仕事でプレッシャーを感じてしまうのはなぜ?仕事でプレッシャーを感じる人の特徴と仕事でのプレッシャーを乗り越える方法

仕事では、働く対価としてお金をもらうことになるため、売り上げなど成果を求められるもの。

そのため、仕事をすることでプレッシャーを感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

適度なプレッシャーは仕事をやろうという意欲にもつながるため必要なものと言えますが、過度なプレッシャーを感じることで、仕事の質が下がったり、心身に悪影響を及ぼすなどのデメリットも生じます。

そのため、プレッシャーを過度に感じてしまう場合にはその原因や対処法を学ぶことが大切と言えます。

そこで今回は、仕事でプレッシャーを感じる人の特徴とプレッシャーの乗り越え方などを徹底解説!

teacher
過度なプレッシャーで押しつぶされてしまう前に、自分の置かれている状態に気づき、仕事を万全の状態で続けられるよう努めることが大切です。

仕事でプレッシャーを感じるのは良い?悪い?

仕事でプレッシャーを感じる人は多い

仕事は生活のためのお金を稼ぐために必要なものであり、ただ仕事をこなせばいいというものではなく、仕事をするからにはそれなりの成果も期待されます。

そのため、どんな企業や職種・業種でも多かれ少なかれプレッシャーを感じるもの。

営業職では契約数や売上などノルマがあったり、事務職や経理などのデスクワークであっても、1日の作業量や業務の効率化など、目標があることも多くあります。

実際に、仕事でプレッシャーを感じるという方は多くいます。

仕事として責任がある以上、売上や目標を意識することは重要です。

適度なプレッシャーがあることで、仕事を頑張らなきゃという意欲も生まれやすく、集中して仕事にも取り組めるなど、プラスの作用もあります。

しかし、プレッシャーが過度にかかってしまうことで、焦ってしまったりストレスを感じたりすることも。
したがって、今自分がどのくらいストレスやプレッシャーを感じてしまっているのかをチェックすることが大切と言えます。

仕事でプレッシャーを感じやすい人の特徴

一方で、仕事でまったくプレッシャーを感じないという方もいるなど、どんな時にどのくらいプレッシャーを感じるのかどうかは人それぞれです。

そのため、まず自分がプレッシャーを感じやすいかどうかをチェックすることが大切です。
teacher
仕事でプレッシャーを感じやすい人の特徴を5つご紹介します。

1.自信がない

仕事において、自信を持つことは大切です。

仕事や自分の能力に対して自信を持てていれば、新しい仕事や重大なプロジェクトを任されても、

man
自分ならできる!

と臆せずに取り組むことができます。

しかし、自信がないことで、

man

「自分にはこの仕事はできない・・・」

「失敗したらどうしよう・・・」

と仕事をする前から過度に心配をしてしまい、プレッシャーを感じやすくなります。

そういった心配やプレッシャーは仕事にも表れてしまうもの。

プレゼンで自信のなさが出てしまい、上手く自分の思っていることを伝えられなかったり、仕事で迷いが出てしまい、仕事をこなすスピードが落ちてしまうことも考えられます。

仕事で良い成果を上げられなくなったり、周りの人からの評価が落ちてしまったりすることで、さらに自信を失ってしまい、プレッシャーが重くのしかかってしまう恐れも。
普段から自信があまりないという方は、プレッシャーも感じやすい傾向にあることを理解しておきましょう。

2.周りの目を気にしてしまう

普段から周りの人の目を気にしてしまうという方は、周りが何も言っていなくても、

man

「成果を上げなければ上司や先輩から怒られてしまうかも・・・」

「出来ないやつだと思われたくない・・・」

と自らプレッシャーや期待を背負ってしまいがちです。

teacher
周りから求められている以上の成果を上げようと頑張りすぎてしまうことで、自分をさらに追い込んでしまうこともあります。

3.頼まれたら断れない

人から頼られたりお願いされると断れないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、仕事を全部引き受けてしまうことで、仕事量が増えすぎてしまい、自分の仕事がおろそかになってしまうことも。

引き受けた以上は責任が伴います。

man

「自分で引き受けたんだからやらなきゃ・・・」

「周りの期待にこたえなきゃ・・・」

と思ってしまい、仕事を一人で抱えすぎてしまうこともあるため、注意しましょう。

4.プライドが高い

仕事において、自信やプライドを持つことはもちろん大切なことです。

プライドを持って仕事を全うすることで、通常よりもパフォーマンスの質が上がり、期待以上の成果を出せることもあるでしょう。

しかし、プライドが高いことで、妥協は許されないと思い、自分を追い込んでしまうことも。
周りの人に協力を求めたり、仕事で妥協したりすることができなくなってしまうため、ストレスや疲れを感じやすく、プレッシャーに押しつぶされてしまう人も多いのです。

5.責任感が強い

仕事には必要だと思われる責任感の強さも、時には足かせになってしまうことも。

責任感が強いと、自分一人で仕事をしっかりとこなそうと力が入ってしまいがち。
  • 失敗は許されない
  • 絶対に期日までに仕事を終わらせよう

などと、過度なプレッシャーを自分で自分に与えてしまいやすくなります。

仕事でプレッシャーを感じることで考えられるデメリット

中には、自分で自分にプレッシャーを与えることで、仕事へのモチベーションを上げ、期待以上の成果を上げられる人もいます。

しかし、過度なプレッシャーを感じすぎてしまうことで、多くの場合、仕事や自分自身の心や体に悪影響を与えてしまいます。
man
自分は大丈夫!

と思っていても、知らず知らずのうちにプレッシャーを感じ、仕事やプライベートに影響を及ぼしてしまっている可能性もあるため、考えられるデメリットをおさえておきましょう。

1.ミスや失敗をしやすくなる

過度なプレッシャーが加わると、かえって集中力がなくなり、

man

「上手くいかなかったらどうしよう・・・」

「出来なかったら周りからどう思われるんだろう・・・」

など、別のところに意識が向いてしまうもの。

集中が切れてしまうことで、最終チェックが甘くなり、普段やらないようなミスや失敗をしてしまう恐れがあります。

2.心身の不調を引き起こす

適度なプレッシャーは仕事を進めるための潤滑油にもなりますが、過度なプレッシャーはストレスや疲労のもとに。

ストレスや疲労をすぐに解消できればいいですが、ストレスなどが解消されず、蓄積されてしまうことで、心身の不調を引き起こしてしまうことも考えられます。

頭痛や倦怠感などの身体症状が出たり、睡眠障害や抑うつなどの精神症状が出たりと、心身にさまざまな影響を与えてしまうこともあります。

3.職場での評価が下がる

仕事であまりにプレッシャーを感じると、心の余裕もなくなってしまいます。

ちょっとしたことでも苛立ってしまい、イライラや不安を周りの人にぶつけてしまう方も少なくありません。

誰だっていつも怒っていたり、嫌な態度をとる人とは関わりたくないものです。

teacher
仕事で成果を上げようと思って頑張っているのに、周りの人からの評価を下げてしまうのは本末転倒です。

仕事で過度なプレッシャーを感じるのはNG

仕事では適度なプレッシャーが重要と言えますが、過度なプレッシャーを感じすぎることでストレスや疲労感が溜まったり、仕事の質を下げてしまうこともあります。

プレッシャーを感じてしまっているときには、まず自分の状況を確認し、過度な負担がかかっている場合には、プレッシャーを克服し、万全の状態で仕事ができる環境を作ることを心がけましょう。

仕事でのプレッシャーを乗り越える方法とは?

仕事でプレッシャーを感じる原因

前述したように、プレッシャーは仕事の質や心身にも悪影響を及ぼすことがあります。

そのため、仕事でプレッシャーを感じている場合には、プレッシャーをなくしたり乗り越えたりすることで、平常心で仕事をできる状態を作るということが第一です。

プレッシャーを乗り越えるためには、まず自分がどんなところでプレッシャーを感じてしまっているのか、その原因を探ることが必要と言えます。

teacher
主な原因5つをチェックしましょう。

1.周囲から過度に期待をされている

プレッシャーを一番感じやすいのが、周囲から期待されていることがはっきりとわかることです。

何も言われずに仕事を任されただけでは、そこまでプレッシャーを感じすぎるということはないでしょう。

しかし、上司や先輩から

staff

「良い成果を期待しているからね!」

「この仕事は君にしか任せられない!」

など、期待されていることが明確に伝わるような声掛けをされることで、周囲から見られていることを意識してしまい、肩に力が入りすぎてしまうようになります。

2.重大な仕事を任されている

会社の命運を背負っているような仕事や、新規サービスや売上が期待される仕事など、失敗が許されないような重大な仕事を任されると、プレッシャーを感じやすくなる傾向にあります。

特に、クライアントが関わる仕事や、そのプロジェクト1つで大きな金額が動く仕事だと、自分がミスをすることで、会社に大きな損害が出てしまうことも考えられます。

そのことから、

man
絶対に失敗したくない・・・

といつも以上にプレッシャーを感じてしまい、焦りやストレスが生じてしまう恐れもあります。

3.スキルや経験に合わない仕事を任されている

仕事には向き・不向きもあり、自分の能力以上のパフォーマンスはなかなか出せないもの。

このように、自分のスキルや経験に合わないような仕事を任されてしまうことで、仕事がこなせるかどうか不安を感じ、プレッシャーを感じやすくなります。

4.初めての仕事を任されている

初めての仕事は誰だって緊張するもの。

これまでのスキルや経験が活かせる場合もありますが、新しい仕事のやり方をつかむまでは、時間や労力がいるものです。

teacher
そのため、仕事になかなか慣れなかったり上手くいかないことで、焦ってしまう方も少なくありません。

5.人手不足で仕事量が多い

たとえ簡単な仕事ばかりでも、仕事量が増えてしまうことで、就業時間内や期日までに終わらせられるかどうかという懸念が生じます。

もしそこで人員があまっていれば他の人に仕事をふることもできますが、人員不足でなかなか仕事がふれないとなると、1人1人にかかる重圧も増えてしまうことになります。

結果的に、

man
自分1人でなんとかしなきゃ!

と考え、1人で仕事を抱え込んでしまう恐れもあります。

仕事のプレッシャーを乗り越える方法

仕事でプレッシャーを感じてしまう原因が分かったら、プレッシャーをなくし、落ち着いて仕事ができる状態へと持っていく必要があります。

teacher
仕事のプレッシャーを乗り越える方法を5つご紹介します。

1.タスク整理・スケジュール管理を行う

仕事量が多かったり、仕事が断れないという方は、自分のタスクを整理し、スケジュール管理をすることが大事。

仕事を安請け合いしてしまうという方の多くは、自分のタスクをきちんと把握できていない可能性が高いと言えます。ToDoリストを作り、タスクを可視化しましょう。

そして、タスクが把握できたら、所要時間などを計算し、どうすれば期日までに仕事を終わらせられるのかどうかを考えてスケジュールを管理することが大切です。

進捗が遅れていたり、トラブルが発生した場合にも、余裕をもって動いていれば、他の人に頼んだり、締め切りを遅らせてもらえるよう打診することもできます。

仕事で不安やプレッシャーを感じてしまう方の中には、仕事の終わりが予想ができていないことで起こっている場合も。
teacher
タスクやスケジュールをしっかりと管理することで不安要素を消し、落ち着いて仕事ができるよう調整することが大切と言えます。

2.周りを頼る

仕事を1人で抱え込んでいても、時間は有限なため、仕事が終わらなかったり思ったような成果が上げられないこともあります。

仕事で大切なことは、その仕事を着実に終わらせ、利益を上げていくことです。

自分がどんなに1人で頑張ったかで評価をされるわけではありません。

そのため、時には誰かにアドバイスを求めたり、協力を頼むことも必要と言えます。
  • 分からないことはすぐに確認する
  • 期日までに終わらないと判断したら協力を仰ぐ

など、過度なプレッシャーを感じる前に周りを頼ることも大切なポイントなのです。

3.失敗することばかりを考えすぎない

失敗することばかりを考えすぎてしまうと、プレッシャーを感じてしまい、逆にミスや失敗を生んでしまうもの。

失敗するかどうかは、結果を見てみなければ分かりません。

したがって、失敗することばかりを考えすぎず、成功するイメージをしつつ、仕事を1つ1つこなしていくことが大切と言えます。

4.適度に休息をとる

プレッシャーを感じながら仕事をしても効率が上がるわけではありません。

そのため、プレッシャーや焦りを感じるときこそ、適度に休憩をはさむようにすることもポイント。

一呼吸置くことで頭がクリアになり、仕事の進め方が見えてくることもあります。

休憩時間をしっかりととり、メリハリをつけることで、心にゆとりができ、プレッシャーが軽減されるようになります。

5.できなくても仕方ないと考える

仕事には失敗がつきものです。

特に初めての仕事や、スキルや経験に見合わない仕事などを任されている場合、最初から仕事が完璧にこなせる方はほとんどいないでしょう。

そのため、できなくても仕方がないと割り切ることも大切です。

完璧を求めすぎず、できなかったとしても、

man
次は頑張ろう!

と切り替えるようにしましょう。

場合によっては転職も視野に

プレッシャーを感じるかどうかは自分次第だと思いがちですが、ノルマが厳しかったり、人手不足で仕事量が多いなど、自分ではどうにもできないところでプレッシャーを感じてしまうことも多くあります。

どうしてもプレッシャーやストレスがなくならず、心身や仕事にも悪影響を及ぼしているという場合には、環境を変えることも大切です。

仕事をしていく上で人間関係や労働環境などは重要な要素です。

自分に合った職場を見つけ、転職するようにしましょう。
転職活動を成功に導くおすすめの転職サイトはこちらをチェック→https://xn--eck7a6c9546bjcp.xyz/tensyoku_ranking/site-osusume-ranking/

まとめ

仕事でプレッシャーを感じやすい人と感じにくい人がいます。

プレッシャーを感じてしまうことで、心身の不調を引き起こしたり、仕事でミスをしやすくなったりと、様々なデメリットがあるため、まずは自分がプレッシャーを感じやすいタイプかどうかを5つの項目からチェックしましょう。

  1. 自信がない
  2. 周りの目を気にしてしまう
  3. 頼まれたら断れない
  4. プライドが高い
  5. 責任感が強い
そして、プレッシャーを感じずに、落ち着いて仕事ができる状態を作るためには、原因を知り適切に対処をすることが大切です。
  1. タスクを整理・スケジュール管理
  2. 周りを頼る
  3. 失敗することばかりを考えすぎない
  4. 適度に休息をとる
  5. できなくても仕方ないと考える
原因をまずは探り、上記の5つの対処法を試してみましょう。

しかし、それでもプレッシャーがなくならないという場合もあります。

その場合、職場環境や人間関係などに問題がある可能性もあるため、転職を視野に入れて動くことが大切です。

teacher
なるべくプレッシャーを感じずにストレスフリーに仕事をするためにも、自分に合った転職先を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA