「仕事めんどくさい・・・」を解消!仕事がめんどくさいと感じてしまう理由と今すぐ試すべき対処法を解説。

man

「やらなければいけない仕事があるけれど、なかなかやる気が起こらない・・・」

「仕事に行くのがめんどくさい・・・」

など、仕事内容や仕事に行くこと自体が面倒だと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

特に週明けや長期での休み明けだと、仕事に行くのが面倒になり、朝起きるのが億劫になってしまいがち

しかし、仕事がめんどくさいという心理の中には、ただ単に怠けているだけではなく、仕事に行きたくないと感じる原因が隠されている可能性も。

仕事をするためにはモチベーションも必須なため、仕事が面倒だと感じる場合には適切な対処を行うことが大切です。

そこで今回は、仕事がめんどくさいと感じてしまう理由と、今すぐ試すべき対処法を解説します。

teacher
仕事がどうしてもつらいという場合には、転職を検討することも1つの手段です。今の仕事を見直すためにも、仕事がめんどくさいと感じてしまったときの対処法を見ていきましょう。

仕事がめんどくさいと感じてしまう理由とは?

「仕事がめんどくさい」は怠け病ではない!?

woman
できることならずっと休んでいたい・・・

と思う方も多いのではないでしょうか。

仕事はお金を稼ぐための1つの手段。仕事が楽しんでできる人もいれば、できればずっと好きなことをして過ごしたいと考える方もいます。

そのため、仕事がめんどくさいと思ってしまうことは甘えであり、怠けていると感じてしまう方も多くいます。

しかし、仕事を多少面倒だと感じてしまうことは誰にだってあることですが、

  • 毎日仕事がめんどくさいと感じてしまい、憂鬱な気持ちになる
  • 仕事が辛く辞めたいと思っている

など、仕事に行きたくないという気持ちが強く、長期化してしまっている場合には、仕事がめんどくさいと感じてしまう理由が存在するはずです。

そして、その理由によっては、本格的に仕事を休んでしまったり、ストレスや疲れが原因でうつ病などの精神病を引き起こしてしまう可能性も十分考えられます。

そのため、まずは仕事が面倒だと思う理由を探り、解消する方法を考えることが大切と言えます。

仕事がめんどくさいと感じてしまう理由

仕事がめんどくさいと感じてしまう主な理由を6つピックアップしました。

teacher
当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

1.オーバーワークでストレスや疲れが蓄積されている

残業や仕事量の多さで、ストレスや疲れが蓄積されてしまっている場合、朝起きるのが億劫になってしまい、仕事に行くのが面倒だと感じてしまう原因となります。
  • オーバーワーク気味になっていないか?
  • 仕事量と能力が見合っているか?
  • 休息はしっかりととれているのか?

などをあわせて確認しましょう。

ストレスや疲れが蓄積されてしまうことで、集中力やモチベーションも低下し、仕事でのミスや失敗が増える原因にもなってしまいます。

知らず知らずのうちにストレスや疲れが蓄積されている場合もあるので、自分の心身の状態には常に気を配っておきましょう。

2.そもそも仕事がつまらない・合わない

  • 仕事が単調
  • 仕事内容に興味がない
  • スキルや経験とあわない仕事をしている

など、そもそも仕事がつまらない・合わないと、仕事をするモチベーションも低くなり、仕事に取り組むことが面倒だと感じてしまいやすくなります。

man
仕事だからつまらない業務でもやるべき!

という方もいますが、仕事を長く続けていく上で、仕事へのやりがいや興味があるかどうかは非常に重要です。

興味があるからこそ、仕事に頑張って取り組もうという意欲を持てるのであり、仕事への成果にもつながりやすくなります。

実際に、パーソルキャリア株式会社が転職サイト「doda」の20代・30代の会員を対象に行った調査によると、仕事を選ぶ際に「やりがい」を重視すると回答した方は46.5%。

出典:パーソルキャリア株式会社

2位の「稼ぎ」(43.2%)よりも多いという結果になっています。

このことから、仕事にやりがいを求める方も多く、今の仕事にやりがいや興味がないと、仕事へのモチベーションは低くなってしまうと言えます。

3.人間関係がうまくいっていない

仕事をしていく上でやりがいももちろん重要ですが、「人間関係」もまた、仕事を続ける上で大事な要素です。

人間関係が良好だと、仕事も進みやすく、仕事でのストレスや疲れも軽減されます。

一方で、人間関係が悪化してしまうことで、ストレスや疲れの原因にもなり、仕事の能率も下がってしまう傾向にあります。

多くの仕事は一人で成り立たず、上司や同僚、顧客など、少なからず「人」が関わるものです。

そのため、人間関係が上手くいっていないことで、仕事へのモチベーションも下がり、

  • 上司と仕事をしたくない
  • 顧客からのクレームを受けたくない

など様々な原因で、仕事に行くのが面倒になったり、仕事に行きたくないと思ってしまうようになってしまいます。

4.給与や待遇が悪い

仕事をするからには、頑張った成果だけの給与や待遇を得たいもの。

そのため、

  • どんなに頑張っても給与が上がらない
  • ボーナスなどが期待できない
  • 役職につけない

など、自分が頑張った成果に見合った給与や待遇が期待できない場合、仕事へのモチベーションも下がり、仕事をするのが面倒になってしまうことも。

どんな仕事の仕方であっても、同じ待遇・給与ならば、プラスアルファで頑張ろうという気持ちにはなりません。

頑張った成果が報われるからこそ、仕事に対するやりがいを持てるのであり、モチベーションにもつなげられるのです。

5.頑張りが評価されない

給与や待遇など分かりやすい評価ももちろん大切ですが、上司や同僚などに仕事の成果を認めてもらうということも重要。

特に事務仕事や小売店などの販売職では、自分が頑張った成果が出にくく、モチベーションを保つのが難しい場合もあります。

そのため、上司や先輩からのねぎらいの言葉をもらったり、社内で表彰されるなど、仕事の頑張りを正当に評価してもらうことも、仕事にやる気を持って取り組むためには必要と言えます。
teacher
逆に、仕事でどんなに頑張っても、その成果がないがしろにされたり、上司や先輩から叱責されてばかりだと、仕事に行こうという気持ちも薄れてしまいます。

6.家から職場までが遠い

家からの職場までの距離が遠いという場合にも、仕事に行くのが面倒と感じる要因に。
職場までの時間が短ければ、多少行きたくなかったとしても仕事に向おうという気持ちになりますが、職場までの距離が長いとそれにあわせて起床時間も変わり、プライベートな時間もその分短くなってしまいます。

また、満員電車はなるべく乗りたくないもの。

職場までの距離が遠ければ遠いほど、朝の通勤時間も長くなり、満員電車に乗るなどのストレスも増えてしまいがちに。

逆に通勤時間が長いことで、勉強時間や本を読む時間に充てられると考える方もいます。

捉え方にもよりますが、職場の距離が長く、行くのが億劫になってしまうという方は、一度職場の距離についても見直してみましょう。

仕事へのモチベーションを保つことが大切

仕事に行くのが面倒だという方の多くは、職場内容や労働環境への不満、ストレスや疲れなどが原因で、仕事へのモチベーションが下がっている状態であると言えます。

仕事を長く続けていくためにはモチベーションの維持が非常に重要です。
仕事に行くのがめんどくさいと感じるようになった場合には、なぜ仕事へのモチベーションが下がってしまっているのか原因を突き止め、モチベーションの向上に努めることが大切と言えます。

仕事がめんどくさいと思ったら試すべき対処法

今すぐ試せる対処法は5つ

仕事がめんどくさいという気持ちのまま仕事を続けてしまうことで、仕事の質が下がったり心身の不調をきたす原因となってしまう可能性もあります。

仕事がめんどくさいと思ってしまう主な原因はモチベーションの低下にあります。
そのため、モチベーションをいかに向上させるかが、仕事を長く続けるためのカギと言えるでしょう。

モチベーションを上げるために今すぐ試せる対処法は全部で5つあります。

  1. 目標を持つ
  2. 面倒な仕事は先に片づける
  3. プライベートの時間を大切にする
  4. 入浴や睡眠など休息をとる
  5. 仕事の中に楽しみを見つける
teacher
まずはこちらの対処法から試してみるようにしましょう。

1.目標を持つ

仕事がつまらない、飽きてしまうという場合には、メリハリを持って仕事ができるような状態を作ることが大切です。

目標がなく、単調な作業ばかりになってしまうと、仕事へのモチベーションも持てず、仕事をするのが面倒だと感じてしまうもの。

特に事務仕事などは成果も出づらく、目標を見失ってしまいがちになります。
そのため、1日、1週間単位で短い目標を設定することをおすすめします。
  • アポイントの電話を週〇回かける
  • 毎日のルーティーンを1時間で終わらせる

など、達成できそうな目標を細かく設定するようにしましょう。

目標を立てることで達成感を得ることができ、仕事へのモチベーションもアップしやすくなります。

また、目標の達成に対するご褒美を作ることもおすすめです。

ご褒美は自分が心躍るものであればなんでもOKです。

  • 1週間の目標が達成できたら、高いアイスクリームを買おう
  • 録画していた映画を一気に見よう

など、自分をいたわる時間を作ることが大切です。

2.面倒な仕事は先に片づける

どんなにやりたい職種・業種についていても、面倒な雑務や苦手な業務を任されることもあります。

man
この仕事やりたくないな・・・

と後回しにしてしまうことで、納期ギリギリになって焦った経験がある方も多いのではないでしょうか。

面倒な仕事を後回しにしてしまうことで、そのときには平穏を保てたとしても期日が近づくにつれて仕事に行くのが億劫に
めんどくさい仕事だからこそ先に片づけることで、一時はしんどくても、後々のストレスや不安が大きく軽減されるようになります。

3.プライベートの時間を大切にする

休日や終業後も仕事のことばかりを考えてしまっていると、心が休まるときがなく、ストレスや疲れもなかなかとれないもの。
man
仕事を頑張らなきゃ!

と思い、プライベートの時間をつぶしてしまうことは逆効果。

仕事にしっかりと取り組みたいからこそ、プライベートの時間を持ち、心身の回復をはかることが大切と言えます。
  • 映画を見に行く
  • カラオケに行く
  • 友達と旅行に行く

など、プライベートの時間を確保し、趣味や好きなことをする時間にあてましょう。

残業や休日出勤などでプライベートの時間が十分確保できていないという場合には、働き方や職場を見直すことも時には必要です。

プライベートの時間の使い方について見直してみましょう。

4.入浴や睡眠など休息をとる

身体的な疲れは精神的な健康にも大きく影響するもの。

オーバーワークで十分な休息がとれていないという場合には、体をしっかりと休めることが先決です。
  • シャワーだけで済ませず湯舟につかる時間を作る
  • 睡眠時間を6時間~8時間は確保する

など、入浴や睡眠など、休息をとるようにしましょう。

時には有給休暇などを利用し、休む時間を確保することも大切です。
  • 仕事に行きたくない
  • 仕事を辞めたい

と思っているときに無理をして仕事に行っても、仕事のパフォーマンスはなかなか上がらないもの。

man

「仕事を休んだら迷惑がかかる・・・」

「職場の人の目が気になって休めない・・・」

という方もいますが、心身の不調を感じている状態で仕事をしてしまうことで、思わぬミスや失敗をしてしまい、かえって迷惑をかけてしまうことだってあります。

仕事を休みたいと思ったら、無理せずに休む勇気を持つことも大切と言えるでしょう。

5.仕事の中に楽しみを見つける

仕事へのモチベーションをアップさせるためには、仕事の中に楽しみを見つけることも1つの方法です。

仕事に興味が持てないという場合にも、尊敬する先輩や親しい同僚と話すことを楽しみにすることで、仕事に行こうというモチベーションにつなげられる場合もあります。

それでも仕事を辞めたいときにやるべき4つのステップ

5つの対処法を試してみても、

  • どうしても仕事に行くのが面倒だと感じてしまう
  • 仕事を辞めたい

と仕事に対するモチベーションが回復しない場合もあります。

その場合、今の仕事を見直し、転職を検討することが第一です。

環境や仕事内容が変化することで、仕事への楽しみややりがいを見つけられる可能性があります。

ただ、だからと言ってすぐに職場を退職してしまうのはNG。

仕事がなかなか見つからず、生活に困ってしまう危険性もあります。

仕事を辞めたい場合にはきちんと準備を行う時間を確保し、段階を踏むことが大切です。
teacher
仕事を辞めたいと考えたときにやるべき4つのステップをご紹介します。

1.キャリアプランを見直す

まず、自分の将来のキャリアプランを見直し、今の仕事を続けるべきかどうかを検討しましょう。

たとえば、将来的に不動産関係の仕事をしたいのに、飲食店に勤めているという場合、学べることもたくさんありますが、不動産の仕事には直結しづらくなってしまいます。

  • 職種・業種
  • 希望年収
  • 勤務地域
  • 目標

など、自分のキャリアプランを明確にし、最終的な目標に到達するために、どんな経験やスキルを積むべきかを考えましょう。

2.ストレスチェックを行う

ストレスが蓄積されている場合、このまま仕事を続けてしまうことで心身の不調をきたしてしまう可能性もあります。

仕事をこのまま続けるかどうかの1つの指標にもなるため、自分の心身の状態を知るために、ストレスチェックを行いましょう。

ストレスチェックを行うには、厚生労働省が作成している「5分でできる職場のストレスセルフチェック」などを利用するのがおすすめです。

出典:厚生労働省

自覚がなくても知らず知らずのうちにストレスがたまっている可能性もあるため、自分の心の状態には常に気を配りましょう。

3.部署移動や待遇改善の相談を検討する

たとえば、

  • 仕事内容が合わない
  • 給与や待遇が悪い
  • 残業などでオーバーワークが続いている

という場合、転職をしなくても部署移動や待遇の改善を求めることで解決できる可能性もあります。

せっかく人間関係や仕事が楽しいという状態なのに、待遇などが原因で辞めてしまってはもったいありません。

ダメ元でも、人事担当者や上司などに相談してみるとよいでしょう。
ただし、相談を行うことを上司や人事担当者が良く思わず、かえって職場にいづらいような雰囲気に陥ってしまう可能性も。

しかし、相談をしたことで状況が悪化するような会社では、そもそも長く続けるのに適した会社とは言えません。

社員の意見も受け止めつつ、改善へと動いてくれる会社の方が、社員にとっては働きやすい会社と言えます。
そのため、部署移動や待遇改善の相談を行う際には、辞める準備も同時にしておくことが大切と言えるでしょう。

4.転職をする

キャリアプランなどを見直した上で今の会社に合わないと感じた場合には、自分に合った仕事を見つけ転職するのが一番です。

転職サイトに複数登録し、年収や仕事内容など希望条件に合った求人を見つけ、転職成功へと導きましょう。

転職サイトはたくさんありますが、それぞれ強みを持つサービスや、扱っている求人も異なります。

転職成功へと導くカギは、自分に合った転職サイトを選ぶことにあります。

おすすめ転職サイトランキングを参考に、自分にとって最適な求人を見つけましょう。

仕事を楽しくできる環境づくりを心がけて

仕事が面倒だと感じてしまうのは、仕事が自分に合っておらず、やりがいやモチベーションを持てないことにあります。

仕事の質を上げ、成果を上げるためにも仕事へのモチベーションは必須です。

モチベーションをアップさせるためにも、仕事が楽しくできる環境づくりを心がけましょう。

今の環境が合わないという場合には、転職を検討することも1つの方法です。

teacher
すぐに仕事を辞めてしまったり休みがちになってしまう前に、自分に合った仕事を見つけられるよう、自分のキャリアプランや心身の状態もチェックした上で、転職準備を進めましょう。

まとめ

仕事がめんどくさいと感じてしまうことを、甘えや怠けていると思う方もいますが、「仕事に行きたくない」「仕事を辞めたい」と考えることには、それなりの理由があるものです。

原因を放置したまま、無理に仕事を続けてしまうことで、仕事の質が下がってしまったり、心身に悪影響を及ぼす可能性もあるため、仕事がめんどくさいと感じてしまう理由について探りましょう。

そして、仕事がめんどくさいと感じてしまう主な原因がモチベーションの低下です。

モチベーションが下がってしまうことで、仕事を頑張ろうという気持ちが薄れてしまい、仕事に行くことが億劫になってしまうのです。

モチベーションを上げ、仕事を続けていくためにも、

  1. 目標を持つ
  2. 面倒な仕事は先に片づける
  3. プライベートの時間を大切にする
  4. 入浴や睡眠など休息をとる
  5. 仕事の中に楽しみを見つける

こちらの5つの方法を試してみましょう。

しかし、それでも仕事を辞めたいと感じてしまうこともあります。

その場合、今の仕事や職場が合っていない可能性も。

仕事を辞めたいと思ったときには、すぐに仕事を辞めてしまうのではなく、仕事を見直し、万全の準備を整える必要があります。
  1. キャリアプランを見直す
  2. ストレスチェックを行う
  3. 部署移動や待遇改善の相談を検討する
  4. 転職をする
teacher
この4つのステップを参考に、仕事を楽しくできる環境で仕事ができるよう、部署移動や転職などを検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA