【必読】転職をする最適なタイミングとは?キャリアアップを実現する転職のタイミング

転職を考えている人なら「いつ転職するのが良いんだろう」と疑問を感じているのではないでしょうか?

転職と一口で言っても年齢、性別、目的など、人によって状況は異なります。「転職なんていつしても同じ」と考えてしまうと、転職後に苦行を強いられてしまう可能性もあるのです。

  • 同じ職種に転職してキャリアアップを目指す
  • 異なる職種でキャリアチェンジがしたい

など、理由を明確にすることで、社会人としての価値を下げずに転職を成功させることができるでしょう。

また、転職活動をする時期にも注意しておかなければいけません。求人企業が少ない中で、理想の企業を見つけ出すのは、大きな労力がかかってしまうでしょう。

  • 転職の目的
  • 社会人としての人材価値
  • 転職市場の状況

今回は、それぞれの状況にあった転職のタイミングを解説します。

「最適な転職のタイミングをしっかり見極めたい」という人は、ぜひ参考にしてください。

目的別:最適な転職のタイミング

人によって転職の目的は異なるはずです。キャリアアップ、キャリアチェンジ、資格を取得したいなど、転職する「目的」によって最適なタイミングは変わってきます。ここでは目的別に転職の最適なタイミングを解説します。

同職種でキャリアアップ転職をするタイミング

同じ業種でキャリアアップを目的とした転職をしたい場合、最適なタイミングは「現職でできることをやりきった時」と言えるでしょう。

キャリアアップには段階があります。中学生から高校生になるには、高校生に見合った学力を身につけている必要があるはずです。高校に進学する目的は「より勉学のスキルアップをするため」に行います。

キャリアアップ転職も同様で

  • 同じ業種を極めたい
  • よりハイレベルなポジションで働きたい
  • 過去の経験を最大限に活かせる職場に就きたい

など「キャリア」を「アップ」させる転職を望んでいるはずです。

中途採用を募集する企業からしても「即戦力」となる人間を採用したいと考えています。高いスキルを持った人材なら、すぐにでも採用して企業の力になってほしいと考えているものです。

キャリアアップ転職を考えるなら、まずは自分が現職でどのようなことを成し遂げたのか冷静に分析してみましょう。これといった実績もないまま、転職活動を行っても残念ながらキャリアアップには結びつきません。

他者に評価されるような実績があり、任された仕事をやりきってくれる人材なら他の企業からも魅力のある人材に見えるはずです。

未経験の業種にキャリアチェンジ転職するタイミング

「今の仕事を辞めて全く新しい業種にチャレンジしたい」

キャリアチェンジをメインに転職を考えるなら20代のうちに転職をするのが最適と言えます。なぜなら、新しい業界や仕事に慣れるには若い方が有利だからです。

知らないことを覚えていくには、何かとストレスが溜まります。年齢の若いうちは思考の柔軟性もあるため、新しいことを覚える際も抵抗を感じることは少ないです。

社会人経験が長くなるにつれ、個的観念も強くなっていきます。全く異なる仕事に転職をするにも関わらず「前職では〇〇だった」など、過去の経験に当てはめて考えてしまうことも少なくありません。

未経験の人材を採用したい企業は「素直」な人や「業界の常識」に囚われていない人間を採用したいと考えているものです。そのため年齢が高く凝り固まった人材よりも、若くてフレッシュな人間を採用しやすくなっています。

全く新しいことを始めようと思うなら、社会人としての最低限のマナーを習得した上で転職活動に挑むと良いでしょう。

企業に応募する際は、過去の社会人経験から転職に活かせることをアピールするようにしてください。仕事に対して工夫していたことや、意欲などをメインに自己PRをすることで未経験でも、社会人としての価値を示すことができます。

資格が活きる転職タイミング

転職活動をする上で「資格を取るなら転職前と後ではどっちが良いんだろう」と疑問に思っている人もいるでしょう。

資格を活かして転職をしたい場合、注意するべきは応募企業にとって資格が有利に働くかということです。多くの場合、転職で有利になる資格は取得に時間がかかるものです。そのため現職に就いているなら「資格取得後に転職活動を始める」のが最適なタイミングと言えます。

人によっては「退職してから資格を取る時間をじっくり作りたい」と考えるでしょう。しかし、資格を取得に費やしている時間は社会人としてブランクになってしまいます。ブランクが長ければ長いほど、転職で不利に働く可能性が高いです。

資格と転職を合わせて行いたいなら、事前に計画を立てることが非常に大切になります。社会的に評価される難易度の高い資格を取得したい場合は、学習期間から取得までの流れをスケジュールに落とし込みましょう。

応募企業に活かせるような資格を取得すれば、転職活動で有利に働きます。現職を続けながら資格を取得するのは、労力がかかるものです。覚悟を持って取り組むようにしましょう。

キャリアアップ、キャリアチェンジ、資格など目的によって転職のタイミングは変わってきます。どのような目的にせよ重要なのは、転職したい企業がどんな人物を求めているかを把握することです。

即戦力、素直な人間、魅力的な資格など、働きたいと思っている企業が求めている人物像を詳細にイメージすることができれば、転職のタイミングも自然と分かってくるでしょう。

年齢別:ベストな転職のタイミング

年齢別:ベストな転職のタイミング

次に年齢にフォーカスして転職の最適なタイミングを見ていきましょう。20代、30代、40代以上では、転職のタイミングにどのような違いがあるのでしょうか?

20代で転職するベストタイミング

20代で転職する目的には大きく分けて以下の2パターンがあります。

  1. 未経験の業種に転職
  2. 同業種でキャリアアップを狙う

2つの異なる目的に応じて最適な転職のタイミングは異なってきます。

未経験の業種に転職

新卒から就職したものの新しい分野に興味があり、未経験の業種にキャリアチェンジしたい人は珍しくありません。

20代で新しい業種に転職したいなら、ベストなタイミングは3年〜4年、年齢で言うと21歳〜25歳前後と言えます。

全く新しい業種の場合、前述した通り素直でフレッシュな人材の方が有利になるでしょう。しかし、あまりにも社会人経験が少ない人や、入社して1年〜2年で転職活動をする人に対しては「この人はすぐに辞めてしまうのでは?」というネガティブなイメージを持たれます。

未経験で若い人材であっても、企業は社会人マナーや仕事に対する姿勢、忍耐力などを分析します。

社会人としての信頼され、なおかつポジティブに異業種へ転職することを企業に理解してもらうには社会人経験が3年〜4年ほどある時期に転職するのが最適と言えるでしょう。

同業種でキャリアアップを狙う

20代でキャリアアップ転職を狙う場合は、最低でも5年〜6年ほど1つの企業で働いている人が有利と言えます。

年齢で言えば24歳〜28歳前後が転職の最適なタイミングと言えるでしょう。

キャリアアップを見据えて転職をする場合は、過去の経歴に明確な実績やスキルが必要になります。逆に言うと明確なスキルや実績を持ち合わせていない人が、転職先でキャリアアップするのは難しいです。

  • プロジェクトのリーダーを任された
  • 社内成績トップを〇〇ヶ月更新
  • 〇〇のマーケティングを担当し〇〇人の集客に成功

など、誰が見てもすぐに理解できるような実績を積んだ上で転職するのが、最適なタイミングです。

20代の転職者に対して企業はそこまで高いスキルを求めてはいません。しかしながら転職市場には優秀な人材が溢れているものです。少しでもキャリアアップ転職の成功率を高めたいなら、実績やスキルを習得した上で転職活動を行うことをオススメします。

30代で転職するベストタイミング

30代の転職者に対して企業が求めているのは「即戦力」です。

20代は柔軟な思考や素直で吸収力のある人材が重宝されますが、30代以上になると明確なスキルや実績が必要になってきます。

  • 専門的なスキル
  • 職場で重要なポジションを経験している
  • 部下の人材育成に取り組んでいた

など、企業にとって評価対象になる実績を持っていることが大切です。

30代で転職する際のベストなタイミングとは「十分なスキルや実績がついた時」と言えます。数多くの応募者がいる中で、企業は30代の転職者のスキルを比較するはずです。この際、企業が求めている人物像に近いスキルや経験を持った人間は当然ながら転職で有利になります。

また30代前半〜後半にかけるにつれて、求められるスキルや経験値は高くなるものです。社会人としての経験も十分な30代後半では、重役を任されることも少なくありません。

1人の社会人として冷静に自分を分析した時に、魅力にかけると感じるなら、まずは現職でキャリアを積むことを考慮するのも悪くないでしょう。

高い評価や技術を持った人間になれば、年齢に関係なく転職を成功させることも可能です。

40代以上で転職するベストタイミング

40代以上で転職をする際は、社会人としての市場価値と企業が求めている人物像を冷静に分析することが最重要になります。

  • 企業が求めているレベル
  • 転職者の市場価値

2つの要素がどの程度かによって、転職のタイミングは大きく異なるでしょう。

例えば

  • 転職者:スキル経験ともに優秀
  • 募集企業:未経験も歓迎している

この場合、転職するベストなタイミングは「今すぐ」と言えます。

しかし

  • 転職者:年齢に応じたスキルや実績がない
  • 募集企業:重役クラスを経験した優秀な人材を求めている

企業が優秀で経験豊富な人材を求めているにも関わらず、転職者にコレと言ったスキルや実績がない場合、転職活動の最適なタイミングがあるとは言えません。

20代の転職者なら、企業側も多少のミスマッチは許容してもらえますが、社会人経験の長い40代以上の人間に対しては、よりシビアなジャッジが下ります。

また40代以上で新しくスキルや実績を作ろうと考えても、なかなかスムーズにはいかないものです。まずは冷静に転職市場を分析してみましょう。1人で判断することが難しい場合は、転職エージェントに相談して客観的なアドバイスを参考にするのもオススメです。

年齢によって転職のタイミングは異なります。更に転職後に後悔するリスクを低くするには「年齢×目的」でタイミングを見定める必要があるのです。社会人としての市場価値を冷静に分析して、それぞれの最適なタイミングを見つけてみてください。

私生活を考慮した転職のタイミング

私生活を考慮した転職のタイミング

私生活の事情をメインに転職を考える人もいるでしょう。将来をイメージした上で転職を考えた場合、ベストなタイミングとはどのようなものでしょうか?

出産に関する転職のタイミング

出産を考えている女性社会人にとって転職の最適なタイミングは「出産前」になります。

子供を生んだ後、女性に対して待遇の良い企業に転職したいと考える人もいるでしょう。

しかし、企業から育児休暇をもらうには

  • 同じ事業主に1年以上雇用されている
  • 子供が1歳を超えても雇用されることが見込まれている

という2つの条件を満たしている必要があるのです。

労働協定が締結されている場合、転職後1年以内は育児休暇を取ることができなくなります。「子供の成長を見守りたい」と考えて転職を果たしても、結果休むことができない可能性が高いということです。

また子供がいる社会人女性に対しては、制約が出てくることも少なくありません。一般的な企業は女性、男性に限らずバリバリ働いてくれる人材を好みます。

少しでも有利な転職をしたいのであれば、出産前に待遇の良い企業へ転職し、1年以上働いた後に出産を考えるという流れを踏むことをオススメします。

家を購入する際の転職のタイミング

社会人で家の購入を考えているなら、転職前が最適なタイミングです。

転職してから家の購入をしようとしても、銀行の貸付の審査に通らない可能性が高くなってしまいます。住宅ローンを組む際は、社会人としての信頼を問われます。この際、転職後1年〜2年ほどの社会人は信用が低くなってしまうのです。

家の購入をメインに考えるなら、少しでも勤続年数の長い転職前に住宅ローンを組むことをオススメします。

ただし、住宅ローンを組んだ後、転職するには注意が必要です。企業の「持ち家制度」を利用して住宅資金を借りている人は退職する際に、借金を精算しなければいけなくなります。

「家のローンを組んでから転職したい」のであれば、企業の制度は使わずに住宅ローンを組みましょう。

社会人としてではなく、1人の人間としてライフイベントを真剣に考えるなら、転職のタイミングも考慮することが大切です。ライフイベントと転職を合わせて考えるなら、計画性を持って後悔のない転職ができるようにしましょう。

転職活動がしやすい時期とは

転職活動がしやすい時期とは

最後に転職活動がしやすい時期について解説します。求人情報は年間を通して均一なわけではありません。

求人情報が最も多くなる時期は

  • 2月〜3月
  • 9月

という2つに集中します。

2月〜3月は4月からの入社に合わせて、企業が人材採用を始めます。期末に退社をする社員が多いことや、新卒社員と合わせて社員研修を行える点でも効率的と言えるのです。

9月は、上半期から下半期に移り変わるタイミングで人材の入れ替わりが激しくなります。中途採用を募集する企業も増える時期のため、求人情報も必然的に多くなるのです。

逆に4月〜8月にかけては、求人情報は少なくなります。傾向としては新卒採用に力を入れている企業ほど、4月〜8月にかけての求人情報は少なくなります。2月〜3月にかけて十分な人材を確保できれば、4月〜8月に求人を募集する必要はなくなるからです。

多くの人が、求人情報が多い時期に転職しようとします。そのため、注意点としては求人情報とライバルとなる転職者の数は比例するということです。

人気の企業には沢山の転職者が応募するため、競争率も高くなります。反対に求人情報が少ない時期はライバルも少なくなります。

  • スキルや経験値に自信がない:ライバルが少ない時期を狙う
  • 社会人としての価値に自信がある:求人情報が多い時期を狙う

このように社会人としての立ち位置を踏まえた上で、転職する時期を考慮すれば、あなたにとってベストなタイミングを見つけることができるでしょう。

まとめ

「最適な転職のタイミング」は人によって大きく異なります。

あなたにとって最適な転職のタイミングを見つけるには

  • 転職の目的
  • 社会人としての人材価値
  • 年齢
  • 性別
  • 時期
  • 企業が求めている人物像

を明確にすることが何よりも大切です。

自分にどの程度のスキルや経験があるのか、その能力を年齢と照らし合わせた時に人材としての価値はどの程度のものなかのなど、自己分析を行っていくことで転職のタイミングも明確になっていくでしょう。

キャリアアップをしたいのか、全く新しい業種にチャレンジしたいのかによっても、転職のタイミングは変わってきます。

企業が求めている人材と、あなたの年齢や能力にミスマッチはないでしょうか?

資格を取得して転職活動を有利に行っていくことも考慮する必要があるなら、しっかりと計画を立てる必要があるでしょう。

まずは自分を冷静に分析してみてください。そこから転職市場と自分の能力を照らし合わせて、最適なタイミングで転職活動を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です