仕事の人間関係に限界を感じたら転職すべき!?仕事での人間関係が最悪な時に実践すべき5つのポイントと仕事を辞める判断基準

仕事では年齢、性別、役職などさまざまな方と関わる機会があります。

そのため、職場での人間関係に悩む方も多く、仕事での人間関係が限界で退職を考える方も少なくありません。

それでも、生活のために仕事を続けることを余儀なくされる方もいますが、仕事での人間関係が上手くいっていない状態だと思うように仕事が進まなかったり、時には心身の原因となってしまったりすることもあります。

したがって、仕事での人間関係に限界を感じたら、早めに対処することが必要と言えます。

今回は、仕事での人間関係が最悪な時に実践すべき5つのポイントと、仕事を辞める判断基準をご紹介します。

teacher
  • 職場で相性が悪い人がいて困っている
  • 人間関係が悪く、仕事にも支障をきたしてしまっている

など、仕事上での人間関係に悩む方必見です。

仕事での人間関係に悩んだときの対処法とは?

仕事での悩みやストレスはほとんどが人間関係

仕事は当然遊びではなく、時には嫌な仕事をこなさなければいけなかったり、チームのメンバーと一緒に仕事を進めなければいけないこともあります。

そのため、仕事にはストレスはつきものです。

エン・ジャパン株式会社が「エン派遣」上で行った調査によると、仕事でのストレスを感じている割合は正規雇用・非正規雇をあわせて全体の67%という結果も出ています。

出典:エン・ジャパン株式会社

ストレスは必ずしも悪いことばかりではなく、適度な緊張感やプレシャーが糧となり、仕事の成果が上がる場合もあります。

しかし、過度にストレスがかかってしまっている状態だと、集中力が切れてしまったり体調不良の原因となってしまったりする可能性も。

そのため、ストレスの原因を突き止め、いかにストレスと付き合っていくかどうかも仕事をしていく上で重要な課題と言えます。

そして、仕事のストレスや悩みのほとんどが人間関係に原因があります。

実際に、前述したエン・ジャパン株式会社の調査で、仕事でストレスを感じるポイントは人間関係という結果も出ています。

出典:エン・ジャパン株式会社

対象で見ると、

  • 「同僚・後輩との人間関係」(42%)
  • 「上司との人間関係」(40%)

となっており、特に同僚や後輩との折り合いが悪く、人間関係でストレスを感じている方が多いということがわかります。

人間関係が良好かどうかで仕事の質ややりやすさが変わる!

man
でも、仕事だし人間関係が悪いなんて言ってられないんじゃないの?

と思う方もいますが、人間関係が良好かどうかで、ストレスが減るだけでなく、仕事の質や成果にも大きく影響します。

仕事の成果を上げるためには環境も大切です。

仕事が滞りなくスムーズに進めるためには、周りの協力が不可欠。

  • 仕事を頼もうと思っても頼みづらい
  • 相手との意思疎通がはかれず、間違った情報が共有されてしまう

など、人間関係が悪いことで、仕事のミスや失敗につながってしまう可能性もあります。

また、人間関係で悩んでいるあまり、ストレスや疲れが蓄積し、仕事を行くのが億劫になってしまったり、心身の状態を崩して今まで通りの仕事ができなくなってしまったりするなど、仕事へのモチベーションが保てなくなってしまうことも。
そのため、人間関係をきちんと築くことが、仕事をスムーズに進め、成果を上げるためにも必要と言えるのです。

仕事での人間関係が最悪な時に実践すべき5つのポイント

仕事においても人間関係を上手く築くことは大切なことです。

そのため、

  • 人間関係が上手く築けていない
  • 人間関係が最悪な状態に陥ってしまっている

という場合には、仕事や自分の心身に影響を及ぼす前に早めに対処することが大切と言えます。

teacher
そこで、ここからは仕事での人間関係が最悪な時に実践すべき5つのポイントをご紹介します。

1.親しい友人や家族に相談する

仕事上での人間関係が悪化している場合、なかなか誰かに相談できないもの。

しかし、一人で抱え込んでしまうことで、自分自身を必要以上に責めてしまったり、問題点を見落としてしまうこともあります。
そのため、親しい友人や家族など、自分が信頼できる存在にまずは相談するということが1つです。

特に両親や大学時代の先輩などは、人生においても仕事においても先輩です。

職場での人間関係を良くするためのヒントをもらえる可能性もあるため、今の自分の気持ちや職場での状況などを詳しく話した上でアドバイスをもらうと良いでしょう。

2.仕事だと割り切る

仕事での人間関係はあくまで仕事上だけの関係性です。

もちろんプライベートでも仕事上での仲間と仲良くしている方もいると思いますが、仕事以外のところでは関わる必要がありません。

そのため、仕事での関係と割り切ることも大切です。
多少折り合いが悪い同僚や相性が悪い上司がいたとしても、仕事の時間だけは割り切って接することが必要です。

3.人事や上司に部署異動などを相談する

職場全体の問題ではなく、上司や同僚との相性が悪かったり、部署で派閥ができてしまっている場合には、思い切って部署異動を申し出ることも1つの方法です。

上司との折り合いが悪いという場合には、まず人事担当者などに相談し、部署異動や配置の見直しを打診してみましょう。

ただし、部署異動を申し出るときには話す相手が信頼できるかどうかを見極めることも大切です。

部署異動したい旨が原因となっている上司や同僚の耳に届いてしまう場合もあります。

場合によっては退職しなければ改善しないこともあるため、転職準備を整えた上で、部署異動を伝えるタイミングはしっかりと検討した上で決めましょう。

4.挨拶や感謝の言葉を忘れない

どんなに嫌いな人や苦手な人であっても、関わることを避けてしまったり、無視してしまったりするのはやめましょう。

自分から歩み寄らない限りは人間関係が修復することはなく、避けたり無視してしまったりすることでさらに人間関係が悪化してしまうこともあります。

man
どうしても話したくないし、どんな話をすればいいのか分からない・・・

という場合には、無理して話を作る必要はなく、挨拶や感謝の言葉を伝えるだけでもOKです。

誰だって挨拶や感謝の言葉を伝えられるのは嬉しいものです。

挨拶や感謝の言葉を伝えることは相手に敵意を持っていないことを伝える手段でもあります。

積極的に

  • おはようございます
  • お疲れ様です
  • ありがとうございます
  • 助かります

など、ポジティブな声かけをするように心がけましょう。

5.プライベートを充実させる

仕事での人間関係が悪化してしまうと、仕事での悩みが増え、仕事のことばかり考えるようになってしまいます。

しかし、悩みすぎてしまうことでかえってうまくコミュニケーションがとれなくなってしまったり、ストレスや負担がかかり、心身の状態を崩してしまうことも。
そのため、オン・オフの切り替えを行えるようにすることも、仕事での悩みを軽減するための秘策と言えます。
仕事が終わったらいつまでも仕事での不満や悩みを引きずらないよう、趣味や好きなことに没頭し、リフレッシュをする時間を設けるようにしましょう。

プライベートを充実させることで、次第に前向きな気持ちになり、あっさりと人間関係の問題が解決できる場合もあります。

woman
仕事とは関係ないし・・・

と思わずに、自分の気持ちを安定させるためにも、休日の過ごし方を見直してみましょう。

他人は変えることができない

人間関係の悩みはさまざまです。

時には自分が何もしなくても誰かに嫌われてしまったり、孤立してしまったりと、原因が分からず人間関係が悪化してしまうことも。また、常識がない人や仕事ができない人にイライラすることもあるでしょう。

しかし、自分に原因がある場合には改善の余地はありますが、相手の態度や性格などに問題がある場合には、人を変えることはなかなか容易ではなく、関係修復は難しくなります

そのため、他人は変えることができないということを頭に置いておき、どうしても人間関係がうまくいかないという時には、今の職場を辞め、職場環境を変えることも1つの手段と言えるでしょう。

どうしても今の仕事を続けていくのが難しいという場合には、転職を検討することが大切と言えます。

仕事を辞めるべき基準とは?

仕事での人間関係に限界を感じたら自分が辞めるべき?

人間関係の悩みはどの職場にもつきものであり、人間関係の悩んでいても、なかなか転職したり退職することに踏み切れない方もいます。

しかし、前述したように、他人は変えることができません。

そのため、理不尽な理由で責められたり、仕事での連携がとれなかったりなど、仕事に支障をきたしてしまう場合には、自分が行動することが大切です。

自分の考え方を変えたり、転職で環境を変えたりするなど、仕事がやりやすい状態を作るようにしましょう。
ただし、ちょっとした不満やトラブルが原因で、安易に退職を決めてしまうのは避けるべきと言えます。
teacher
まずは自分のストレスの状態や人間関係が上手くいかない原因を知り、辞めるべきかどうかを判断することが必要です。

仕事を辞めるべき基準はストレスレベル5段階をチェック

man
仕事を辞めるかどうかの判断の基準はあるの?
teacher
仕事を辞めるべき基準を知るには、自分のストレスレベルを知ることが大切です。

仕事を辞めることは重大な決断です。

そのため、ある程度基準を設けることで、辞めるかどうかの判断がしやすくなります。
仕事を辞めるべきどうかの基準は、ずばり5段階のストレスレベルを知ることで判断ができます。

レベル1.人間関係がうまくいかない原因がはっきりしている

レベル2.職場に朝行くのが苦痛になっている

レベル3.仕事の人間関係が辛い、限界と感じている

レベル4.休日やプライベートを楽しめず無気力状態に

レベル5.心身の状態を崩し、職場に行けなくなる

teacher
1つずつチェックしていきましょう。

レベル1.人間関係がうまくいかない原因がはっきりしている

人間関係がうまくいかない原因がはっきりしており、ストレスやモヤモヤが溜まっているという場合には、ストレスを軽減したり、人間関係が修復できる可能性がある状況と言えます。

そのため、積極的に人とコミュニケーションをとったり、休息をしっかりととることがまずは大切です。

レベル1で大切なことは、まずできることから行い、ストレスや疲れを早い段階で解消するということです。
この段階で放置してしまうと、ストレスや疲れが蓄積され、状況が悪化してしまう可能性があるため注意が必要です。

たとえば、

  • 部下とのコミュニケーションがとれず、部下の仕事でのミスが多いという場合には、自分の上司や先輩に相談する
  • 人見知りでコミュニケーションがうまく取れないという場合には、とにかく挨拶と感謝の言葉をかけるところから始める

など、今できることを行いましょう。

また、ストレスや不満を溜めないようにすることもポイント。

ストレスや不満が溜まってしまうことで、ストレスレベルが上がっていってしまう可能性があります。

親しい友人や家族との時間を大切にしたり、好きなことを思いっきり楽しんだりするなど、自分なりのリフレッシュの仕方を見つめましょう。

レベル2.職場に朝行くのが苦痛になっている

  • 朝起きて職場に行くのが苦痛になっている
  • 朝起きる時間や家を出る時間が遅くなっている

という場合には、仕事を行こうという気持ちが薄れ、ストレスや不満が溜まっている状態です。

特に

  • 朝どうしても起きられない
  • 支度に手間どってしまう

など、無意識のうちに仕事にいくのを拒否してしまっている場合には要注意です。

ご褒美を作ったり、楽しみを見つけることで、仕事に行くモチベーションを保てるように工夫しましょう。

レベル3.仕事の人間関係が辛い、限界と感じている

  • 人間関係がどうしてもうまくいかない
  • なぜうまくいかないのか原因がわからない

など、仕事人間関係が辛く、限界だと感じてしまっている場合には、人間関係が行き詰っている状態と言えます。

こうなってくると、人間関係がうまくいかない原因が自分では対処しきない問題であり、一人で解決できる段階を超えている状態と言えるため、誰かに相談したり、部署異動を検討することも大切と言えます。
職場の上司や同僚との人間関係に悩んでいる場合には、人事担当などに一度相談してみるようにしましょう。

レベル4.休日やプライベートを楽しめず無気力状態に

仕事の人間関係でのストレスが溜まると、心の負担も大きくなります。

休日やプライベートの時間を楽しめなくなったり、趣味のことに興味を持てず、無気力状態になってしまっている場合には、心の状態を崩してしまっている可能性も。

無気力状態に陥ったり、味覚などが感じられなくなってしまった場合には、うつ病を引き起こしてしまっていることも考えられるため、仕事から離れ、休息をとることが大切と言えます。

レベル5.心身の状態を崩し、職場に行けなくなる

体が動かなくなってしまったり、職場に行くことが怖いと感じ、仕事に行けなくなってしまったりした場合には、心身ともに限界のサイン
心身の状態が悪化すれば悪化するほど、回復も遅くなってしまい、仕事だけでなく、プライベートにも支障をきたしてしまいます。

生活のために必要な仕事で、自分の生活を楽しめなくなってしまっては元も子もありません。

早めに医療機関に受診したり、休職をしたりするなど、心身をしっかりと休めて、回復をすることが最優先となります。

レベル3以上は要注意

仕事でのストレスレベルは5段階ありますが、レベル3以上は特に要注意です。

仕事のストレスや人間関係が限界で、心身にも悪影響を及ぼしてしまっている状態と言えます。

そのため、ストレスレベルの3以上に当てはまる方は、早めに仕事の見直しや心身の回復をすることが重要と言えます。
長期休暇をとったり、休職したり、部署異動を検討したりするなど、今ストレスの原因となっていることから一度離れることが必要と言えるでしょう。

限界を感じたら早めに転職を

休職や部署異動ももちろん効果的な手段と言えますが、

  • 今の会社に合っていない
  • 部署異動が難しい

という場合には、転職を検討することも1つの手段です。

仕事では人間関係が何よりも大切であり、職場にいる人たちの考え方や態度はなかなか変えられるものではありません。

そのため、自分が今の職場の人間関係に合わないと感じたら、自分から行動することが何よりも大切と言えます。

人間関係が辛く限界を感じたら、転職サイトに登録し、他の職場へと目を向けてみると良いでしょう。

こちらの記事から、自分に合った転職サイトを見つけてみましょう。https://xn--eck7a6c9546bjcp.xyz/tensyoku_ranking/site-osusume-ranking/

しかし、レベル5までストレスレベルが達し、心身の調子を本格的に崩してしまっているという場合には、今の状態で転職活動を行ってしまうと、自分の魅力をうまくアピールできず、転職先がなかなか決まらないことも考えられます。

転職活動を成功させるポイントは、心身の健康を保ち、冷静に判断することです。

今の職場に合わないと感じたらできるだけ早く転職を検討することが大切と言えるでしょう。

まとめ

仕事上での悩みやストレスの原因はほとんどが人間関係にあり、人間関係を良好に築けるかどうかで仕事のやりやすさも変わります。

そのため、仕事での人間関係が最悪な場合には、早めの対処が大切です。
  1. 親しい友人や家族に相談する
  2. 仕事だと割り切る
  3. 人事や上司に部署異動などを相談する
  4. 挨拶や感謝の言葉を忘れない
  5. プライベートを充実させる
5つのポイントをおさえ、仕事をしっかりと行える職場環境や心身の状態をキープしましょう。

しかし、他人は変えることができず、場合によってはより状況が悪化してしまうことも考えられます。

そんな時には、今の職場を辞めることも1つの手段です。ストレスレベル5段階をチェックし、辞めるかどうかの判断を行いましょう。

部署異動や休職なども心身を回復する手段としては有効ですが、職場自体を変えない限り、ストレスの原因を断てないこともあります。

teacher
そのため、限界を感じたら早めに転職をすることが大切と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA