仕事の適性がないと感じたら転職を!仕事での適性を知る方法と適性に合った仕事に就くための5つのコツをチェック!

やりたい仕事に就職できたのに、

  • なかなか仕事が覚えられない
  • ミスや失敗ばかりをしてしまう

など、仕事で上手くいかないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

仕事には向き・不向きもあり、仕事を長く続けたり、成果を上げるためには自分の適性に合った仕事を選択することも大切だと言えます。

そこで今回は、仕事での適性を知る方法と適性に合った仕事に就くための5つのコツをご紹介します。

どうしても仕事が合わないと感じる場合には、転職を検討することも大切です。

teacher
本記事で自分の適性や、自分に合った仕事の見つけ方をチェックしましょう。

仕事でなぜ適性は重要?

仕事を続けるには適性も重要

  • 生活を維持するため
  • お金を貯めるため

などの理由で、今の仕事が合わない、辛いと感じつつも、仕方なく仕事を続けているという方もいるのではないでしょうか。

もちろん生活のために仕事は欠かせないものです。

そのため、仕事の適性が合わないからと言って仕事を変えたり辞めてしまったりするのは甘えだと感じる人も少なくありません。

しかし、仕事にも向き・不向きがあり、どんなに努力をしても仕事がなかなか覚えられなかったり、仕事でのミスや失敗が多くなってしまうことも考えられます。

また、仕事が上手くいかないと当然ストレスや不満もたまりやすくなり、モチベーションの低下にもつながります。

man
どんなに頑張ってもうまくいかないなら意味がないや・・・

と仕事を途中で投げ出そうとしたり、仕事をつまらなく感じることで、仕事をすぐに辞めてしまう可能性も。

自分に合った仕事をすることで、仕事も長続きしやすく、仕事へのモチベーションアップもしやすくなります。

したがって、

  • 適性が合っていない
  • 自分の適性が分からない

と感じる場合には、まず今の仕事と適性が合っているかどうかを確認することが必要と言えます。

仕事での適性を知る方法

好きなこと=適性

と思っている方もいますが、好きなことややりたいことが自分の適性と必ず合っているとは限りません。

逆に、あまりやりたくない仕事が実は得意分野だったということもあります。
まずは自分を見つめなおし、適性について知る機会を作りましょう。

仕事での適性を知る方法は4つあります。

  1. 自己分析を行う
  2. 転職サイトなどの診断ツールを利用する
  3. 周りの人の話を聞く
  4. さまざまな仕事を体験してみる
teacher
1つずつチェックしていきましょう。

1.自己分析を行う

まずは

  • 自分の好きなこと・嫌いなこと
  • 得意なこと・不得意なこと
  • 性格

などを整理していきましょう。

紙などに書き、可視化するということもポイントです。

紙に書きだして整理することで、普段自分ではあまり気づいていなかった本音に気づくこともあります。

そして、自分の性格や得意なことなどを、職種・業種などにおおまかに当てはめてみましょう。

職種・業種向いている方向いていない方
営業職・コミュニケーションをとるのが得意
・人と話すのが好き
・競争心がある
・PRが得意
・人見知り
・説明やPRなどが苦手
・ノルマなどに弱い
サービス・接客・コミュニケーションをとるのが得意
・人と話すのが好き
・人の魅力を見つけるのが得意
・PRが得意
・人見知り
・説明やPRなどが苦手
・人に対して興味がない
管理部門職・細かい作業が得意
・マネジメント能力がある
・円滑なコミュニケーションをとれる
・細かい作業が嫌い
・スケジュールなどの管理が苦手
・人と連携するのが苦手
企画職・PR力が高い
・新しいアイディアを考えるのが好き
・売上など数字を意識して仕事ができる
・数字やデータなどに弱い
・保守的
・コミュニケーションをとるのが苦手
研究職・1つのことを突き詰めるのが得意
・細かい作業が得意
・じっとしているのが苦手
・細かい作業が苦手
・飽きっぽい性格
エンジニア職・1つのことを突き詰めるのが得意
・細かい作業が得意
・パソコンなどのスキルに長けている
・じっとしているのが苦手
・細かい作業が苦手
・飽きっぽい性格
クリエイティブ職・1つのことを突き詰めるのが得意
・細かい作業が得意
・デザイン力・文章力などのスキルに長けている
・じっとしているのが苦手
・細かい作業が苦手
・飽きっぽい性格

もちろん職種・業種の中でも様々な仕事があり、得意な仕事もあれば、苦手な仕事もあるでしょう。

大切なことはメインで行う仕事の作業を滞りなくできるかという点です。

いくら人とコミュニケーションをとるのが得意であっても、人への根本的な関心が低く、商品のPRができなければ、サービス・販売職などの職種に就くのは難しくなります。

仕事の主な内容と適性を照らしあわせ、今の仕事に合っているかどうかをチェックしてみましょう。

2.転職サイトなどの診断ツールを利用する

man
自己分析がうまくできない・・・

という場合には、転職サイトなどの診断ツールを利用するのがおすすめです。

各転職サイトごとに様々な自己診断ツールがあり、適職診断ツールを設けているところも多くあります。

teacher
ここでは、転職サイトの適職診断ツールの中から、おすすめを厳選して3つご紹介します。

まずは、診断ツールやスカウト機能など、転職サイト内のサービスにも定評がある転職サイト「doda」の適職タイプ診断。

出典:doda

3つのSTEPで簡単な質問に答えていくだけで、自分が仕事でどんなことを大事にするのか、どんなときにやりがいを感じるのか、などの適職探しのポイントを知ることができ、さらに、現状、今の仕事でどんなことに満足していて、どんなことに不満を感じているのかも、可視化できます。

まだ転職を考えていないという方でも無料で利用することができ、今の仕事を見つめなおすきっかけにもなるため、おすすめです。

次に「女の転職type(タイプ)」の診断ツール。

出典:女の転職type

「いい仕事ミイつけよう診断」という名前にもある通り、11問の簡単な質問に答えていくだけで、適職を知ることができます。

最後に経験職種なども入力するため、経験職種から見た強みをもとに、おすすめの求人をピックアップしてくれるため、すぐに転職したいと考えている方にもおすすめです。

最後に紹介するのは、「マイナビ転職」のジョブリシャス診断です。

出典:マイナビ転職

簡単な20の質問から、自分の性格を客観的に分析し、自分に合った仕事を知ることができます。

「仕事での強み・弱み」や、「ストレスを感じる一言」など、仕事に関わる自分の特徴を知ることもできるため、転職を考えているだけでなく、今の仕事や自分を見つめなおしたい方にもおすすめです。
このように、転職サイトの診断ツールを利用することで、簡単に自分に合った仕事や自分の性格を知ることができるため、転職をまだ考えていないという方でも、気になる転職サイトを利用してみるとよいでしょう。

プロもおすすめ!転職サイトランキングから登録したい転職サイトをチェック!

3.周りの人の話を聞く

仕事に悩んでいるときには、考え方が偏ってしまいがち。

1人で考えてしまうことで、

  • 自分に合う仕事なんてない
  • 今の仕事を早く辞めてしまいたい

など、ネガティブな感情が生まれ、よく考えずに転職をしたり、離職してしまったりする恐れもあります。

今の仕事を見つめなおすためには、視野を広げることも大切です。

色々な仕事や考え方を知らなければ、自分に合う仕事もなかなか見つけられないもの。

視野を広げるためにも、友人や家族など周りの人の話を聞き、情報収集をすることも重要なポイントです。

誰かと話をするうちに、自分の好きなことに気づいたり、やりたい仕事を見つけられるきっかけとなることもあります。

また、他の仕事をしている人だけでなく、時には上司や同僚など今の職場の人と話をすることも大切です。

上司や同僚が今の仕事のどんなところにやりがいをもって取り組んでいるのかを知ることでも、仕事へのモチベーションにつながったり、仕事の向き・不向きを知ることができる可能性もあります。

teacher
1人で考え込むのではなく、周りの人とも積極的にコミュニケーションをとりましょう。

4.さまざまな仕事を体験してみる

適性が分からないという方の中には、そもそもそインターンやアルバイトなどの経験が少ない可能性もあります。

好きなことややりたいことをしていても、その仕事が向いているとは限らず、実際に体験してみないことには向き・不向きが分からないこともあります。

そのため、自分に合っている仕事が分からないという場合には、とにかく色々な仕事を体験してみることも1つです。
転職回数が増えてしまうと、その後の転職活動に影響を及ぼしてしまう可能性もあるため、副業でいろいろなことに挑戦してみたり、会社内の別の仕事をやる機会を与えてもらったりと、今の仕事以外にも目を向け、実際に体験してみるようにしましょう。

適性が合わないと感じたら仕事の見直しを

以上の4つの方法で自分の適性を知ることができたら、今の仕事と適性が合っているのかを確認しましょう。

そして、今の仕事と適性が合っていないと感じたら、今の仕事を続けるべきかどうか、きちんと見直す必要があります。
今はちょっとしたやりづらさを感じるくらいであったとしても、適性が合わない仕事を続けることで、大きなミスを引き起こしてしまったり、なかなか結果を出せずに昇給や昇格から遠のいてしまう可能性もあります。
teacher
仕事を長く続けるためにも、そのまま無理して続けるのではなく、思い切って仕事を変えることも検討しましょう。

適性に合った仕事を見つけるコツとは?

合わないからと言ってすぐに仕事を辞めるのはNG

今の仕事が合っていないと感じると、仕事をするのがだんだん億劫になり、すぐに仕事を辞めてしま方もいますが、これはNGです。

次の就職先の当てがあればいいですが、準備もせずに衝動的に仕事を辞めてしまうことで、なかなか仕事が見つからず、生活が困窮してしまう恐れもあります。

適性に合った仕事に就くためにも、しっかりと転職準備を行うことが大切です。

適性に合った仕事に就くためのコツ

teacher
適性に合った仕事に就くためのコツ5つをご紹介します。

1.情報収集を行う

まずは下調べを行っていきましょう。

転職サイトやハローワークにはたくさんの求人があります。

やみくもに求人を探したり、応募したりしても、自分に合った求人が見つかるとは限りません。

特に今の仕事とはまったく違う仕事に転職を考えている場合、スキルや経験などのアドバンテージがない分、自己PRや明確な志望動機などが選考通過のポイントになります。

それぞれの業界の転職市場動向や、平均年収、必要なスキルなど、基本的な業界情報をおさえておきましょう。

情報収集の際にも転職サイトの転職ノウハウや、市場レポートなどが役立ちます。

複数の転職サイトや口コミサイトなどを上手く利用しつつ、効率よく情報収集を行いましょう。

2.希望条件を明確にする

忘れてはいけないのが、転職する際の希望条件です。

気になる求人があると、

man
多少条件が悪いけど仕方ないか・・・

と妥協して転職を決めてしまう方も多いのではないでしょうか。

もちろん、希望条件ぴったりの求人を見つけられる可能性は低く、時には妥協することは必要です。
しかし、仕事の適性を優先するあまり、今の仕事よりも条件が悪い企業に転職してしまっては元も子もありません。

  • 希望年収や最低年収
  • 希望勤務地
  • 職種・希望業種
  • 働き方

など、希望条件を明確にしておき、絶対に譲れない条件と妥協できる条件を決めておきましょう。

3.複数の転職サイトに登録する

man
とりあえず1つだけ登録しておけば十分だろう

と転職サイトを最初から1つに絞って登録する方もいますが、転職サイトによって求人数や扱っている求人も異なります。

また、職種・業種、性別、年齢など、転職サイトごとに強みを持つ求人も異なるため、1つの転職サイトだけでは、自分に合った求人を見つけられる可能性が低くなります。
そのため、転職サイトは少なくとも3~5社程度登録しておくのがベスト。
リクナビNEXTマイナビ転職などの総合型転職サイトを2~3社登録しておき、Re就活女の転職typeなどの特化型の転職サイトを2社登録しておくことで、独占求人などもくまなくチェックすることができます。
man
複数の転職サイトなんて使いこなせない・・・

という方もいますが、すべてを同様に使う必要はなく、メインで使う転職サイトを1~2社に決めつつ、後はスカウト機能や情報収集などのサブのサイトとして使うのもおすすめです。

仕事と同様で、転職サイトも実際に使ってみないことには、使いやすさなどは分からないものです。

teacher
自分に合った転職サイトを見つけるためにも、まずは複数の転職サイトを登録しておきましょう。

4.なるべく多くの求人に応募する

転職活動を成功に導くためには、なるべく多くの求人に応募し、内定をもらえる企業数を増やすことが大切です。

第一志望の企業をいきなり受けても、書類にミスがあったり、面接で緊張してしまったりと、なかなか完璧にはいかないもの。

書類選考や面接などを成功させるためには、ある程度の練習や慣れも必要です。

なるべく多くの求人を受けることで、面接などにも慣れ、自分の欠点が見え、自分の良さを最大限に発揮できるようになります。

また、良いと思っていた求人が、実際に足を運んでみたら印象が良くなかったということもあります。
複数の企業を受けることで求人を見る目も養われるため、より良い求人を見極めるためにも複数の求人に応募するようにしましょう。

5.スキルや資格を取得する

今の仕事とまったく違う職種・業種に転職する場合、経験やスキルなどがないため、転職活動が苦戦する場合もあります。

20代向けの求人などポテンシャル重視での採用をされる場合もありますが、中途採用は通常即戦力を期待して募集をかける企業も多いため、スキルや経験があることは大きなアドバンテージに。

そのため、適性をチェックし自分がやりたい職種・業種などの方向性が定まったら、転職をする前にスキルや資格を取得することもおすすめです。

事前にスキルや資格を取得することで、面接などでアピールできるポイントができ、転職活動が有利に働きやすくなります。

事務職ならパソコンのスキルを取得したり、介護や保育などの専門職は資格をとるなど、事前にできることをやっておきましょう。

適性に合った仕事を見つけるための注意点

適性に合った仕事に就くためのコツを5つお伝えしましたが、仕事を探す際には注意しておきたい点もあります。

teacher
適性に合った仕事を見つけるための注意点を2つご紹介します。

1.自分の適性や条件に合った完璧な仕事はないことを理解しておく

仕事をする際には適性や希望条件が大事ではありますが、仕事に求める条件が増えれば増えるほど、求人もその分絞り込まれてしまい、応募できる求人は少なくなります。

どんな仕事や企業でも、良い面があれば悪い面もあるもの。

たとえば、

  • 人間関係や職場の雰囲気は良いけれど、給与が低い
  • 給与は高いけれど、その分求められるスキルも高い

など、自分の理想通りにはなかなかいかないものです。

そのため、完璧な仕事はないということを念頭に置き、仕事を探すようにすることが大切です。

理想ばかり思い描いてしまうと、その分不満も増え、転職先がなかなか見つけられなくなってしまうため、ある程度妥協することも必要と言えるでしょう。

2.今の適性だけで安易に転職しないようにする

入社1カ月くらいで

man
自分に合っていない・・・

と仕事を辞めてしまう方もいますが、これはNGです。

仕事にはミスや失敗はつきものであり、最初からうまくいく人はごく稀です。

そのため、ミスや失敗が多いからといってすぐに投げ出してしまうのではなく、性格や経験などをトータルで考えた上で、

  • 将来的にこの仕事をできるようになるかどうか
  • 将来的にこの仕事をやっていきたいかどうか

など、今の適性だけでなく、将来のキャリアを考えた上で結論を出すようにしましょう。

まとめ

仕事をしていく上で、好きなことややりたいことをしてモチベーションをもって仕事をすることも大切ですが、仕事には向き・不向きもあり、適性に合っているかどうかで仕事の質も変わります。

適性に合っていないことでストレスが溜まったり、ミスや失敗が増えてしまうことも考えられるため、仕事に合っていないと感じる時には、今の仕事と適性が合っているかどうかを確認する必要があります。
  1. 自己分析を行う
  2. 転職サイトなどの診断ツールを利用する
  3. 周りの人の話を聞く
  4. さまざまな仕事を体験してみる
4つの方法で仕事の適性をチェックし、適性が合っていない場合には仕事の見直しを行いましょう。

また、適性に合った仕事に就くためには、5つのコツがあります。

  1. 情報収集を行う(色々な仕事を知る)
  2. 希望条件を明確にする
  3. 複数の転職サイトに登録する
  4. なるべく多くの求人に応募する
  5. スキルや資格を取得する

すぐに仕事を辞めてしまうのではなく、転職準備をしっかりと行った上で、自分に合った転職先を見つけることが大切と言えます。

teacher
転職サイトを上手く利用して、転職を成功へと導きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA