【徹底解説】仕事で嫌でたまらないときは心身の危険信号!?仕事が嫌になってしまう原因と仕事を辞めたくなったときの対処法7つ

生活のために仕事は欠かせないものであり、時には嫌なことや苦手な仕事もこなさなければいけないことも。

そのため、仕事が嫌だと感じてしまう方も中にはいます。

多少なりとも仕事に行くのが億劫になったり仕事が嫌になってしまうことは、誰にだってあるものです。

一時的に嫌だと思っていても、仕事で成果を出せたり、繁忙期を乗り切ったりすることで、仕事へのネガティブな感情は軽減される傾向にあります。

しかし、

  • 仕事に行くのに拒否反応が出てしまう
  • 仕事を辞めることを頻繁に考えてしまう

など、仕事が嫌で嫌でたまらなく感じてしまう場合、心身の危険信号である可能性も・・・。

そこで今回は、仕事が嫌になってしまう原因と仕事を辞めたくなったときの対処法を徹底解説します。

仕事が嫌すぎてたまらないのは危険信号!?

「仕事が嫌だから辞めたい・・・」は甘え?

仕事は当然プライベートとは異なり、お金をもらって働く以上、任された仕事に責任を持ってこなしていくことが必要となります。

会社や職種・業種によって、任される仕事もさまざまですが、仕事は決して楽しいことばかりではなく、時には苦手なことや嫌いなことを任されることも・・・。

たとえば、人とコミュニケーションをとることが好きでサービス業を選んだとしても、売上の管理や日報の作成など、人と関わらない事務仕事を任されることもあるでしょう。

そのため、やりたいと思って志望した仕事であっても、自分の苦手分野や嫌いな業務を任される可能性も十分あり、

woman

「思っていた仕事と違う・・・」

「仕事が単調で退屈・・・」

と感じ、仕事を嫌になってしまう方も少なくありません。

また、仕事をする際には仕事内容だけではなく、労働環境や待遇も仕事へのモチベーションを左右する重要な要素です。

いくつかの要素が組み合わさることで、仕事に行きたくないと感じたり、仕事へのやる気を失ってしまう方も多くいます。

しかし、人によっては、

man
仕事が嫌なのはみんな同じなんだから我慢すべき!

と仕事が嫌だからと言って、辞めることを考えるのは甘えだと思ってしまう方もいます。

けれども、仕事だからと言って、すべてを我慢しなければいけないのではなく、仕事が嫌でたまらない状態が続くことで、思わぬデメリットが生じる恐れも。

多少辛い仕事があっても、やりがいや楽しさなどを感じられれば、仕事へのモチベーションも失われないものです。

したがって、

  • 仕事に行きたくないと頻繁に考える
  • 毎日憂鬱を感じている

など、仕事が嫌でたまらない状態が続く場合、心身が限界を示している可能性が高いと言えます。

そのため、仕事が嫌だと感じる場合には、自分の心身の状態をまず確認する必要があります。

仕事が嫌になってしまうときに考えられる危険な状態5つ

一時的に仕事に対してネガティブな感情を抱えている場合には、仕事のやり方を見直したり、休息をとったりすることで、すぐに解消される傾向にあります。

しかし、仕事へのネガティブな感情が常態化することで、ストレスや疲れの原因となり、心身に限界がきてしまう恐れもあります。

適切に対処を行うためには、まずは自分の状態を知っておくことが大切です。
teacher
心身が危険な状態に陥っていないか、チェックしてみましょう。

1.どんなことに対しても楽しいと思えない

ストレスや疲労感が溜まると、喜怒哀楽の感情にも影響があります。

仕事だけでなく、プライベートで好きなことや趣味のことをしても楽しいと思えない場合には危険信号。

仕事が原因で、うつ状態を引き起こしてしまっている可能性があると言えます。

  • 笑顔が作れなくなった
  • 休日に何かしようと思っても、意欲が沸かない
  • 仕事で怒られても何も感じなくなった

など、これまでと比較して、感情が乏しくなっているという場合には、精神面の回復に努める必要があります。

2.睡眠障害が起きている

うつ状態に陥ると、起こりやすいのが睡眠障害です。

仕事が原因でストレスや不安などが蓄積されると、脳が緊張状態に陥り、睡眠を妨げてしまうのです。

睡眠障害と言うと、不眠を思い浮かべる方も多いと思いますが、寝付きや起床時間などに影響が出ることも。
  • 夜寝つきが悪くなった
  • 不眠状態が続いている
  • 過眠気味である
  • 早朝に目が覚める

など、睡眠が正常にとれていない方は要注意です。

3.仕事を辞めたい、行きたくないと頻繁に考える

仕事が嫌だと感じたり、行きたくないと思うことは誰にだって起こり得ることです。

man
仕事に行くの面倒だな・・・

と思っても、職場に着けばそつなく仕事をこなせるという方も多いのではないでしょうか。

気分転換をしながらも仕事を毎日こなしていくことで、仕事の面白さに気づいたり、成果が上がったりすることで、仕事へのモチベーションも生まれるようになります。

しかし、どんなに前向きに仕事に取り組もうとしても、どうしても

  • 仕事を辞めたい
  • 仕事に行きたくない

と頻繁に思ってしまう場合、仕事に対する拒否反応が出ている状態とも言えます。

この拒否反応を無視して仕事に行くことで、ストレスや不満が蓄積されやすくなり、不調が続くようになります。
teacher
最終的に仕事を休みがちになったり、うつ病などの病気を引き起こして退職せざるを得なくなってしまう恐れもあるため、自分の心の声に耳を傾ける必要があります。

4.頭痛やめまいなど体の不調を感じている

心身の限界を示すサインとして見落としがちなのが、体の不調です。

多少体の不調を感じても、風邪や疲れのせいだと軽く考えてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、頭痛やめまい、倦怠感、吐き気などが続く場合、ストレスなどが原因で体調不良を引き起こしている場合があります。
特に、平日の朝や休み明けの前日などに体の不調が悪化する場合、仕事に行くことを心身が拒否している可能性が高いと言えるため、いつどういうときに不調を感じるのかを確認しましょう。

5.自分を責めてしまう

心が弱っていると、

man

「自分はなんてダメな人間なんだ・・・」

「仕事ができないのは自分のせいだ・・・」

と自分ばかりを責めてしまいがちに。

ただでさえ弱っているのに、自分を責めるようになることで、さらに心身の状態が悪化してしまう恐れがあります。

仕事でのミスや失敗を過剰に責めてしまったり、自分を追い込んでしまっている場合はかなり危険な状態と言えます。

仕事が嫌だと感じる状態を放置せず早めに行動を

上記に挙げたように、仕事が原因で、

  1. どんなことに対しても楽しいと思えない
  2. 睡眠障害が起きている
  3. 仕事を辞めたい、行きたくないと頻繁に考える
  4. 頭痛やめまいなど体の不調を感じている
  5. 自分を責めてしまう

と危険な状態に陥ってしまう恐れもあります。

man
仕事が嫌でも頑張らなきゃ!

と思ってしまいがちですが、心身の限界のサインを無視して仕事を無理して続けてしまうことで、うつ病などの精神病や、適応障害などの精神障害を引き起こしてしまう可能性もあります。

うつ病などの病気になってしまうと、カウンセリングや薬物療法など、治療に費用も時間がかかってしまうもの。

さらには、うつ病が原因で退職してしまうことで、職歴にブランクができてしまい、再就職が難しくなってしまう場合もあります。

今後の自分の生活やキャリアのためにも、心身の状態にいち早く気づいて対処を行うことが大切です。

仕事が嫌になってしまう原因と対処法

man
仕事が嫌でたまらない場合にはどうすべきなの?
teacher
仕事が嫌になってしまった場合には、心身や仕事に悪影響を与えてしまう前に、原因を特定し、対処することが大切です。原因と対処法をそれぞれ見ていきましょう。

仕事が嫌になってしまう原因とは?

やみくもに対処法を試しても、仕事が嫌だと感じる原因が分からなければ、原因を解消することはできません。

まずは仕事が嫌になってしまっている原因を探ることが大切です。
teacher
7つの原因の中から、当てはまるものをチェックしてみましょう。

1.仕事が適性や興味と合っていない

仕事が適性や興味と合わない場合、仕事の覚えが遅くなったり、仕事でうまく成果が上げられなかったりと、仕事の質や効率も下がってしまう傾向にあります。

仕事では達成感を得ることも大切です。仕事が上手くいかないと達成感もなく、モチベーションも下がってしまいやすくなり、仕事が嫌だと感じる原因となってしまいます。

自分の興味やスキル、性格などを照らしあわせ、仕事の適性や興味が合っているか確認しましょう。

2.仕事が上手くいっていない

自分が頑張った分だけ仕事で成果が上がれば、仕事のモチベーションもわきやすく、仕事に前向きに取り組めるという方も多いでしょう。

そのため、仕事でミスが続いたり、思ったように売上や業績につながらないなど、仕事がうまくいっていないと、仕事をする意味を感じられず、ストレスや不満もたまってしまいがちに。

また、仕事が上手くいかないことで、上司や先輩から叱責されたり、同僚などと比べて成果が上がらないことで自信を失ってしまうこともあります。

3.仕事量が多いor少ない

仕事量が適切かどうかも、仕事をしていく上では重要なポイントです。

仕事量が多いと、時間内に終わらせなければならないというプレッシャーからストレスや疲れが溜まり、仕事に行くことを億劫に感じてしまいやすくなります。

逆に、仕事量が少ない場合にも注意が必要です。

仕事量が少ないと、仕事の時間を持て余すようになり、仕事自体に面白みを感じられなくなってしまいがちに。

仕事に飽きたり、仕事をやる意味を見失ったりと、仕事へのモチベーションが低下する原因になるため、スキルや経験に合わせて、適切な仕事量を任されるということも、仕事を続けるためのポイントと言えるのです。

4.人間関係がうまくいかない

仕事をしていく上で欠かせないのが人間関係です。

職場では多かれ少なかれ、様々な年齢、役職の方と関わることになります。

そして、自営業やフリーランスなどとは異なり、1人で自由に仕事を進めればいいというわけではなく、任された仕事を連携しつつこなしていく必要があります。

そのため、人間関係が上手くいっているかどうかで、仕事の質ややりやすさにも影響を与えてしまうのです。

また、合わない人とコミュニケーションをとることでストレスが溜まったり、誰にも頼れずに仕事を抱えてしまったりと、人間関係がうまくいかないことで、仕事が立ち行かなくなり、仕事が嫌になってしまうケースも少なくありません。

5.仕事で評価されない

仕事を頑張ってこなすからには、頑張った分だけ評価してもらいたいというのは当然の感情と言えるでしょう。

いくら頑張っても給与が上がらなかったり、上司などから実績を認めてもらえないとなると、仕事で成果を上げる意味をなくしてしまい、仕事のモチベーションが大きく低下します。

6.将来に対する不安

仕事を続けるからには、昇給や昇格などの待遇やスキルアップなど、自分の将来に何かしらのプラス要素があることを期待するものです。

しかし、

  • 会社の売上や業績が上がる見込みがない
  • スキルアップできる環境にない
  • 昇給・昇格の見込みがない

など、会社の将来性が期待できないと、仕事を頑張ろうという意欲も低下してしまいがちになります。

7.休日出勤や残業が続いている

休日出勤や残業などが続き、プライベートの時間が持てないことも、仕事を嫌になってしまうきっかけにつながることも。

生活のために仕事をしているのに、自分のプライベートが持てないのであれば、意味がありません。

また、オーバーワーク状態になるとストレスや疲労が蓄積され、心にもゆとりがなくなってしまうもの

ネガティブな方向に物事を考えてしまい、仕事に嫌気がさしてしまう恐れもあるため、自分の時間を作るということも大切なポイントです。

仕事を辞めたくなったときの対処法

仕事が嫌になってしまう原因が分かったら、原因にあわせた対処を行うことが重要です。
teacher
7つの対処法をそれぞれ見ていきましょう。

1.目標を持つ

仕事への興味や適性が合っていないという場合、仕事がつまらなく感じてしまいがちに。

そのため、仕事に対して目標を持って取り組み、メリハリをつけることが大切です。

漠然と仕事をこなしていても、義務感で仕事をしているだけで、モチベーションもなかなか上がらないもの。

1つ1つの仕事に目標を持つことで、達成感を味わうことができ、仕事の面白さに気づいたり、仕事への意欲もわいてくるようになります。
  • 昨日よりも10分早く事務仕事を終わらせる
  • 今週は契約を1本でも多くとる

など、少し努力すれば達成できる短期的な目標を設定しましょう。

また、目標に対してご褒美を設けるのもベター。
  • 今週頑張ったら、気になっていたカフェに足を運ぼう
  • この仕事が無事に完了したら、同期と飲みに行こう

など、やる気がアップするような楽しみを用意しましょう。

2.仕事の分担の見直しを行う

  • 仕事が上手くいっていない
  • 仕事量が多いor少ない

という場合、自分のタスクを書き出し、自分のスキルや経験に合った仕事量になっているかをチェックすることが大切です。

その上で、もし仕事量が見合っていない場合には、仕事の分担の見直しなどを求めるようにしましょう。

3.適度な距離感を保つ

人間関係の問題は相手側の考え方によっても左右されるため、自分がいくら頑張ってコミュニケーションをとろうとしても、上手くいかない場合も多々あります。

また、人間誰しも相性があるものです。

相性が悪い人と関係を上手く築こうとしても、ストレスや疲労が溜まるばかりで改善されないことも多いでしょう。
そのため、職場での人間関係では、適度な距離感を保つということも重要な対処法の1つ。

良好な関係を築けない場合には、無理に関わるのではなく、必要最低限のコミュニケーションをとりつつも関わりすぎないということが大切です。

挨拶やお礼などは忘れずに伝え、仕事上必要なコミュニケーションだけをとるよう、心がけましょう。
teacher
挨拶やお礼さえきちんと伝えられていれば、距離をとっているという印象を与えることなく、適度な距離感をキープすることができます。

4.仕事ばかりになりすぎない

仕事が上手くいっていない人や責任が強い人ほど、休みの日も仕事のことを考えてしまいがち。

しかし、仕事を続けていくためにも、プライベートな時間を持ち、しっかりと心身をリフレッシュさせるということも大切です。

そのため、オンとオフは切り分け、オフのときには仕事のことは考えないようにしましょう。

また、今の仕事がすべてと思わないようにすることも重要。

man
仕事は嫌でも続けるべき

と無理やり仕事を続けても、仕事が好きになるわけではありません。

世の中には仕事がたくさんあります。

man
今の仕事はやるだけやって、上手くいかなかったら転職しよう

と、気持ちの逃げ場を作ってあげることで、変に緊張せずに仕事に楽に向き合えるようになります。

5.休息をとる

休日出勤や残業などオーバーワークが続いたり、人間関係や仕事の悩みでストレスや疲れが溜まっている場合には、休息をとるのが一番です。

休日を利用して、睡眠時間を確保したり、マッサージに行ったりと、体を労わる時間を設け、しっかりと休息をとりましょう。

また、休日だけでは疲れが抜けないという場合には、有給休暇をとるのもおすすめ。

長い休みを作ることで、仕事から離れ、自分と向き合う時間を作ることができます。

teacher
焦って物事を考えると、視野が狭くなってしまうため、しっかりと時間を作り、自分の気持ちを整理するということも大切な時間と言えるでしょう。

6.楽しみを見つける

仕事がつまらないと感じたり、モチベーションが下がっているときには、仕事でもプライベートでもどちらでもいいので楽しみを見つけるようにしましょう。
  • 出勤前にカフェに寄って行こう!
  • 毎朝同僚の○○さんと話すのが楽しみ!
  • 仕事終わった後の一杯のために頑張ろう!

など、出勤や仕事後などに楽しみを作ることで、仕事に行こうという前向きな気持ちが生まれやすくなります。

7.家族や友人との時間を作る

仕事が上手くいっていなかったり、仕事で評価されないなど、自信を失っているときこそ、家族や友人との時間を大切にしましょう。

誰かに相談したり、仕事の愚痴を言ったり、信頼して話せる人との時間を作ることで、仕事の悩みも軽減されます。

また、自分のことを理解している家族や友人だからこそ、自分では気づいていない心身の状態に気づかせてもらえる可能性もあります。
一人で溜め込むのではなく、誰かとの時間を作ることで、心身の健康を守りましょう。

仕事で嫌でたまらない場合には転職をすることも検討して

7つの対処法をご紹介しましたが、それでも仕事が嫌だという感情が解消されなかったり、仕事が嫌で辞めたくなってしまうという場合には、我慢せずに転職を検討することも必要です。

特に、嫌だと感じる原因が職場の環境や待遇にある場合、自分でできることは限られています。

自分が環境を変えなければ解消されないことも多いため、自分の希望に合った会社や仕事に転職することも大切です。

また、より理想に近く、好条件の求人を見つけるためには、どの転職サイトを利用するかも重要なポイント。

転職サイトによって扱っている求人や、サービスも異なります。

1つの転職サイトでは自分に合った求人があまり見つからない可能性もあるため、こちらの記事のランキングを参考に、自分に合った転職サイトを見つけましょう。

まとめ

仕事が嫌でも、

woman
仕事なんだから我慢しなきゃ!

と無理して続ける人もいますが、仕事が嫌になってしまうからには必ず原因があります。

ストレスや疲れを溜め込むことで、心身の不調を引き起こしてしまう可能性もあるため、早めに自分の状態に気づくことが第一です。

また、心身の状態をチェックしたら、早めに原因を特定し、対処を行うことが大切です。

  1. 仕事が合わない
  2. 仕事が上手くいっていない
  3. 仕事量が多いor少ない
  4. 人間関係がうまくいかない
  5. 仕事で評価されない
  6. 将来に対する不安
  7. 休日出勤や残業が続いている
7つの原因のうち、どれに当てはまっているのかをチェックし、適切な対処法を行いましょう。

それでも仕事が嫌な気持ちがなくならない場合には、転職を検討することも1つの手段です。

teacher
原因から離れ、仕事ができる環境を整えるためにも、自分に合った求人を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA