仕事でばっくれるとどうなる?仕事をばっくれるリスクと仕事をばっくれる前にやるべき行動7つ

  • 思っていた仕事内容と違っていた
  • 上司と顔を合わせたくない

など、様々な理由で仕事に行きたくないと考え、仕事をばっくれる方も多いのではないでしょうか。

仕事を辞めたくてもなかなか辞めさせてもらえなかったり、怒られたり迷惑がられてしまうことを考えて上司や人事に言い出せないことから、所定の退職手続きをとらずに仕事をばっくれてしまう方もいます。

しかし、仕事でばっくれることには少なからずリスクも伴うもの

そのリスクを考えずに行動してしまうことで、今後の転職活動にも支障が出てしまうことも考えられます。

そこで今回は、仕事をばっくれるリスクと、仕事をばっくれる前にやるべき行動をご紹介します。

時には逃げることも必要ですが、今後のことも考えた上で、自分に不利益にならないよう行動することも大切です。

teacher
  • 仕事を今すぐ辞めたい
  • 職場に向うこと自体が嫌になってしまっている

という方は、仕事をばっくれてしまう前に、本記事を参考に、やるべきことを整理していきましょう。

仕事をばっくれるのはあり?なし?

仕事をばっくれるとリスクを伴う

man
仕事の退職ってなかなか面倒だよね・・・。ばっくれてもいいのかな?
teacher
仕事をばっくれるのはできるだけ避けましょう。ばっくれることで様々なリスクがあります。

仕事の退職手続きはなかなか面倒なもの。

転職活動の進行を考えつつ、上司に退職の旨を伝えて了承をもらい、退職に関する書類の提出や、業務の引継ぎなど、退職するにも労力を使います。

特に多くの方が負担に感じてしまうことが、上司や人事との面談です。

退職をすることをすぐに承諾されれば問題はありませんが、退職理由を問われたり残留を求められたりと、実際に退職の手続きに入るまでのハードルも高くなります

労働者側には当然仕事を選択する権利があり、退職することは自由であるはずです。

そのため、退職の意思を貫き通せればよいですが、

staff

「人が足りないから後任を見つけるまで在職して欲しい」

「あなたにやめられたら困る」

「もっと待遇を改善するから踏みとどまってほしい」

など、上司や人事担当者から引きとめられることで、

man

「やっぱり今退職すべきではないのかも・・・」

「そんなに言われたら退職しづらいな・・・」

と、上司や人事担当者の言葉をうのみにして、丸め込まれてしまう恐れもあります。

それを避けるために、正式な退職手続きをとらずに、仕事をばっくれる、つまり事前の連絡もなしに仕事を行かずに、そのまま音信普通になってしまう方も多くいます。

しかし、仕事をばっくれることにはそれなりのリスクがあり、今後の自分の仕事にも影響が出てしまうこともあります。
そのため、仕事をばっくれるのはなるべく避け、基本的にはきちんと退職手続きをとるようにしましょう。

仕事をばっくれるときに考えられるリスク

仕事をばっくれるときにはそれ相応の覚悟が必要となります。

安易にばっくれることを決めてしまわずに、考えられるリスクを確認した上で検討しましょう。

teacher
仕事をばっくれるときに考えられるリスクを5つご紹介します。

1.自宅を訪問される

仕事をばっくれたら、そのままフェードアウトできると思っていませんか?

しかし、連絡もなしに仕事に来なくなってしまうと、当然職場の人は

staff
何かあったのではないか?

と心配します。

特に一人暮らしなどの場合、病気やケガなどが原因で、倒れてしまっていることも考えられます。

そのため、仕事に連絡せず無断欠勤が続くと、上司や同僚などが自宅を訪問する可能性が出てきます。

また、仕事では機密情報を扱っていることも多く、ばっくれた人がそのまま情報を悪用するということも考えられます。

家にデータなどを持ち帰っていないかの確認や、ロッカーのカギや社員証などを返却してもらうために自宅を訪問するケースもあります。
したがって、上司や同僚と顔を合わせずそのままばっくれられると思っていても、結局は退職手続きを直接行わなければならないこともあると理解しておきましょう。

2.家族や親族に連絡がいく

仕事でばっくれると、自分の家の固定電話や携帯電話などに連絡がくるのはもちろんのこと、場合によっては家族や親族に連絡がいくこともあります。

明らかなばっくれだと分かっていても、会社側は社員の状態を確認する義務があります。

そのため、緊急連絡先となっている家族や親族などの連絡を行い、安否の確認をされるケースも。
家族や親族に話が通っていなかった場合、余計な心配をかけてしまったり、仕事をばっくれたことを叱責されることもあるため、周りに迷惑をかけたくないという方は、仕事をばっくれない方が良いと言えるでしょう。

3.解雇される

退職を考えてなくても、寝坊などの理由で職場に連絡するのが遅れ、そのまま無断欠勤してしまう方も少なくないでしょう。

しかし、勤務態度が著しく悪いことで、会社の方から解雇されることも十分考えられます。

また、普通の解雇ではなく、それよりも重い懲戒解雇とされる場合も。

懲戒解雇は、会社に対し重大な損害を与えた場合にとられる措置であり、長期間の無断欠勤もその対象になることがあるのです。

懲戒解雇となってしまうと、離職票に「重責解雇」と記載されたり、退職金の減額などのデメリットも生じます。
就業規約や会社によっても処分の重さが異なるため、心配な方は規約を事前に確認しておくと良いでしょう。

4.転職がしづらくなる

ばっくれが原因で仕事を退職しても、転職先に言わなければ問題ないと思っている方も多いのではないでしょうか。

確かに普通解雇の場合、転職者側に落ち度があったことを証明するのは難しいと言えます。

しかし、前述したように、無断欠勤などが理由で懲戒解雇となると、離職票に「重責解雇」と記載されることがあります。

懲戒解雇とは、普通解雇ではなく、前の会社で何か重大な問題があり解雇されたことを示すものです。

そのため、離職票を見ることで、懲戒解雇となってしまった事実がばれてしまう可能性があるのです。

転職の面接などで自己都合で退職と伝えていたのに、懲戒解雇となっていた事実が後から分かってしまうと、嘘を申告していたということになり、転職先の会社からの印象も悪くなります。

teacher
最悪の場合、転職先の会社でも内定を取り消されたり、解雇されたりする恐れがあるため、転職が不利になりやすいのです。

5.退職金などが受け取れない

就業規則や退職金規定によっては、退職金の支払いがなしになったり、減額されることがあります。

就業規則をあらかじめチェックしておきましょう。

会社によっては、就業規則に特に取り決めがなく、満額支払われることもありますが、極めて稀なケースと言えます。
仕事をばっくれると退職金はもらえないことが多いと思っておくと良いでしょう。

仕事をばっくれたときの気になる疑問

仕事でばっくれると

man
他にもリスクがあるのでは?

と不安になる方も。

teacher
ここでは、仕事をばっくれに関してよくある疑問2つを解説します。

1.給料は支払われない?

仕事をばっくれると、

man
その月働いた分の給料全額が支払われないのでは?

と不安になる方も多くいます。

給料に関しては、辞めた原因がどうあれ、会社には働いた分の給料を支払う義務があります。

しかし、会社によっては給料の支払いをしなくてもいいと思っているところや、給料の支払いを渋るところもあります。
もし給料が支払われない場合には、支払い請求を行うこともできるため、内容証明を送ったり、労働基準監督署や弁護士などに相談しましょう。

2.損害賠償を請求される?

会社の規定などによっては、無断欠勤をしたことで重大な損害がある場合、損害賠償を請求されることもあります。

しかし、損害賠償請求をするためには、その損害が仕事をばっくれたことが原因であるという根拠を示す必要があり、その証明がなかなかできないため、損害賠償請求をされることはほとんどないと言っていいでしょう。

また、損害賠償請求をしても、時間や費用をついやすだけで、ほとんど会社側の利益にならないということも、損害賠償請求をされない理由と言えます。

ただし、損害賠償請求をされないからといって、会社に迷惑をかけても良いということではありません。

損害が出る前に、きちんと上司や人事などに伝えることが大切と言えるでしょう。

仕事をばっくれるのは基本的にはしない方がいい

仕事をばっくれることで、自宅を訪問されたり、懲戒解雇処分となったりと、様々なリスクがあります。

また、いくら損害賠償請求されたり、懲戒解雇となったりしなかったとしても、会社側に迷惑をかけることには変わりありません

そのため、仕事をばっくれることは基本的にはしない方が良いでしょう。
woman
会社側が辞めさせてくれないし、ばっくれてしまおう・・・

と思う方もいますが、会社側に問題があったとしても、仕事をばっくれてしまうことで、自分に非があることになってしまいます。

したがって、仕事をばっくれるのは避け、ばっくれる前にやれることがないかを確認しましょう。

仕事をばっくれる前にやるべき行動とは?

仕事でばっくれる前に「逃げ道」を作ることが大切

仕事でばっくれる方の多くは、

  • 職場に行きたくない
  • 仕事をするのが嫌で仕方がない

など、仕事でのストレスや不満が原因で心身に支障をきたしてしまい、仕事をしていくことができない状態に陥ってしまっている可能性があります。

確かに心身が限界を示している場合には、原因となっている仕事を辞め、ストレスのもとから離れることが大切です。
しかし、仕事をばっくれることには少なからずリスクもあるため、限界がきてしまう前に、仕事からの「逃げ道」を作っておくということが重要と言えます。

仕事をばっくれる前にやるべき行動

それでは、仕事をばっくれる前にやるべき行動を具体的に見ていきましょう。

1.有給休暇をとる

  • 仕事を辞めたい
  • 上司や同僚と顔を合わせたくない

など、仕事をばっくれることを考えている方の多くは、ストレスや疲れが溜まり、仕事に対してネガティブな気持ちを抱いている状態と言えます。

冷静に考えられる状態ではないのに衝動的に仕事をばっくれてしまうことで、次の仕事が見つからなかったり、転職先でも同じことを繰り返してしまう可能性があります。
そのため、仕事をばっくれたいと考えるときには、まず冷静に考えられるようになるためにも、有給休暇などをきちんと申請した上で休むのがベスト

体調不良などを理由にしてもいいので、とにかく連絡だけはきちんとしておき、仕事から離れて心身を休ませる時間を作りましょう。

teacher
その上で、今後の仕事について冷静に考えることが何よりも重要と言えます。

2.休職する

有給休暇をとっても、仕事に行きたくないという状態が続いている場合、思い切って休職をすることも1つの手段と言えます。

休職をすることで、自分と向き合う時間をとることができます。

一番危険なのが、短期間で退職や転職を決めてしまうことです。

よく考えずに行動することで、

man
やっぱり仕事を辞めるんじゃなかった・・・

と後悔してしまう恐れもあります。

休職して時間を確保し、自分が今後どうしたいのかを検討しましょう。

3.ばっくれたいと思う原因を特定する

仕事をばっくれたいと思うからにはそれなりの原因があるはずです。

原因を特定しないで辞めてしまうと、次の転職先でも同じような状況に陥り、早期退職せざるを得なくなることもあります。

仕事をばっくれたい原因としては、

  • 仕事内容や条件が思っていたことと違った
  • 仕事量が多い
  • 人間関係が悪い
  • 残業や休日出勤などが多い
  • 仕事に見合った給与やボーナスなどの待遇が期待できない
  • 仕事で重大なミスや失敗をしてしまった

など、さまざまです。

仕事上での悩みやストレスの原因として考えられるものを書き出してみましょう。

そして、原因を特定したら、自分自身で改善できることがあるかを考えることが大切です。

たとえば、仕事量が多く、仕事が終わらないことで悩んでいる場合、タスクを整理し、仕事の分担を変えてもらえるように打診したり、他の人に仕事をふることで改善できる可能性があります。

しかし、給与などの待遇や会社の規則などは、会社全体に関わることになるため、なかなか相談しても変わらない場合が多いのです。

自分で改善できることがあるかを確認して、仕事をそのまま続けるのか、転職をすべきなのかを判断しましょう。

4.上司や人事などに相談する

もし部署異動や仕事の分担の見直しなどで問題が解決する場合、上司や人事などに相談してみましょう。

上司や人事担当者とはいえ、社員すべての業務を把握しているわけではありません。

そのため、

man
上司は何もしてくれないから辞めるしかない・・・

と思っていても、実は上司が気づいておらず、動けていないという可能性もあります。

上司や人事担当者に話すことで問題がすんなり解決することもあるため、1つの手段として捉えておくとよいでしょう。
ただし、上司や人事担当者に話すことでかえって印象が悪くなり、職場環境が悪化することもないとは言い切れません。

しかし、社員の声を適切に拾い上げることが上司などの役割です。

相談した内容が会社中に筒抜けになったり、上司からの扱いが変わるような職場は良い職場とは言えないでしょう。

相談したことに対し、きちんと取り合ってくれるかも、仕事を辞めるかどうかの判断基準の1つになります。

仕事を辞めることも視野に入れた上で、上司や人事担当者に相談してみるようにしましょう。

5.一人で抱え込まない

仕事が辛くても誰にも話せず抱え込んでしまうという方も多いのではないでしょうか。

一人で悶々と考えているとマイナス思考に陥りやすくなり、仕事に行くことがどんどん苦痛になってしまう恐れがあります。

仕事をばっくれる原因にもつながるため、一人で抱え込まず、信頼できる誰かに相談することも大切です。

家族やパートナー、友人などに話を聞いてもらい、アドバイスをもらいましょう。

6.転職をする

仕事への辛さがどうしても改善されない場合、今の仕事が合っていない可能性があります。

合わない職場や仕事をそのまま続けることは得策ではありません。

そのため、環境や仕事内容、待遇などを改善させるためにも、自分に合った仕事を見つけて転職することが重要と言えます。

仕事をばっくれたいと思う原因や自分のやりたい仕事、希望条件を明確にした上で、転職サイトなどを利用して転職活動を進めましょう。

転職サイトには様々な特徴があり、求人を出すタイミングや条件もさまざまなため、複数の転職サイトをチェックし、自分に合った求人を見逃さずにチェックすることも転職成功のためのポイントと言えます。
man
どの転職サイトに登録すべきか分からない・・・

という場合には、こちらの記事を参考に、転職サイトをいくつか登録しておきましょう。

7.退職代行を利用する

いざ転職先を見つけても、退職することを上司に伝えられなかったり、残留を求められることもあります。

しかし、そこで仕事をばっくれてしまうのはNG。

懲戒解雇となってしまうと、転職先の企業にも迷惑をかけてしまうことになります。

どうしても退職を直接伝えるのが難しいという場合には、退職代行サービスを利用することも1つの手段です。
退職代行業者が代わりに会社とのやり取りを行ってくれるため、煩わしい交渉を行ったり、上司と顔を合わせたりする必要がなくなります。

早めに退職・転職を検討しよう

仕事をばっくれたくなったときには、ストレスや悩みの原因から離れることが一番です。

そのため、悩みの原因を特定し、今の仕事の見直しを行った上で、状況が改善できないと判断したら、早めに退職や転職を検討することが大切です。
次の仕事が見つかってから仕事を辞めるのがベストですが、仕事に行くのが限界という場合には、とにかく仕事から早く離れるためにも、退職を考えることも1つの手ではあります。

自分の今後のキャリアも大切ですが、仕事が原因で心身の不調を引き起こしてしまっては元も子もありません。

「逃げ道」を作り、自分が万全の状態で仕事ができる環境を整えましょう。

まとめ

仕事が嫌になり、そのままばっくれたいと考える方も少なくありません。

しかし、仕事をばっくれることで、

  1. 自宅を訪問される
  2. 家族や親族に連絡がいく
  3. 解雇される(懲戒解雇となることも)
  4. 転職がしづらくなる
  5. 退職金などが受け取れない

などのリスクを伴う場合があります。

そのため、仕事をばっくれるのはなるべく避け、ばっくれる前に対処を行うことが大切と言えます。

仕事をばっくれる前にやるべき行動は主に7つあります。

  1. 有給休暇をとる
  2. 休職する
  3. ばっくれたいと思う原因を特定する
  4. 上司や人事などに相談する
  5. 一人で抱え込まない
  6. 転職をする
  7. 退職代行を利用する
大切なことは、仕事が嫌だと感じる原因を明確にし、今の仕事を続けるか転職すべきかを判断するということです。
teacher
状況がどうしても改善できない場合には、転職して環境を変えることが大切です。自分の希望に合った求人を見つけ、転職活動を成功へと導きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA