転職成功率が変わる最強の自己分析!自己分析をやらない人ほど転職が失敗する?

man
「転職活動するときは自己分析しておくと良い?」

このフレーズは、転職を考えたことのある社会人なら一度は聞いたことがあるでしょう。

転職した後に、

man
「この仕事はやりたかったことと違う。」

と感じている人も少なくないでしょう。自己分析は転職を成功させるために不可欠な作業です。

ただ「みんなやっているから」と適当な自己分析は意味をなしません。表面的な分析をしても、転職活動がスムーズに行えるようにはならないでしょう。

man
「本当のところ、自己分析って意味はあるの?」

そう感じている方も多いはずです。自己分析をすることで転職の成功率が上がる意味をしっかり理解できなければ無駄な時間を過ごすだけになってしまいます。

そこで今回は転職活動で自己分析をすることにどのようなメリットがあるのか、そして具体的な自己分析の方法はどんなものなのかを詳しく説明します。

man
「もう転職で失敗したくない。」
「今の仕事に不満はあるけど、何がしたいのか分からない。」

そんな人は、この記事を読んで転職を成功させるキッカケを掴んでください。

自己分析の必要性:転職成功は内定の先にある

自己分析の必要性:転職成功は内定の先にある

まず1つ質問があります。

「あなたにとって転職成功とは、どのようなことでしょうか?」

「希望する企業の内定を得ること」という答えが頭に浮かんだ方も少なくないでしょう。しかし、この答えは間違っています。

なぜなら内定をすることよりも、入社後の社会人が幸福かどうかの方がずっと重要だからです。

自己分析をせずに転職すると、入社後に企業と自分の間にギャップを感じてしまいます。

この場合、ストレスや不満を抱えながら働き続けるか、新しい転職先を見つけるかの2パターンに分かれます。どちらも決して「成功」とは言えないでしょう。

本当の意味で「成功した」と思えるような転職をするには、自分のやりたいことや価値観を明確にする必要があります。自己分析をすることによって、入社後のギャップを最小限に留めることができるようになります。

仕事は人生において約1/3を占めると言われています。そのため仕事に不満があれば、プライベートにも支障をきたしてしまうこともあるでしょう。

「転職成功 = 人生の幸福」と言っても過言ではありません。本当の意味で後悔しない転職をするためにも自己分析が必要と言えます。

転職者が自己分析をすることで得られる5つメリット

転職者が自己分析をすることで得られる5つメリット

ここでは、自己分析をして転職活動に挑むことで得られる具体的なメリットを紹介します。

なぜ転職したいのかが分かる

自己分析で自分と向き合うことにより、「なぜ転職したいのか」という疑問を明確にすることができます。

冷静に自分を分析した結果、転職する必要がないという結論に達することもあるでしょう。

単純にモチベーションが低下していただけの場合、どの企業に入社しても不満を抱く可能性もあります。

感情とビジョンを切り分けることができる自己分析は、今まで見えてこなかった転職の動機を明らかにすることができます。

自分の強みと弱い部分を知れる

転職活動を成功させるには、自分の強い部分と弱い部分を明確にする必要があります。

スキルだけでなく、仕事のどんな場面でやる気がでるのか、逆に落ち込んでしまうのか、自己分析をすることで自分自身を掘り下げることができます。

自己分析では、自分の良い側面だけでなく弱い側面も見えてきます。

自己分析をすることで、苦しい思いをすることもあるでしょう。しかし、自分自身を見つめ直したときにこそ真実が見えてくるものです。

teacher
弱い部分を理解しているからこそ、強みとなるポイントが輝きます。自信を持って「私の強みはコレです!」と言える人は転職活動の成功率も高くなるでしょう。

本当にやりたい仕事に出会える

自己分析は「本当にやりたい仕事」を見つける際も大きく役立ちます。そもそも自分自身を理解できていなければ、「どんな仕事につきたいのか」を解き明かすことはできません。

表面的に憧れている仕事に転職できたとしても、その先のビジネスライフに幸せを感じられるでしょうか?

数えきれないほどの職種がある中で、自己分析をせずに転職活動することはリスクが高すぎます。自分と向き合うことで迷いのない決断をくだせるようになるでしょう。

具体性のある自己PRができる

man
「今までの経験を活かせる場に転職したいと考えていました。」

という言葉には具体性がありません。自己分析をすることによって、「〇〇だから」という具体性のある自己PRができるようになります。

転職活動で曖昧な回答をすると、採用担当に本性を見破られてしまいます。

時間の限られた面接の場で、自分が企業に対してどのような貢献ができるのか説明しなければいけません。

自分自身を理解している人間の発言には、重みがあります。この重みは転職活動で強い武器になります。

失敗しない転職ができる

非常に抽象的なメリットですが、自己分析の最大のメリットは転職活動で後悔がなくなることです。しっかりと自分と向き合っているからこそ転職後に「失敗だったな」と思うことがなくなります。

転職に失敗したという人は意外にも多いものです。

自分で企業を選択して決断を下したにも関わらず、失敗してしまうのはなぜでしょうか?

一番の原因は「自分のことを理解できていないか」と言えるでしょう。

人は自分のことを理解しているようで、実際は知らない側面も沢山あります。

teacher
自分が思っている自分と、実際の自分のギャップを埋めることができれば、本当の意味で転職を成功させることができるはずです。

転職時に役立つ自己分析4つのステップ

転職時に役立つ自己分析4つのステップ

ここからは、転職成功率をアップさせることができる自己分析の具体的な方法を解説します。効果的な自己分析をするためには、以下の4つのステップを踏まえるのがポイントです。

  1. 今までの経験
  2. やりたいこと
  3. できること
  4. 求められていること

悔いのない転職活動をするには、徹底的に自己分析をすることをおすすめします。

man
「でも時間かかりそうだし面倒くさい。」

そう思うのも無理はありません。自己分析はまとまった時間を作って集中する必要があるからです。

しかし、今後のビジネスライフをより良いものにするためには、自己分析が最もコストパフォーマンスに優れています。

「この企業に転職して良かったな!」と、心から満足できる転職を果たすためにも、自己分析の4つのステップを実行してみてください。

1.今までの経験

自己分析1つ目のステップは、自身のキャリアを振り返ることから始めましょう。

今までのキャリアを振り返ることで、その後のステップをスムーズに進めることができます。キャリアを振り返るときに洗い出すポイントは以下の4点です。

  • 職務履歴
  • 身につけてきたスキル
  • 仕事で得た経験
  • これまでの実績

自己分析ファーストステップはベースとなる部分です。ぜひ自分と向き合いながら、今までの経験を洗い出してみてください。

職務履歴

今まで経験してきた職種を書き出していきます。

ここでは、職種だけでなく業務内容や担当していた部署なども書き出すようにしてください。勤務地やどんなタイミングで昇格したのかなどもメモしておくのがおすすめです。

過去の仕事には「成功した経験」もあれば、「失敗した経験」もあるはずです。

ここでは2つの側面も洗い出してください。失敗した経験をネガティブに捉える必要はありません。客観的に今までの経験を書き出すことで、より深い自己分析ができます。

  • ◯◯年◯月◯日 株式会社〇〇入社 〇〇県〇〇市
  • 入社してすぐ営業職に就き、主に関東地方を担当する
  • 担当企業は30社ほど
  • 1年目からキャリアアップを狙い、同期で営業トップの成績を残す。先輩の意見を参考にコミュニケーションスキルを磨く

2年目の前半は思うような結果を残すことができず、モチベーションが保てなくなりました。上司から異動を通達され、富山県のオフィスに移りました。

富山営業所で出会った上司に感化され、下がっていたモチベーションが復活しました。

上記の例のように、文章として今までの経験をまとめてみてください。

箇条書きで職務履歴を書き出すことはおすすめしません。あとで読み返した時に、その時の情景が自然と浮かぶような書き方を意識すると良いでしょう。

身につけてきたスキル

次に今までに身につけてきたスキルを書き出していきましょう。これまでに異なる職種を経験してきた方は、具体的にどのようなスキルを習得してきたのか書いてみてください。

自己分析における「スキル」は技術だけではありません。

今まで積み重ねてきた知識や学んできたことも含めましょう。シンプルな言葉で言えば「仕事で成長したこと」です。

  • 営業能力
  • コミュニケーションスキル
  • システムエンジニアとしてのプログラミングスキル
  • 情報セキュリティスペシャリスト取得
  • ハキハキとした返事
  • 辛い時こそ明るく振る舞う

身につけてきたスキルを言語化することは、あなたの武器を明確化する作業です。

teacher
ここで書き出したスキルは転職面接の場で必ず役立ちます。自分が培ってきたものを振り返ってみましょう。

仕事で得た経験

スキルではなく、これまで仕事を通して得た「経験」も書き出していきます。

過去の職場ではどんな経験をしてきたでしょうか?この問にはポジティブなものとネガティブなものがあるでしょう。

重要なプロジェクトへ参加したことや海外出張したこと、誰とどのような関わりを持ってきたのかを文章として書き出してみてください。

仕事で辛い経験をしたことがある人もいるはずです。ここでは箇条書きでな文章で書くようにしてください。

バイヤーとして香港に出張しました。香港の商人は、とてもシビアで常に明確な数字を提示する必要があることを知りました。

仕事を通して地域活性化のイベントで自社商品の販売員を経験しました。はじめは人に話しかけることに恥じらいがありましたが、喜んでくれる人の顔を見ているうちに、自然と声をかけられるようになりました。接客の楽しさをはじめて知った経験でした。

1つの仕事を長く続けてきた人、複数の転職経験がある人など、状況は様々でしょう。人によって経験してきたことは違うはずです。

この点を明確にすることによって、あなたの個性が理解できるようになります。

これまでの実績

今までの経験最後のポイントは、これまでの仕事で残してきた「実績」です。会社で評価されたことや、何かで一番になったことは実績として書き出してみてください。

人よりも抜き出たことや、会社の制度を変えるような実績などもメモしてみましょう。

  • 3ヶ月連続で営業成績トップ
  • オフィスに出社せずに仕事をする方針に変えた
  • 2年間無遅刻無欠席で表彰された

実績として書き出せるかどうかの判断は「誰かに評価された」という基準を持つとスムーズです。

誰かの役に立ったという抽象的なものよりも、仕事での評価を明確に書くようにしてください。

2.やりたいこと

自己分析2つ目のステップは、自分自身が「やりたい」と思うことを明確にしていきます。今後のキャリアプランを形成していくためにも重要なステップなので、じっくり考えてみてください。

自己分析で「やりたいこと」を洗い出すポイントは以下の3点です。

  • どのような仕事がやりたいか
  • 将来就きたい役職
  • 理想の私生活

あなたが転職するときに、望んでいることを明らかにする作業です。

仕事だけでなく、私生活まで踏まえて考えることで、転職後に「失敗したな」と思うリスクを減らすことができます。

どのような仕事がやりたいか

ここでは、どんな職種に転職したいのかを書き出していきます。

あなたが仕事に対してどんな姿勢をもっているのかを把握することで、気がつけなかった自分に出会うことができます。ここでは過去から未来予想までしていきます。

  • 仕事で充実感を感じたこと
  • 子供の頃の夢
  • 影響を受けた人物
  • 将来やりたいことや夢
  • 理想の年収

この項目を書き出して、客観的な視点で1つの線を作ってみてください。

子供の頃の夢から将来の願望まで言語化することで「自分はこんなことがしたいんだ」という発見ができます。

  • 仕事で充実感を感じたこと:手強いクライアントを大口の受注に繋げた経験
  • 子供の頃の夢:大工/消防士
  • 影響を受けた人物:アルフレッド・アドラー 理由:自分の価値観を壊してくれたから
  • 将来やりたいことや夢:人がより快適に生活できるようなシステム開発
  • 理想の年収:40歳で年収700万円/50歳で年収850万円

一見、抽象的な問に見えますが、全てを深く追求していけば「やりたい」と思えることが明確になってくるはずです。

「システム開発の企業へ転職を考えていたけど、自己分析した結果、社会福祉関係の仕事をやりたいことが分かった。」というケースも少なくありません。

将来就きたい役職

次にあなたが転職をした先にある未来でどのような「役職」に就きたいのかを書き出していきます。

社長、副社長という希望はもちろん、「ずっと現場で働き続けたい」という視点から現場責任者になりたいという結論に至るかもしれません。

ここで「将来就きたい役職なんて特にない」という答えを選択するのは避けてください。

今までの自己分析のステップを踏まえていれば、自分の就きたいポジションが見えてくるはずです。

大手営業会社で統括本部長になる

理由:営業を経験しながら全体を見渡せるスキルを身につけて、より総合的なポジションで働いてみたいからです。

転職をした先の未来をイメージして、将来どのようなポジションに就きたいのかを明らかにしておきます。この作業により、数ある企業から理想の転職先を見つけやすくなります。

理想の私生活

当然ながら仕事と私生活は密接に関係しています。転職活動の自己分析では、私生活を含めて職探しをすることをおすすめします。

ここでは、家族や友人とどのような将来を歩んでいきたいかなどを書き出していきます。

  • 仕事と私生活のバランス
  • どんな家族を持ちたいか
  • 長期休暇の頻度

人によっては「趣味の時間だけは譲れない」と考える方もいるでしょう。「私生活は度外視して仕事だけしていたい」という考え方もあります。

しかし、ここでは未来を見据えてリアルな答えを導き出すことがポイントになります。

  • 仕事と私生活のバランス:仕事4割/私生活6割
  • どんな家族を持ちたいか:35歳くらいで結婚、3人家族、子供の行事は全て参加したい
  • 長期休暇の頻度:1年に一度は家族と1週間ほど海外旅行に行きたい

私生活で大切にしたいことを書き出すことで、必然的に転職先なども絞られてくるでしょう。

転職をすることによって、生活もガラッと変わるはずです。転職を見据えたときに「この仕事についたらどんな私生活を送ることになるだろう」と考える基準を持つことができます。

3.できること

自己分析3つ目のステップは、今の自分に「できること」を探し出す作業です。

ステップ1の今までの経験を参考にするとスムーズにできることを見つけることができます。ここで明確になることこそが、あなたの強みになります。

今の自分にできることを洗い出すときに便利に活用できるツールを紹介します。

社会人基礎力

「社会人基礎力」とは、「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)から構成されており、「職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力」として、経済産業省が2006年から提唱しています。

企業や若者を取り巻く環境変化により、「基礎学力」「専門知識」に加え、それらをうまく活用していくための「社会人基礎力」を意識的に育成していくことが今まで以上に重要となってきています。

出典:経済産業省「社会人基礎力」

社会人基礎力は、経済産業省が定義する社会人としてのスキルを把握できるツールです。

teacher
このツールを活用することで自分の強みを効率的に導き出すことができます。客観的に自己分析することができるので、ぜひ利用してみてください。

グッドポイント診断

「グッドポイント診断」は、リクルートキャリアが持つキャリア開発のノウハウを活かして提供している、約30分でできる本格診断サービスです。

ビジネスパーソンが持っている強みを18種類に分類し、そのうちあなたに当てはまる5つを発見することができます。

参考:リクルートNEXT「グットポイント診断」

グッドポイント診断は、30分ほどで自分の強みを明確にすることができる無料のツールです。

社会人として強みとなるポイントを分かりやすく分析することができます。強みがあなたのキャリアにどのように影響するのかも分かる便利なツールになっています。

ここで明確になったできることは、転職面接で1つの武器になります。また、できることを明確にすると「できないこと」も自然と見えてくるでしょう。

自分の弱点を知った上で面接への対策をすれば、より強みを強調することができます。

4.求められていること

自己分析4つ目のステップは企業から「求められていること」を把握する作業です。企業とあなたの希望がマッチしているかを判断するステップでもあります。

企業が求める人物像を事前にしっかり理解できれば、「自分はこの企業で力を発揮できる」ということが分かります。

企業が求めていることを想定するときのポイントは以下の3点です。

  • 人物像
  • スキル
  • 資格

上記の3点を想定して、企業がどのような人材を求めているのかイメージしていきましょう。

人物像

当然ながら企業ごとに求める人物像は異なります。転職を希望する中途採用の場合、即戦力になる人材を募集していることが基本です。

  • リーダーを務められる
  • クリエイティブな仕事ができる
  • 協調性が高い
  • チャレンジ精神がある
  • 忍耐力がある

転職を希望する企業が求める人物像を想像したときに、あなたの強みが活かせるでしょうか?もしも全く異なる人物像と感じたら、弱みを補填するような行動をとる必要があります。

スキル

即戦力として判断される場合、企業側はどのようなスキルを持った人材を求めているでしょうか?より具体性のあるスキルを想像して書き出してみてください。

  • プログラミングスキル
  • デザインスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 営業力
  • 統括力

求められるスキルを書き出したら、自己分析ステップ1で明確化したスキルを参考に企業とのギャップがないか確認してみましょう。

持っているスキルと求められるスキルを見比べて、自分に不足しているスキルを明らかにすることもできます。

全てのスキルが一致することは極めて少ないです。そのため、多少の誤差があるからと言って、肩を落とす必要はありません。

teacher
スキル以外の「できること」を活用して採用担当者にアピールすることも可能です。

資格

企業によっては資格を保有している人材を優先して採用することもあります。専門知識が必要な職種の場合はよくあることです。

ここでは、企業が求める資格をイメージして書き出してみてください。

  • 宅地建物取引士
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • 基本情報技術者
  • 施工管理技術者

専門性の高い企業では、資格保有者を優先して採用する傾向があります。

あなたが現在何かしらの資格を持っている場合、ある企業からすれば魅力に感じることもあるでしょう。

転職を希望する企業が専門性の高い会社のこともあるはずです。

もしも、あなたが資格を保有していない場合、転職面接で資格を取得する意思があることを伝えるようにすることで多少なりとも対策になると言えます。

まとめ

転職で成功率を上げたい方は、自己分析によって自分が社会人としてどのような人材なのかを把握することが大切です。

自己分析のステップを振り返ってみましょう。

  • 今までの経験
  • やりたいこと
  • できること
  • 求められていること

今回、紹介した自己分析の方法を使って、点と点を結んでみてください。

社会人という「あなた」のストーリーが自然と完成するはずです。それは転職面接で強い見方になってくれます。

本当の意味で「転職に成功した!」と言えるまでには時間がかかります。単純に内定をもらっただけでは、後に幸せを感じられなくなってしまいます。

teacher
今までの転職活動に今ひとつ納得できなかった人や「今度こそ失敗したくない」と思っている方は、自己分析で転職活動の成功率を上げてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です