仕事が楽しくないときの対処法。仕事が楽しくない状態を放置してはいけない理由と仕事を続けるためのポイント6つとは

今の生活を維持していくためにはお金を稼ぐ必要があり、生活のためのお金を稼ぐ手段として仕事が必要となります。

しかし、

man

「仕事がつまらなく感じてしまい、うまく進められない・・・」

「仕事をしているのが苦痛で仕事を辞めたくなってしまう・・・」

と、仕事を楽しめずに仕事の質が下がってしまったり、仕事を辞めたいと感じている方も少なくありません。

仕事を長く続けるためにはやりがいや仕事の楽しさも必要となるため、仕事が楽しくないと感じてしまう場合には今の仕事を見直す必要があると言えます。

今回は、仕事が楽しくない状態を放置してはいけない理由と、仕事を続けるためのポイント6つを解説します。

teacher
楽しくない仕事を無理に続けてしまうのではなく、仕事を楽しんで長続きできるよう、早めの対処が肝心です。

仕事は楽しくないのが当たり前?

仕事を長く続けるためにはやりがいが必要

まず、大前提として、仕事はお金を稼ぎ、生活を維持していくために欠かせないものです。

そのため、

man
仕事が楽しくないのは当たり前で、多少辛い仕事でも頑張って続けるべき

という方もいます。

しかし、結論から言えば、仕事だからといって楽しくないのが当たり前ではなく、仕事を長く続けるためにはやりがいや楽しさも必要だと言えます。

実際に、エン・ジャパン株式会社が自社サイト「エン転職」上で行った調査によると、仕事の満足度を決める要因として「仕事のおもしろさ」を挙げている方が全体の50%という結果が出ています。

出典:エン・ジャパン株式会社

また、パーソルキャリア株式会社が「doda」上で20・30代の社会人に対して行った別の調査でも、「はたらく価値観」としてやりがい・成長・稼ぎの3つの要素の中でも、「やりがい」を優先して仕事を選択したり、業務をこなしている方が全体の46.5%という結果に。

出典:パーソルキャリア株式会社

この2つの結果から、仕事はお金を稼ぐための手段としてだけでなく、仕事をするからには面白さや楽しさ、やりがいを求めている人が多いということがわかります。
そのため、仕事がどうしても楽しめないという方は、仕事の選び方や業務内容を見直すことが重要と言えます。

仕事が楽しくない状態を放置してはいけない理由

しかし、仕事をしなければ生活を維持できないということも事実です。

そのため、

man
仕事は楽しくないのが当たり前じゃないってことは分かったけれど、無理してでも仕事するしかないや・・・

と、家族や自分のために楽しくない仕事を続けざるを得ないという方も多くいます。

確かに、仕事は簡単なことばかりではなく、嫌な仕事や難しい仕事が回ってくる場合もあり、必ずしも楽しい仕事ばかりをしていられるというわけではありません。

しかし、どうしても

  • 仕事内容が合わない
  • 今の仕事に興味が持てない

という場合、仕事を無理して続けてしまうことでかえって仕事やプライベートに支障が出てしまう可能性もあります。

そのため、仕事が楽しくないと感じている状態を放置してしまうのは要注意です。
teacher
放置してはいけない理由は3つあります。

1.仕事の質が下がってしまう

仕事に限らず、スポーツでも勉強でも趣味でも、好きなことだからこそ意欲をもって取り組めるのであり、うまくいかなければ改善しようという気持ちも働き努力もできるため、上達も早いものです。

しかし、仕事が楽しくなかったり、興味がないという場合、仕事を取り組んでいる時間が苦痛になってしまい、なかなか意欲的に取り組むことが難しくなります。

そのため、仕事に楽しさを感じないことで、仕事の質が下がってしまうことも。

誰だって嫌なことはできれば避けたくなりますし、一生懸命取り組んでいるつもりでも細かいところまで気が回らず、その場しのぎの仕事をしてしまい、思ったような成果を上げられなくなってしまう可能性も考えられます。

結果が出ないことをずっと続けようと思える人は少ないでしょう。

その結果、

  • 仕事が楽しめない
  • 仕事の質が下がる
  • 仕事での成果が上げられない
  • 仕事への意欲が下がる

という負の悪循環に陥ってしまい、どんどん仕事がつまらなくなってしまいます。

2.ストレスや疲れが溜まりやすくなる

楽しい仕事であれば、仕事の時間も苦になりづらく、仕事のストレスも軽減されます。

しかし、仕事自体が楽しくないことで、仕事に行くことを苦行のように感じてしまい、ちょっとしたトラブルでもストレスや不満を感じてしまいやすくなります。

その結果、ストレスや疲れのもととなり、心身に異常をきたしてしまうことも。

うつ病などの精神的な病気の引き金にもなってしまいやすくなるため、以前よりもストレスを感じたり、疲れが抜けなくなってしまったという場合には要注意です。

3.人間関係が悪化してしまう

仕事が楽しくないと感じてしまうと、嫌々仕事をこなすことになります。

仕事に真剣に取り組むことができず、仕事でのミスが増えてしまったり、仕事の質が下がってしまうことで、上司や先輩、同僚など職場の方からの評価が落ちてしまうことも。

どんなに取り繕っていても、仕事へのモチベーションの低さや嫌々やっているという気持ちは相手にも伝わってしまいます。

そのことで、

staff

「適当な仕事しかしない」

「仕事に真剣に取り組もうとする意志が感じられない」

と、思われてしまい、人間関係がぎくしゃくしやすくなります。

誰だって一生懸命取り組んでいる人がいれば力になりたいと思うもの。

反対に、いつも手を抜いて仕事をしている人には、いざというときに力を貸してもらえなくなります。

職場での孤立の原因にもなってしまうため、人間関係を維持していくためにも、仕事へのモチベーションや楽しさは必要と言えるでしょう。

仕事がつまらないことで生活に支障をきたしてしまうことも

仕事がつまらない、楽しくないことで仕事上でのミスや失敗が増えてしまうこともありますが、仕事上だけの問題であれば、まだ改善の余地があります。

しかし、仕事が楽しくないと感じることでストレスや疲れが蓄積され、仕事だけでなく自分の生活にも支障をきたしてしまう可能性もあります。

仕事で心身を壊してしまい、プラベートが楽しめないのであれば意味がありません。

そのため、プライベートや自分の心身の維持のためにも、仕事でのやりがいや楽しさは重要であり、仕事が楽しくないと感じている場合には、楽しく思えるための方法をとる必要があると言えるでしょう。

仕事が楽しくないときの対処法とNG行動

仕事を続けていくためのポイントは6つ

前述したとおり、仕事が楽しくないと感じてしまっている状態を放置してしまうことで、仕事の質が下がってしまったり、時には心身や生活にまで影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

そのため、仕事が楽しくないという場合には、早めに対処を行い、仕事も生活も維持していけるよう工夫する必要があります。
teacher
仕事を続けていくためのポイント6つを紹介します。

1.仕事が楽しくない原因を探る

まず一番大切なことは、仕事が楽しくないと感じてしまう原因を探ることです。

原因がなくなければいつまでも仕事が楽しくない状況が続くことになります。

そのため、早めに原因を探り、対処法を見つけることが一番のカギと言えます。
仕事が楽しくない原因としては、仕事内容や労働環境に問題があるケースと、自分の心身の状態に原因があるケースと2つに分かれます。
仕事内容や労働環境に問題がある
  • 仕事内容と性格・関心のあることが合っていない
  • 仕事内容が単調でメリハリがない
  • 人間関係が上手くいっていない
  • 仕事量や残業が多い
  • 昇給・昇格が見込めない
  • 仕事で評価されていないと感じてしまう
自分の心身の状態に原因がある
  • プライベートでの問題を引きずってしまっている
  • 睡眠や休息がとれていない
  • ストレスや疲れが蓄積されている
  • 自分の好きなことや興味のあることが分かっていない
  • ちょっとしたミスや失敗で落ち込みやすい

原因は必ず1つとは限りません。複数の原因があり、仕事へのモチベーションが低くなってしまっていることもあります。

仕事内容や職場環境、心身の状態などを総合的に判断し、どうすれば改善できるかを考えましょう。

2.目標を決める

原因が分かったら、1つ1つの原因それぞれにアプローチしていくことが大切です。
  • 仕事内容が単調でメリハリがない
  • 仕事で評価されていないと感じてしまう

など、仕事の目的を見失ってしまったり、仕事での成果を感じられないという場合には、日々の業務の中での目標を設定すると良いでしょう。

目標については、基本的にはなんでもOKです。
ただし、長期での目標を立てたり高い目標を立ててしまうと、目標がなかなか達成できずに、かえってフラストレーションが溜まったり、仕事へのモチベーションが保てなくなってしまうこともあります。
そのため、ちょっと頑張れば達成できそうな小さな目標を立てていくのがベストです。

特に毎日1つ目標を決めておくと、日々の業務にもメリハリがつき、毎日の仕事が楽しく感じられるようになります。

  • 昨日よりも1本多く営業の電話をかける
  • 事務仕事を1時間で終わらせる
  • 苦手な上司と1回は会話をする

など、自分で目標を設定しましょう。

そして目標を達成できたら自分を褒めるということも大切です。

目標とあわせてご褒美も設定しておくと、より目標達成への意欲もわきやすくなります。

  • 1週間目標を達成できたらお気に入りのカフェに行こう
  • 今日頑張ったらご褒美として美容パックをしよう

など、頑張れる目的を作ることが大切です。

昇給や昇格などの目標は上司や先輩が認めてくれない限りはなかなか達成できないもの。

自分ではどうにもならないことも多く、達成できないことでストレスが溜まったり、職場や上司への不満にもつながってしまいます。
そのため、あくまで自己完結できる目標を立て、ご褒美を設けるようにすると良いと言えるでしょう。

3.一生懸命仕事に取り組んでみる

  • 自分の好きなことや興味のあることが分かっていない
  • 仕事内容と性格・関心のあることが合っていない

という場合、仕事への打ち込もうという気持ちが失われている可能性もあります。

性格的に今の仕事が合っていないという場合には別ですが、どんな仕事であっても真剣に取り組めばそれなりにやりがいや興味を持てるもの。

そのため、やりがいや興味を持てないという場合、今の仕事に真剣に取り組めていないことが原因となっていることも考えられます。
まずは今の仕事に向き合い、一生懸命取り組んでみるようにしましょう。

それでも仕事が楽しくないという場合には、別の原因が関係している可能性も高くなります。

自分が仕事がつまらないと思ってしまう原因を1つずつつぶしていくことが、仕事を楽しめる解決策を知るための近道です。

4.ライバルや目標とする人物を探す

  • 仕事内容が単調でメリハリがない

と、仕事内容に関心がないことから仕事へ行くのが億劫だと感じてしまう方は、職場でライバルや目標とする人物を作ることも大切です。

仕事でも他のことでも長く続けていくためには刺激も必要です。

自分一人で黙々と同じことを繰り返し行うことで、仕事へのやりがいは失われてしまいやすくなります。
そのため、目標を自分以外に持つことも重要なポイントです。

職場での同僚や上司などを意識して仕事を行うことで、

man

「負けたくない」

「少しでも成長したい」

という闘争心もわき、仕事で成果を上げようと取り組むことができます。

ただし、

  • 自信をなくしてしまっている
  • ストレスや疲れが原因で心身に不調をきたしてしまっている

という場合には周りを意識することでかえってプレッシャーになってしまい、仕事が思うように進められなくなったり、心身の不調が悪化してしまう可能性もあるため注意しましょう。

5.キャリアプランを立てる

今の仕事に興味が持てないというときには、

  1. 根本的にその仕事が合っていない
  2. 今受け持っている仕事が合っていない

という2つにパターンに分かれます。

前者の場合には転職を検討することも必要ですが、後々の自分のキャリアに関係する仕事であったとしたら、今は仕事が楽しくても将来的には自分のやりたい仕事ができるようになる場合もあります。
そのため、自分のキャリアプランを明確に決め、今の仕事内容や職場がキャリアプランを達成するために合っているかどうかを判断することが大切です。

たとえば、

  • 今後本社で商品の営業の仕事をするために、工場勤務で先に商品作りに携わっている
  • 飲食店の経営を行うために、まずは現場で経験を積んでいる

など、出世のために、まずは下積み生活を送らなければいけないこともあります。

キャリアプランを明確にすることで、ただ漠然と仕事をするのではなく、先のことを考えつつ意欲をもって仕事に臨めるようになるものです。

今仕事が楽しくなかったとしても、今後の自分の成長のために耐えることも時には必要と言えます。

6.プライベートを充実させる

プライベートの時間を楽しむために仕事を頑張ろうと思える方も多いでしょう。

逆に言えば、プライベートが楽しくなければ仕事でのモチベーションは上がらないもの。

そのため、

  • プライベートでの問題を引きずってしまっている
  • ストレスや疲れが蓄積されている
  • 睡眠や休息がとれていない

など、プライベートが充実していなかったり、疲れやストレスでプライベートを楽しめない状況が続いているという場合には、プライベートの時間を確保し、休日の過ごし方を見直すことが必要と言えます。

長期での旅行の計画を立てたり、人と会ったり、趣味のことに没頭する時間にあてたりなど、プライベートを充実させましょう。

もし、

  • 以前に比べてプライベートを楽しめなくなってしまった
  • 趣味や楽しみがなくなってしまった

という場合には、心身の限界のサインである可能性も。

仕事を続けることでさらに心身の健康が保てなくなってしまうこともあるため、仕事だけでなく、プライベートで変わったことがないかを確認しましょう。

仕事が楽しくないときにやってはいけないNG行動

仕事楽しくないときには、何とか仕事へのやる気を取り戻そうと焦ってしまうもの。

しかし、焦ってしまい間違った行動をしてしまうことで、かえって仕事を続けることが難しくなることもあります。
teacher
仕事が楽しくないときにやってはいけないNG行動を5つご紹介します。

1.無理やりポジティブになろうとする

man
仕事を楽しめないのは良くない!

と無理やりポジティブになろうとしたり、楽しいと思い込もうとしてしまったりする方もいますが、これはNGです。

一時的に楽しいと感じるようになったとしても、原因がなくならない限り、また同じことを繰り返してしまいます。

そればかりか、自分の気持ちに逆らおうとすることで心身の負担になり、かえってストレスや不満が増えてしまうことも。
無理やりポジティブになろうとするのではなく、自然に仕事が楽しいと思える状態に持っていけるのが理想です。

2.周りの人に愚痴を言う

ストレスやイライラが溜まると、誰かに話すことで発散しようとする方もいますが、愚痴を言うことで余計に不満が増幅してしまう可能性も。

特に、上司や同僚、部下など職場の人に愚痴や不満を話すのは避けた方が良いでしょう。

職場での愚痴を職場の人に話してもらうことで、周りの人が気を遣うようになってしまったり、

staff
不満ばかり言って信用ができない・・・

と周りからの評価を落としてしまい、人間関係がさらに悪化してしまう原因になってしまいます。

誰だって不満や愚痴ばかりを言う人やネガティブな人よりも、仕事に対して前向きな人やいつも笑顔で過ごしている人と仕事をしたいもの。

不満や愚痴ばかりを言われることで、周りの空気も悪くなり、仕事をしようというモチベーションが下がってしまいます。
そのため、たとえストレスやイライラが溜まっていたとしても、周りの人にぶつけるのは避けましょう。

3.よく考えずに仕事を辞める

仕事が楽しめないとどんどん仕事に行くことが苦痛になってしまい、仕事を休みがちになったり、最終的には退職を考える人も多いでしょう。

確かに合わない仕事をいつまでも続けてもあまり意味がなく、心身の不調の原因となってしまうこともあります。

しかし、衝動的に仕事を辞めてしまうのはNGです。

よく考えずに辞めてしまうことで、次の職場でも同じような状況に陥ったり、転職回数が増えてしまい、なかなか就職できなくなってしまう可能性も考えられます。

仕事を辞める前にきちんと状況を整理し、最善の道へと進むことが大切と言えるでしょう。

4.ダラダラと仕事を続ける

man
仕事は楽しくないけれどお金は欲しいし、適当に仕事をしよう・・・

と合わない仕事をダラダラと続けてしまうのも避けた方が良いでしょう。

適当に仕事をこなしてしまうことで、重大なミスを引き起こしてしまう可能性もあります。

また、適当に仕事をしていることは周りにも伝わってしまうものです。

ダラダラと仕事を続けるのではなく、どうすれば仕事に向き合えるようになるのかを考えることが必要と言えます。

5.仕事をさぼる

man

「自分がやらなくても誰かが仕事をやってくれるはず」

「今日は気分が乗らないし仕事を休んでしまおう」

など、仕事をさぼってしまう方も中にはいます。

しかし、仕事である以上、たとえ嫌な仕事であっても受けたからには責任をもって行う必要があります。
責任を放棄してしまうクセがついてしまうと、新しい仕事に就いてもなかなか続かないもの。
さぼりグセがついてしまう前に、仕事内容や職場を変えた方が自分にとっても周りにとっても良いでしょう。

辞めたい」「仕事をしたくない」と思ったら・・・

仕事への向き合い方ややり方を変えても、

man

「仕事を辞めたい」

「仕事をしたくない」

と思ってしまうときには、そもそも今の仕事や職場環境が合っていない可能性もあります。

原因が自分にない場合、周りや仕事内容を変えることはできません。

そのため、どうしても仕事を辞めたいという場合には、転職をすることを検討しましょう。
転職することで、自分のやりたかった仕事をできるようになったり、自分の新たな可能性に気付くことができるようになります。

やりがいや楽しさがある仕事の方が長続きするもの。

自分にとってどんな仕事が向いているのかを考えた上で、転職活動を行いましょう。

転職活動をする際にはこちらの記事で紹介している転職サイトに登録するのもおすすめです。

teacher
転職サイトによって、使えるツールやサービス、求人などが異なるため、自分に合った転職サイトを見つけるようにしましょう。

楽しくない仕事はするな!?

「石の上にも三年」ということわざもあるように、

man
多少嫌な仕事や合わない仕事であっても3年は続けるべき

という方もよくいます。

確かに仕事を続けていくことで、仕事内容に興味が持てるようになったり、スキルが上がったりと、仕事が楽しめるようになることもあるでしょう。

しかし、仕事が楽しめない状態が続いてしまうと、仕事での質が下がったり、イライラしてしまったりストレスが溜まってしまったりする原因となってしまうこともあります。

楽しくない仕事を無理して続ける必要はなく、自分がやりがいをもって本気で取り組める仕事の方が成果も出やすく、長く続けられるものです。

自己分析を行い、仕事の適性を見極めて早めに判断することも仕事をしていく上で大切なことであるため、仕事が楽しいかどうかも仕事を見直す1つのきっかけととらえるようにしましょう。

まとめ

仕事が楽しくないのは決して当たり前ではなく、楽しんで行える仕事だからこそ成果も出しやすく、長く続けられるものです。

楽しくないと感じつつもそのまま続けてしまうことで、

  • 仕事の質が下がってしまう
  • ストレスや疲れが溜まりやすくなる
  • 人間関係が悪化してしまう

など、仕事や心身に悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるため、放置せずにすぐに対処することが大切と言えます。

  1. 仕事が楽しくない原因を探る
  2. 目標を決める
  3. 一生懸命仕事に取り組んでみる
  4. ライバルや目標とする人物を探す
  5. キャリアプランを立てる
  6. プライベートを充実させる
仕事を続けるための6つのポイントをおさえておきましょう。
また、仕事がどうしてもうまくいかず、仕事を辞めたいと考えてしまう場合には、転職することも賢い選択と言えます。

今の仕事に悩んでいる場合には、環境や仕事内容を変えることも大切です。

teacher
転職サイトに登録し、さまざまな求人の中から自分に合った仕事を見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA