【原因別】「仕事が終わらない」状況を変える12の方法!仕事は終わらない原因と仕事を終わらせるための対処法を徹底解説!

  • 定時を過ぎても仕事が残っている
  • 仕事の能率が悪い

など、仕事が終わらないことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

仕事が終わらないことで上司や先輩から怒られてしまったり、残業時間が増えてプライベートの時間を持てなくなってしまったりなど、仕事が終わらないことでデメリットも多く、時間内に仕事を終わらせるということが大切です。

しかし、仕事は少なからず上司や同僚、部下などさまざまな方と関わって取り組んでいるものであり、自分の仕事のやり方を変えることで改善されるケースもありますが、中には、自分だけではどうにもならないケースも。

そこで今回は、原因別に「仕事が終わらない」状況を変える12の方法について解説します。

原因が分からなければいつまで経っても仕事は早くはならないもの。

teacher
まずは原因をチェックし、できることから対処していくことが重要なポイントです。

仕事が終わらないのは自分のせい?

仕事が終わらない原因は大きく分けて3つ

自営業の方は別ですが、一般的な企業では勤務時間が定められており、時間内に仕事を終わらせられるのが理想です。

最近では残業時間の管理も厳しくなり、残業をさせないという企業も増えてきています。

一方で、仕事がいつまで経っても終わらずに残業を余儀なくされたり、持ち帰り仕事が増えてしまったりする方もいます。

仕事がいつまで経っても終わらないと、

man

「自分の能力が低いのでは?」

「仕事ができない自分が悪い!」

と自分を責めてしまいがちに。

仕事が終わらないことで、上司や先輩から怒られる場合もあります。

その一方で、残業が増えたり、休日出勤をすることで

staff
上から怒られるから

という理由で残業や休日出勤を許してもらえないことも。

そういった状況に陥ってしまうと、さらに仕事が終わらなかったらどうしようという不安も増し、

man

「仕事から逃げたい・・・」

「仕事をしていくのが限界・・・」

と仕事を続けていくことが困難になってしまうこともあります。

自分が受け持っている仕事を終わらせられるようになり、仕事を長く続けていくためには、まず仕事が終わらない原因を知ることが大切です。
原因が分からないのにやみくもに自分のやり方で仕事をしてしまうことで、かえって能率が下がったり、焦ってミスが増えてしまうことも考えられます。

仕事が終わらない原因は主に3つあります。

  1. 自分の性格や能力
  2. 仕事のやり方(ツールの利用やスケジュール管理)
  3. 職場環境
teacher
1つずつ詳しく解説します。

1.自分の性格や能力

まず、自分の性格や能力に原因がある場合です。
  • 完璧主義で1つ1つの仕事に時間をかけすぎてしまっている
  • 頼まれると断れず、自分の仕事の時間がとれない
  • 人に頼ることができない
  • 仕事に対するスキルや知識が不足している

など、当てはまるものがあるかチェックしましょう。

自分の性格や能力に問題がある場合、自分の考え方や行動を少し変えるだけでも仕事が格段にやりやすくなります。

man
仕事ができない自分が悪い!

と自分を責めてしまっても何も変わりません。

自分自身の性格を客観的に分析することが大切です。

2.仕事のやり方

仕事のやり方が悪く能率が下がってしまうことで、本来ならば終わるべき仕事が終わらなくなってしまっている可能性もあります。
  • 優先順位が上手くつけられていない
  • スケジュール管理ができていない
  • 時間の意識が足りない
  • やるべきことを把握できていない
  • ツールなどの利用をしていない
  • オン・オフの境界がなくダラダラと仕事をしている

など、仕事のやり方に問題点がないか確認しましょう。

仕事は結果ももちろん大切ですが、その過程も重要です。

仕事をただこなすのではなく、

  • どうすれば時間を短縮できるのか
  • どうしたら能率や生産性が上がるのか

を意識し、同じ仕事でも以前よりも正確に早く終わらせられるよう、自分の仕事のやり方を常に見直すことが大切だと言えるでしょう。

3.職場環境

仕事が終わらないと自分の仕事のやり方にばかり目がいってしまいがちですが、職場環境や仕事内容に問題がある場合もあります。
  • 仕事量が明らかに多い
  • 能力以上の仕事を任されている
  • 人手不足
  • 差し込みの仕事が多い
  • 1人に業務が集中している
  • 仕事を協力して行えるような人間関係が築けていない

など、仕事量や職場環境にも目を向けましょう。

職場環境の問題は、仕事のやり方や自分の性格・能力に原因がある場合と比べると、自分だけの力ではどうにもならないケースが多く、自分で行える対処法が限られてきます

仕事が終わらないのは自分のせいだけじゃない

仕事が終わらないと、周りから

staff
仕事ができないやつだ!

という不名誉なレッテルを貼られてしまい、自分に原因があると責めてしまいがちです。

しかし、自分が変わることで解決できる問題もあれば、周りの方の協力が不可欠な場合もあります。

そのため、仕事が終わらないことで自分自身を責めてしまうのではなく、冷静に原因を分析し、今できることを探ることが大切と言えます。

仕事を終わらせようと焦ることで思わぬ悪循環を生むことも

仕事が終わらないと

man
なんとか時間までに終わらせなきゃ!

と焦ってしまいがち。

しかし、終わりの見えない仕事に向き合い続けてしまうことで、ストレスや疲れが増し、かえって仕事の効率が落ちてしまったり、焦ってミスをしてしまうこともあります。

また、自分を責めてしまい続けることで、ストレスや疲れが蓄積され、心身に悪影響をおよぼしてしまう可能性も。

最悪の場合、退職を余儀なくされることも考えられます。

生活のために仕事をしているのに、生活にも影響を及ぼすまで仕事を頑張りすぎてしまっては意味がありません。

悪循環にはまってしまう前に、早めに対処することが大切です。

【原因別】仕事が終わらない状況を変える方法

仕事が終わらないときには原因別に対処することが大切

仕事が終わらない原因が分かったら、その原因にあわせて対処することが大切です。

たとえば、差し込み仕事が多いのに、今受け持っている自分の仕事の能率をあげても、他の仕事が回ってくる状況は変えることができません。

原因別に適切な対処を行い、根本的に原因を解決しましょう。

自分の性格や能力が原因の場合

自分の性格や能力が原因の場合には、少し考え方を変えるだけで、仕事の効率がグッと上がります。
teacher
まずはできることからやっていきましょう。

1.一人でなんとかしようと思わないようにする

仕事が終わらないという方の多くは、責任感が強く、

man
自分の仕事は自分でなんとかしなきゃ!

という気持ちが強い方も多い傾向にあります。

そのため、仕事が進んでいないのに誰かに頼ることができず、結果的に残業が増えてしまうのです。

しかし、責任感が強すぎるあまり、できない仕事を抱えすぎてしまうことで仕事の締め切りに間に合わず、かえって迷惑をかけてしまうこともあります。

仕事をしていく上では、自分の業務量を把握し、自分ができるかどうかの判断を行うことも重要。
一人でなんとかしようとするのではなく、仕事が間に合わないと分かった段階で、早めに周りに相談することが大切です。

2.仕事を断る勇気を持つ

優しくまじめな人ほど、誰かに頼られると断れないもの。

仕事を断ることで誰かが残業することになったり、上司からの評価が下がってしまったりするくらいなら、無理してでも仕事を引き受けようとする方もいます。

しかし、仕事を長く続けていくためには、自分の限界を知ることも大切です。

残業が続くことで、ストレスや疲れが溜まり、倒れてしまっては元も子もありません。
頼まれた仕事をすべてこなすことが正しいわけではなく、自分の受け持っている仕事量を適切に管理し、できる仕事を引き受けるということも、社会人として大切なことです。

3.完璧主義になりすぎない

仕事では1つの業務をこなしていればいいわけではなく、いくつかの業務を受け持っている場合が多くあります。

1つ1つの仕事を丁寧かつ完璧にこなせるに越したことはありませんが、仕事によって優先度も異なり、ミスなくしっかりとこなさなければいけない業務もあれば、重要度が低くそれほど質を求められていない業務を任される場合もあります。

そのため、1つ1つを完璧にこなそうとしすぎるのではなく、ある程度妥協することも大切です。

4.スキルや資格を習得する

そもそも仕事をしていくための必要な知識やスキルが足りていないという場合には、まずは足りないスキルや知識を補うことが大切です。

本を読んだりインターネットで調べたり、資格を取得したりするなど、任されている仕事をしっかりとこなせるように知識を蓄えましょう。

知識やスキルは一朝一夕で身につくものではなく、ある程度期間や経験が必要なもの。

すぐに身につかないからと諦めてしまうと、いつまで経っても仕事が覚えられません。
今は仕事が終わらなくても、何度か繰り返すうちに仕事のやり方がつかめることもあるため、諦めずに取り組むようにしましょう。

仕事のやり方が原因の場合

仕事のやり方が原因の場合、仕事の能率を上げるために工夫することが大切です。
teacher
4つの対処法を試してみましょう。

1.ツールなどを利用して能率を上げる

  • データ入力で時間がかかってしまう
  • 資料作成がうまくできない

など、特にパソコンなどを使用した業務の場合、パソコンの知識やスキルも必要となります。

  • ショートカットキーを使う
  • エクセルの関数で効率化を図る

など、ツールなどを活用し、能率を上げるようにしましょう。

ツールが上手く利用できず挫折してしまった経験があるという方は、苦手意識を取っ払い、慣れるまで使うということも大切です。
必要であれば、パソコンスクールなどにも通い、仕事の能率が上げられるよう心がけましょう。

2.ToDoリストを作成する

  • やるべきことを把握できていない
  • スケジュール管理ができていない

など、その日にやるべきことを把握できていないという方は、ToDoリストを作成し、自分のやるべきことを可視化しましょう。

リストにしてみることで、仕事量を適切にはかることができ、時間配分を意識して仕事をこなすことができます。
仕事が終わらないかもという不安を感じている方の多くは、どのくらいの仕事を受け持っているのかを把握できておらず、何からどうこなせばいいのか分からなくなっていることが原因です。

ToDoリストを作成しておくことで仕事の全体像をつかむことができ、仕事が終わらないという漠然とした不安がなくなり落ち着いて1つ1つの仕事に向き合うことができます。

3.優先順位をつける

ToDoリストを作ったら、優先順位をつけるということも大切です。

今日やらなくていい仕事ばかりに時間を割いてしまい、今日締め切りの仕事が終わらないとなってしまっては、意味がありません。

  • 今やるべきこと
  • 今やらなくてもいいこと(余裕があればやること)

を区分けし、優先順位をつけて業務を片付けていきましょう。

4.オン・オフをしっかりと分ける

最近では新型コロナの影響でテレワークを実施しているところも増えています。

テレワークで特に注意したい点が、オン・オフの切り替えです。
仕事の時間とプライベートの時間があいまいになってしまうことで、ダラダラと仕事をするようになり、結果的に仕事が定時までに終わらないという事態に陥ってしまうのです。
そのため、オン・オフをしっかりと分けるためにも、目標時間を設けて仕事をするようにしましょう。

また、テレワークの方以外でも、

man
仕事どうせ終わらないし残業するか・・・

と残業前提で考えてしまうことで、終わる仕事が終わらなくなってしまうことも。

何事にもメリハリは大切です。休憩するときにはしっかりと休憩をとり、仕事をするときには集中して取り組みましょう。

職場環境が原因の場合

職場環境が原因の場合、自分だけでは解決できない場合もあります。
teacher
上司などと相談した上で、仕事自体を見直すことも検討しましょう。

1.仕事の分担や業務量について上司に相談する

仕事量が多く、仕事が終わらないという場合には、仕事の分担や業務量について上司に相談してみましょう。

いくら上司や先輩といえど、部下の仕事をすべて把握しているとは限りません。

仕事が終わらない原因が、効率の問題だと思われてしまっている可能性もあります。

そのため、自分の業務の内容や時間をすべて書きだした上で、業務量の改善を求めることが大切と言えます。

2.職場の人とコミュニケーションをとる

自分ばかりに仕事を任されてしまったり、誰も仕事を手伝ってもらえない環境にいる場合、職場の人間関係がうまく築けていない可能性もあります。

普段話さないからこそ、仕事を任せても良いと勝手に判断されてしまい、仕事を1人でこなさなければいけない状況に陥ってしまっている可能性があります。

人間関係を良好にすることで、仕事で助けを求めたり、仕事の分担の相談もしやすくなります。
1人で孤立してしまっている状態にならないよう、周りの方と積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。
man

「コミュニケーションの取り方が分からない・・・」

「自分から話しかけるのが苦手・・・」

という場合には、挨拶と感謝の言葉だけでも忘れずに伝えるようにするだけでも、状況は改善しやすくなります。

誰だって挨拶や感謝の言葉を伝えられたら嬉しいもの。

苦手な人だからと敬遠してしまうのではなく、話すきっかけを少しでも作りましょう

3.待遇の改善を求める

サービス残業を求められたり、あまりにも仕事量が多い場合には、そのまま我慢して仕事を続けるのではなく、待遇の改善を求めることも必要です。

上司などに伝えづらい場合には人事担当などに相談し、残業時間や業務量の見直しを行いましょう。

ただし、待遇の改善を求めることで、かえって会社から疎ましく思われてしまう可能性もあります。
待遇の改善を聞き入れてくれるかで、その会社が社員を大切にしているかどうかが分かることも。

社員を大切にする会社であれば、状況の改善に向けて動いてくれるはずです。

そのため、

  • あまりにも状況が変わらない
  • かえって状況が悪化した

という場合には、今の会社でこのまま仕事をするべきかどうかも含めて、仕事の見直しを行いましょう。

4.転職をする

職場環境が原因の場合、どれだけ自分が動いても状況が変わらないこともあります。

会社や周りの人は変えることはできません。

そのため、あまりにも仕事が終わらない、状況が改善しないという場合には、転職することも1つの方法です。

自分に合った職場で働くためにも、転職活動を行いましょう。
転職を成功させるコツは、なるべく多くの求人を見て比較を行うことです。

特に職場環境は求人を見ただけでは分からないこともあるため、実際に面接などで足を運び、自分に合った転職先を見つけるようにしましょう。

多くの求人を見るためには、複数の転職サイトに登録することをおすすめします。

「【2020年】おすすめ転職サイト!転職5回全て年収アップの転職のプロが「絶対」におすすめしたい転職サイト比較ランキング」→こちらの記事も参考に、自分に合った転職サイトを見つけ、転職活動を成功させましょう。

限界がくる前に仕事の見直しを

仕事が終わらないと精神的に追い詰められてしまいがちに。

しかし、自分が変わることで解決できればいいですが、自分の努力だけではどうにもならない場合もあります。

特に職場環境に問題がある場合には、無理をして仕事を続けるのではなく、仕事内容や職場自体を見直すことも大切です。

  • 仕事から逃げたい
  • 仕事をする意欲が持てない

など心が限界に達した状態では、転職することも困難になってしまいます。

限界が来る前に、自分で改善できる部分は改善し、それでも改善できない場合には転職などを検討しましょう。

まとめ

仕事が終わらないと自分を責めてしまいがちですが、必ずしも自分のせいだけではなく、原因は大きく分けて3つあります。

  1. 自分の性格や能力
  2. 仕事のやり方
  3. 職場環境
原因によって対処法が異なるため、まずは自分がどれに当てはまるのかを確認しましょう。
しかし、自分の性格や能力、仕事のやり方に原因がある場合には改善もしやすいですが、職場環境に問題がある場合には、自分ではなかなか対処できない場合もあります。
そのため、職場環境に原因がある場合には、転職を検討することも大切です。
teacher
仕事が終わらないことで自分を責めすぎてしまったり残業が増えて体を壊してしまうなど、限界がきてしまう前に、仕事の見直しを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA