが、未経験者向けの求人も多く、業界・職種専門の専任のコンサルタント(転職コンシェルジュ)がらマンツーマンで転職活動をサポートをしてもらえるため、未経験からでも転職がしやすいというメリットがあります。

履歴書・職務経歴書のサンプルやポートフォリオの書き方のポイントなど、転職ノウハウも充実しているところも、おすすめするポイントです。

他にも職種図鑑や仕事にまつわるコラムなど、ワークポートならではのユニークなコンテンツがあり、入社後のふるまいや今後のキャリアへのヒントにもなります。
デメリットとしては、地方の求人が少なく、職種によっては求人数に偏りがあるという点です。
teacher
特にWebデザイナーの転職では、求められるスキルが仕事内容が企業によって異なるため、必ずしも転職先を見つけられるわけではないという点に注意しましょう。

5位.Webist(ウェビスト)

運営会社株式会社クリーク・アンド・リバー社
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野Web・ITクリエイター専門
社員数825名
実績データ取引企業数:3,000社以上
月間若手クリエイター登録者数:約1,000人(2019年上半期実績)
利用者数:80,000人
公開求人数5,667件
非公開求人数-
コンサルタント体制-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

Webデザイナーを目指す方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
Webデザイナーの求人数の多さ
求人の質の高さ◎大手企業・優良企業の求人が多い
転職支援の手厚さ
コンサルタントの質〇各領域に精通したエージェント
コンテンツやサービスの充実◎転職コラム・イベント・セミナー充実

Webデザイナーを目指す方に「絶対」におすすめしたい理由

Webist(ウェビスト)はWeb・広告・出版業界に特化した転職エージェントで、主に若手クリエイターの転職に強みを持っています。

大手・有名企業をはじめとする3,000社以上の企業とのネットワークを持ち、Webデザイナー向けの求人も多く、各領域に精通したコンサルタントに求人の紹介や選考対策などサポートを受けながら転職活動を進められます。
転職コラムも多数掲載されており、Webデザイナー向けの転職ノウハウや取得すべきスキルなど、転職活動に役立つコンテンツも充実しています。

デメリットとしては、

  • 様々な雇用形態が選択できる分、正社員求人が少なめ
  • 未経験OKの求人が少なく、他業種・職種からの転職は難しい

という点が挙げられます。

teacher
待遇など求人の質が高い分、スキルや経歴を重視して選考を行う企業も多いため、経験やスキル、資格などの実績を作った上で転職活動に臨むことが必要と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA