【2020年】英語力を活かした転職をしたい方に「絶対」におすすめしたい転職エージェントランキング決定版

woman

「英語力を活かして転職したい!」

「外資系企業に憧れを抱いている!」

など、英語力を活かすために、外資系企業やグローバル企業に転職を考える方も多くいるのではないでしょうか。

外資系企業やグローバル企業の転職の場合、営業や事務などの通常の業務をこなすスキルに加え、英語力やコミュニケーション能力などが求められるため、日本の一般的な企業に比べると選考基準が異なります

そのため、英文履歴書の作成や英語面接などの選考対策をしっかりと行う必要があるため、転職エージェントの利用が欠かせません。

そこで今回は、英語を活かした転職をしたい方に「絶対」におすすめしたい転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

teacher
選び方のポイントもあわせて解説するので、自分にあった転職エージェントを選び、英語を活かした転職を成功させましょう。

英語力を活かした転職をしたい方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント

ポイント1.外資系・グローバル企業の求人の多さ

英語力を活かす仕事といえば、外資系企業やグローバル企業を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

もちろん外資系企業など以外にも飲食業や販売業など、海外の方と接する機会も多い業種・職種で英語力を求められる場合もありますが、求められる能力もさまざまで、必ず英語ができた方が良いというものではありません。

そのため、英語力が活かせると思って転職しても英語をほとんど使わなかったり、逆に求人には英語力について書かれていなくても英語などの語学力を求められたりと、数多くある求人の中から英語力を活かした仕事を探すのは至難の業です。
したがって、外資系企業やグローバル企業の求人が多い転職エージェントを選ぶことがポイントです。
外資系・グローバル企業の求人が多い転職エージェントの特徴は、海外などに拠点やネットワークがあるかどうかということです。

たとえば、人材派遣サービスとして知られる「Adecco」を運営するアデコグループは、世界60カ国にネットワークを持ち、日本企業の海外進出や国内の海外人材採用のサポートなどを行っています。

出典:Adecco 

国内外の企業からの信頼も厚く、外資系企業やグローバル企業とのつながりを持っているため、英語力を活かした仕事の求人も多く扱っています。

そのため、アデコグループの人材紹介サービス「Spring転職エージェント」では外資系・グローバル企業の求人数も多く、転職支援実績もあり、英語力を活かした転職にも強みがあります。

出典:Spring転職エージェント

英語力を活かした転職に特化した転職エージェントの多くは、海外とのネットワークを持っているところが多いため、他の転職エージェントでは見つけられない求人を見つけられるというメリットがあります。

ポイント2.求人の質

外資系・グローバル企業に転職をしたい方に限らず、転職エージェントを選ぶ際には求人数だけでなく求人の質もしっかりと確認することが大切です。

いくら

  • 内定率90%以上!
  • 転職支援実績No.1!

と謳っていても、転職先の企業の環境や待遇などの質が悪ければ早期離職に繋がってしまう可能性があります。

利用者の満足度が高いところや、大手企業や優良企業など好条件の求人が多いところを選択するようにしましょう。
特に不自然に高い年収を提示してくるところや、コンサルタントにしつこく応募を勧められる企業は要注意です。

業界相場や役職などから考えて明らかに高い年収が提示されている場合、高い年収を提示してまで採用を急いでいる背景を考える必要があります。

  • 何かの事情で前任者が突然辞めてしまった
  • 人が一斉に辞めてしまった

などが理由で求人を出している場合、職場側に何かしらの原因がある可能性が高いのです。

業界相場や自分の適正年収を知った上で、求人の質を見極める必要があります。

また、コンサルタントにしつこく応募を勧められるという場合には、すぐに応募を決めてしまうのではなく、あくまで自分の意思で決めることが大切です。

転職エージェントは転職者から利用料や相談料をとるのではなく、企業から採用が決まったときに報酬をもらっています。

報酬は通常、

内定時に提示された年収×30%

が相場と言われています。

報酬を確実にもらおうと応募者が集まらない悪い条件の求人に応募させられてしまう可能性もあるため、コンサルタントの言葉に流されないようにすることが大切です。
teacher
このように、転職エージェントに紹介される求人だからすべて安心というわけではなく、中には質が悪い求人がある場合もあるため、利用する転職エージェントの求人の質を見極めることが重要なポイントと言えます。

ポイント3.コンサルタントの転職サポート力

転職エージェントを利用する場合、利用する転職エージェントだけでなく、担当のコンサルタントのサポート力によっても転職成功率は大きく変わります。

特に英語を活かした転職を目指す場合、一般的な業務のスキルに加え、英語力やコミュニケーションなどの特別なスキルが必要となることも。

選考にも英語力が大きく関係するため、英文履歴書の作成や英語での面接対策などの指導力や知識がどのくらいあるかどうかが重要です。

大手の総合転職エージェントではあらゆる職種・業種の求人を取り扱っている分、特定の業種・職種の専門分野や業界知識には弱い場合もあります。

その点、外資系・グローバル企業の求人数が多い転職エージェントであれば、英文の選考や英語面接などの対策も十分に行ってもらえるところが多い傾向にあります。

特に

  • 高い英語のレベルを求められる職種に就きたい
  • 商社や貿易など専門知識が必要な職種に就きたい

などの場合には、専門コンサルタントが在籍する転職エージェントを選択すると良いでしょう。

ポイント4.非公開・独占求人の多さ

転職エージェントを利用する一番のメリットと言えるのが、非公開求人・独占求人の多さです。

転職サイトでは、誰もが自由に応募できるため、人気の求人には応募が殺到し、多数の転職者に埋もれてしまい、採用担当者の目に留まらないことも。

転職エージェントでは

  • 転職者の応募の殺到を避けたい
  • 他社に採用活動をしていることを知られたくない

などの理由で、求人を非公開としている企業も多く、中には、その転職エージェントでしか応募ができないレア求人があることも。

転職サイトの応募に比べて応募者が少なくなり、採用される確率が上げられるため、非公開求人や独占求人が多い転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

ポイント5.転職ノウハウなどのコンテンツの充実

外資系・グローバル企業の転職は一筋縄ではいかないこともあります。

転職エージェントとの相談や選考対策を行える時間も限られてしまうため、転職エージェント内のコンテンツの内容も実は選ぶ上で重要なポイントとなります。

英語を活かした転職をしたい方向けに英文履歴書のフォーマットや書き方のポイントなどの転職ノウハウがまとめられている転職エージェントを選ぶと、自分でも転職をするための準備を進めることができます。

一般的な転職サイトには日本企業向けの転職ノウハウが多いため、外資系向けのコンテンツはかなり貴重です。

転職エージェントに添削指導をしてもらうこともできますが、ある程度自分で履歴書を作っておくと、より細かい添削指導ができるため、自分でも情報収集を行うことも転職成功には欠かせません。

転職サイト・転職エージェントのコンテンツを上手く利用して、情報収集に役立てましょう。

英語力を活かした転職をしたい方に「絶対」におすすめしたい転職エージェントランキング

1位.CAREER CARVER(キャリアカーバー)

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野ハイクラス転職
社員数4,600名
実績データヘッドハンター数1,834名(2019年7月時点)
年収800万円以上の求人数27,000件以上
ハイクラス求人35000件以上
公開求人数-
非公開求人数-
コンサルタント体制-
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

英語力を活かした転職をしたい方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
外資系・グローバル企業の求人の多さ
求人の質
コンサルタントの転職サポート力〇約1,834名の優秀なヘッドハンター
非公開・独占求人の多さ
転職ノウハウなどのコンテンツの充実△転職ノウハウ・ツールなど少なめ

英語力を活かした転職をしたい方に「絶対」におすすめしたい理由

CAREER CARVER(キャリアカーバー)は、年収600万円以上の求人を扱うハイクラス向け転職エージェントで、海外や外資系企業の求人にも強みがあります。
年収800万~2,000万円の高年収求人も多数掲載しており、大手企業や優良企業などの求人を扱うなど求人の質も良いため、外資系を目指す方の中でも、特に今よりも高年収を目指す方やキャリアアップをはかりたい方におすすめの転職エージェントと言えます。
そして、CAREER CARVERの一番の特徴は、ヘッドハンターからスカウトや転職アドバイスを受けることができるという点です。

登録しておくだけで約259社、約1834名(2019年7月時点)の優秀なヘッドハンターから求人の紹介を受けられるため、自分では見つけられなかった意外な企業と出会うこともできます。

非公開求人も多く、どれも好条件の求人ばかりなので、ハイクラス転職をしたい方なら利用することをおすすめします。
ただし、ヘッドハンターからの求人紹介などに特化している分、転職ノウハウやツールなどが少ない点がデメリットと言えます。
teacher
また、スキルや経験などによってはヘッドハンターからのスカウトを受けられない場合もあるため、必ずしも誰もが良い求人に出会えるわけではないという点には注意しておきましょう。

2位.JACリクルートメント

運営会社株式会社ジェイエイシーリクルートメント
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
管理職・技術職
専門職
ハイクラス・高年収
社員数1,466名
実績データ転職活動の支援実績:約43万人(1988年からの累計実績)
コンサルタント総数:約1,200名(2018年8月末)
知人・友人に勧めたい方94.5%(2017年利用者アンケート結果)
取引企業数:約25,000社
非公開求人数60%
国内9拠点、海外10か国に拠点を持つ
年間8万人の方が転職サポート登録(2018年実績)
公開求人数3,005件
非公開求人数-
コンサルタント体制両面体制(1人の担当者が企業と転職者双方に対応)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
5人20%100%368万円464万円126%74日7.8

英語力を活かした転職をしたい方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
外資系・グローバル企業の求人の多さ◎外資系企業専用ページあり
求人の質◎エグゼクティブ層の求人
コンサルタントの転職サポート力◎約800名の業界・職種別コンサルタントが在籍
非公開・独占求人の多さ〇非公開求人数60%
転職ノウハウなどのコンテンツの充実◎転職アドバイス・履歴書作成などコンテンツ充実

英語力を活かした転職をしたい方に「絶対」におすすめしたい理由

JACリクルートメントは国内9拠点のほか海外10か国に拠点を持ち、外資系企業や海外進出企業の転職支援を持つなど、グローバル転職の支援に強みを持っています。

コンサルタントからの転職支援の質にも定評があり、特定の業界や職種に専門特化した約800名のリクルートメントコンサルタントがしっかりと転職をサポート。

外資系企業の選考の際に求められる英文レジュメについても、全国どの拠点でも専任のコンサルタントが添削指導をしてくれるという点も高評価です。
また、求人の質の高く、約60%の求人が非公開となっており、JACリクルートメントでしか見られない独占求人もあります。
部長や役員などのエグゼクティブ層向けの求人も多く、高年収求人も豊富なため、外資系企業で確実に年収アップをはかりたい方におすすめの転職エージェントです。
デメリットとしては、高年収・好条件の求人が多い分、スキルやキャリアを求められる場合が多く、経歴やスキルによっては紹介を断られてしまうことも。経験を求められるため、特に未経験から外資系を目指す方は転職が難しくなる場合もあります。

3位.ランスタッド

運営会社ランスタッド株式会社
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
派遣
外資系企業
ハイクラス転職
社員数-
実績データ年間で約20万人の転職サポート実績あり
世界38か国で4,800以上の拠点を持つ
公開求人数10,172件
非公開求人数-
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
1人100%0%250万円220万円88%15日8.0

英語力を活かした転職をしたい方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
外資系・グローバル企業の求人の多さ
求人の質
コンサルタントの転職サポート力〇一部業種・エリア別コンサルタント在籍
非公開・独占求人の多さ〇非公開求人数80%
転職ノウハウなどのコンテンツの充実△コンテンツは少なめ

英語力を活かした転職をしたい方に「絶対」におすすめしたい理由

ランスタッドは世界38か国で4,800以上の拠点を持ち、外資系企業やベンチャー企業などグローバル転職に強みを持っています。

英語を活かした転職をしたい方びおすすめする理由は、ランスタッドの求人の幅広さです。

正社員向けの求人はもちろんのこと、派遣や短期などの求人や年収600万円以上のハイクラス求人も多数扱っており、さまざまな働き方を希望する方にぴったりの転職エージェントと言えます。
また、求人の質が高いところもポイント。
全体の約80%が非公開求人であり、その中から専任のコンサルタントが転職者の希望に合った適切な求人を紹介してくれるため、忙しい方でも効率よく求人を見つけ、転職活動を行うことができます。
年間で約20万人の転職サポート実績があり、各業界に精通した高いレベルのコンサルタントが在籍するなど、転職サポート力も高い評価を得ています。
ただし、転職ノウハウやツールなどのコンテンツが少なく、情報収集には向かない点がデメリットと言えます。
teacher
担当コンサルタントによっては対応の差が出ることもあるため、自分でもしっかりと企業情報や業界知識などを調べておく必要があります。

4位.Spring転職エージェント

運営会社アデコ株式会社
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
社員数3,000名
実績データ世界最大級の総合人材サービス企業Adecco Groupが運営
公開求人数47,938件
非公開求人数-
コンサルタント体制両面体制(1人の担当者が企業と転職者双方に対応)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度

英語力を活かした転職をしたい方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
外資系・グローバル企業の求人の多さ
求人の質
コンサルタントの転職サポート力〇360度式コンサルティング
非公開・独占求人の多さ〇非公開求人63.9%
転職ノウハウなどのコンテンツの充実◎英文履歴書対策などのノウハウあり

英語力を活かした転職をしたい方に「絶対」におすすめしたい理由

Spring転職エージェントは世界最大級の総合人材サービス企業のAdecco Groupが運営しており、世界60カ国に5,000以上の拠点を持っていることから、外資系企業やグローバル企業の転職にも強みを持っています。

専任のコンサルタントから求人の紹介を受けることができるのはもちろんのこと、自分で求人を検索することもできます。

こだわり条件で

  • 外資系企業
  • グローバル企業
  • 語学が生かせる

などのキーワードから検索することもできるため、自分の希望に合った求人を見つけやすいというメリットがあります。

また、コンサルタントからの転職サポートの質もよく、企業と転職者の両方を1人のコンサルタントが担当する「360度式コンサルティング」を採用しているところも魅力。

機械的なマッチングではなく、企業の求める人材を把握した上で選考のポイントを教えてもらえるため、受かるための対策をしっかりと練ることができます。

専門職ごとにその分野に精通しているコンサルタントが在籍しているため、専門的な知識が必要な職種の方も安心して利用することができる点もメリットと言えるでしょう。
ただし、地域や職種によっては求人数にばらつきがあり、希望通りの求人が紹介できない可能性もあります。

5位.リクルートエージェント

運営会社株式会社リクルートキャリア
応募方法コンサルタント経由で応募
専門分野総合
ITエンジニア
ものづくりエンジニア
ハイクラス・高年収
社員数4,600名
実績データ転職支援実績No.1。累計49万名以上
(2019年3月期)
親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス
(NPSベンチマーク調査2018年)
取引社数 :約1万9000社
(2019年3月末時点)
登録者数 :約87万9000名
(2018年度実績)
転職決定者数 :約4万7000名
(2018年度実績)
公開求人数172,316件
非公開求人数164,129件
コンサルタント体制分業体制(企業担当と転職者担当が別)
「転職」口コミ平均DATA
回答数男性比率正社員比率転職前年収転職後年収年収上昇率転職までの日数満足度
22人59%91%379万円405万円107%89日7.4

英語力を活かした転職をしたい方が転職エージェントを選ぶ上で重視すべきポイント比較

比較項目内容
外資系・グローバル企業の求人の多さ
求人の質△ばらつきあり
コンサルタントの転職サポート力〇外資系専門に特化した転職支援
非公開・独占求人の多さ◎約80%
転職ノウハウなどのコンテンツの充実◎外資系・グローバル転職お役立ちコンテンツ

英語力を活かした転職をしたい方に「絶対」におすすめしたい理由

リクルートエージェントは大手総合転職エージェントであり、転職支援実績No.1(2020年6月時点厚生労働省調査)という確かな実績を持っています。

非公開求人が20万件以上と圧倒的な求人数を誇り、各業界に精通したコンサルタントから求人紹介などの転職支援を受けられるなど、求人数や転職サポート力にも定評があります。

そして、外資系企業・グローバルキャリアの転職の求人数も業界トップクラスという点が、英語を活かした転職をしたい方にもおすすめしたいポイントです。
外資家の転職・求人の特集ページがあり、英文レジュメ・職務経歴書の書き方サンプルや海外駐在勤務の実情など、グローバルに活躍したい方にも役立つコンテンツが充実しています。
大手ならではの求人数と安定したサポートに期待する方は、リクルートエージェントを利用することをおすすめします。
ただし、取り扱い企業数や求人数が多い分、紹介される求人の中にはブラックな企業が含まれる可能性も。求人の質にばらつきがあるため、求人の見極めが必要と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA