「仕事に飽きた」ですぐに転職をするのはNG!?仕事に飽きてしまう原因と仕事に飽きたときの対処法5つを解説。

単調な作業を続けたり、同じような仕事をしていると、つい飽きてしまいがちに。

仕事に飽きてしまうことで、モチベーションが上がらなくなってしまい、転職を考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、仕事に飽きてしまう原因によっては、転職を考えるのは少し待った方が良いケースもあります。

そこで今回は、仕事に飽きてしまう原因と、仕事に飽きた時の対処法を解説します。

teacher
転職は自分の人生を左右する重要な問題です。安易に転職してしまうのではなく、仕事の見直しを行った上で、転職を検討しましょう。

仕事に飽きたと感じるのはなぜ?

「仕事に飽きた」時のサインとは?

仕事に飽きてしまい、

man

「仕事に行くのが億劫・・・」

「仕事を辞めたい・・・」

と感じる方も多いのではないでしょうか。

自分の中ではっきりと意思が決まっていたり、原因が明確な場合もありますが、実は自分では意識していないところで、仕事に対する「飽き」を感じてしまっていることもあります。

そこで、まずは仕事に飽きた時の主なサインを知っておきましょう。

1.アイディアや意見が出てこない

企画職や広告業などはもちろんのこと、営業や事務職などでも、新しい事業へのアイディアや意見を求められることもあります。

仕事において自分の意見を持つということは大切。

受け身な姿勢でいると、仕事に対する積極性が感じられず、周りからの評価が下がってしまったり、仕事での成長も期待できません。

しかし、どんなに考えてもアイディアや意見が出てこないという場合、仕事に対する興味が薄れ、仕事に真剣に向き合えなくなってしまっている恐れがあると言えます。

2.仕事に行くのが面倒だと感じる

仕事に行くのが面倒だと感じてしまう方の中には、人間関係や仕事内容など特に仕事に対する不満がないのに、仕事に行きたくないと感じてしまう方もいます。

何の理由もないように思えてしまうかもしれませんが、ずっと同じような仕事を続けることで刺激がなくなってしまい、仕事に対する興味が薄れてしまっているサインの可能性も。

teacher
仕事自体に楽しさを感じないと、働く意味を感じられず、仕事に行くのが億劫だと思ってしまうのです。

3.喜怒哀楽がない

仕事に真剣に取り組めていれば、仕事で成功した時には喜んだり、ミスや失敗をした時には悲しかったりと、少なからず感情が動くものです。

しかし、仕事に対して飽きてしまうことで、ただ機械的に仕事をこなすようになり、次第に感情が動かなくなってしまう可能性も。

仕事を淡々と確実にこなすことも時には必要ですが、新しいプロジェクトを成功に導いたり自分が成長したりするためには、仕事に対する熱意も大切です。

そのため、仕事に対して何の感情も持てず、気持ちが揺さぶられないという場合には、仕事に飽きてしまっている可能性があると言えるでしょう。

仕事に飽きたと感じる原因

仕事に飽きてしまっていると自覚したら、仕事に飽きたと感じる原因を探ることも重要です。
teacher
仕事に飽きたと感じる主な原因を6つご紹介します。

1.仕事内容が単調すぎる

まず、仕事内容が単調すぎるということです。

新しい仕事や複雑な仕事を任されると、その分緊張感もあり刺激にもなるため、仕事を頑張ろうというモチベーションや、仕事を終えたときの達成感もアップします。

しかし、工場でのライン作業やデータ入力など、長時間同じような作業を続けることで、モチベーションも下がり、作業にも慣れてきてしまうため、仕事自体に飽きやすくなってしまうのです。

もちろん、そういった仕事にも意味があり、単調な作業であってもコツコツと取り組み、達成感を得られる方もいるため、単調な作業をしているからと言って全員が飽きてしまうというわけではなく、性格によっても異なります

  • コツコツと同じ作業を続けるのが苦手
  • 細かい作業が嫌い
  • どんなことでもすぐに飽きてしまう

などの性格の方は、単調な作業には向かない傾向にあるため、注意が必要です。

2.やるべきことが少なく暇を持て余している

明らかに仕事量が多かったり残業や休日出勤が増えているなどオーバーワーク状態になっていると、しっかりと休む時間を持てなくなってしまうため、仕事の効率が下がってしまいがちになります。

しかし、一方で、任されている仕事が少なく、終業時間までただただ時間が過ぎるのを待つなど、暇を持て余してしまっている場合にも、仕事へのやりがいが低下し、仕事にも飽きてしまいやすくなります。

3.そもそも仕事内容に興味がない

仕事は必ずやりたいことができるというわけではなく、様々な事情で今の仕事を仕方なくやっているという方も多いでしょう。

man

「仕事があるだけマシ!」

「興味がないから仕事を辞めるなんて贅沢だ!」

などと思ってしまい、仕事に興味を持てずにそのまま今の職場で働き続ける方もいます。

しかし、仕事で成果を上げたり、経験やスキルを磨くためには、仕事への興味も重要なポイントです。
仕事に興味が持てないことで、仕事をしている時間がだんだん苦痛に感じるようになり、仕事に飽きて他のことを考えてしまい、仕事でのミスや失敗が増えたり、仕事の質が下がってしまう恐れがあります。

4.人間関係に悩みがある

たくさんの働いている人の仕事で抱える問題の多くが、人間関係に関する問題です。
  • 上司からパワハラを受けている
  • 同僚との相性が悪い
  • 部下が指示を聞いてくれない

など、仕事での人間関係が上手くいかないことで、ストレスや不満が溜まってしまい、仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。

teacher
そのことで、仕事自体が嫌になったり、楽しいと感じていた仕事をつまらないと感じるようになりやすくなるのです。

5.仕事に対する正当な評価を受けられない

頑張った仕事はそれだけ正当な評価や報酬を受けたいもの

誰かから認めてもらえたり、ボーナスや給与がアップしたりすることで、

man
次の仕事も頑張ろう!

と仕事への意欲がわいたり、仕事への楽しみを見出したりすることができます。

しかし、どんなに頑張っても仕事で評価をされなかったり、給与アップやボーナスが期待できないとなると、仕事をやる意味自体を見失ってしまい、仕事への面白みも見いだせなくなってしまいます。

6.性格やスキルと仕事が合っていない

仕事には向き・不向きがあり、時にはやりたい仕事とスキルや性格などが合わない可能性もあります。

どんなにその仕事に興味を持って就職したとしても、なかなか成果が上がらなかったり、自分が思うように仕事が進まなかったりする場合、だんだんフラストレーションがたまり、仕事自体が嫌になってしまいがちに。

そのため、性格やスキルと今の仕事が合っているかどうかも、仕事を続けるための非常に重要なポイントと言えます。

仕事に飽きてしまう場合には仕事の見直しを

仕事に飽きてしまう原因によって、すぐに対処できることと、自分では対処できないことに分かれます。

仕事に飽きている状態が長く続いてしまうと、仕事を真剣に取り組むことができなくなり、仕事の質が下がったり、仕事自体が嫌になり不満やストレスのもとになってしまうことも。
結果的に、仕事で大きなミスをしてしまったり、心身の不調を引き起こしてしまう恐れもあるため、仕事に飽きてしまっている場合には、早い段階で仕事の見直しを行うことが大切と言えます。
man
仕事に飽きてしまうから転職したいなんて甘えだ!

という方もいますが、仕事にしっかりと取り組めない状態で今の仕事を続けることは、自分の成長のためにも会社の利益のためにも得策ではありません。

仕事に飽きてしまう原因を突きとめ、どうすれば仕事に向き合えるようになるのかを考える必要があると言えます。

すぐに転職するのはNG!?仕事に飽きたときの対処法

仕事に飽きた時にすぐに転職するのは避けるべき

仕事に飽きた方の中には、すぐに転職を考える方もいます。

しかし、飽きてしまったからと言って、安易に転職を考えてしまうのはNGです。

職場や仕事内容に明らかに問題がある場合は別ですが、自分の仕事への取り組み方に問題がある場合、たとえ働く場所や仕事内容を変えたとしても、同じように飽きてしまい、転職を繰り返してしまう恐れがあります。

仕事に飽きてしまう場合は、まず原因を特定し、転職する前にできることがないかを考えることが大切です。

2仕事に飽きた時の対処法5つ

それでは、仕事に飽きた時にやるべき対処法を5つご紹介します。

teacher
転職を検討する前に、今の職場でできることからやりましょう。

1.メリハリをつける

仕事内容が単調で、仕事に飽きてしまうという場合、メリハリをつけることが大切です。

時間やスケジュールを意識して取り組むことで、ダラダラとやっていた仕事に区切りがつき、気持ちのリフレッシュを行うことができます。

また、仕事が忙しいとつい長時間休憩をとらずに仕事を進めてしまう方もいますが、人の集中力はそんなに持たないものです。

1時間に1回は休憩をとるということも、仕事に飽きてしまうことなく続けるための秘策です。
ダラダラと続けるよりも集中力も増して仕事の効率もアップするため、休むときにはきっちり休み、メリハリをつけて仕事を進めるようにしましょう。
そして、オン・オフをしっかりと分けることも重要なポイントです。

特に新型コロナの影響でテレワークが導入された方も多いと思いますが、テレワークで陥りがちなのが、オン・オフの境目がなくなってしまうことです。

私生活と仕事の空間が同じになってしまうことで、仕事とプライベートの境目が曖昧になり、ダラダラと仕事を行う原因にもつながります。
  • 仕事部屋を確保する
  • 時間を区切る

など、工夫を行い、プライベートの時間を確保しましょう。

2.目標とご褒美を設定する

仕事をただ淡々とこなしているだけでは、仕事をするのが嫌になり飽きてしまいがち。

メリハリをつけて仕事をするモチベーションをアップさせるためにも、目標を設定しましょう。
目標を設定することで、いつもと同じ作業でも目標をクリアしたという達成感を味わうことができ、仕事への意欲につなげることができます。

目標は難しいものではなく、ちょっと頑張れば達成できる短期的な目標を設定するのがコツ。

  • いつもは2時間かかる事務作業を15分短縮できるように頑張ろう
  • 今週は営業先を30件回ろう

など、時間や数を意識して、目標を立てると良いでしょう。

また、目標に対してご褒美を設定することも大切。

目標を立てただけだと、人によっては達成感につながらない場合もあります。

仕事を頑張った分だけプラスな出来事があれば頑張れるもの。

  • 今週のノルマを達成したら旅行に行く計画を立てよう
  • プレゼンに成功したら、欲しかった〇〇を買おう

など、楽しみなご褒美を作ることで、目標に向かって頑張ろうという意欲もわき、仕事にもいっそう真剣に取り組めるようになります。

目標とご褒美をセットで設定し、仕事へのモチベーションアップにつなげましょう。

3.仕事で楽しいことを見つける

仕事に飽きてしまう理由の1つとして、仕事の面白さや楽しさを見出せていないことが挙げられます。

楽しいことがあれば仕事に行こうという前向きな気持ちが生まれますが、仕事自体が嫌になってしまうと、仕事に行くのが億劫になってしまいがちに。
そのため、自分なりの仕事に行く意味を見出すことが重要なポイントです。

仕事の楽しさというと、仕事内容自体に求めてしまいがちですが、仕事に直接関係ないことでもOKです。

woman

「仕事行く前にカフェに寄るのが楽しみ!」

「仕事を頑張った日に飲むお酒は格別!」

「大好きな〇〇さんと話すのが楽しみ!」

など、仕事内容自体ではなく、人間関係や通勤時にも楽しさを見出せることはあります。

4.全力で仕事に向き合う

仕事に限らず、勉強やスポーツでも、真剣に取り組まなければ楽しさややりがいを見つけることはできないものです。

仕事にきちんと向き合えていないことで、仕事での成果が上がらず、新しい仕事を任せてもらえなかったり、仕事に飽きてしまうこともあります。

そのため、仕事に飽きてしまった時には、とにかく全力で仕事に取り組むことが大切です。
全力で向き合うことで、今まで見えてこなかった仕事のやりがいを見つけたり、仕事で成果があげられるまでに成長したりすることも。

もしも、全力で取り組んでも仕事がつまらない、飽きてしまうという場合には、根本的に仕事との相性が悪い可能性があります。

今の仕事が自分に合っているかどうかを確かめる指標にもなるため、今の仕事と一度真剣に向き合ってみた上で、仕事の見直しを行いましょう。

5.人間関係を良好に保つ

仕事を長く続けるためには、人間関係がカギとなっています。
たとえば、上司や同僚が仲が良く、楽しい雰囲気で仕事ができるところであれば、仕事内容が多少あっていなかったとしても、仕事に取り組もうという意欲もわきやすくなります。

しかし、逆に人間関係が上手くいっていないと、仕事内容は悪くなくとも、職場の居心地が悪いことで仕事自体が嫌になってしまう可能性もあります。

そのため、人間関係を良好に保ち、仕事がやりやすい環境を作ることも大切と言えます。
苦手な人だからと避けてしまうのではなく、挨拶や感謝の言葉は忘れずに伝え、人間関係をよくする努力をしましょう。

それでも今の状況が変わらないのなら転職を

上記の方法を試しても、それでも状況が変わらない場合もあります。

その場合、仕事内容や職場自体が合っていない可能性も。

自分の仕事のやり方や考え方は変えられたとしても、労働環境や人、待遇などは自分では改善できない問題も多くあります。
そのため、どうしても仕事に飽きてしまい、仕事を辞めたいと考える場合には転職を検討しましょう
仕事内容や労働環境などが変わることで、自分の持っている力を発揮したり、やりがいを持って仕事に取り組むことができるようになります。

ただし、転職をする際には、

  • 面白そうだから
  • 待遇が良いから

と、安易に転職先を決めるのは避けるべきです。

よく考えずに決めてしまうことで、

man
思っていたのと違った・・・

と転職を繰り返してしまう可能性があります。

今の仕事に何が不満なのかを考え、転職先の企業に求める条件を明確にした上で、転職活動を始めましょう。
自分の希望に合った転職先を見つけるためには、複数の転職サイトに登録するのがおすすめです。

各転職サイトごとに取り扱っている求人の種類や、スカウトサービスや自己診断ツールなどのサービス内容も異なります。

そのため、大手転職サイトを登録したからといって、自分の希望に近い求人が必ず見つかるとは限りません。

また、転職サイトごとに独占求人もあり、特定の転職サイトでしか応募できない好条件の求人もあります。

転職サイトを登録する際には、

を目安に登録するとよいでしょう。

あわせて、「【2020年】おすすめ転職サイト!転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職サイト比較ランキング」をチェックして、登録する転職サイトを見つけてみてください。

まとめ

仕事に飽きてしまった場合には、原因によって対処の仕方も異なります。

仕事に飽きたと感じる主な原因6つを参考に、仕事に飽きてしまう原因を探りましょう。
  1. 仕事内容が単調すぎる
  2. やるべきことが少なく暇を持て余している
  3. そもそも仕事内容に興味がない
  4. 人間関係に悩みがある
  5. 仕事に対する正当な評価を受けられない
  6. 性格やスキルと仕事が合っていない

そして、仕事に飽きたからと言ってすぐに仕事を辞め、転職してしまうのは早計です。

原因を突き止めずに安易に転職してしまうことで、転職先でも仕事が上手くいかなくなり、早期に退職してしまう恐れもあります。

仕事に飽きた際には、

  1. メリハリをつける
  2. 目標とご褒美を設定する
  3. 仕事で楽しいことを見つける
  4. 全力で仕事に向き合う
  5. 人間関係を良好に保つ

の5つの対処法を試し、今の仕事のままでいいのか、転職先を見つけた方がいいのか、しっかりと検討しましょう。

対処法を試しても改善されない場合には、転職を考えることも大切です。

teacher
転職サイトに複数登録し、転職準備を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA