転職エージェントは信用できない?信用できない転職エージェントの特徴と対処法

求人の紹介や面接対策などさまざまな転職サポートを受けられる転職エージェント。

転職活動をする際に利用することで、転職成功率を上げられるというメリットもありますが、

man

「希望に合った求人が紹介されなかった」

「転職エージェントから連絡がこなくなった」

など、転職エージェントは信用できないと思っている方もいます。

今回は、転職エージェントが信用できないと言われる理由や、信用できない転職エージェントの特徴について解説します。

teacher

信用できない転職エージェントに当たってしまった場合の対処法もあわせて紹介するので、

  • 転職エージェントの利用を検討している方
  • 初めて転職エージェントを利用する方

は本記事で転職エージェントの見極め方について学びましょう。

転職エージェントは信用できない?信用できる?

転職エージェントには当たり・ハズレがある

転職サイトでは自分自身で求人の検索から応募、スケジュール管理までやる必要があります。

一方で、転職エージェントでは求人の紹介や面接日の調整、選考対策など、転職活動に関するあらゆるサポートを受けることができるため、絶対に転職活動を成功させたいという方にとって心強い存在です。

しかし、心強い存在のはずの転職エージェントですが、

man
転職エージェントは信用できない

と思っている転職者も多くいます。

エン・ジャパン株式会社が運営するエン転職コンサルタントのユーザーアンケートによると、コンサルタントの対応に不安や不満を感じたことがあると回答した方は全体で82%という結果に。

出典:エン・ジャパン株式会社

理由としては、

  • 希望に合わない求人紹介を受けた・・・全体50%
  • 相談へのアドバイスが的外れだった・・・全体44%
  • 求人応募した後、一切、連絡がこない・・・全体31%

とさまざま。

コンサルタントの転職支援に疑問を感じている方も多くいるということが分かっています。

その一方で、転職活動においてコンサルタントは必要な存在かどうかの問いに関しては全体の69%が必要な存在と回答。

出典:エン・ジャパン株式会社

自分だけでは分からない部分や分野などを、プロの視点から見てもらえることに心強いと感じている方が多いという結果になっています。

これらのことから、転職エージェントは「信用できない」と感じている方がいる一方で、転職活動において必要な存在と捉えている方もいるということが分かります。
転職エージェントと一口に言っても、得意とする分野や扱っている求人も異なり、担当するコンサルタントもさまざまなため、一概に「信用できる」とも「信用できない」とも言えないのです。

そして、転職エージェントでは特に担当するコンサルタントのレベルや相性によっても、転職活動の成功が大きく変わります。

teacher
コンサルタントにも当たり・ハズレがあるため、「信用できない」と思っている方は、まずその理由について探るべきだと言えます。

転職エージェントが信用できないと言われる3つの理由

転職エージェントが信用できないと言われるのには、3つの理由があります。

1.転職者が成功しないと報酬がもらえない

まずは転職エージェントの仕組みを理解する必要があります。

woman
転職エージェントはなんで無料で利用できるの?

と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントでは、企業から依頼を受け、求人の募集を行います。そして、企業の求める人材に合った転職者を紹介し採用につなげることで、企業側から成功報酬が支払われます。

そのため、転職者は無料で利用することができるのです。

しかし、転職者が無料で利用できる分、企業側から確実に成功報酬をもらえるようにするために1件でも多く採用を獲得する必要があります。

採用につながらなければ求人を紹介する意味がないため、転職者の希望よりも企業にとって必要な人材をマッチングさせることが最優先となります。
転職者の意向を無視した形で求人を紹介されるケースも少なくないため、転職エージェントは信用できないと思われてしまうのです。

2.コンサルタントにもノルマがある

転職エージェントが売上を上げるためには、採用を多く獲得することが必要となります。

コンサルタントも営業と同じように採用ノルマがある場合も多く、なんとかして転職者を採用につなげようと転職者の希望とは合わない求人を紹介したり、連絡する回数が増えたりと、転職者のためにならない転職支援を行ってしまうコンサルタントも中にはいます。
そのため、転職エージェントに不信感を抱く転職者も少なくないのです。

3.企業から採用を急かされている

転職エージェントは転職者と企業をつなぐ架け橋、というと聞こえはいいですが、転職エージェントは常に企業と転職者の板挟み状態にあります。

企業の中には、人員不足で採用を急ぐところもあり、なかなか採用が決まらないとコンサルタントを急かすケースも。

結局のところ企業が満足する人材を紹介できなければ、転職エージェントの売上にはなりません。

そのため、転職者ではなく企業の要望を優先してしまうコンサルタントも多く、特定の企業への応募を促されたり、内定承諾などの意思決定が急かされてしまうこともあります。
転職エージェントは転職者にとって頼れる存在でもありますが、こういった企業側との関係から、転職者の意向に合わない行動をとられてしまう可能性があるのです。

良い転職エージェントを見極めることが何よりも大切

転職エージェントが「信用できない」と思われる一番大きな原因は、転職エージェントと企業側の関係性にあります。
転職エージェントの仕組み上、転職者側に利用料を求めないかわりに、企業側から報酬をもらうため、企業側の要望を優先してしまいがちになるという欠点があります。

ただし、転職エージェントの中には、転職者の満足度を重視し、コンサルタントのノルマがなく、転職者ファーストで転職支援を行っているところもあります。

利用する転職エージェントや担当者によって当たり・ハズレがあるため、自分に合った転職エージェントを見極めることが何よりも大切と言えます。

信用できない転職エージェントの特徴と対処法

転職エージェントによって質も異なり、相性の善し悪しもあるため、利用するエージェントをしっかりと見極めることが重要です。

転職は人生の中でも一大イベントです。転職が成功するかどうかで、今後のキャリアや生活自体がガラッと変わる可能性もあります。

利用する転職エージェントによっても転職の成功率も大きく変わるため、信用できるエージェント選びを行うことが大切です。

ここからは、信用できない転職エージェントの特徴と、合わない転職エージェントに当たってしまった際の対処法をご紹介します。

信用できない転職エージェントの特徴

man
転職エージェントの見極めってなんだか難しそう・・・
teacher
転職エージェントを見極めるためには、信用できない転職エージェントの特徴を知っておくことが大切です。7つの特徴をご紹介します。

1.意思決定などを急かしてくる

転職する企業によって今後のキャリアが左右されるため、転職先選びは慎重に行いたいもの。

特に何社か気になっている企業がある場合、内定が先に決まった企業に転職を決定していいものか悩むものです。

  • もう少し他の企業を検討したい
  • 他の企業との選考を終えてから決めたい

など、慎重に転職先を選びたいというときに、内定承諾の意思決定などを急かしてくる転職エージェントには要注意。企業側から返答を催促され、焦って連絡をしてきている可能性があります。

転職エージェントに意思決定を催促されたからと焦って決めてしまうのはNG

企業側の都合ももちろんありますが、転職者に立って考えてくれる転職エージェントであれば、期限を延ばしてくれることもあります。

ただし、意思決定を先延ばししすぎてしまうのは避けた方が良いでしょう。

企業側も

  • 業務上の都合で早く採用を決定したい
  • 他の転職者との選考を行うかどうか判断したい

などといった事情で、意思決定の返答期間が制限されている場合もあります。

man
「○○日までには結論を出します」

などあらかじめ返答の目安を伝えておくと、転職エージェント側も企業との調整がつけやすくなります。

転職エージェントとのコミュニケーションはしっかりととるようにしましょう。

2.希望と合わない求人を勧められる

経歴やスキル、希望条件をきちんと伝えたのに、希望や経歴と合わない求人を勧められるという場合、転職者の要望ではなく、売上やノルマのために優先度が高い企業の求人を勧められている可能性が高いと言えます。
ノルマや売上のために求人を紹介されることは決して転職者にとって利益にはならないため、利用する転職エージェントを見直すことをおすすめします。

ただし、希望条件が上手く伝わっておらず、経歴やスキルから判断してとにかく合いそうな求人を紹介されているという可能性もあります。

  • 希望条件をきちんと伝えられているか?
  • 目指す業種・職種を理解してもらえているか?

など、転職者側の希望を今一度伝え、コンサルタントと認識を合わせることも大切です。

3.連絡がつきにくい

メールや電話で連絡しているのにエージェント側から連絡がこないという場合には、

  • 求人紹介する優先度を下げられている
  • 担当者が忙しすぎて手が回っていない
  • 連絡を忘れられている

などの可能性が考えられます。

転職エージェントの連絡のはやさやまめさはとても重要。

レスポンスがはやいとそれだけ意思疎通もはかりやすく、企業との連絡もスムーズに進められます

転職エージェントでは、営業日の1~2日以内には連絡を返すのが基本となっています。

そのため、2日以上待っても連絡がこないという場合には、利用する転職エージェントを見直すべきだと言えます。
転職者への連絡が遅いということは、企業への連絡も遅いという可能性もあります。

企業側もできるだけ早く採用を決めたいもの。

もし企業側から内定が出ていたとしても、それが転職者に伝わっておらず連絡ができずに時間が過ぎてしまうことで、

staff
連絡がつかないので他の方に内定を決まてしまいました

と採用のチャンスを逃してしまう危険性もあります。

woman
頻繁に連絡が来るよりマシかも・・・

と思ってしまうのではなく、レスポンスのはやさにも注目しておくと良いでしょう。

4.言っていることがころころ変わる

コンサルタントから得る企業の情報やアドバイスは重要。どれだけ詳しく正しい情報を得られるかによって、選考の対策が変わってきます。

そのため、言っていることがころころ変わってしまうようなコンサルタントはNG。

たとえば、

  • この経歴やスキルならA社の採用は確実です

と言われていたのに、いざ選考に進んでみたら、

  • A社では○○という資格が必須なため、採用は難しい

と言われてしまうと、書類の作成や選考対策の時間がすべて無駄になってしまいます。

転職者に対して言っているということがころころ変わるということは、企業の担当者への対応も適当に行っている可能性も。

転職が決まった企業から

staff
エージェントからは○○ができるって聞いてたから採用したのに・・・

と、企業側に提供される情報が実際の転職者の情報と異なっていることも考えられます。

企業にとっても転職者にとっても転職エージェントから得る情報は非常に重要なため、面談や求人の紹介の際にコンサルタントの発言で気になるところがあった場合には注意しましょう。

5.一方的に話をされる

よく

man
コンサルタントのペースに流されて求人を応募してしまった・・・

という方もいます。

初めての転職で、

man
とにかくコンサルタントに転職に関するアドバイスを受けなきゃ!

とコンサルタントから一方的に説明を受け、コンサルタントのペースで転職活動が進んでしまう場合もあります。

しかし、転職先の応募や内定などの重大な意思決定は、転職者が自分自身で決める必要があります。

そのため、

  • 希望条件などを聞いてもらえなかった
  • コンサルタントばかりが話して質問ができなかった

という場合には、転職エージェント側の都合の良いように求人の紹介や内定先の選択がコントロールされてしまう可能性もあるため、コンサルタント側のペースに呑まれないようにすることが重要と言えます。

6.頻繁に電話がかかってくる

「連絡がつきにくい」とは逆に、頻繁に電話がかかってくるという場合も要注意です。

転職エージェントによっては、夜間や土日など時間問わず連絡をしてくるところもあります。

しかし、転職者の生活スタイルや仕事時間はさまざま。

転職エージェントから頻繁に連絡がくることで職場の人に転職がバレてしまったり、生活リズムが乱されてしまったりと、不都合なこともあります。
時間帯おかまいなしで連絡がくるという場合には、ノルマや売上のために焦っているということも考えられます。
あらかじめ連絡可能な時間帯などを伝えておくと、そういった連絡のトラブルを防ぎやすくなるため、コンサルタントに希望を伝えるようにしましょう。

7.企業や業界の知識が浅い

情報収集が目的で転職エージェントを利用するという方も多いのではないでしょうか。

転職エージェントはいわば転職のプロ。

転職サイトなどの求人情報では知れないような細かい企業情報の提供してもらえるため、転職活動を有利に進めるための貴重な情報源と言えます。

しかし、コンサルタント自身の知識や能力によっては、企業情報や業界の知識などが浅い可能性も。

特に総合型転職エージェントでは、さまざまな業種や職種の求人を幅広く扱っている分、特定の業界に特化した情報を得られない可能性があるというデメリットがあります。

信用できない転職エージェントに当たったときの対処法

信用できない転職エージェントをそのまま利用し続けてしまうと、思ったような求人に出会うことができず、かえって転職効率が悪くなってしまう可能性も考えられます。
woman
せっかく利用を始めたし、変更するのは悪い・・・

と遠慮してしまいがちですが、転職は自分の人生の重要な転機と言えます。

後悔しない転職活動を行うためにも、転職エージェントが信用できないと感じたら、すぐに対処することが大切です。
teacher
具体的な対処法を3つご紹介します。

1.担当者を変更してもらう

まず一番に考えるべきなのは、担当者を変更してもらうことです。

転職エージェントには多数のコンサルタントがいます。

コンサルタントを変えることで能力不足や相性の悪さを改善できる可能性もあるため、コンサルタントを変更できないか打診してみるようにしましょう。
man
コンサルタントに直接伝えづらい・・・

という場合には、WEB上のお問合せを利用するのがおすすめです。

問い合わせフォームを設けている転職エージェントも多いため、こちらで転職エージェントの本部宛に変更希望の旨を送るようにしましょう。

dodaでは、担当者を変更する専用の「担当キャリアアドバイザー変更のお申し込み」の入力フォームがあります。

出典:doda

こちらを利用することで、担当者に直接伝えることなく、担当者変更の希望を出すことができるため便利です。

各転職エージェントによって対応が異なるため、担当者の変更を考えている場合には、利用しているエージェントに問い合わせを行うことが問題解決のもっとも確実な手段と言えます。

2.希望条件やコンサルタントにして欲しいことを具体的に伝える

「信用できない」と感じた理由が

  • 希望と合わない求人を紹介された
  • コンサルタントからの連絡がこない/頻繁にくる

という場合、転職者の希望条件やコンサルタントに求めるサービスが十分伝わっていない可能性もあります。

そのため、すぐに変更してしまうのではなく、今一度コンサルタントとの面談の機会を設け、転職における希望条件やコンサルタントにしてもらいたいことを具体的に伝えるようにしましょう。
  • 幅広い求人を見たい
  • 希望に合った求人をピンポイントで知りたい

など、転職者の希望によって、紹介できる求人ががらっと変わる可能性もあります。

あまりにも希望条件が多すぎたり、現在のキャリアや年収と見合っていなかったりすると、紹介できる求人がなくコンサルタントからの連絡がこない可能性もあるため、譲れない条件をきちんと定めた上で、時には条件を変更することも大切です。

3.複数の転職エージェントを登録する

コンサルタントも1人の人間です。コンサルタントや転職者個人の問題ではなく、相性によっては転職活動が上手く進まないこともあります。

担当者を変更してしまうことも1つの手ですが、コンサルタントとの相性が合わない度に変更するのでは時間も労力もかかります。

そのため、複数の転職エージェントを登録し、相性の良いコンサルタントを絞り込むのも1つの方法と言えます。

複数登録することで、

  • さまざまな視点から転職アドバイスが受けられる
  • 紹介してもらえる求人が増える
  • 独占案件をカバーできる

などのメリットもあるため、最初に2~3社の転職エージェントを登録しておき、相性を見極めるようにすると効率的です。

「絶対」におすすめしたい転職エージェントの比較ランキングへ。

合わないと感じたら早めに対処するよう心がけて

転職エージェントには当たり・ハズレもあり、コンサルタントの相性によっても転職活動のしやすさが異なります

そのため、合わないと思って利用し続けてしまうと、その分時間がとられてしまい、良い求人に出会うチャンスを逃してしまう可能性もあります。
コンサルタントの相性や質は早めに見極め、合わないと感じたらすぐに対処することが重要です。

まとめ

転職エージェントは求人の紹介や選考対策などを行ってもらうことができ、転職サイトでは得られない企業の情報も得られるため、転職活動をする上で非常に心強い存在です。

しかし、一方で転職エージェントは当たり・ハズレもあり、中には

man
転職エージェントは信用できない!

と転職エージェントの利用を躊躇する転職者も多くいます。

転職エージェントを上手く活用するためにも、コンサルタントの質や相性を見極めることが重要です。
  1. 意思決定などを急かしてくる
  2. 希望と合わない求人を勧められる
  3. 連絡がつきにくい
  4. 言っていることがころころ変わる
  5. 一方的に話をされる
  6. 頻繁に電話がかかってくる
  7. 企業や業界の知識が浅い
信頼できない転職エージェントの特徴をおさえておきましょう。
そして、転職エージェントの質や相性を見極めたら、早めに対処することも大切なポイントです。
  1. 担当者を変更してもらう
  2. 希望条件やコンサルタントにして欲しいことを具体的に伝える
  3. 複数の転職エージェントを登録する
そのまま利用し続けるのではなく、「信頼できない」と思ったらすぐにこちらの3つの対処法を試してみましょう。
teacher
転職は自分の人生を左右する重要な転機です。信頼できる転職エージェントを選んで、転職活動を成功へと導きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA