「仕事を辞める勇気が出ない・・・」という方は要注意!仕事を辞める勇気が出ない主な原因と勇気が出ないときにやるべき行動

仕事を辞めたいと思っても、辞めた後の生活のことや職場のことを考えると辞められないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、仕事を辞めたいと思っているのに、仕事をそのままずるずると続けても、自分にとっても会社にとってもプラスになりせん。

むしろ仕事を続けてしまうことで、心身の不調をきたしたり、仕事で重大なミスをしてしまったりする可能性もあります。

そこで今回は、仕事を辞める勇気が出ない主な原因と勇気が出ないときにやるべき行動を解説します。

teacher

特に、

  • 毎日仕事を辞めたいと考えてしまう
  • 仕事の日の朝が憂鬱で仕方がない

という方は、仕事を見直すべきと言えます。まずは今の仕事を見つめなおし、今できることからやっていきましょう。

仕事を辞める勇気が出ないのはなぜ?

「仕事を辞めたい」と思うのは心の限界のサイン?

仕事では人間関係や業務内容など、辛いことや大変なこともたくさんあります。

仕事でストレスや疲れを感じる方も多く、仕事に行くのが億劫に感じたり辞めたいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、仕事の中にもやりがいや楽しさを見つけることができれば、多少辛いことがあったとしても何とか続けられるもの。

そのため、

  • 朝起きられなくなった
  • 頭痛や肩こりなど体の不調が続いている
  • 夜眠れない
  • 休みの日にも仕事のことばかりを考えてしまい落ち着かない
  • 気持ちが塞ぎ込んでしまっている

など、心身の不調を感じているという場合には要注意。

仕事が原因でうつ病などの精神病などを患ってしまう可能性もあるため、仕事を辞める勇気が出ない現状を打破する必要があると言えます。

仕事を辞める勇気が出ない主な原因

man
仕事を辞める勇気が出ない・・・

という場合、仕事を辞めることに対する不安を抱いている可能性が高いと言えます。

そのため、まずはその原因を知り不安要素をなくすことが大切です。
teacher
仕事を辞める勇気が出ない主な原因を5つご紹介します。

1.上司に言い出しづらい

仕事を辞めようと思ってもすぐに辞められるわけではなく、上司や人事などに辞めることを伝えた上で、退職手続きや引継ぎなどをする必要があります。

ポジティブな話なら切り出しやすいですが、仕事を辞めたいという会社にとってネガティブな話を切りだすのにはなかなか勇気がいるもの。

時には、退職届を受け取ってもらえなかったり、残留を求められたり、仕事を辞めたいと伝えたことで突然態度が変わったりすることもあります。

そのため、話を切り出すタイミングをうかがいすぎてしまい、結局ずるずると仕事を続けてしまうという方も多くいるのです。

2.周りに迷惑がかかると思ってしまう

慢性的な人手不足や激務の職場の場合、誰か1人が辞めてしまうことで、会社に残っている人たちの負担が増えてしまう可能性もあります。
そのため、

man
自分が辞めることで周りに迷惑をかけてしまうのでは?

と思い、仕事をなかなか辞めると言い出せないことも。

特に繁忙期がある職種・業種やシフト制のところなどでは、自分の都合で他の人に迷惑がかけられないと、辞める時期も悩んでしまいがち

しかし、

man

「年末年始は忙しいから辞めるのは落ち着いてからにしよう・・・」

「今求人募集しているから、人員が増えたら辞めよう・・・」

などと、仕事を辞めるの先延ばしにしてしまうことで辞めるタイミングを失ってしまい、仕事をずるずると続けてしまうという恐れもあります。

3.多忙すぎて転職を考える余裕がない

仕事を辞める場合、ノープランで辞めてしまうと転職先が見つからず、その後の生活に影響することもあります。

そのため、仕事を辞める際には次の仕事を見つけておくことが大前提。
しかし、残業や休日出勤も多く、仕事が忙しすぎてしまうことで、転職活動をする時間が十分にとれないことも。
woman
時間ができたら転職をしよう・・・

と思ってしまうことで、仕事を辞める機会を失ってしまう恐れがあります。

4.将来に対する不安がある

仕事を辞めて転職をするということは環境を変えることができるなどのメリットもありますが、当然デメリットもあり、今の職場と業務内容や待遇が変わってしまうのではないかという不安もあります。

man

「転職先が見つからなかったらどうしよう・・・」

「給料が下がってしまうのでは・・・」

「新しい仕事についていけるかな・・・」

「職場になじめないか不安・・・」

など、不安が大きくなることで、仕事を辞める勇気が持てなくなってしまう恐れも。

woman
仕事があるだけでありがたいと思わなきゃ・・・

と後ろ向きな理由で今の仕事を続ける選択をする方もいます。

しかし、仕事を見直す場合には、前向きな理由で今の仕事を続けるか転職するかを選択することも大切です。
teacher
現状が変わることは確かに楽ではありますが、仕事を辞めたいという気持ちを解決できるではないことを理解しておきましょう。

5.面倒なことを先延ばしにしてしまう

仕事を辞めることを伝えたり、新しい転職先を見つけたりなど、転職するためにも、様々な労力がかかります。

man
仕事で忙しいのにそんなことをしなきゃいけないなんて面倒・・・

と、臭いものに蓋をするように、仕事を辞めたいという自分の気持ちを無視して仕事を続けても、面倒なことが先延ばしになるだけで、何の意味もありません。

そればかりか、先延ばししてしまうことでかえって仕事を辞めたいという気持ちが増してしまったり、仕事が上手くいかなくなってしまう可能性もあります。
今の自分の気持ちを尊重して仕事の見直しをすることも大切と言えるでしょう。

仕事を辞めたいのにずるずると働き続けるのはNG!

仕事を辞めたいと思っても、上述したように様々な理由で、仕事を辞める勇気が出ない方もいます。

しかし、仕事を辞めたいというネガティブな感情を押し殺して働き続ける選択をすることで、ちょっとした不満でもストレスに感じてしまいやすくなり、仕事をすること自体に拒否反応が出てしまうこともあります。

そのことで、心身の不調を引き起こしたり、仕事へのモチベーションの低下からミスや失敗をしてしまったりと、自分の心身にとっても、会社にとってもマイナスになってしまう可能性も。

ずるずると働き続けても、仕事に対する感情が変わるとは限りません。

仕事を辞めたいと感じたら、早い段階で仕事を見直し、行動に移すべきと言えるでしょう。

仕事を辞める勇気が出ないときにやるべき行動

できることからやることが大切

仕事を辞める勇気が出ない理由は様々ありますが、

man
まあ、そのうちなんとかなるか・・・

と、現状を変えず、問題を先延ばしにしても、何も改善されません。

今抱えている問題を解決するためにも、まず行動をすることが必要となります。
また、「仕事を辞める勇気を持とう」と言うと、すぐに仕事を辞めたり転職をしたりすることをイメージする方もいますが、先のことを考えずに行動してしまうことで、新しい仕事が見つからず、路頭に迷ってしまう恐れもあります。
転職をするためにも、しっかりと検討した上で段階を踏み、転職準備を行うことが大切です。

仕事を辞める勇気が出ないときにやるべき行動7つ

teacher
ここからは、仕事を辞める勇気がでないときにやるべき行動を7つご紹介します。

1.仕事を辞めたい理由を整理する

まず、仕事を辞めたい理由を整理することが大切です。

仕事を辞めたいと思う理由が明確でないと、転職先でも同じような問題を抱えてしまう可能性があります。

また、なんとなく嫌だからという理由で辞めてしまうことで、

man
辞めなきゃよかった・・・

と後悔してしまうことも。

そのため、仕事を辞めたいと感じている理由が何かを明確にし、仕事を辞める前に解決できる方法がないかを考えましょう。

たとえば、今の部署の仕事内容が合わずに辞めたいと考えている場合、今の会社の別部署に移ることで問題が解決できる可能性があります。

逆に、職場での待遇が悪く、今の会社に将来性がないと感じている場合、そのまま仕事を続けても給与や待遇が改善されるかどうかは分からないため、転職を検討することも必要と言えます。

このように、仕事を辞めたいと思っている原因によって今の会社で解決できる問題かどうかが異なるため、原因をしっかりと突き止めておきましょう。

2.今の仕事を辞めるメリットとデメリットを考える

仕事を辞めたいと考えている理由を明確にしたら、次に考えておきたいのが仕事を辞めるメリットとデメリットです。

どんなに条件の良い転職先を見つけたとしても、実際に働いてみないことには転職が成功かどうかは分かりません。

転職して環境を変えることにはメリットも多くあると言えますが、その分リスクも伴います。

そのため、リスクやデメリットを想定して、転職を検討するということも大切です。
内容
メリット・待遇や環境を変えることができる
・自分のやりたい仕事につける
・ストレスの原因から離れることができる
デメリット・新しい人間関係を構築する必要がある
・仕事内容を一から覚えなければならない
・求人票に載っている情報と実際の条件が異なる場合がある

このように、メリットとデメリットをそれぞれ書き出してみましょう。

仕事を辞める勇気が持てないの原因の1つに、将来への不安が挙げられます。

不安を感じてしまう大きな原因は、今の仕事を辞めたいあまり、冷静にメリット・デメリットを考えられていないということにあります。
メリットとデメリットを書き出すことで自分の考えが整理され、仕事を辞めるかどうかの冷静な判断を行うことができます。メリットの方が多ければ転職する価値があると言えるでしょう。

3.転職サイトに登録する

仕事を辞める勇気が持てたとしても、すぐに仕事を辞められるわけではありません。

後悔しないためにも、情報収集をしっかりと行い、自分の希望に合った転職先を見つけることが重要と言えます。

転職準備を効率よく進めるためにも、転職を考えたらまず転職サイトに登録を行いましょう。
転職サイトというと求人を見るだけのイメージがある方も多いと思いますが、転職ノウハウや自己分析ツールなども充実しているところが多く、情報収集にも適しています。
  • 自分の適性に合った仕事が分からない
  • 初めての転職活動で何から行うべきか分からない

など、転職活動の具体的なイメージを抱けていない方でも、適職診断を行ったり、転職活動の進め方のノウハウを知ることで、自分に合った求人を見つけるヒントになることも。

たとえば、転職サイト「doda」では、自分の転職タイプを診断することができます。

出典:doda

今の仕事の満足度から適職探しのヒントまで、自分の転職タイプを分かりやすく診断してくれるため、転職活動を本格的に進める前に診断をしておくことをおすすめします。
他にも転職サイトごとにさまざまなサービスを展開しているため、自分に合った転職サイトを見つけるということも転職成功のカギと言えます。
転職サイトを登録する際には、1つの転職サイトに絞って登録するよりも、複数の転職サイトを登録することもポイント。
リクナビNEXTマイナビ転職などの総合転職サイトを2~3つ、女の転職typeキャリアクロスなど特定の職種・業種や性別、年収などを扱っている特化型転職サイトを1~2つほど登録しておくと良いでしょう。

登録する転職サイトはこちら「【2020年】おすすめ転職サイト!転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職サイト比較ランキング」の記事もあわせて参考にしてみてください。

4.今の仕事と比較する

情報収集などを行い、転職活動の方向性を定めたら、自分に合った求人を探しましょう。

自分で求人を探したり、転職サイトのスカウト機能を利用して企業からアプローチを受けたりして自分の希望に近い求人を見つけたら、求人と今の仕事を比較することも大切です。

転職して後悔しないためにも、仕事内容や年収、待遇などが今と比べてどう変化するのかをしっかりと吟味しましょう。

その上で、転職すべきかどうかを判断することが大切と言えます。

5.有給休暇を取得する

転職活動にはそれなりに時間がかかるもの。

特に、働きながらの転職活動となると、面接などの日程調整はもちろんのこと、書類を準備したり、情報を集めたりすることでも時間を要します。

そのため、つい適当に提出書類の作成を行ったり、焦って転職先を探そうとしたりする方もいますが、これはNGです。

つい気持ちだけが焦ってしまいがちですが、自分のキャリアを左右する重要な決断をするからこそ、しっかりと時間をかけて検討することが大切です。

有給休暇を取得し、転職活動を行う時間にあてたり、今の仕事を冷静に見直す時間として使いましょう
また、休息をとることも時には必要です。

仕事を辞めたいと考えるからには、ストレスや疲れが蓄積されていることも予想されます。

心身の回復をはかるためにも、有給休暇などを利用して休息をしっかりととり、次のステップに進めるよう準備をしましょう。

6.スキルや資格を取得する

中途入社では新卒の採用とは異なり、即戦力となってもらえるよう、経験者を求める企業も多くあります。

特に社会人経験が浅く、今の会社を3年経たずに辞めるという場合、転職で不利になってしまいがち

そのため、転職先で活かせるようなスキルや資格をあらかじめ取得しておくことで、転職活動をより有利に進めることができます。

現段階で転職が難しいという場合には、スキルや資格を先に取得しておき、転職準備を進めておくことも1つの方法と言えるでしょう。

7.最終的な意思決定は自分で行う

man

「仕事を辞める勇気が出ない・・・」

「転職できるかどうかが不安・・・」

と、自分に自信が持てず、今の仕事を辞めることに躊躇してしまう方も多くいます。

家族や仲の良い友人などに話して背中を押してもらうことも大切ではありますが、最終的な意思決定はあくまで自分を行うことが重要です。
誰かに流されて仕事を辞めることを決めたとすると、上手くいかなかった場合、その人を責めてしまったり後悔してしまいがちです。
仕事を辞めることは一大決心で、なかなか勇気を持てないとは思いますが、大切なことだからこそ、自分自身でしっかりと検討をする時間を設けることが大切。自分で考え、納得のいく結論を出すようにしましょう。

まとめ

人間関係や仕事内容など、さまざまな原因で仕事を辞めたいと思っても、仕事を辞める勇気が持てないという方も多くいます。

しかし、

  • 上司に言い出しづらい
  • 周りに迷惑がかかると思ってしまう
  • 多忙すぎて転職を考える余裕がない
  • 将来に対する不安がある
  • 面倒なことを先延ばしにしてしまう

などの理由から仕事を辞められず、ずるずると働き続けることで、心身の不調を引き起こしたり、仕事で重大なミスをしてしまうなど、自分にとっても会社にとってもマイナスに働いてしまうこともあります。

そのため、しっかりと今の仕事を見つめなおし、決断することが大切です。
  1. 仕事を辞めたい理由を整理する
  2. 今の仕事を辞めるメリットとデメリットを考える
  3. 転職サイトに登録する
  4. 今の仕事と比較する
  5. 有給休暇を取得する
  6. スキルや資格を取得する
  7. 最終的な意思決定は自分で行う
仕事を辞める勇気が出ないときにやるべき行動7つを参考に、転職準備を進めるようにしましょう。
teacher
仕事を辞める決断を誰かに委ねてしまいたくなってしまいますが、最終的には自分の納得いく結論を出すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA