「仕事が忙しい」時には仕事の見直しが必須!仕事が忙しい人の特徴と仕事が忙しいときの乗り越え方8つを徹底解説!

仕事が忙しく疲れが溜まっているという方も多いのではないでしょうか。

任される仕事が増えたり、他の人から頼られたりすることは悪いことではありませんが、仕事が多く忙しいことで業務中に終わらず、オーバーワークになってしまうことで、ストレスや疲労感が溜まりやすくなります。

そのため、仕事が忙しくなかなか休めないという時には、仕事の見直しが必要な状態と言えます。

そこで今回は、仕事が忙しい人の特徴と仕事が忙しいときの乗り越え方を徹底解説!

心身の健康があってこそ、仕事も長く続けられるもの。

teacher
  • 仕事を辞めたいと思っている
  • 頭痛や肩こりなど体の不調がなかなか治らない

など、仕事が辛いと感じてしまう方は、仕事が忙しくなってしまう理由と、余裕をもって仕事をするための方法を学びましょう。

仕事が忙しい人の特徴と原因とは?

「仕事が忙しい」=「仕事ができる」とは限らない

プライベートを楽しむために仕事はお金を稼ぐ手段と割り切って仕事をする人もいれば、仕事自体にやりがいを見出している方もいます。

仕事にやりがいや目標を持つ方の中には、

man
仕事が忙しいということはそれだけ期待されているということだ!

と、仕事が忙しいことを喜ばしく思う方もいます。

確かに仕事を任されたり、誰かから頼られるということは悪いことではなく、仕事へのモチベーションにつながったり、その分出世できたりと、良い側面もあります。
しかし、仕事が忙しい人=仕事ができる人とは限りません。

自分のキャパシティ以上の仕事を抱え込みすぎることで、仕事の質が下がったり、オーバーワークが続き、心身の不調の原因となってしまうこともあるのです。

仕事ができる人は、仕事の管理がきちんとできており、効率よく自分の仕事を全うすることを指します。

そのため、仕事が忙しく、残業や休日出勤をせざるを得ない状況に陥ってしまったり、任された仕事を完了できないという場合には、仕事が忙しくなってしまう理由を探ることが大切です。

仕事が忙しい人の特徴

仕事が忙しい人にはいくつか共通する特徴があります。

teacher
5つの特徴に当てはまるものがないかチェックしていきましょう。

1.仕事のタスク管理ができていない

仕事が忙しく、任された仕事が終わらないという場合、仕事のタスク管理がきちんとできていない可能性があります。

自分の仕事をしっかりと把握できていれば、大体の仕事量をはかり、目安となる業務時間の計算ができます。

しかし、自分の仕事量をきちんと把握していないと、他の人に頼まれた仕事をそのまま受けてしまったり、締め切りがあるものや優先すべき仕事を後回しにしてしまうことも。

仕事には優先順位の高いものや、一定の期間をかけて同時進行で進めなければいけないものもあります。

teacher
仕事の予測がつかないことで、期日が近づいてから焦り、仕事が忙しくて手が回らない・・・なんて事態に陥ってしまう可能性もあり得ます。

2.断るのが苦手

staff
〇〇さんこれもやっといて!

なんて頼まれると、断れないという方も多いのでは?

誰かに頼られることは確かに嬉しいことではありますが、自分のタスクを考えず、2つ返事で仕事を引き受けてしまうことで、自分の仕事がなかなか終わらなくなってしまうこともあります。

優しい人や責任感の強い人ほど、他人のことを考えて引き受けてしまいがちですが、そのことでオーバーワークになり、心身を壊してしまっては元も子もありません。

仕事を連携してやっていく上で、業務分担は非常に重要です。
安易に引き受けてしまうことで業務が回らなくてなっては意味がないため、仕事がなかなか断れないという方は要注意です。

3.他人を頼ることができない

タスク管理を適切に行うことで、期日までに仕事が終わらないと判断できるときもあるでしょう。

しかし、タスク管理をした後の行動も実は大切。

中には人になかなか頼ることができない人もいます。

しかし、業務時間内に終わらないと分かっているのに、そのまま一人で業務を行ったとしても、終わる可能性は低いと言えます。
仕事が完了できないことで、職場の人や取引先などにかえって迷惑をかけてしまうこともあるため、時には他人を頼るということも必要となります。

4.オンとオフのメリハリをつけられていない

  • 休憩時間をつぶして仕事をしている
  • 残業ありきで最初から考えている
  • 長時間集中して業務に取り組もうとする

など、仕事をぶっ続けでやろうとする方もいますが、これはNGです。

集中力は長時間は続くものではなく、適切に休憩をとることで、また集中して仕事に取り組むことができるようになるものです。

休憩をとらずに仕事をしてしまうことで頭が働かなくなってしまい、かえって効率が下がってしまうこともあります。

5.完璧を求めすぎている

仕事には、ミスが許されない重要な仕事もあれば、雑用や社内で使う資料作成など、それほど重要度が高くない仕事もあります。

すべての仕事を同じ熱量で取り組み、完璧を求めすぎてしまうことで、重要な仕事が間に合わなくなってしまうことも。

完璧を求めることは悪いことではありませんが、仕事では臨機応変な対応も求められるものです。
重要な仕事の対応が後回しになってしまわないよう注意が必要です。

仕事が忙しいと感じる原因が職場にあることも

仕事が忙しいという場合、自分の仕事のやり方や考え方に問題があることもありますが、原因が職場の環境などにあることも。

原因が職場にある場合、自分ではなかなか対処できない可能性もあるため、どこが問題なのかをしっかりと認識した上で適切な対処を行うことが必要となります。

teacher
仕事が忙しいと感じる原因が職場にある例を3つを挙げます。

1.業務量が多すぎる

物理的に業務量が多すぎるというケースです。

どんなに仕事を効率化して頑張って取り組んでも、自分のスキルやキャパシティを超える仕事はできません。

タスク整理した上で、業務量が多すぎていないかをチェックしましょう。

2.職場の人との連携がとれない

仕事は一人で進めるのではなく、上司や同僚などと連携して行うものです。

全体のタスク管理を行い、業務の分担を適切に行うのも、上司の仕事の1つ。

誰か一人に仕事が溜まってしまっている場合には、チーム全体で助け合うのが理想の形と言えます。
しかし、仕事量が多かったり、自分が対処できる仕事でない場合に、周りが手伝ってくれるような体制でなければ、なかなか仕事を頼みにくく、一人で抱えてしまうことになります。

3.求められるレベルが高い

一人一人能力や経験などによって、できる業務や仕事をする速度も異なります。

仕事の効率が悪く、仕事が遅いという場合には仕事のやり方などを見直し、改善する必要があると言えますが、能力以上のことを求められても、なかなか仕事ができるようにはなりません。

しかし、上司や先輩から

staff
これくらいできて当たり前!

と求められるレベルが高く、自分の能力や適性と合わない仕事を任されてしまうことで、仕事が忙しすぎて手が回らないという状況に陥ってしまうこともあります。

仕事が忙しいことで心身に悪影響を及ぼすことも

woman
仕事が忙しいことは良いことだ!

と真面目な方や責任感の強い人ほど、仕事を頑張りすぎてしまう傾向にあります。

しかし、オーバーワークになったり、仕事が忙しすぎて余裕がなくなってしまうことで、ストレスや疲労感が溜まり、心身に悪影響を及ぼすこともあります。

最初は頭痛や肩こり、倦怠感など、ちょっとした体の不調だったとしても、体が動かなくなってしまったり、自分を責め、仕事に行きたくないと感じるようになってしまったりと、状態が悪化してしまう恐れも。

状態悪化してしまうと、回復に時間がかかってしまい、最悪の場合退職を余儀なくされる可能性もあるため、自分の心身の限界のサインに気づくことが大切と言えます。

仕事が忙しいときの乗り越え方

即実践できる!余裕をもって仕事をするための方法

仕事が忙しいとストレスや疲れが蓄積されやすくなります。

そのため、仕事のやり方や考え方などを見直し、余裕をもって仕事に取り組めるよう工夫を行うことが大切です。
teacher
即実績できる対処法を5つご紹介します。

1.仕事を整理する

仕事のタスク管理ができていないことで、仕事量を見誤ってしまったり、優先度の高い業務を後回しにしてしまい、後から焦ったりなど、自分のやるべき仕事が終えられず、後から焦ってしまう方も多くいます。

そのため、仕事をまずは整理することが大切です。

ToDoリストを作成し、

  • 仕事の内容
  • 締め切りなどの有無
  • 想定時間

などをメモなどに書き出してみましょう。

可視化することで、自分の仕事量を把握しやすくなり、差し込みでの仕事を受けられるかどうかの判断もしやすくなります。
頼まれた仕事をすべて引き受けるのではなく、常に仕事量の管理を行い、どうしても仕事が終わらない場合には、早めに上司や先輩に相談することも大切と言えます。

2.優先順位をつける

仕事の整理をするだけでなく、優先順位をつけることも大切です。

man
とりあえず思いついた仕事からやろう・・・

と無計画に仕事を進めてしまうと、優先度の低い仕事は終わっているのに、自分が優先してやるべき仕事が終わらないという事態にも陥ってしまいます。

書き出した仕事の中で、

  • 締め切りが決まっているもの
  • 取引先や顧客などが関わっているもの
  • 自分にしかできない重大なプロジェクト

など、優先度の高いものを確認し、スケジュールを組んでいきましょう。

自分で優先順位が分からないという場合には、先輩や上司などに納期などを確認することも大切です。

「これやっていて!」とざっくりとした指示をされることもあります。

必ずいつまでに仕上げるものかを確認し、自分の他のタスクと照らし合わせ、対応可否を確認しましょう。

3.周りの人とコミュニケーションをとる

  • 断るのが苦手
  • 他人を頼ることができない

などで、一人で仕事を抱えてしまい、仕事が忙しくなってしまうという場合、周りとのコミュニケーション不足が原因と言えます。

期待に応えようとするあまり、できない仕事を引き受けてしまうことで、締め切りに間に合わなかったり、仕事の質が下がってしまい、周りからの評価をかえって落としてしまいかねません。

仕事が忙しい時こそ、周りとの連携は不可欠です。

困ったときにいきなりコミュニケーションをとろうとしても上手くいかないことが多いため、挨拶や感謝の言葉を伝えるなど、普段から人間関係を良好に保てるよう、努力しましょう。

4.メリハリを持って仕事に臨む

集中力はなかなか長時間は続かないもの。

そのため、メリハリをつけて仕事に取り組むことも大切です。
  • 休憩時間はしっかりと休む
  • トイレ休憩の時間など適宜休憩を入れる
  • 業務時間内に終わらせられるようスケジュールを定める

など、オン・オフを切り替え、休憩と仕事のバランスをうまくとるようにしましょう。

また、仕事ばかりになりすぎてしまうと、仕事でのストレスや疲労などが溜まってしまいがち。

プライベートでも仕事のことで頭がいっぱいという状態では、なかなか心身は休まらないものです。
仕事の時は仕事に集中する、プライベートでは趣味のことや家族や友人との時間を楽しむ、など仕事とプライベートを切り離すことも大切と言えます。

5.目標とご褒美を設定する

目標がないと、仕事のモチベーションが上がらず、ダラダラと仕事をしてしまいがちに。

そこで、目標とご褒美を設定するということも大切です。

1日や1週間程度で達成可能な小さい目標を設定し、目標を達成した場合のご褒美も考えておきましょう。

目標とご褒美があることで、やらなければいけないことも明確になり、目標を達成しようとする意欲もうまれます。

仕事に向上心を持って取り組めるため、仕事をするスピードが速くなったり、効率的に動けるようになったりと、仕事のやり方や質に良い影響を与えることもあります。
  • 1週間ノルマを達成したら、週末は行きたかったレストランに行こう
  • このプロジェクトが終わったら旅行に行こう

など、楽しみな予定や自分へのご褒美を設定しましょう。

仕事が忙しい原因が職場にある場合の対処法

仕事が忙しい原因が職場にあると、今の職場で自分がどんなに頑張っても、改善できない場合もあります。

その場合、今の仕事を見直すということも必要となります。
teacher
3つの対処法を見ていきましょう。

1.業務の見直しについて相談する

業務量が多かったり、今任されている仕事が自分のスキルや適性と合っていない場合、業務の分担の見直しが必要と言えます。

自分の業務を他の人にふることで、仕事の忙しさが軽減される可能性も高くなります。

タスク管理をした上で、もし就業時間内に終わらないような仕事量を任されている場合には、直属の上司などに相談しましょう。

2.スキルや性格など今の仕事に合っているかどうか確認する

他の人よりも仕事が遅く、自分だけ余裕がないという場合、そもそもスキルや性格などが今の仕事に合っていない可能性もあります。

仕事はやりたいことをやればいいというわけではなく、適材適所という言葉もあるように、人によって向き・不向きがあります。

合わない仕事を続けても、よっぽどのことがない限り、成長は見込めません。

転職サイトなどの自己診断ツールでも適職診断や適性検査などを行うことができます。

出典:リクナビNEXT

こういったツールも上手く利用して、自分に合う仕事を見つけましょう。

3.転職をする

もし、業務内容や労働環境、人間関係などが合わず、仕事を辞めたいと感じていたり、心身の不調などが表れている場合、今の仕事を変えないことには問題が解決できない可能性もあります。

そのため、もし仕事が合わないときには、転職をすることも検討しましょう。

人や環境を変えることはなかなかできないもの。

相談することで状況が改善されることもありますが、かえって周りからの反感を買い、職場にいづらくなってしまうこともあります。
退職せざるを得ない状況に陥る前に、転職することで周りの環境を変えましょう。

転職サイトおすすめランキングで、自分に合った転職サイトをチェック!→https://xn--eck7a6c9546bjcp.xyz/tensyoku_ranking/site-osusume-ranking/

まとめ

man
仕事は忙しいことは悪いことではないのでは?

と思いがちですが、

仕事が忙しい=仕事ができる

とは限りません。

オーバーワークになってしまうことで、ストレスや疲れが蓄積され、心身に悪影響を及ぼすこともあります。

そのため、仕事が忙しい時にはなぜ忙しいのか原因を探り、対処を行う必要があると言えます。

仕事が忙しい人の特徴や原因などを知り、仕事がどうしたら余裕をもってこなせるのかどうかを考えていきましょう。

そして、仕事が忙しい時の乗り越え方として、

  1. 今の仕事で即実践できること
  2. 仕事の見直しをして対処するべきこと

の2つの対策があります。

teacher
それぞれの対処法をチェックし、どうしても今の仕事で働くのが難しい場合には、転職を検討することも大切と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA