仕事が辛いと感じるのは心のサイン!?こんなときは要注意!心が限界を示すサインと転職決断のタイミングとは?

生活のために欠かせない仕事。

仕事を楽しくできるのが一番ですが、

  • ストレスや疲れで仕事しているのが辛い
  • 朝仕事に行くのが億劫

など、仕事が辛いと感じている方も多くいます。

仕事は働く対価としてお金をもらうため、仕事が辛いと思ってもなかなか辞められないもの。

しかし、

man
仕事は辛いのが当たり前だし・・・

とそのまま仕事を続けてしまうことで、心身に大きな悪影響を与えてしまうこともあります。

そこで今回は、心が限界を示しているサインと、転職決断のタイミングについて解説します。

仕事が辛いと感じる場合には心のサインを見逃さずに、辛いと思う原因をなくすことが大切です。

teacher
  • 最近体調を崩しやすくなった
  • 仕事の日になかなか起きられない

など、以前よりも仕事が辛いと感じるようになった方は、本記事で心の状態をいち早くチェックし、早めの対処を心がけましょう。

仕事が辛いは心のサイン?

仕事が辛いと感じている方は多い

日々の生活を送るためにはお金は絶対に必要なもの。

お金を稼ぐ手段として仕事は重要なものであり、時にはお金を稼ぐ手段としてだけでなく、やりがいや達成感など得られることもあります。

しかし、仕事は当然楽しいや嬉しいことだけではなく、ストレスや疲れなどが原因で仕事をするのが辛いと感じている方は意外に多いもの。

エン・ジャパン株式会社が運営する「エン派遣」が行った調査によると、仕事上でストレスを感じていると答えた方は全体で67%、正規雇用者で81%、非正規が64%という結果に。多くの方がストレスを感じているという実態がわかります。

出典:エン・ジャパン株式会社

ストレスや疲れを感じる出来事がたとえ小さなことであったとしても、1つ1つが積み重なってしまうことで大きなストレスとなり、「仕事が辛い」という状態に陥ってしまうのです。

そして、仕事でのストレスの原因や辛さもさまざま。

ただ漠然と仕事を辛いと感じても、それはストレスや疲れがたまった一時的なものであり、疲れやストレスを解消することで仕事への辛さが取り除かれるケースも。

しかし、一方で、

  • 仕事を辞めたい
  • 仕事に行きたくない

と感じても、生活のためになかなか仕事を辞める選択ができないという悪循環が、仕事の辛さを引き起こしてしまっている方もいます。

そうなると、原因や不安を解消しない限り、なかなか仕事への辛さを軽減させることができず、その辛さやストレスが積もりに積もることで、心身ともに悪影響を及ぼしてしまうことも。

「仕事は辛いのが当たり前」と放置してしまうことで、うつ病などの精神疾患を引き起こしたり、大きく体調を崩してしまう可能性もあるため、いち早く心のサインに気付き、対処を行う必要があります。

仕事が辛いと感じるときは要注意!心が限界を示すサインとは

心の限界がきていても、

man
仕事が辛いと思うのは甘えだ・・・

と思い、そのまま今の仕事を続けてしまう方もいますが、仕事の辛さは気持ちの面や体に大きな影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

以前に比べ体や心に不調を感じ始めたら危険信号です。
teacher
心が限界を示すサインにいち早く気づくためにも、仕事が辛いと感じている方に起こりやすい心身の異変を5つピックアップして紹介します。

1.朝起きるのが辛い

  • 以前に比べてなかなか朝起きられなくなった
  • 仕事だと思うと憂鬱でなかなか家を出られない

など、仕事の日の朝に起きるのが辛いという場合、心身が疲れきってしまっている可能性があります。

朝起きるということは、仕事に行かなければいけないということ。

仕事に行くこと自体を心が拒否してしまい、朝なかなか起きられない、という状態になっている可能性も。

仕事の日の朝は誰だって憂鬱なものですが、

  • 目覚ましを鳴らしてもどうしても朝起きられない
  • 身体が思うように動かない

という場合には、頭では仕事に行かなきゃと思っていても、無意識に会社に行くことを拒んでしまっているのです。

放っておくとうつ病などの精神病にも発展してしまう恐れもあるため、朝起きる時間や朝家を出る時間が前と比較して遅くなっていないか確認しましょう。

2.プライベートでも楽しみが持てない

仕事のみならず、休みの日にも気持ちが沈んでしまっている、疲れ切ってしまっているという場合は要注意。

本来の精神状態であれば仕事は仕事、プライベートはプライベートときっちり分けることができますが、仕事でのストレスや疲れが蓄積されることで、心身ともに疲れ切ってしまい、何かを楽しもうという気力が持てなくなってしまうのです。

心身のエネルギーが失われている状態にあるため、仕事でもプライベートでもぼーっと無気力に過ごすことが多くなり、ミスが増えてしまう可能性もあります。

3.寝付けない・すぐに目が覚める

ストレスや疲れが原因で、

  • 寝付けない(入眠障害)
  • すぐに目が覚める(中途覚醒)
  • 眠れない(不眠症)
  • 寝たはずなのに眠った気がしない(熟睡障害)

などの睡眠障害を引き起こしてしまうこともあります。

眠れない、途中で目が覚めてしまうということは、きちんと熟睡できていないということ。

睡眠は日中の活力を得たり、疲れをリフレッシュしたりするためにも必要なものです。

にも関わらず、睡眠障害を引き起こし、なかなか眠れないという場合にはストレスが原因で脳が常に緊張状態になり、脳や体が休まっていない状態が続いている可能性もあるため、早めに対処することが必要です。
また、うつ病ではかなりの確率で睡眠に関する症状や不調があらわれやすくなるため、他にも体や心の不調がないかどうかチェックしておきましょう。

4.落ち込みやすい

以前と比べて落ち込みやすくなったという場合には、メンタルの不調を起こしている可能性が高いと言えます。

心身が疲れ切ってしまっていると、なかなか前向きな気持ちになれなくなってしまうもの。

自己肯定感が持てなくなってしまい、

man
自分はダメな人間なんだ・・・

と自責の念に駆られ、自分を傷つけてしまったり、精神疾患を患ってしまうこともあります。

以前に比べて自分に自信が持てなくなったり、落ち込みやすくなったという場合には要注意です。

5.疲れがとれない

心と体はつながっています。そのため、心の疲労感がたまってしまうことで、体のだるさや重さを感じてしまう場合も。

特に、仕事量や残業時間はそんなに多くなかったとしても、周りに常に気を遣う仕事をしているという方は、常に脳との心を使っていて気が張っている状態となり、精神的な疲労を感じやすくなってしまうため、体の疲れをとることも大切ですが、心の疲れをとることも同じく忘れずに行いましょう。

一時的なものではなくなかなか解消されない場合には要注意

woman
仕事は辛いものだし我慢しなきゃいけないのでは?

と思う方もいます。

確かに簡単な仕事はなく、時には辛い仕事にあたったり、難しい仕事を任される場合もあります。

また、すべての人とうまくコミュニケーションをとれるわけではなく、時には考え方や性格の違いで相性が合わない方と仕事をせざるを得ない場合もあるでしょう。

しかし、一時的なものではなく、上に挙げた

  1. 朝起きるのが辛い
  2. プライベートでも楽しみが持てない
  3. 寝付けない・すぐに目が覚める
  4. 落ち込みやすい
  5. 疲れがとれない

などの状態が続いた場合には、心が限界を示しているサインである可能性が高いです。

特に、上記の状態が続き、仕事のミスが増えたり、プライベートにも支障が出始めた場合、ストレスや辛さが限界に達し、精神疾患を患ってしまっていることも。
そうなると、仕事どころの問題でなく、退職を余儀なくされたり、精神疾患を治すために通院・治療を続けないといけなくなることも考えられるため、一時的なものではなくなかなか症状が改善に向かわない際には、早めに対処を行う必要があります。

仕事が辛いときの転職決断のタイミング

仕事が辛いときには転職すべき?

「仕事が辛い」というときには、まず仕事を辞めることを考える方も多いのではないでしょうか。

確かに仕事を辞めることで仕事でのストレスや疲れから解放されますが、ストレスや疲れがたまり、精神的に気持ちが参ってしまっている状態になっていると、自分に自信が持てず、

man

「転職先が見つからなかったらどうしよう・・・」

「仕事を続けられる自信がない・・・」

と生活に対する不安が増えてしまい、心や体が休まらなくなってしまう可能性も十分あり得ます。

そのため、仕事が辛いという場合には基本的には転職をすることをおすすめします。

仕事でのストレスや疲れの原因は、上司や同僚、後輩などとの人間関係やお客様からのクレームなど「他人」に原因があることも多い傾向にあります。

出典:エン・ジャパン株式会社

そのため、転職で人とのかかわり方や労働環境を変えることで、ストレスや疲れを軽減し、仕事への辛さが解消される可能性が高いのです。
しかし、早く仕事を辞めたいから焦って転職をしてしまうのもNG

転職を焦って決断してしまうことで、前職よりも悪い環境で働かざるを得ないこともあります。

そのため、転職することを決断する前に、しっかりと自分の心や精神状態を整え、準備を行う必要があるのです。

転職を決断する前にやっておきたいこと

転職を決断する前にやっておきたいことは全部で7つあります。

大切なことは、「原因」を突き止めることと、前向きに転職に臨めるように気持ちを安定させることです。
teacher
1つずつ見ていきましょう。

1.休暇をとる

まず、

  • 仕事が辛い
  • 仕事を辞めたい

と、精神的にきついと感じている場合、冷静に判断ができず、焦って転職を決めてしまったり、衝動的に仕事を休んだり辞めてしまったりすることも考えられます。

そのため、しっかりと休息の時間をとるということが大切です。

有給休暇が余っているようであれば、思い切ってしばらくの間休みをとり、心身ともに安らげる時間を確保しましょう。

1人だとマイナスな方向に考えてしまう場合には、友人や家族などと旅行に行くなどの時間にあてるのもベター。
この時の休暇は自分へのご褒美時間ととらえ、今後の働き方を前向きに検討するための準備期間にあてましょう。

2.原因が「自分」か「他者」にあるかをはっきりさせる

休息がとれ、少し気持ちに余裕が出てきたら、仕事が辛いと思ってしまう原因が「自分」にあるのか「他者」にあるのかを考えましょう。
  • 人間関係が悪化している
  • お客様からのクレームが多い
  • 任される仕事量が多い
  • 労働環境や待遇が悪い

など、会社や職場の人、顧客などの「他者」にある場合には、転職を検討しましょう。

なぜなら、他人の考え方は変えることができず、自分がどんなに頑張っても報われないことも多いからです。

環境や労働条件がもっと良い転職先を見つけることで、今感じているストレスや疲れを解消させれらる可能性も十分あります。

しかし、

  • 仕事でなかなか目標に達成できない
  • 仕事内容が合わない
  • 仕事でのミスが多い

という場合には、原因が「自分」にあり、改善できる余地があります。

特に仕事でのミスが多いという場合、根本的になぜミスをしてしまうのか原因を探らない限り、別の職場でも同じことを繰り返してしまう可能性があります。
ストレスや疲れが原因で集中力がなくなりミスが増えた場合には別ですが、自分の仕事への取り組み方によっては改善で切る可能性もあるため、原因を突き止めた上で、今自分にできることを考えることが大切と言えます。

3.周りの人に相談をする

仕事は他の人と連携して行うことが多く、自分だけの力ではどうにもならない場合もあります。

そのため、職場の上司や同僚など親しい人に相談することも1つの手です。

職場の人であれば悩みを打ち明けることで、業務の振り分けなどを変更したり、待遇を見直してくれたりと、今の職場でできる限りの改善案を提示してくれる可能性もあります。

上司や同僚など職場の方にはなかなか打ち明けづらいという場合には、家族や友人などに話すのもおすすめ。

自分一人で悩んでしまうとどうしても視野が狭くなり、自分を責めてしまいがちになります。

特にストレスや疲れで自信を失っている状態で1人で抱え込んでしまうと、マイナスな方向にしか考えられない可能性もあるため、周りの人からの意見をもらうことも大切と言えるでしょう。

4.プライベートの時間を大切にする

仕事での疲れやストレスが溜まっていると、どうしても仕事のことばかりを考えてしまい、憂鬱になってしまうもの。

仕事とプライベートのオンオフを切り替えることも仕事での辛さを軽減するコツなので、仕事と休日ははっきりと分け、プライベートの時間を充実させるようにしましょう。

好きなことをしたり、人と話すことで気持ちも上がりやすく、リフレッシュになります。趣味の時間をとったり、友達と会う時間を作ったりと、プライベートの時間の使い方を考えましょう。

ただし、

  • 休日出勤が多い
  • 休日も仕事関係の作業をしている(持ち帰り仕事をしている)
  • 休日はぐったりしてしまい、なにもする気が起きない

という場合には、仕事と休日のバランスが上手く取れていない可能性もあります。

もちろん将来のために今スキルを磨いたり、仕事を頑張るという考え方も大切ではありますが、それで自分の時間を持てなくなり、倒れてしまったり精神的にしんどくなってしまったりしては元も子もありません。
労働条件なども含めて見直しを行い、どうしても休日も休めないという場合には転職も検討しましょう。

5.働き方や部署異動を検討する

仕事が辛い原因が労働時間・給与などの待遇や周りの人との関係性などにある場合、働き方や部署異動について人事や上司に相談することも大切です。

条件や内容次第では異動や給与などの条件を検討してもらえる可能性もあります。

周りの環境や待遇を少し見直してもらうだけでも働きやすさは随分変わるため、相談できそうであれば相談することも1つの手です。
ただし、職場の方の考え方によっては、相談することで関係性が悪化することも考えられます。

希望を聞き入れてもらえないということは、今後働く上で何か問題があったとしても、なにも対処してもらえない可能性が高いということです。

そういった会社に見切りをつけるきっかけにもなるため、転職する覚悟を決めたらダメ元で待遇の改善を求めてみることも良いでしょう。

6.自己分析や情報収集など転職準備を行う

仕事が辛いと感じるのが一時的ではなく、今の職場のいるのがどうしても困難という場合には、自己分析や情報収集などを行い、転職準備を行いましょう。

自己分析や情報収集を行うのにも便利なのが転職サイトです。

転職サイトは求人の検索や応募だけではなく、自己診断に役立つ診断系ツールや転職ノウハウ、さらには企業情報など、転職に欠かせないコンテンツが充実しています。

たとえば、リクナビNEXTでは「グッドポイント診断」で自分の強みを見つけることが可能。

出典:リクナビNEXT

今の経歴やスキルから客観的に見た強みや企業へのアピールポイントを教えてくれるため、新しい仕事を見つけるためのきっかけになるだけでなく、実際の選考にも役立ちます。

また、エン転職では、転職ノウハウが充実。

出典:エン転職

転職活動を行う際に準備しておくことや、転職活動を進める際の悩みや不安などを解決できる情報がたっぷりつまっているため、初めての転職の方にもおすすめです。

仕事が辛く、心が疲れ切ってしまっている時には、前に踏み出す勇気がなかなか持てないもの。

事前に自己分析や情報収集を行うことで、自分の今後のキャリアのヒントにもなり、転職にも自信をもって臨むことができるようになります。

他にも転職サイトにはさまざまなコンテンツやツールがあり、各転職サイトごとに扱っている求人も異なります。

転職サイトに登録しておくことで、自分の可能性を広げることができるため、こちらの記事を参考に自分に合った転職サイトを選択しましょう。

7.資格取得や他の仕事に目を向ける

自己分析などを行うことで

  • 自分は今の職種に向いていない
  • 仕事をこなすためのスキルが不足している

と自分自身の能力や適性などの欠点に気付くこともあります。

自分の適性が分からないまま転職しても、また同じことを繰り返してしまう可能性も。

そのため、転職活動を行う前に、資格取得やさまざまな仕事を見るために動くことも良いと言えるでしょう。

目標ができることで今まで漠然と辛いと感じていた仕事が楽になる場合もあります。

teacher
すぐに転職するのではなく、こうした準備期間をとることで、今後のキャリアの新たな可能性を見出すことも可能です。

まずは気持ちの安定を優先して転職の決断を

転職の決断のタイミングは「仕事が辛い」と感じた瞬間ではなく、仕事が辛い原因などを探り、ある程度方向性が決まってからがベストです。

どうしても焦って早く転職を考えてしまいがちですが、「仕事が辛い」と感じている方の中には、ストレスなどで心身ともに疲れ切ってしまっている方も多くいます。

心が安定しないまま転職に踏み切ってしまうと、冷静な判断ができず、かえって悪い条件の企業に就職を決めてしまったり転職活動が難航したりと、転職が失敗に終わってしまう可能性もあります。
まずは心身ともにしっかりと休み、気持ちの安定をはかることが最優です。休息がとれ、転職準備がある程度整ったら転職の決断を行いましょう。

仕事がどうしても辛い場合には仕事を先に辞めることも1つの手段

基本的にはすぐに仕事を辞めてしまうのではなく、転職先を決めてから退職を行う方が、仕事を失うリスクはありません。

しかし、仕事を続けることで吐き気や頭痛などの身体症状が頻繁に起こったり、憂鬱な気持ちがずっと続くという場合には、心身共に限界を迎えてしまっている可能性があります。
悪化することでうつ病などの病気になり、治療に時間やお金がかかってしまう可能性があるため、心身ともにどうしても仕事が辛いという場合には先に仕事を辞めることも1つの手段です。

仕事ももちろん大切ですが、体を壊してしまっては元も子もありません。

大切なのは自分自身の心身なので、今後も無理なく生活を送るためにも、限界を感じる前に心のサインに気付けるよう自分と向き合うことも大切にしましょう。

まとめ

man
仕事は辛いのが当たり前だし・・・

と思ってしまいがちですが、仕事が辛いと感じる状態が続くことで、心身ともに大きな影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

大切なことは、早めに心の限界のサインに気付くこと。
  1. 朝起きるのが辛い
  2. プライベートでも楽しみが持てない
  3. 寝付けない・すぐに目が覚める
  4. 落ち込みやすい
  5. 疲れがとれない

などの心身の状態が続いていないかどうかチェックしましょう。

また、心のサインに気付いたら、早めに対処を行うことも重要です。

転職を決断する前に

  1. 休暇をとる
  2. 原因が「自分」か「他者」にあるかをはっきりさせる
  3. 周りの人に相談をする
  4. プライベートの時間を大切にする
  5. 働き方や部署異動を検討する
  6. 自己分析や情報収集など転職準備を行う
  7. 資格取得や他の仕事に目を向ける

などのことを行い、しっかりと自分の心や精神状態を整え、転職に向けた準備を行いましょう。

ただし、仕事は無理に続けるものではなく、辛いと感じているのに続けてしまい、心身を壊してしまっては意味がありません。

心身ともに限界を感じている場合には転職する前に仕事を辞めることも大切です。

teacher
仕事を先に辞め、ゆっくりと心身の調子を整えてから、次の仕事に臨めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA