転職エージェントで内定辞退をしてもOK!上手に内定辞退を伝える方法と転職エージェントがしつこい場合の対処法

man
転職エージェントに求人を紹介してもらい内定が出たけれど、思っていた企業と違っていた・・・

と内定辞退を考える方も多くいます。

転職サイトや直接応募の場合、企業と直接やり取りを行うだけで済みますが、転職エージェント経由の場合、

man
せっかく求人を紹介してもらったから担当者に悪い・・・

と内定辞退を躊躇してしまう方も。

そこで今回は、転職エージェントに内定辞退を上手に伝える方法と、転職エージェントがしつこい場合の対処法を解説します。

teacher
内定辞退は一歩間違えてしまうと、トラブルになることもあります。本記事で内定辞退について学びましょう。

転職エージェントで内定辞退をしてもOK?

転職エージェント経由での応募でも内定辞退をしても問題ない

直接応募や転職サイトからの応募の場合、企業とのやり取りや選考準備などすべて自分の力で行うため、内定辞退をするかどうかの選択も自己責任です。

しかし、転職エージェントに求人を紹介してもらい、企業とのやり取りを代行してもらったとなると、

man
企業の採用担当者や転職エージェントの担当者にも迷惑になるのでは?

と内定辞退を躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、転職エージェント経由であったとしても内定を辞退することは可能です。
  • 思っていた仕事内容や条件と違っていた
  • 面接担当者との相性が悪かった
  • もっと条件のよい企業に転職したい

と内定辞退の理由もさまざまですが、転職エージェントの担当者に悪いからと気を遣って内定を承諾をする必要はまったくありません

転職は人生の転機でもあり、今後のキャリアを決める重要なもの。

納得がいかないまま転職したとしても早期離職につながってしまう可能性もあるため、しっかりと検討した上で内定を受けるかどうかを決めることが大切です。

内定とはそもそも正式な契約ではなく、企業側から「入社してOK」という意思を伝えるものです。

内定が出た時点ですぐに入社が決まるというものではなく、転職者の内定承諾を受けて初めて正式な雇用契約に移ります。

そのため、たとえ内定が出たとしても必ずその企業に就職しなければいけないというものではなく、あくまでこちらに選択を迫られている段階のため、内定辞退しても問題はないのです。

企業側もたとえ転職エージェント経由での応募であったとしても、内定辞退をされることをある程度は想定しています。

したがって、企業や転職エージェントの採用担当者に気を遣ってしまうのではなく、あくまで自分の意志で決めることが大切です。

内定辞退の基本的なマナー

内定辞退をすること自体には問題はありませんが、転職エージェントや企業の担当者に時間を割いてもらい、選考やスケジュール調整を行ってもらっています。

そのため、内定辞退をする際には、企業や転職エージェントに誠意をもって内定辞退を行う必要があります。
teacher
内定辞退の際の基本的なマナーは3つあります。

1.なるべく早いタイミングで伝える

内定辞退をしても問題はありませんが、内定を出すということは、採用して受け入れる状態を作ろうとしているということになります。

内定を出した時点で他の転職者の選考を打ち切ったり、内定者を受け入れる準備をすでに行っている場合も。

そのため、

man
内定辞退しようか迷う・・・

と躊躇してしまい、伝えるのがどんどん遅くなってしまうと、企業側の採用のスケジュールが狂ってしまう場合もあります。

そのため、なるべく早いタイミングで伝えることが大切です。

考える時間が欲しいという場合には、何も言わずに過ごすのではなく、あらかじめ転職エージェントの担当者に相談することも重要。

転職エージェント経由での応募の場合、基本的に企業側とやり取りを行うのは転職エージェントの担当者です。

内定承諾の返事を先延ばしにしてしまうと、転職エージェントの担当者に迷惑がかかってしまう場合も。
  • 内定辞退をしようか迷っている
  • 他社と比較して決めたいので〇日まで待ってほしい

など、現時点の考えを伝えておくことで、内定の返事を出す期日を企業側と相談してくれます。

特に転職の場合、新卒の採用とは異なり、欠員補充や新規プロジェクト立ち上げのメンバー募集など、企業が採用を急いでいることもあります。

内定辞退をした場合、再度採用活動を行う必要があるため、できるだけ早い段階で返事が欲しいと思っている企業も多いということを頭に入れておきましょう。

2.電話+メールで伝える

内定辞退はなかなか言い出しづらいもの。

メールで済ませようと考える方も多いと思いますが、内定辞退はできるだけ早く伝えることが重要。

メールだと担当者が気づかない場合もあるため、電話での連絡も必須です。

先にメールを送っておき、後から電話でフォローを入れるようにすると、より誠意が伝わりやすくなります。

3.転職エージェントに連絡をする

内定辞退となると、より誠意を伝えるためにも企業の採用担当者に連絡しようと考える方もいますが、転職エージェント経由での応募の場合、転職エージェントの担当者が企業とのやり取りの窓口となります。

そのため、必ず転職エージェントに連絡を取るようにしましょう。
企業の採用担当者の直接伝えてしまうと、転職エージェントの担当者に内定辞退の旨が伝わるのが遅くなり、転職エージェントとの信頼関係を損ねてしまう場合もあります。

また、転職エージェントは転職者に合う求人を紹介し、採用につなげることを目的としています。

そのため、内定辞退をする場合、転職エージェントの担当者は次の求人を紹介したり、企業側に謝罪を行ったりと、転職者が今後も転職活動を続けられるよう手配を行います。
今後より転職者の希望に合った求人を紹介するためにも、内定辞退の理由などは詳しく聞かれるため、転職エージェントと再度希望条件のすり合わせなどを行うようにしましょう。

内定辞退をするときの方法

内定辞退の際には

  • なるべく早いタイミングで伝える
  • 電話+メールで伝える
  • 転職エージェントに連絡する

ことがポイント。

内定辞退の意思を伝えたり、内定承諾の返事を保留したい場合には、転職エージェントにまずはメールで伝えることが大切です。

メールを送る際には最低限、

  • 名前
  • 内定辞退をしたいということ
  • 内定辞退の理由
  • 迷惑をかけたことへのお詫び

を書いておきましょう。

そして件名にはメールの内容が一目でわかるよう、「内定辞退のご連絡」などと書いておくのがベターです。
メール例文

件名:内定辞退のご連絡/〇〇 〇〇(自分の名前)

【担当者名】様

いつもお世話になっております。〇〇 〇〇(自分の名前)です。

先日、内定をいただいた〇〇株式会社の件につきまして、大変申し訳ございませんが、内定を辞退したくご連絡いたしました。

辞退の理由ですが、〇〇の条件面が希望に合わず、検討の結果、辞退させていただければと思います。

〇〇様に転職活動のサポートをしていただき、お手間をおかけしてしまったこと、深くお詫び申し上げます。

お手数をおかけいたしますが、〇〇株式会社のご担当者様にも辞退の旨をご連絡いただければと存じます。

取り急ぎメールでのご連絡をさせていただきましたが、後ほど電話にてご連絡いたします。

〇〇 〇〇(自分の名前)

そして、メールを送ったら時間を置き、電話でも連絡を入れましょう。

電話でも基本的には伝える内容は同じです。「先ほどメールでもご連絡を差し上げましたが」と最初に伝えておくと話はスムーズに進みます。

内定承諾後の辞退はなるべく避ける

内定承諾をする前に内定辞退をすることはほとんどの場合、それほど問題となることはありません。

しかし、内定承諾後に辞退をする場合には注意が必要です。

内定を出した時点では、まだ入社の準備が整っていないため、企業側にもそれほど迷惑をかけずに済みます。

しかし、内定を承諾した場合には、入社に向けての準備が進められています。

入社する際の書類の準備や研修スケジュールの調整、デスクうやパソコンなどの備品の購入など、内定者を受け入れる準備が着々と進められています。

そのため、入社日が近づけば近づくほど、内定辞退をすることで迷惑をかけることになるため、内定承諾後の辞退はなるべく避けるべきと言えます。

やむを得ない事情の場合には一刻も早く伝えることが大切。少なくとも入社2週間前には内定辞退を伝えられると良いでしょう。

入社日前日や当日は当然NGです。

企業に迷惑をかけるだけでなく、その転職者を紹介した転職エージェントにも迷惑がかかり、企業と転職エージェントとの関係性が悪化してしまう可能性もあります。

思わぬトラブルを呼んでしまうこともあるため、内定承諾前にしっかりと検討するようにしましょう。

内定承諾後の辞退で多い理由は、

  • 家族から反対された
  • 今の職場に慰留することを求められた

の2つです。

teacher
入社意思をかためる前に、家族や職場の上司に相談するようにしましょう。

内定辞退の際に転職エージェントがしつこい場合の対処法

なぜ転職エージェントは内定辞退を止める?

内定辞退の旨を伝えたところ、転職エージェントから引き留められることもあります。

転職エージェントから強く引き留められてしまうと、一度決心したことがゆらいでしまうことも・・・。

実際に転職エージェントからしつこく引き留められた経験がある方は多くいます。

転職エージェントが内定辞退を引き留めるのには、転職エージェントの仕組みが関係しています。

転職エージェントは通常、転職者は無料で利用できる代わりに、求人を出している企業から採用報酬として報酬を受け取ることで成り立っています。

つまり、転職者が採用され、実際に入社することが条件となるため、転職者が内定を辞退してしまうと、転職エージェント側は報酬をもらうことができないのです。

もちろん、転職者ファーストで対応してくれる転職エージェントもありますが、中には強引に内定を承諾させようとしてくるところも・・・。

しかし、転職エージェントに引き留められたからと言って、自分の意思を変えてしまう必要はありません。

転職エージェントがしつこい場合には、しっかりと自分の意思を持ち、対処することが大切です。

転職エージェントがしつこい場合の対処法

teacher
内定辞退の旨を伝えても転職エージェントがしつこい場合の対処法を4つご紹介します。

1.内定辞退の理由をはっきりと伝える

まずは、内定辞退の理由をはっきりと伝えることです。

「検討の結果~」などと濁してしまうと、「もう一度考え直してもらいたい」としつこく説得される可能性があります。

内定辞退の理由が企業側に伝わってしまうことはないため、内定辞退の理由をはっきりと伝えましょう。
その上で、今後の求人の紹介の際の希望条件などを再確認する必要があります。

内定辞退の理由が

  • 希望年収よりも低い
  • 勤務地が遠い

など、そもそも希望条件と紹介された求人が合っていない場合には、今後の求人紹介の質を上げるためにも、具体的にどんな企業に転職したいのかを転職エージェントの担当者に伝えることが重要です。

内定辞退をしっかりと伝えておかないと、今後また同じような求人を紹介されてしまう可能性もあるので、今一度自分の希望条件を見直しておきましょう
また、転職意欲を見せることも重要なポイントです。

あまりにも内定辞退や選考辞退が多くなってしまうと、

staff
転職する気がないのでは?

と思われてしまう可能性もあります。

具体的な希望条件を再度伝えた上で、継続して求人の紹介をしてもらいたいということをしっかりと伝えるようにしましょう。

前向きに転職を検討していることがあると、1つの企業にこだわらず、さまざまな企業の求人を紹介してもらえる可能性があります。

teacher
選択肢が多い方が自分に合った求人も見つけやすくなるため、前向きな姿勢を示しましょう。

2.転職エージェントのペースに流されない

しつこく説得されてしまうと、その勢いにおされ、転職エージェントのペースに流されてしまうことも。

staff
ここで内定を辞退したら転職が決まらなくなる・・・

など不安を煽ってくるエージェントも中にはいます。

しかし、その場の雰囲気に流されてしまうと、自分の本当の気持ちが見えなくなり、焦って転職を決めてしまう危険性もあります。

内定辞退の際には、

man
絶対にこの企業への転職は断ろう!

と強い気持ちを持つことが大切。

自分の気持ちが揺らいでしまうと不本意な転職をしてしまう可能性もあるため、断固とした姿勢で転職エージェントに内定辞退を伝えることが必要となります。

3.担当者や転職エージェントを変更する

  • あまりにも話を聞いてくれない
  • 特定の企業へ採用させようとしてくる

など、転職者の気持ちに寄り添わず、企業や自分の利益のために転職者に特定の企業への転職を勧めてくる担当者もいます。

しかし、本当に転職者のことを思うのであれば、内定辞退を聞き入れてくれるはずです。

しつこく勧誘を受けるという場合には、転職者にとって良い転職エージェントとは言えないため、利用する転職エージェントや担当者を変えることも検討しましょう。
担当者では話が通じないという場合には、転職エージェントのサイトの問い合わせフォームを利用することをおすすめします。

問い合わせフォームから

  • 担当者を変更したい or 転職エージェントの利用をやめたいということ
  • 現在の転職活動の状況

などを伝えておくと、担当者の変更ができるだけでなく、内定辞退の処理も進めてもらえます。

担当者があまりにもしつこい場合には、転職エージェントの本部に問い合わせを行いましょう。

自分に合った転職エージェントを選びたい!という方はこちらの記事も参考にしてみてください。

4.メールの文面に残す

内定辞退の連絡を電話だけで行ってしまうと、担当者にすぐに伝えられるというメリットはありますが、電話口で説得されてしまい、内定辞退の件をうやむやにされてしまうことも。

通常の転職エージェントではほとんどこのようなことがありませんが、念のためメールの文面で内定辞退のやり取りを残しておくと、後から「言った・言わない」ということを防ぐことができます。

そのため、あまりにも転職エージェントがしつこい場合には電話や対面ではなく、メールのやり取りに切り替えるのも1つの手と言えるでしょう。

内定をもらう前に検討することも大切

内定を辞退することはできますが、少なからず企業や転職エージェントの担当者に迷惑をかけてしまうことになります。

転職エージェントの担当者も企業との関係性を気にして、転職者についしつこく内定辞退の撤回を求めてしまうこともあるのです。

そのため、内定をもらってから考えるのではなく、内定をもらう前にその企業との選考を続けるかどうかを検討することも必要と言えます。

内定をもらった後で辞退をするよりは選考辞退の方が、他の転職者との選考に早い段階で移れるため、企業への負担も軽減させることができます。

内定をもらう前によく検討を行い、内定をもらっても承諾する可能性がないと判断したところは早めに辞退するようにしましょう。
teacher
また、転職エージェントに勧められるがまま、希望と合わない求人を受けてしまうのも避けるようにしましょう。

まとめ

転職エージェント経由での応募であっても、内定辞退をすることはできます。

ですが、内定辞退をするタイミングや態度によっては、企業や転職エージェントの担当者に迷惑をかけてしまったり、不信感を抱かれてしまったりすることもあります。
そのため、内定をもらった企業を断る場合には、基本的なマナーをおさえ、誠意をもって伝えることが大切です。
  1. なるべく早いタイミングで伝える
  2. 電話+メールで伝える
  3. 転職エージェントに連絡をする

この3つのポイントをおさえて、内定辞退を行いましょう。

また、転職エージェントは企業からの採用報酬で成り立っているため、内定辞退を伝えるとしつこく引き留められてしまう場合もあります。

しかし、そこで内定を受けてしまうと転職者にとって良い転職とは言えないため、確実に内定辞退をするためにも、しつこい転職エージェントへの対策を練ることが重要です。
  1. 内定辞退の理由をはっきりと伝える
  2. 転職エージェントのペースに流されない
  3. 担当者や転職エージェントを変更する
  4. メールの文面に残す
4つの対処法をおさえておきましょう。
teacher
転職は自分の今後を左右する重要な選択です。自分にとってより良い選択をするためにも、内定前にしっかりと検討を行い、決して流されることなく、転職先を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA