仕事が合わないと感じたら辞めるべき?それとも転職?仕事が合わないと思う原因と仕事が合わないと感じた時にやるべき7つの行動

やりたいことを仕事にできたという方もいれば、仕方なく今の仕事を続けているという方もいるでしょう。

また、求人情報と実際の職場環境や仕事内容が異なることもあり、中には適性と合わない仕事に就いているという方も少なくありません。

仕事が合わないと感じると、仕事を辞めたり転職を検討したりする方も多いと思いますが、仕事が合わないといってすぐに辞めてしまうのはNG

仕事が合わないと思う原因を突き止め、慎重に仕事の見直しを行うことが大切と言えます。

そこで今回は、仕事が合わないと思う原因と、仕事が合わないと感じた時にやるべき7つの行動について解説します。

teacher
  • 仕事が上手くいかない
  • 今の仕事が向いているのか不安

という方は、本記事を参考に、今の仕事を見つめなおしてみましょう。

「仕事が合わない」と感じる原因とは?

「仕事が合わない」のは甘え?

仕事は遊びとは異なり、責任もあるもの。

  • お金を稼ぐため
  • 生活のため

と割り切って仕事をしている方も多く、家族や自分のために合わない仕事を続けざるを得ないという方も少なくないでしょう。

そのため、

man

仕事が合わないからってすぐに辞めるのは甘え!

仕事があるだけありがたいと思わなきゃ!

と、合わないからと言ってすぐに仕事を辞めてしまうことを良く思わない方もいます。

しかし、仕事にしろ、趣味のことにしろ、性格やスキルなどによって、向き・不向きはあるものです。

いくら仕事への意欲があっても、適性が合わないことで仕事が思うように進まなかったり、仕事でミスを連発してしまうことで、モチベーションも失われてしまうもの。

したがって、今の仕事が合っていないと感じるときには、今後のキャリアを左右する重要な局面と捉えることが大切と言えます。

仕事が合わないと感じてしまう原因

仕事が合わないと感じる原因も様々です。

単純にスキルや性格と合っていないという場合もありますが、他の要因で仕事をスムーズにこなせることが困難になってしまっている恐れも。

そのため、仕事が合わないと感じてしまう原因をまずは知っておきましょう。

1.人間関係が悪い

仕事でもっとも重要なことは人間関係といっても過言ではないほど、職場の環境や上司や同僚との相性は大事なポイント。
  • 上司からパワハラを受けている
  • 同僚とのコミュニケーションが上手くいかない
  • 職場の雰囲気がぎすぎすしている

など、職場の人間関係が良くないことで、ストレスを感じやすく、仕事に向き合う万全の状態を保つことができません。

何か悩みごとがあるときに、仕事が上手く進まなくなってしまうという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

ストレスやプレッシャーが多い環境では、自分の本来の力を発揮することができません

仕事に身が入らなくなってしまうことで、

man
この仕事に向いていないのかも・・・

と感じてしまいやすくなるのです。

また、仕事は1人だけでこなすものではなく、多くの仕事では、誰かと連携して仕事を行うことも多いでしょう。

しかし、人間関係が悪化してしまっていることで、上手く連携がとれなくなってしまがちに。

自分1人では到底できないような仕事量を任されていても、1人で仕事を抱えてしまい、結果的に会社や上司に迷惑をかけてしまうことも考えられます。

仕事ができないことで自分を責める前に、人間関係が良好かどうかを確認してみましょう。

2.苦手な仕事を任されている

誰にだって向き・不向きはあり、得意なことがあれば苦手なこともあります。

そのため、性格やスキルに合っていない仕事や苦手意識のある仕事を任されることで、仕事で思ったような成果が出せなくなってしまう可能性も。

また、苦手意識を持つことで、

woman
この仕事やりたくないな・・・

と、仕事のモチベーションも低下してしまうもの。

仕事には意欲も重要です。

teacher
そのため、モチベーションが下がることで、集中力もなくなり、仕事の質が下がったり、仕事をこなす速度が落ちてしまうこともあります。

3.仕事内容に興味が持てない

  • 単調な仕事を任されている
  • 何の役に立つか分からない仕事をしている
  • 仕事の面白さが分からない

など、仕事内容が単調で飽きてしまったり、興味を持てないという場合も、仕事のモチベーションの低下につながります。

面白さが分からないということは、それだけ仕事に対して打ち込めていないということです。

しかし、無理やり興味を持とうとするのはNGです。
teacher
興味のない仕事そのままやり続けることはストレスにもつながり、逆にその仕事が苦痛になってしまうことも考えられます。

4.どれだけ頑張っても成果が出ない

仕事を続けるためには、達成感も大切です。

達成感を得られることで自信にもつながり、新しい仕事をどんどんこなそうという意欲にもつながります。

そのため、どれだけ仕事を頑張っても成果が出ないと、自信を失ってしまい、

man
この仕事に向いていないのかも・・・

とネガティブな気持ちになってしまう原因となります。

5.成長しているという実感がない

スポーツや勉強でも、最初から完璧にこなせるという人は少ないでしょう。

練習をしたり経験を積むことでどんどん成長していくことで、成功へと近づくことができます。

それは仕事も同じです。苦手分野や合わないと思っている仕事でも、経験を重ねるうちにできるようになれば、仕事を続けていこうという意欲もわきやすくなります

しかし、

  • 毎日同じような仕事を任されている
  • 新規プロジェクトなど、新しい仕事を任されない
  • 今やっている仕事の成果を認めてもらえない

など、成長しているという実感を得られないことで、仕事が合っていないと感じやすくなります。

6.将来のビジョンが描けない

仕事では、いきなり責任のある仕事ややりたい仕事を任されるわけではなく、雑用や簡単な仕事から徐々に責任のある仕事を任されるものです。

そのため、今は苦手な仕事や適性と合わない仕事をしていたとしても、将来の自分のやりたい仕事につながると思えば、頑張れるものです。

しかし、将来の自分のキャリアとは関係ない仕事であったり、会社の将来性が見えないことで、

man
この仕事を本当に続ける意味なんてあるのかな・・・

と疑ってしまい、今の仕事に不満を持ちやすくなってしまいます。

7.給与などの待遇が悪い

「仕事が合わない」ということは単に仕事内容だけの問題ではありません。

仕事をする目的に合わないことで、仕事への不満を感じやすくなります。

そのため、給与やボーナスなどの待遇を仕事に求めている場合、「自分の希望どおりの給与がもらえているかどうか」も仕事を判断する上で重要なポイントに。
給与が低かったり、賞与がもらえなかったりすることで、職場への不満を抱きやすく、今の仕事と合わないと感じやすくなるのです。

8.他にやりたいことがある

今の仕事に特別問題がなくても、仕事が合わないと感じる場合、他にやりたいことがある可能性があります。

他にやりたい仕事があることで、今の仕事との落差を感じやすく、

  • 仕事を変えたい
  • 今の仕事を辞めたい

と考える原因に。

teacher
やりたい仕事が明確にある場合、今の仕事でどんなに頑張って成果を上げても、心が満たされにくくなってしまいます。

合わないと仕事を続けるとストレスや不満の原因に

man
仕事には適性は不要!

という方もいますが、合わない仕事を続けてしまうことで、仕事への不満やストレスをためてしまいがちに。

そういったネガティブな感情が蓄積されることで、仕事へのモチベーションも下がり、仕事の質が落ちたり、ミスが増えてしまうこともあります。

また、ストレスなどを溜め込んでしまうことで、心身の不調を引き起こしてしまう可能性も。

仕事を長く続けるためには、自分の心身の健康を守ることが第一です。
今の仕事が合わないと感じたら、早めに仕事の見直しを行いましょう。

仕事が合わないと感じた時にやるべき行動

man
仕事が合わないし、じゃあ今すぐ転職を始めよう!
teacher
現状仕事が合わなくても、仕事を続けた方が良いケースもあります。仕事を衝動的に辞めるのではなく、じっくりと検討した上で決めるようにしましょう。

仕事が合わないからと言ってすぐに仕事を辞めるのは危険

仕事が合わないからと言って、すぐに仕事を辞めたり、転職を考える方もいますが、きちんと今の仕事と向き合わない状態で動いてしまうのは危険です。

仕事を辞めたり転職をしてから、

man
やっぱり前の仕事が良かった!

と思っても、元の仕事に戻れる可能性は低いと言えるでしょう。

今は仕事が辛くても、仕事との向き合い方や仕事の分担が少し変わるだけでも、今の仕事がやりやすくなることもあります。
今の仕事を続けるべきかどうかをしっかりと検討してから、退職や転職準備に移るのがベストです。

仕事を続けるかどうかの判断基準

仕事を続けるべきか、転職かを判断するためには、3つのポイントがあります。

  1. 自分で改善できることがあるか
  2. 自分の将来につながるかどうか
  3. 一時的なものか長期的なものか
teacher
3つのポイントと今の仕事や問題点を照らし合わせてみましょう。

1.自分で改善できることがあるか

man
仕事が合わない・・・

と思い続けていても、何もしなければ問題は解決しません。

今仕事で感じている原因に対して、自分が動くことで変えられるかどうかを考えてみましょう。

たとえば、苦手な仕事を任されているという場合、

  • どこが苦手なのか問題点を洗い出す
  • 上司や先輩に仕事の進め方のアドバイスをもらう
  • 仕事をこなすために必要なスキルや資格を習得する

など、仕事での課題を解決できるよう努力することで、苦手だと思っていた仕事が上手く進められるようになる可能性もあります。

自分で今改善できることがあるかどうかを、よく検討してみましょう。

2.自分の将来につながるかどうか

合わない仕事を頑張ってこなすためには理由付けも必要です。

将来のキャリアと今の仕事がまったく関係ないという場合、今の仕事をどんなに頑張っても、将来の自分のためにはなりません。

そのため、将来のキャリアプランを考えた上で、今の仕事をどう活かすことができるのかを考えることも大切と言えます。

3.一時的なものか長期的なものか

今の仕事が合わない場合でも、それが一時的な仕事なのか、長期的な仕事なのかによって対応が異なります。

たとえば、雑用や事務作業など、今一時的に嫌な仕事が任されていても、「入社〇年目の方がやる業務」と決められているのであれば、役職が上がったり、年数を重ねることで、苦手な仕事から解放される可能性があります。

しかし、仕事を続ける上で絶対に必要な仕事内容が合わないという場合、自分がその仕事を克服しない限り、合わない仕事を嫌々やり続けることになる恐れも。
一時的なものであれば我慢してやり過ごすことができますが、長期的なものであれば、今後のキャリアプランを含めて考え直すべきと言えるでしょう。

仕事が合わないときにやるべき行動

自分で改善できる余地がある場合には、転職を考える前に、今の仕事でやれることをやっていきましょう。

teacher
仕事が合わないときにやるべき7つの行動を紹介します。

1.仕事が合わない原因を分析する

まずは、仕事が合わない原因を分析しましょう。

漠然と仕事が合わないと思っていても、自分でも明確な原因が分かっていないのなら対処のしようがありません。

仕事が合わないと感じるなら、その原因を深堀りすることが必要となります。

  • その仕事をやる目的が分からないからつまらない
  • 上司と合わないから、仕事がやりづらい
  • いつも同じ仕事ばかりやっていて飽きてしまうから、別の仕事がやりたい

など、原因を明確にしていきましょう。

そうすることで、

  • 仕事の一連の流れと意味を今一度考える
  • 信頼できる人に相談してみる
  • やる気をアピールして、自分から仕事をもらいに行く

など、原因への対処法を考えることができます。

2.休息をとる

一度ストレスや不満が蓄積されてしまうと、仕事すべてが嫌になり、仕事の成果に支障をきたしたり、心身の不調を引き起こしてしまうこともあります。

仕事という重大な選択をする際には、心身が落ち着いた状態で考えることが必須。

不安定な状態で考えてしまうと、気持ちが消極的になり、衝動的に仕事を辞めてしまう可能性もあります。

そのため、ストレスや不満などは早めに取り除くことが大切です。

休息をとり、心身の状態を戻すことを優先させましょう。

休日だけではなかなかストレスや疲れがとれないという場合には、有給休暇を取得するのもおすすめです。
体を休めることはもちろんのこと、旅行に行ったり、親しい友人と飲みに行ったりなど、気持ちをリフレッシュさせて、心身の回復をはかりましょう。

3.思いっきり仕事に打ち込んでみる

  • 仕事に興味がわかない
  • 苦手な仕事を任されている

という場合、最初に「苦手」・「つまらなさそう」などの先入観を持ってしまうことで、仕事に真剣に取り組むことができず、結果として仕事が上手くいかなくなっている可能性もあり得ます。

仕事に思いっきり打ち込むことで、仕事の面白さに気づくケースもあるため、先入観を取っ払い、全力で仕事をするということも対処法として有効です。

4.目標を定める

仕事をやる目的や目標がないと、仕事へのモチベーションも低下し、仕事が合っていないと感じやすくなるもの。

そのため、目標を定めることも1つの方法です。
いきなり難しい目標を立ててしまうと挫折しやすくなってしまうため、少し頑張れば達成できそうな目標を立てるのが、モチベーションをアップさせるためのコツ。

たとえば、

  • 営業先を今月は5件多くリストアップしよう
  • 今日は1つでも多く商品を売り上げられるよう頑張ろう

など、具体的な数などを挙げて目標を定めると良いでしょう。

teacher
目標を決めることで、仕事への意欲も上がり、仕事の面白さも見いだすことができます。

5.周囲の人に相談する

man
仕事が上手くいかない・・・

と自分一人で思い悩んでしまうと、気持ちも消極的になり、衝動的に仕事を辞めてしまう原因にもなってしまいます。

悩んだときには、早めに周囲の人に相談し、助けを求めることも必要です。

周りの人に話を聞いてもらうことで気持ちが楽になったり、具体的な改善策が見つかることもあります。

特に人間関係で悩んでいる場合、自分一人でなんとかできる問題ではなく、周囲の人の協力が不可欠と言えます。

話してみることで、上司や同僚が考えていることが分かり、認識のずれを直したり、苦手意識を取っ払うこともできる可能性があるため、まずは周囲の人や信頼できる人に相談すると良いでしょう。

6.部署異動や待遇改善を求める

待遇や労働環境の問題は、自分一人の問題ではなく、会社全体が関わることです。

そのため、自分でどんなに動いても、状況を変えられない可能性があるため、最終手段として、部署異動や待遇改善を上司や人事担当などに求めることも1つの方法と言えます。

環境や給与制度の見直しを行ってもらうことで、仕事のやりづらさが解消される可能性が十分あります。

ただし、会社によっては、待遇や部署異動などを打診しても何も変わらず、むしろ上司などからの評価が落ちてしまい、かえって仕事がやりづらくなる恐れも否定できません。
部署異動や待遇改善を求める際には、転職活動なども同時に進めておくことをおすすめします。

7.楽しみややりがいを見つける

仕事に楽しみややりがいを見出せないと、仕事がどんどんつまらなくなってしまい、退職や転職を考えることも多くなります。

そのため、楽しみややりがいを見つけるということも大切です。

たとえば、仕事内容は合わなくても、人間関係が良好で、職場の人と話すことが楽しみで仕事に行くという人もいます。

仕事内容に限らず、自分なりの楽しみややりがいを見つけるようにしましょう。

仕事がどうしても合わない場合には転職を

改善を試みても、どうしても仕事が合わないという場合には、今の職場や仕事自体を見直す必要があります。

特に環境や仕事内容の問題は、その会社に居続ける限り改善されない可能性も。
そのため、適性や自分自身の性格に合った仕事内容や職場を見つけて転職することが、仕事が合わない場合の一番の方法と言えます。
今の仕事でストレスや不満が蓄積されてしまう前に、転職先を見つけられるよう、早めに準備を進めましょう。

転職活動を効率よく進めるコツは、

  • 複数の転職サイトに登録する
  • 転職サイトのスカウト機能を利用する
  • 複数の求人を比較する

ということです。

転職サイトによって扱っている求人や企業の傾向などもまったく異なるため、複数の転職サイトに登録した上で、スカウト機能を利用しつつ、複数の求人の中から自分に合った求人を見つけましょう。
teacher
転職サイトの選び方のポイントやおすすめランキングについては、こちらの記事を参考にするとよいでしょう。

まとめ

仕事は生活のために欠かせないものであるため、

man
仕事が合わないからと言って仕事を辞めるのは甘え!

という方もいますが、合わない仕事を続けることでストレスや不満が蓄積され、心身の不調を引き起こしてしまう恐れもあります。

そのため、仕事が合わないと感じる場合には、仕事の見直しを行うことが大切と言えます。

ただし、仕事が合わないからとすぐに転職や退職をすればいいというわけではなく、場合によっては、今の仕事を続けた方が良いこともあります。

今の仕事を続けるべきかどうかは、

  1. 自分で改善できることがあるか
  2. 自分の将来につながるかどうか
  3. 一時的なものか長期的なものか

の3つの判断基準を参考にして、転職する前にできることがないかを確認しましょう。

teacher
改善策を試した上で、それでも仕事が合わないという場合には、転職をするのがベスト。転職サイトに登録し、自分に合った求人を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA