仕事での失敗は仕事や自分を見つめ直すチャンス!?仕事で失敗した時の正しい対処法と仕事で失敗が続く場合にとるべき行動とは?

仕事では大なり小なり誰だって失敗やミスをするもの。

失敗して落ち込んでしまうという方も多いと思いますが、仕事の失敗は失敗してしまったという事実よりも、その失敗をどう対処するかということと、今後同じ失敗をしないための対策を練ることがもっとも重要と言えます。

また、それでも失敗が続くという場合には、能力などの問題ではなく、もっと違う原因が潜んでいる可能性も・・・。

そこで今回は、仕事で失敗した時の正しい対処法と仕事で失敗が続く場合にとるべき行動を解説します。

teacher
  • 仕事で失敗してしまうと焦ってしまう
  • 仕事でのミスが続き悩んでいる

という方は、今回の記事で、ミスをしてしまう原因を知り、仕事や自分自身を見つめなおしましょう!

仕事で失敗した時の正しい対処法とは?

仕事に失敗はつきもの

man

「取引先に送るデータを間違えてしまった・・・」

「上司から頼まれた業務の内容が間違っていた・・・」

など、仕事では大なり小なりさまざまな失敗をしてしまうもの。

最初から完璧に何でもこなせるという人はいませんし、その時の状況や自分の体や心の状態によっても失敗は起こりやすくなります。

実際に、仕事で失敗をしてしまったというエピソードはたくさんあります。

仕事で一度ミスしてしまうと確かに落ち込んでしまうものではありますが、仕事での失敗はつきものであり、むしろ失敗することで自分の改善点が見つかったり、次の仕事に繋げられたりと、失敗することから学べることはたくさんあります
そのため、失敗してしまったときには、自分の成長のためのチャンスととらえ、失敗を受け止めることが大切と言えます。

仕事で失敗した時の対処法

しかし、失敗やミスを恐れて誰かに仕事を任せてしまったり、誰かにミスを押し付けてしまう方も中にはいます。

失敗をしないという姿勢ももちろん大切なことではありますが、失敗やミスをしてしまった後の行動の方が実は重要です。

失敗の原因を考え、適切に処理をすることで、仕事でのスキルがより身につき、仕事の質を上げることができます。

また、失敗をしてしまったことを自分で対処するということは、周りからの信頼を得るためにも必要な行動です。

失敗やミスを誰かのせいにして責任を取らない人と、失敗やミスをしてしまった事実を受け止めて自分で処理しようとする人と、どちらかが信頼できるかは一目瞭然です。
teacher
自分の成長と信頼のためにも、仕事で失敗した時の対処法をしっかりとおさえておきましょう。

1.上司には隠さずに事実を報告する

  • 取引先に送るメールを間違えて送ってしまった
  • 備品の発注数を間違えて多く発注してしまった

など、仕事で失敗やミスをしてしまった場合、適切に対処を行うためにも上司への報告は不可欠です。

小さなミスだから報告する必要はないと思っていても、ちょっとしたミスが原因で、取引先の方からの信頼を落としてしまったり、業績や今後の仕事に影響を与えてしまう可能性もあります。
man
上司に怒られるのでは?

と思い、とっさに隠してしまいたくなりますが、上司からの判断を仰ぐためにも失敗してしまったことは隠さずに報告を行いましょう。

また、たとえその時にはばれずに大きな問題とならなかったとしても、仕事での失敗が後から発覚した場合、上司や同僚からの信頼を失ってしまうことも。

たとえ1回の過ちであったとしても、仕事の失敗やミスを隠す人と不名誉なレッテルを貼られてしまい、今後同じようなことが起こった場合には一番に疑われてしまうことも。

上司から怒られるのは誰だって嫌なことではありますが、失敗をそのまま放置してしまうことで後から大問題になってしまうこともあるため、仕事での失敗やミスは正直に報告するようにしましょう。

2.言い訳はせずに謝罪をする

失敗やミスがあった場合、つい自分の責任を軽くしようと、

  • 〇〇さんに確認したから大丈夫だと思った
  • 仕事量が多く急いで仕事をしたから

など、言い訳をしてしまう方もいますが、これは当然NGです。

たとえ、自分が仕事をきちんとこなせる状態ではなかったとしても、仕事を受けたからにはきちんと誠意をもって最後までやり通すことが大切です。

失敗をした上に言い訳をするとなると、上司や同僚からの印象もより悪くなります

まずはどんな理由があったとしても、言い訳はせずきちんと謝罪をするようにしましょう。
もし仕事量が多く、ミスが増えてしまっているという場合には、仕事量や仕事内容について事前に上司に相談しておくこともポイント。
teacher
取り返しのつかない失敗をしてしまう前に、自分の能力と仕事のタスクの管理をすることが何よりも重要です。

3.自分で積極的に行動する

失敗したという事実は変えられません。大切なのは、失敗をした後にどう行動をするのかということ。

失敗を取り返すためにも、失敗の後処理をしっかりと行うようにしましょう。

たとえば、資料作成でミスをしたという場合、謝罪と合わせて

「〇時までに再度資料作成を行い確認をお願いできればと考えています」

と、具体的な行動や時間の目安などを提案することで、失敗の責任を自分でとろうとする姿勢も伝わりやすくなります。

また、一人では無理な場合には、周囲に助けを求めることも忘れずに。

失敗のスケールによっては一人でも困難な場合もあります。

man
失敗したのは自分なんだから全部自分で処理しなきゃ!

と思って焦って行動してしまうことで、かえってミスが増えてしまうことも。

失敗の原因が仕事量や能力の問題であったならなおさらです。

独断で動くのではなく、上司と相談の上、次の行動についてしっかりと検討するようにしましょう。

4.失敗を受け入れ頭を切り替える

失敗をしてしまった日はどうしても落ち込んでしまうもの。失敗の処理が終わっても、なかなか気持ちが切り替わらないこともあります。

しかし、起きてしまったことはなくすことができません。

そのため、失敗やミスを受け止め、次に繋げるという姿勢も大切なポイント。
man
今回、確認不足で資料のデータが間違っていたから、次はしっかりと数字まで見直しを行う時間をとれるように、余裕のあるスケジュールで動こう!

など、失敗の原因を探り、次の仕事へと繋げましょう。

仕事で失敗しないための方法とは?

仕事の失敗を適切に対処することももちろん大切ですが、なるべく失敗やミスは最小限におさえたいもの。

woman
どうしても失敗やミスが多くなってしまっている・・・

という場合には仕事の進め方に問題がある可能性も。

teacher
仕事での失敗を防ぐための予防策を学んでおきましょう。

1.チェックリストやメモを作る

  • 頼まれた仕事や提出物の締め切りを過ぎてしまう
  • 取引先への連絡を忘れてしまう

など、やるべきことを忘れてしまったり、スケジュール管理ができていないという場合には、自分が持っている仕事の量や締め切りを常に意識しておくことが大切です。

仕事のToDoリストを作ったり、スケジュール帳で予定を書き込んでおくなど、チェックリストやメモを作り、仕事の漏れがないように確認を行いましょう。
仕事で何度も同じミスをしたり、仕事のやり方を忘れてしまう方の多くは、メモをとる習慣ができていないということも原因の1つとして挙げられます。

どんなに耳で聞いて覚えているつもりでも、任される仕事が多くなったり、他の仕事に気を取られてしまううちに忘れてしまいがちに。

メモを取る習慣をつけ、一日の終わりにやり残しがないかどうかチェックするクセをつけておくと良いでしょう。

2.分からないことはすぐに確認する

失敗の原因の1つとして、確認をとらずに独断で仕事を進めてしまうことが挙げられます。
man
簡単なことだし聞いたら悪いかな・・・

と思い、分からないことを分からないままにしてしまうことで、かえって迷惑をかけてしまうこともあるのです。

領収書を例にとってみても、あて名やただし書きなど、会社によってルールが異なることもあるため、事前に確認をとることが大切。

正式名称を間違えてしまうことで正式な書類として認められないこともあります。

しかし、「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」とも言うように、怒られることや疎ましく思われることを気にして何も聞かないよりも、一回聞いてしまった方が後々の自分のためになります。分からないことはなるべくすぐに確認するようにしましょう。
ただし、何度も同じことを聞いてしまったり、分かったふりをしてしまったりすることはなるべく避けましょう。

特に分かっていないのに分かったふりをして返事してしまうと、上司や同僚も

staff
一度話したから大丈夫だ!

と思ってしまいがちです。

分からなければその場でもう一度質問をし、メモをとっておくようにすると良いでしょう。

3.上司や先輩の対応策を学ぶ

失敗をしてしまう原因の1つに、

  • やり方や対応の仕方がよく分かっていない

ということが挙げられます。

誰だって最初は失敗をしてしまったり、やり方がわからないもの。

たとえばクレーム対応や顧客との接客の場合、想定していないようなクレームが入ったり、気難しい顧客との対応をしなければいけないことも多く、なかなか初めてでは上手くいかないことも多くあります。
そんな時には、上司や先輩の仕事の仕方を見たり、対応策について相談したりと、経験や知識のある上司や先輩に手本を見せてもらうようにしましょう。

失敗を教訓に変えることが大切

仕事で失敗をしてしまうと落ち込んでしまうものですが、仕事に失敗はつきものです。

失敗をした事実にばかりとらわれるよりも、失敗の後にどう行動するのかが今後のためには重要。

失敗をきちんと受け止め教訓に変えることで、同じ失敗を繰り返さないことが何よりも大切です。

今後失敗を少なくするためにメモをとったり、分からないことはすぐに確認したりと、これまでの仕事を見直し、改善していけるよう心がけましょう。

仕事で失敗が続く場合は仕事や自分を見つめなおすチャンス?

失敗は体と心の限界のサインの可能性も

失敗をしてしまう原因はさまざまです。

  • 確認不足
  • メモをとらずに忘れてしまう
  • スケジュール管理ができていない
  • 優先順位を把握していない
  • 上司とのコミュニケーションがとれていない
  • 失敗したことにばかり目がいってしまい、失敗した内容について見なおしていない

これらの原因については、メモをとるようにしたり、上司や同僚に相談することで解決の糸口を見つけることができるでしょう。

しかし、どんなに気をつけて仕事をしていても、

  • 何度も同じミスをしてしまう
  • 仕事で失敗が続いてしまう

という場合には、自分の能力や対処法以外のところに原因がある可能性も高いと言えます。

特に、

  • 失敗を気にするあまり焦ってしまう
  • 仕事になかなか集中できない

という場合、ストレスや疲れが蓄積されてしまい、体や心が限界になってしまっている可能性も。

また、

  • 仕事量が多く確認する時間がない
  • 上司がいつも苛ついていて話しかけるタイミングがない

など、職場環境に問題があることもあります。

その場合、自分がどんなに気を付けていても、仕事の失敗はなくすことがなかなかできません。

そのため、仕事で失敗が続くという場合には、自分の心や体の状態を含めて今の仕事を見直す必要があります。

仕事で失敗が続く場合にとるべき行動

仕事で失敗が続く場合にとるべき行動を5つご紹介します。

teacher
特に失敗が何度も続く場合には心身の疲れが溜まっているサインの可能性もあるため、まずは自分の気持ちを整理し、休息をとることが大切なポイントです。

1.落ち込んだ時の自分なりの気持ちの切り替え方を知る

仕事での失敗に限らず、落ち込んでしまいやすいという方は気持ちの切り替えの仕方が苦手なのかもしれません。

しかし、落ち込んだり失敗をしないようにと思うあまり、逆にプレッシャーになってしまい、より失敗しやすくなったり、ストレスや疲労の原因となってしまうことも。
そのため、自分なりの気持ちの切り替え方を知ることが大切です。
  • 相談できる相手を作る
  • SNSなど逃げ道を作る
  • しっかりと体を休める

など、落ち込みすぎないよう工夫しましょう。

2.休暇や休息をとる

失敗が続いてしまう場合、ストレスや疲れが溜まり、集中力や注意力が低下している可能性も考えられます。
そのため、休日にしっかり休息をとったり、有給休暇などを使って休む時間を作るなど、リフレッシュする時間を設けるようにしましょう。
ストレスや疲労回復のためには、入浴やマッサージ、睡眠、適度な運動などが効果的です。

心身が弱っている時には何をやってもなかなかうまくいきにくいもの。

teacher
思い切って休暇をとり、まずは自分の体と心の回復を優先させましょう。

3.自分の状態を見つめなおす

失敗してしまう原因が自分の能力や努力不足だと思っってしまう方もいますが、自分の心身の状態によってもミスを引き起こしてしまいやすくなります。

たとえば、仕事で失敗をしてしまうことが不安で上手く寝付けなくなってしまうことで睡眠不足になり、眠気と疲れで仕事中の集中力が低下してしまうことも。

そうなると、どんなに頑張ってミスを減らそうとしても、不安な気持ちやストレスがなくならない限り、なかなかミスはなくなりにくくなってしまいます。

そのため、自分の今の体や心の状態を見つめなおすことが大切です。

4.職場の人や友人に相談する

仕事での失敗が続いている場合、気持ちが落ち込んでしまい、ついネガティブになってしまいがち。

しかし、

woman
失敗をしないようにしないと・・・

と失敗のことを考えすぎるあまり、ネガティブなイメージをしやすくなってしまい、かえってミスが増えてしまうこともあります。

一人で抱えすぎてしまうとより自分の体や心の状態が悪化してしまう可能性もあるため、一人で溜め込まずに職場の人や友人などに相談することも大切と言えます。

客観的に見てもらうことで、自分の弱みに気付けることもあります。

また、仕事量や人間関係が原因になってしまっている場合、一人では解決できる問題ではありません。

必要に応じて仕事量の調整や部署異動などが必要になることもあるため、上司や人事担当などに相談できるようであれば、相談しておくと良いでしょう。

5.転職を検討する

失敗が続いてしまう原因が上司からのプレシャーや仕事量の多さなど、仕事内容や職場環境に問題がある場合、自分がどんなに努力をしても改善できないこともあります。
それどころか、ストレスや疲労が蓄積されて、より失敗や大きなミスを起こしてしまう原因となってしまう可能性もあるため、思い切って転職を考えることも1つの手段です。

適性に合っていない仕事や、働きづらい環境でずっと働いても辛いもの。

転職サイトの診断ツールなども使って自分の適職や、強み・弱みなど自己分析を行い、自分に合った仕事を見つけてみましょう。

出典:doda 

どの転職サイトを選べばいいのか分からない…という方は「【2020年】おすすめ転職サイト!転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職サイト比較ランキング」を参考にしてみてください。

「失敗=自分のせい」とは限らない

失敗してしまうとつい自分を責めたくなってしまいますが、職場環境や仕事内容や仕事量などによっても、仕事での失敗は起きやすくなってしまいます。

man
自分のせいだ・・・

と責めてしまうことで、よりプレッシャーや焦りなど心に負荷がかかってしまい、失敗しやすい状況に陥ってしまうことも。

自分のせいだとあまり責めすぎずに、自分の状態やミスの根本的な原因を突き止めることが何よりも重要なポイントだと言えます。

まとめ

仕事に失敗はつきもの。失敗をしてしまった場合には、まず失敗を正しく対処することが大切です。

  1. 上司には隠さずに報告する
  2. 言い訳はせずに謝罪をする
  3. 自分で積極的に行動する
  4. 失敗を受け入れ頭を切り替える
4つのポイントをおさえて対処した上で、今後同じ失敗を繰り返さないために敗を教訓に変え、行動するようにしましょう。

それで失敗がなくならない、失敗が続いてしまうという場合には知らず知らずのうちにストレスや疲れが蓄積され、仕事に支障をきたしてしまう可能性も。

まずはしっかり休息をとり、失敗が続いている原因を突き止めましょう。

仕事内容や仕事量、職場環境などが原因の場合には、転職をすることも1つの手段です。

teacher
仕事や環境を変えることで失敗が少なくなる可能性もあるため、自分が向いている仕事を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA