女性の転職にも転職エージェントが役立つ!女性が転職エージェントを使うべき理由と転職エージェントの利用のポイント5つ

  • 長く勤めたい
  • 子育てのことも考えて働き方を変えたい

など、今よりも良い環境で働きたいと考える女性も多いのではないでしょうか。

転職サイトを利用して自力で転職活動を進める方も多いですが、女性の転職では特に転職エージェントの利用がおすすめです。

今回は、転職エージェントを女性が使うべき理由と、転職エージェントを利用する際のポイントを5つ紹介します。

teacher
転職をしようと考えている女性の方は本記事を参考に、転職サイトだけでなく、転職エージェントの利用も検討してみましょう。

転職エージェントは女性の転職にも使える?

キャリア志向の女性が増加傾向

以前は男性が仕事、女性が家庭と、結婚や出産を機に仕事から離れる女性も多い傾向にありました。しかし、最近では男性でも育休をとれる職場も増え、結婚や出産を経ても仕事を続ける女性が増えています。

女性に特化した転職サイトとして知られる「女の転職type」で公開されているデータによると、なんと約70%以上の女性が定年まで、あるいは一生涯働きたいと回答しているという結果が出ています。

出典:女の転職type

企業の中にも優秀な女性を獲得しようとするところも多く、女性向けの求人特集が組まれるなど、女性の就職や転職の機会が増加してきています。

出典:リクナビNEXT

しかし、長く勤めたいと考えるからこそ、転職先に悩む方も。
  • 産休・育休がきちんととれるところが良い
  • 職場に保育所があるところを選択したい
  • 幼稚園のお迎えの時間に間に合うように時短で働きたい

など、出産や子育てなど、自分の希望するライフプランに応じて、転職先の企業に求める希望条件もさまざまです。

そのため、自分に合った求人をしっかりと見極めるためにも、転職活動の仕方も重要なポイントになってくるのです。

女性が転職エージェントを使うべき理由

仕事内容や年収はもちろんのこと、出産や子育てなど自分のライフプランに応じて転職先を選ぶことが重要となります。

転職サイトやハローワークなどを利用して求人を自分で検索し、転職活動を進める女性も多いですが、女性が転職する上で抱える不安や問題はさまざま。

そのため、女性の転職には転職エージェントを利用することがおすすめです。

女性が転職エージェントを利用すべき理由は大きく分けて5つあります。

1.女性ならではの転職のさまざまな悩みを相談できる

男性も女性も結婚や子育てなど自分のライフプランに応じて転職先を選ぶというところは同じです。

しかし、出産など女性にしかできないこともあり、仕事内容や年収などの待遇だけでなく、福利厚生や働き方などさまざまな面を考慮した上で転職を行いたいという女性の方も多くいます。
  • 産休取得後も同じ職種で働けるのかな?
  • 子どもが小さいうちだけ時短で働くことはできる?
  • 子どもの急な発熱で休むことになった場合の対応は?

など、特に出産や子育ての悩みは人それぞれ。

  • 育休取得実績あり!

と書かれていても、中には制度があるだけで、実際には業務上なかなか休みをとれないというところもあります。

そうなると、長く勤めることが難しくなり、退職せざるを得ないケースも・・・。
  • 長く働きたい!
  • 結婚や出産を経ても同じポジションで働きたい!

など、仕事と家庭の両立をさせるためにも、転職での不安要素を取り除く必要があります。

転職エージェントでは、専任のコンサルタントから求人の紹介や選考対策はもちろんのこと、転職に関する悩みを相談したり、希望条件を細かく伝えた上で求人の紹介を行ってもらうことができます。
なかなか企業に面接では聞けないことも、事前にコンサルタントに相談しておくことで、企業の担当者に確認をしてもらうこともできます。

転職は人生の中でそう何度も経験したいというものではなく、同じ職場で安定して働けるのであればその方が良いという方もいます。

転職先を選択する前に、こういった転職での悩みを相談できるのは強みだと言えるでしょう。

2.企業の詳しい情報が得られる

転職サイトでは通常、企業から得た求人情報をそのまま掲載していることも多く、転職サイトによっては独自のレビューや口コミ情報などを掲載している場合もありますが、福利厚生や待遇などの細かい情報が不十分であることも。
その点、転職エージェントでは、プロの視点から細かい企業の情報を提供してもらうことができるため、企業の比較や選考対策にも役立ちます

特に男女比や、職場の雰囲気、実際の産休・育休の取得情報などは、一般的な転職サイトではなかなか得られないもの。

情報収集を行うためにも、転職エージェントは積極的に利用すべきと言えるでしょう。

3.自分の市場価値を知ることができる

転職サイトやハローワークなどで転職活動を進めていると、自分でキャリアの棚卸や履歴書の作成などを行う必要があります。

自分の強みや弱みをきちんと理解できているのであれば問題ありませんが、履歴書の書き方や企業へのアピールの仕方によっては、なかなか内定がもらえないということも考えられます。

「お祈りメール」とも呼ばれる不採用通知に何度も心が砕かれそうになったという方もいるのではないでしょうか。

ですが、選考に落ちてしまう理由がスキルや経歴などの問題ではなく、単に自分の強みやスキルを理解できておらずアピールが不足しているという可能性もあります。

選考になかなか通らないと自分を低く見てしまい、年収や待遇などの希望条件も妥協して転職してしまう方もいますが、自己アピールの仕方を変えるだけで内定率をアップさせることもできます。

そのためにも、転職エージェントを利用し、プロの視点から転職者を捉えてもらうことが何よりも大切と言えます。

自分では

woman

「この職種・業種は向いていない・・・」

「年収600万円は厳しいのかな・・・」

と思っていても、コンサルタントから自分では思っていなかった職種や業種や、高年収の求人などの紹介を受けることも。

転職活動では自分を下げてしまいすぎず、自信を持つことが必要。
客観的な視点で捉えてもらうことで、自分では気づけなかった強みに気づくこともあるため、転職活動がなかなか上手くいかないという方こそ、転職エージェントの利用をおすすめします。

4.女性に特化した求人を探しやすい

多くの方が利用する総合転職サイトでは、男女ともに応募できる求人が多く、フレックス制や時短など働き方が選択できない企業も多くあります。

その中から自分の希望に合った求人を見つけるのは至難の業。もちろん、こだわり条件やフリーキーワードで求人を絞りこむこともできますが、膨大な求人の中から希望に合った求人だけをピックアップするのに時間がかかる場合もあります。

転職エージェントでは、自分で求人を検索する必要がなく、コンサルタントから求人を紹介してもらえるため、女性に特化した求人を見つけやすいというメリットがあります。

最初の面談で希望条件を細かく聞かれるため、自分が転職先に何を求めるのか、仕事内容や働き方、年収など絶対に譲れない条件を明確に伝えておくようにしましょう。
また、転職エージェントでは、登録時に行われる面談の内容次第で転職成功率が変わる可能性もあります。

こちらの記事を参考に、転職エージェントとの面談を行う準備をしておくとスムーズに求人紹介を受けることができます。

5.待遇面の交渉をしやすい

企業との面接や人事との面談で企業への質問や、自分の希望条件をある程度は伝えることができますが、

woman
年収の交渉や待遇面の交渉をすることで評価が下がってしまうのでは?

と思い、企業になかなか自分の希望が伝えられないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に勤め始めてしまうと、待遇や年収などの交渉を行うのは余計に難しくなります

なぜなら、企業は転職者の採用を行う段階である程度年収や待遇などを定めており、それに合った人材を採用しているからです。

そのため、実際に企業への就職を行う前に、気になる点や交渉しておきたい点はクリアにしておくことが大切です。
自分ではなかなか言い出しづらい事柄でも転職エージェントでは代行してもらえるため、待遇や福利厚生など気になる点があれば担当のコンサルタントに伝えておくようにすると良いでしょう。

長く勤めるからこそ転職先の企業選びが重要

長く勤めたいと考える方にとって、転職先の企業選びはとても重要となります。

長い目で見て、

  • 自分のライフプランにも合っているか?

を確認する必要があります。

そのためにも、転職エージェントの利用は必須と言えます。

転職エージェントでは転職者の希望条件を細かく聞いた上で、求人の紹介や選考対策など手厚い転職サポートを行ってくれます。

転職サイトやハローワークを利用するよりも、希望に合った求人を見つけやすく、内定を獲得しやすいというメリットもあるため、転職エージェントを利用したことがない方はまず利用してみることをおすすめします。

女性の転職成功率をアップさせる!転職エージェントを利用するときのポイント

女性が転職エージェントを利用するときのポイント

woman
転職エージェントを利用したけど、希望とは合わない求人を紹介された・・

転職エージェントを利用する際、

  • コンサルタントとの相性が合わない
  • 希望とは合わない求人を紹介される

などの懸念点がある方も多いのではないでしょうか。

コンサルタントも一人の人間です。相性の善し悪しやノルマがある関係で希望とは合わない求人を紹介されるケースもあります。

転職エージェントに振り回されないためにも、転職エージェントを利用するポイントを知ることが大切です。
teacher
ここでは、転職エージェントを利用する際に知っておくべきポイントを5つ紹介します。

1.女性アドバイザーがいるエージェントを選ぶ

働き方の選択や、育休・産休制度など、女性ならではの転職の悩みもあります。

そのため、女性アドバイザーがいるエージェントを選ぶことで、女性ならではのニーズをくみ取ってもらいやすくなります

type女性の転職エージェントのように、女性の転職に特化した転職エージェントもあるため、そちらを利用するのも1つの手です。

出典:type女性の転職エージェント

もちろん男性のアドバイザーでも希望をきちんとくみ取ってもらえたり、良い求人を紹介してもらえる場合も多いですが、女性のアドバイザーだと細かい点も共感してもらいやすく、話がスムーズに進みやすいというメリットがあります。
女性アドバイザーも多くいるところだと女性向けの求人が多い場合もあるため、1つの指標として男性のアドバイザーと女性アドバイザーの割合を見ておくのも良いでしょう。

2.福利厚生や待遇など希望条件を明確に伝える

転職エージェントでは、福利厚生や待遇など細かい希望条件を明確に伝えるようにしましょう。

希望条件が曖昧だと、コンサルタントもどんな求人を紹介して良いのか分からず、ミスマッチを招いてしまう可能性もあります。

コンサルタントは機械ではありません。転職者がきちんと希望を言わない限り、すべてをくみ取ってもらうことはできません。
woman
希望ばかりを言ってしまうのは悪いし、伝えないでおこう・・・

と遠慮してしまう方もいますが、コンサルタントにとっても、希望条件を言ってもらった方が企業とのマッチングをはかることができ、利益にもつながります。

前職の不平・不満ばかりを言わない限りは、転職への不安や希望条件などは伝えておくに越したことはないため、コンサルタントとの面談にはしっかりと自分の本音を伝えるようにしましょう。

3.なるべく多くの求人の紹介を受ける

転職エージェントでも、転職サイトでも、できるだけ多くの求人を見ることが大切。

選択肢が狭まってしまうと、企業の良いところや悪いところが見えづらくなり、自分にとって良い選択をしにくくなります

コンサルタントから紹介された求人に飛びついてしまうのではなく、なるべく多くの求人がある転職エージェントを選び、候補を出してもらうことが大切です。
teacher
また、転職エージェントを利用している場合でも、コンサルタントにすべて任せきってしまわず、自分でも企業情報や求人を集めるようにすることもポイントです。

4.複数のサイト・エージェントを利用する

woman
転職エージェントに1つ登録したからこれで安心!

と思ってしまう方もいますが、複数の転職サイト・転職エージェントを利用することも転職成功のカギです。

転職サイトと転職エージェントを併用することで、より多くの求人を見ることができ、企業を見る目を養うことができます。
また、転職エージェントの担当者との相性も重要。

コンサルタントとの相性が悪いのにそのまま利用をし続けてしまっても、良い求人に巡り合えるとは限りません。

転職エージェントは気になるところを2社~3社ほど登録し、担当者との相性や求人を見た上で、メインで利用する転職エージェントを決めると良いでしょう。
ただし、あまりにも多くの転職エージェントを利用しすぎてしまうと、コンサルタントとの連絡が多くなってしまい、連絡をとるだけでも一苦労になってしまうため注意が必要です。
teacher
自分が把握できる範囲で転職サイトと転職エージェントを登録し、使い分けると良いでしょう。

転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職エージェント比較ランキング→https://xn--eck7a6c9546bjcp.xyz/agent_ranking/agent-osusume-ranking/

5.面接対策や提出書類の添削は入念に

転職エージェントを利用する一番のメリットと言えるのが、応募する企業に合わせた選考対策を受けられるという点です。

転職のプロから履歴書の添削や面接対策などを受けられることで、自分の強みやスキルをよりアピールできるようになり、内定率が上がりやすいというメリットがあります。

転職サイトでは通常履歴書の添削や面接対策などの細かいサポートは受けられないため、積極的に転職支援を受けると良いでしょう。

転職エージェントではなく、転職サイトをメインで利用し、自分のペースで転職活動を進めたいという方にとっても、転職エージェントの転職支援を受けることは大きなメリットとなります。

転職活動を始めたらまず履歴書の添削や面接などの練習を行い、選考に慣れるということも大切です。

女性ニーズを理解したエージェントの利用で転職成功を勝ち取る

女性が転職エージェントを利用するもっとも重要なポイントは、女性の転職に特化したエージェントを選ぶということです。

選ぶエージェントによってそれぞれ特徴や得意とする分野が異なります。

そのため、男性の利用者が多い転職エージェントを選んでしまうと、女性のニーズを満たす求人を扱っていない場合もあります。

女性の利用者が多い転職エージェントでは、その分企業も女性の転職者を積極的に採用しているところも多いため、

  • 女性の利用者が多いか
  • 女性向けの求人が多いか
  • 女性のアドバイザーが在籍しているか

などの点を見て、転職エージェントを選択すると良いでしょう。

また、担当するコンサルタントによっても対応や紹介される求人の質が異なる場合もあります。

そんな時には我慢して利用するのではなく、担当を変更してもらったり、他の転職エージェントを選択することも大切です。

まとめ

女性は出産や子育てなど望むライフプランによって、転職先に求める条件も大きく異なってきます。

そのため、転職の悩みを相談したり、希望に合った求人を見つけやすくしたりするためにも、転職エージェントを利用すべきだと言えます。
また、転職エージェントはただコンサルタントの提案のままに転職活動を進めるのではなく、転職エージェントを1つの転職ツールとして使いこなすことが大切。

転職エージェントを上手く利用し、転職成功へと導くためにも、

  1. 女性アドバイザーがいるエージェントを選ぶ
  2. 福利厚生や待遇など希望条件を明確に伝える
  3. なるべく多くの求人の紹介を受ける
  4. 複数のサイト・エージェントを利用する
  5. 面接対策や提出書類の添削は入念に
この5つのポイントをおさえておくようにしましょう。

転職エージェントでは、転職サイトとは異なり、転職のプロに転職相談ができたり、選考対策を行ってもらえたりするということが一番の強みです。

teacher
企業に長く勤めるためにも、自分に合った企業を見つけられるよう、転職エージェントを上手く利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA