「仕事が怖い」を克服!仕事が怖い状況を放置してはダメな理由と仕事に行くのが怖いという気持ちを解消する8つの方法とは?

man

「上司と話すのが怖い・・・」

「怒られたり失敗してしまったりするのが怖い・・・」

など、仕事に行くのが怖いと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

一度恐怖心を持ってしまうと、なかなか怖いという気持ちは消せなくなってしまうもの。

特に仕事は生活のためにも必要であり、行きたくないからといってやめられるものではありません。仕事に行くのが怖くて、毎日憂鬱な気持ちになってしまうのはつらいものです。

そこで今回は、仕事が怖いを克服する8つの方法をご紹介します。

teacher

仕事が怖い状況を放置してはダメな理由や仕事が怖いと思ってしまう原因についても詳しく解説するので、

  • 仕事に行くのが怖いと毎日思ってしまう
  • 頻繁に仕事を辞めたいと思うようになった

という方は、本記事で対処法を学びましょう。

仕事が怖い状況を放置してはダメな理由

「仕事が怖い」は甘えではなく心のサインかも?

最近では働き方も多様化し、フリーランスやテレワークなどで働く人も増えています。

しかし、それでも毎日仕事に行くのが社会人としてのつとめと思っている方も多く、

  • 仕事に行きたくない
  • 仕事が怖い

と感じてしまうのは甘えだと思い、我慢して仕事に行く人も多くいます。

しかし、仕事が怖いと感じてしまうのは決して甘えではなく、何かしらの原因があるはずです。

自分では気づいてなくても心が限界を示してしまっているサインの可能性も。

teacher
一時的なもので済む場合もありますが、長期化してしまうことで仕事や心身に悪影響を及ぼすこともあります。

仕事が怖い状況を放置してはダメな理由は3つ

仕事に行くのが怖いという状況を放置してはダメな理由は3つあります。
  1. 会社に行けなくなってしまう
  2. 周囲からの評価が下がる
  3. うつ病などの精神病を引き起こしてしまう可能性も
teacher
こういった状況に陥ってしまう前に対処を行うことが重要です。

1.会社に行けなくなってしまう

仕事が怖いと思ってしまうことで、最初は

man
行くのが嫌だな・・・

と軽い気持ちであったとしても、次第に

  • 朝起きられない
  • 仕事に行こうとすると頭痛や胃痛など体の具合が悪くなる
  • 通勤が苦痛で足が職場に向わない

など、仕事から自分をできる限り遠ざけようと、無意識のうちに心身が動いてしまうようになります。

仕事に行けないまではいかなくても、

  • 朝起きる時間が遅くなった
  • 朝の支度に時間がかかるようになった
  • 夜更かしすることが増えた
  • 仕事に行く足が重くなり、遅刻が多くなった

など、準備に手間取ったり睡眠が上手く取れなくなってしまっているという方は危険信号。

仕事に行けなくなってしまう一歩手前である可能性も高いと言えます。
teacher
以前に比べて、仕事への向き合い方や生活リズムなどが変化したという場合には要注意です。

2.周囲からの評価が下がる

仕事に行くのが怖いと感じてしまうことで、仕事へのモチベーションも下がります。

仕事をする意味が感じられず手を抜くようになってしまったり、遅刻や早退が増えるなど、仕事へしっかりと向き合うことができなくなることも。

そのことで、周囲からも

  • やる気がない
  • 仕事をさぼっている

と思われてしまい、上司や同僚などからの評価が下がってしまうことに。

身体症状に比べ、仕事が怖いなどの心の問題は表面化しにくく、なかなか周囲からの理解が得られないもの。

誤解を生んでしまうことで、さらに仕事がしにくい状況が続く可能性もあります。

3.うつ病などの精神病を引き起こしてしまう可能性も

仕事が怖いと感じながら仕事をすることは、ストレスや疲れが蓄積される原因にもなります。

仕事への恐怖心から、何も楽しむことができなくなってしまい、うつ病などの精神病を引き起こしてしまう可能性もあります。

自覚症状がなかったとしても、

  • 趣味のことが楽しめなくなった
  • 楽しいや辛いという感情がなくなった
  • 寝られなくなったり、逆に寝すぎてしまったりと睡眠障害を引き起こしている
  • 自分を責めたり、ネガティブなことばかりを考えるようになった

などの場合には危険信号です。

ちょっとした気持ちの浮き沈みや疲れは少し休んだりストレスを発散することで解消できますが、精神病などを患ってしまうことになると、治療に時間もお金をかかってしまいます。

退職してしまう前にできる対処を

仕事に行けなくなってしまったり、うつ病などの病気を患ってしまったりすると、退職せざるを得ない状況になってしまうことも。

退職することは必ずしも悪いことではなく、時には原因となっている仕事からすぐに離れるということも必要です。
ですが、一度退職してしまうとブランクがあいてしまい、なかなか次の仕事を見つけようという気持ちがわかなくなってしまったり、次の転職先が決まらないこともあります。

そして、すぐに退職してしまうことで、生活するためのお金が確保できない可能性も。

退職するときには、最大限のリスクを考えた上で行動することも大切です。
teacher
退職しか手段がない状態に陥ってしまう前に、仕事を見直したり、心身の状態を回復したりするなど、できる限りの対処を行うことが必要と言えます。

「仕事が怖い」と感じてしまう原因と対処法

仕事が怖い原因は主に3つ

「仕事が怖い」と感じるようになったら、まずやるべきことは、原因を探ることです。

原因が分からなければ対処の仕方も分からず、仕事に行くのがどんどん辛くなってしまったり、心身の不調を感じ始めたりと、状況が悪化してしまう危険性もあります。

仕事が怖いと思ってしまう原因は主にこの3つです。

  1. 人間関係がうまくいっていない
  2. 自分の性格や能力の問題
  3. 労働環境や待遇が悪い

自分がどれに当てはまるのかをチェックしましょう。

1.人間関係がうまくいっていない

仕事の悩みで一番多いのが人間関係です。

人間関係で仕事のやりやすさが決まると言っても過言ではないほど、人間関係が良いかどうか次第で、仕事へのストレスや不満が軽減され、仕事へのモチベーションも高くなる傾向にあります。

派遣求人サイト「アデコ」を運営しているアデコグループが行った調査によると、「あなたが仕事でストレスだと感じるものはなんですか?」という質問に対し、仕事量の多さや将来への不安などよりもダントツで「職場の人間関係がストレスになっている」と回答した人が多くなっています。

出典:アデコグループ

そのため、

  • 上司・部下との相性が悪い
  • 部下とのコミュニケーションがうまくとれない
  • 社内で孤立してしまっている
  • 上司や先輩から理不尽な扱いを受けている

など、人間関係がうまくいっていないことで、職場に足を踏み入れるのが怖くなってしまい、仕事に行きたくないと感じる人も多いのです。

2.自分の性格や能力の問題

  • 仕事でミスや失敗が多い
  • 仕事の効率が悪く仕事がいつまでも終わらない

など、仕事に対するスキルが不足しているという場合、

man

「上司や先輩に怒られたくない・・・」

「仕事がどうしてもうまくいかない・・・」

と仕事が上手くできずに、仕事自体が嫌になり、職場に行くのが怖いという状態に陥ってしまいます。

また、性格や考え方によっても、仕事が怖いと感じてしまう原因になることも。
  • 完璧主義で妥協することができない
  • すぐに落ち込んだりネガティブな思考に陥りやすい

などの方は、周りから何かを言われたわけではなくとも、仕事に対する責任感が強いあまり、

man

「仕事をするのが怖い・・・」

「ミスしてしまったらどうしよう・・・」

という焦りや不安が蓄積され、次第に職場に行けなくなってしまう場合があります。

3.労働環境や待遇が悪い

労働環境や待遇が悪いという場合にも、仕事への恐怖心がわく原因に。
  • 仕事量が多い
  • ノルマがある
  • 残業が多い
  • 差し込みでの仕事が多い
  • 周りに助けを求められない

など、仕事がきつく、周りからの助けも得られないという場合、仕事に行くのが苦痛になり、仕事に対して怖いと感じる原因になってしまうのです。

仕事が怖いという気持ちを解消する方法とは?

原因が分かったら、原因にあわせて早めに対処をすることが大切です。
teacher
「怖い」という感情を取り除けるよう、8つの方法を試してみましょう。

1.仕事以外に逃げ道を作る

毎日仕事のことばかりを考えて向き合っていると、

man
仕事が生活のすべて!

と思うようになり、辛いと思っても、我慢して仕事に行ってしまうようになります。

仕事ばかりになりすぎないよう、仕事以外に心の逃げ道を作ることが大切です。

趣味のことを楽しんだり、親しい友人や家族と話す時間を持ったりするなど、仕事以外のことを考える時間を持ちましょう。

仕事はお金を稼ぐ方法として必要なものではありますが、プライベートの時間や心を削ってまで無理して仕事をしてしまうことで心身の調子を崩してしまっては元も子もありません。

大切なのは、仕事とプライベートの切り替えです。

プライベートの時間を充実させることで、仕事で多少のトラブルがあっても引きずりすぎず、自分の心を守ることができます。

2.周りの評価を気にしないようにする

周りの評価を気にしすぎてしまうことで、

woman

「失敗したらどうしよう・・・」

「上司や先輩に怒られたくない・・・」

というプレッシャーが増し、仕事への恐怖心も増加してしまいます。

そのため、周りの評価を気にしすぎないようにすることも1つのポイント。

失敗は成長のために欠かせないものです。

多少のミスは今後のために仕方がないものと捉え、引きずりすぎないようにしましょう。
おすすめは、毎日1つ目標を持つこと。
  • 職場の人全員と会話する
  • 営業電話を1本でも多くかける

など、実現できそうな目標を掲げることで、仕事が終わった後の達成感が増し、

woman
明日も頑張ろう!

と意欲を持つことができます。

teacher
他人の評価ではなく、自分の頑張った成果になるべく目を向けるようにしましょう。

3.挨拶や感謝の言葉など最低限のコミュニケーションをとる

人間関係がうまくいっていないという方の中には、苦手意識があり関わること自体を避けてしまうという方もいます。

しかし、人間だれしも自分のことを嫌っている人や苦手だと思っている人とは関わりを持ちたくないもの。

避けてしまうことで、より関係が悪化してしまう可能性もあります。

そのため、人間関係をよりよくするためには、挨拶や感謝の言葉を伝えるなど、最低限のコミュニケーションをとるようにしましょう。

相手が好きそうな話題を振ったり、長時間話したりすることはハードルが高く、なかなか実践できません。

  1. 毎日、「おはようございます」「お疲れ様でした」などの挨拶を心がける
  2. 何かをしてもらったときには、お礼の言葉をきちんと伝える

この2つを心がけるだけでも、会話の機会が増え、人間関係が改善しやすくなります。

ただし、無理は禁物です。誰にでもどうしても相性が合わない人や苦手な人もいます。

また、自分を嫌っていたり、パワハラやいじめなどをしてくる相手には、関わってしまうことで逆に関係が悪化してしまったり、自分のストレスの原因となることもあります。
teacher
その場合、仕事だけの関係と割り切り、どうしても関わるのが無理な場合には、今の職場をやめることを見直しましょう。

4.スキルや資格で自信をつける

  • スキルや能力が低い
  • 仕事で役に立っていない

など、自己肯定感が低い方は、スキルや資格をとることで自信をつけるようにしましょう。

特に事務仕事などは頑張った成果が表面化しづらく、環境や人間関係が悪いことで、仕事が上手くいっていないと感じてしまいやすくなります。

そのため、資格やスキルなどを身につけることで、自分の努力の成果も感じやすく、次の仕事にもつなげやすくなります。

5.自分をほめる

仕事が怖いと感じてしまう方の多くは、自信がなく、ネガティブな思考に陥ってしまっている傾向があります。
自信をつけるためには、自分を褒めるということも効果的です。
woman

「1週間仕事に行けただけでえらい!」

「目標としていた作業を完了できてすごい!」

など、たとえ小さなことでも自分を褒めることで、仕事へのモチベーションへとつなげましょう。

また、自分へのご褒美を用意するのもおすすめです。
  • 1週間頑張ったご褒美に、今日は飲みに行こう
  • このプロジェクトが終わったら有給休暇をとって旅行に行こう

など、できる限り楽しみな計画を立てるようにしましょう。

6.休職する

  • 仕事に行けなくなった
  • どんなことでも楽しいと思えなくなった

という場合、心が限界を示しているサインです。

原因がすぐに解決できればいいですが、人間関係や労働環境など、なかなか自分では解決できないこともあり、悩みが長期化してしまう恐れもあります。

この時に重大な決断をするのは非常に危険です。

冷静かつ適切な判断を行うためには、心身を回復させることが最優先となります。

通常の休日だけでは十分休めない可能性があるため、一度休職をすることも1つの手段と言えるでしょう。

7.部署移動をする

自分が今いる部署での仕事内容や人間関係が悪いという場合には、部署移動を検討することも大切です。

部署移動することで自分を取り巻く環境を多少変えられる可能性があります。

ただし、理由によっては、前の部署の上司や同僚との折り合いが悪くなってしまうことも。
部署移動を検討する際には、まず信頼できる上司や人事担当などに相談するようにしましょう。

8.転職する

これまで紹介した7つの方法でも原因が解消できない、仕事への恐怖心がなくならないという場合には、仕事の見直しを行うことが大切です。

今の自分の状態を考えた上で、今の会社が合わないと判断した場合には、転職して環境を変えるようにしましょう。
また、転職活動を成功させるためには、転職の情報を集め、なるべく自分に合った求人を見つけられるよう、複数の求人を比較することが重要なポイント。

効率よく求人を探すためには、転職サイトの利用がおすすめです。

こちらの転職サイトランキングを参考に、登録したい転職サイトにいくつか登録を行いましょう。

転職サイトごとに特性が異なり、強みを持つ職種・業種が違ったり、スカウトサービスや診断ツールなど利用できるサービスもさまざまです。

転職サイトを上手く活用して、転職活動を成功させましょう。

「仕事が怖い」ときの最大の対処法は「原因から離れること」

「仕事が怖い」というときの最大の対処法は「原因から離れること」にあります。

もし、人間関係に問題があるという場合、コミュニケーションをとり関係を修復させられる場合もありますが、相手次第ではなかなか改善できないこともあります。

そのため、苦手な人物や恐怖の対象となっている人物から、物理的にも精神的にも離れることが大切です。

休職や部署移動などで改善しない場合には転職を検討し、原因からいち早く離れるようにしましょう。

また、労働環境や自分の適性が問題の場合にも同様です。

teacher
無理して続けるよりも、思い切って仕事や環境を変えた方が上手くいくことも多いため、原因を突き止めた上で、その原因から離れる方法を考えましょう。

まとめ

「仕事が怖い」と思うのは甘えだと思い、無理して仕事に行く人もいますが、仕事が怖いと感じてしまっている場合、心が限界を示しているサインである可能性もあります。

その状況を放置してしまうことで、会社に行けなくなってしまったり、心身に影響を及ぼしてしまうことも。
放置するのはやめ、限界になる前に対処することが必要です。

「仕事が怖い」と感じたら、原因を探り、原因から離れるということが大切です。

teacher
逃げ場所を作るためにも、人間関係や労働環境など自分ではどうにもならない問題に直面した場合には、転職に向けた準備を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA